« justmeetヒメシャクナゲIN【苗場山】 | トップページ | 目的は二つ【角田山】 »

2015年7月16日 (木)

花・残雪・展望 魅力満載【火打山】

越後頸城山塊の最高峰【火打山(2482m)】は、日本百名山花の百名山
隣の溶岩ドームから構成された急峻な日本百名山【妙高山(2454m)】と異なり
比較的傾斜が緩やかな“山”である故、べったりと雪が着きので、豪雪地他の中でも
遅くまで残雪が見られ、同時に春の花、初夏、そして夏の花が一斉に咲き出す“山”

今回は年も重ねたことでもあり、ゆっくりと高山植物を愛で、展望を楽しみながら
小屋でbottle beer 酌み交わし一夜を過ごそうよ・・・と。 

7月12日(日)~7月13日(月)
このシーズン混みあう山小屋、多忙な現役世代の方々の邪魔にならぬようと
土曜日を避けて日にちを設定。天気もまずまずの予報。

7月12日(日) 

同行 長岡 T夫妻 Kさん  ジィ~ジと相方 K女史  計 6名

Am 07:35 笹ヶ峰登山口 標高≒1,300m

Dscn0601  登山口 備えつけの登山届に必要事項記入して投函

登山口からは新緑が燃えるブナの美人林の中に敷かれた緩い木道を約2キロ。
※ 目的の【火打山(2482m)】山頂まで9キロ強 距離有り。

P1020142      ササバギンラン  ※ 拡大

歩き始めて直ぐ、木道脇でひっそりと咲く、ギンランを発見のジィ~ジです。
爽やかなれど単調な長い長い木道をひたすら前進、前進。

Am 08:30-08:40 黒沢
最初の休憩。

黒沢に架かる橋を渡ると、岩が露出している傾斜がキツイ登山道に変わり、
やがて 名の通り“十二曲り”が始まります。

Dscn0608   十二曲りの急登始まり 1/12

今夜は小屋泊り、急ぐ要は有りません。ビスタ~リ ビスタ~リ・・・と。

Am 09:20-09:25 十二曲り  (別名 爺返し )

2回目の休憩を取ります。

“十二曲り”から暫く(10分程)すれば、左側に視界が開け神々しいような威厳を
感ずる北アの大展望が目に飛び込んできます。

Dscn0611 北アの展望 白馬から五竜・鹿島槍

P1020146    ズームアップ 槍ヶ岳も望遠

再びガラ場の急登(別名 婆返し )が現れ、喘ぎながら登りきれば“富士見平”
周辺はオオシラビソの大樹林帯、直射日光当らぬ場所には未だに踏みしめられた
残雪もところどころで見られ、道も少々泥濘状態。

Am 10:25-10:40 富士見平

“富士見平”〔高谷池ヒュッテ〕〔黒沢池ヒュッテ〕の分岐。

ゆっくり休んで、ところどころに大きな岩が露出する登山道。“黒沢岳”の西側を
巻きながら進みます。白い色をしたダケカンバの巨木に目がテン!!
そして登山道の脇には鮮やかなオオバミゾホオズキの黄色の大群落。

P1020149Dscn0615    オオバミゾホウズキ

行く手には目的の【火打山更に【影火打】活火山【焼山】が目前に迫り圧巻!!

Dscn0614 右から 火打山 影火打 そして煙り出す焼山
北アの峰々も勿論眺めながらshoe shoe 

張り出したネマガリダケに靴を引っかけ無い様に緩い坂の前方に三角屋根。

Am 11:35-Pm 00:55 高谷池ヒュッテ水場前 標高≒2100m

丁度時間はお昼時、【火打山】に向かう登山者、山頂から戻ってきたハイカー
老若男女数えきれない程の人々が交錯しています。

ヒュッテ前のベンチ・テーブルには大勢のハイカーが楽しそうに寛いでいます。Dscn0620 日傘をさすTさん テントサイトは一面の残雪

我らものんびりと水場の脇で、お昼を採ります。まずは持参のbeer(缶)で乾杯~
お昼の宴は何時もの通り盛り上がり1時間以上。

我らは宿泊手続きを済ませ、水と身の回り品だけザックに詰め替え山頂へ・・
※ 高谷池ヒュッテは完全予約制 ゆったりスペースで詰め込みなし

“高谷池”周辺はハクサンコザクラの大群落 大群生地が拡がります。
ジィ~ジのお気に入りの高山植物の一つ。

Dscn0621   ハクサンコザクラ   ※ 拡大

“高谷池”湿原の北側を回って低い尾根を越え“天狗の庭”に向かいます。

道の脇、他の山では見られないほどのキヌガサソウの群生にeyeが張り付け!
P1020214   キヌガサソウ  ※ 拡大
Dscn0624   咲き始めたばかりのキヌガサソウの群生

Dscn0628     残雪残る低い尾根   気持ち良い~ 快適

P1020162  雪が消えたところから次ぐ次とハクサンコザクラ

山頂から下山してくる数多くのパーティとスライドします。
流石にこの時間から山頂目指すパーティは極めて少ない。

Dscn0630    天狗の庭付近 写真中央 火打山

Dscn0634  コバイケイソウと火打山 
※ ここ2年ほどあんまり見られなかったコバイケイソウ、今年は咲年か!!

青空に湧き上がる白い雲 もう夏山本番。

P1020175  湿原の池塘周りにはハクサンコザクラ

Dscn0637 Dscn0638
(  写真 左 ミヤマキンバイ  右 ツマトリソウ ) ※ 拡大

P1020179 鬼ヶ城の赤茶けた絶壁

ササ原とダケカンバの林を過ぎてハイマツ帯の稜線先雪渓の“雷鳥平”
“雷鳥平”は貴重な雷鳥生息北限そして新潟県唯一の場所でもあります。

Photo
  撮影 2003.4.27  もう12年前か!  雷鳥平付近
※ 笹ヶ峰登山口まで除雪が終わったばかりの時期、黒沢から詰めて火打へ
高谷池ヒュッテは山スキーヤー数人のグループと登山の我々仲間10人。

“雷鳥平”から先は暫く平坦な道になりその先は山頂へ繋がるザレ場の急登。
土留めの丸太階段の登山道で最後の登りです。
その途中、登山道の傍らでは↓  ↓  ↓ 多彩な高山の花々が見られます。

P1020184 P1020182
(  写真 左 ベニバナイチヤクソウ  右 ハクサンシャクナゲ ) ※ 拡大
  P1020169 P1020202
(  写真 左 ハクサンチドリ  右 テガタチドリ ) ※ 拡大

P1020193 P1020197
(  写真 左 ノウゴイチゴ  右 ウサギギク ) ※ 拡大

Dscn0644 Dscn0648
(  写真 左 ヤマオダマキ  右 ミヤマキンポウゲ ) ※ 拡大

Pm 02:36-03:05 火打山山頂

周囲がハイマツで覆われたなだらかなザレ場状の山頂。
傾き露出した三等三角点と不動明王?小さな石仏と御札が岩の欠片で保護。

Dscn0654     山頂にて記念の一枚

山頂には小屋泊まりの飛騨高山在の女性二人。
折角なので我がグループの記念写真のシャッターを押して貰います。

富士山は見えないもののTさんからお二人の県外客に
「あれが高妻、隣が乙妻」 山座同定をしてもらいます。

P1020196     円錐形の活火山 【焼山(2,400m】 

Dscn0655   対峙する【妙高山(2445.9m】

【妙高山(2445.9m】【焼山(2,400m】二つの火山に挟まれている【火打山】
火山では無く、海生動物類の化石が見られている。

やがて山頂は我らグループのみになり、天下の名峰を独占です。
それでもいつまでも居座るわけには行きません。往路をのんびり下ります。

Dscn0657 花々を愛でながらゆっくりと下山

Dscn0656 Dscn0659
(  写真 左 アオノツガザクラ  右 クルマユリ ) ※ 拡大

Dscn0645 Dscn0660
(  写真 左 オタカラコウ  右 トウゲブキ ) ※ 拡大

“天狗の庭” 周辺に数ある池塘、そよ風でさざ波が立っているものの水面には
逆さ火打の優雅な姿が映り、飽かず眺める我らです。

Dscn0663    天狗の庭周辺の池塘に映る逆さ火打・影火打 ※ 拡大

池塘周りにはとにかく盛りのハクサンコザクラの群落が緑の原に縞模様で!

Dscn0668   コバイケイソウと火打山

Dscn0646 Dscn0667
(  写真 左 サンカヨウ  右 イワイチョウ ) ※ 拡大

Dscn0665  突然変異? 白い花弁のハクサンコザクラ

P1020212 高谷池と高谷池ヒュッテ 三角屋根の3階建て

Pm 04:00 高谷池ヒュッテ

高谷池ヒュッテ、この日の自炊組は我らのみ。 高谷池ヒュッテHP⇒コチラ

ガスは勿論 鍋釜 調味料まで至れり尽くせり、再び beer bottle 乾杯 カンパイ
持参の旬の枝豆、手料理の数々 宴は毎度の如く延々と・・・・
途中から、さいたま市からの美男 美女の新婚Aさん夫婦も同席。 
若い人が加われば尚更、宴は盛り上がります。
越後の山自慢 吹聴するジィ~ジです。 越後の山へ是非どうぞ
宴の最後は珈琲のみならず抹茶お点前まで!

かくしてジィ~ジ2003年以来2度目の高谷池ヒュッテの夜は更け行きます。                                   sleepy sleepy

7月13日(月) 

明け方は周辺に少々ガスが罹っていたものの暫くして霧散。
自炊室でお湯を沸かし、持参の食材で朝食。

宿泊の皆さん、早々に下山される方、また【妙高山】へ向かう方、色々です。
残った宿泊客は我々と埼玉からの新婚さんカップルのみ。

Am 06:30 高谷池ヒュッテ

Dscn0672     焼山上空に笠雲状の雲が

急ぐ用も無い我ら、下山は【茶臼山(2171m)】そして“黒沢池ヒュッテ” 黒沢池
経由で下山です。

ネマガリダケの林床に混ざってここでも数多くの花々が見られます。

Dscn0674 Dscn0676
(  写真 左 コケモモ  右 タニギキョウ ) ※ 拡大

【茶臼岳(2171m)】山頂手前で黒沢ヒュッテで宿泊【火打山】へ向かう数人の
パーティとスライド。その後 直ぐ同宿の埼玉の新婚A夫妻に追いつかれます。

Am 06:57 【茶臼山(2171m)】

高谷池ヒュッテ 黒沢池ヒュッテの丁度、中間点。

Dscn0675  【茶臼山】 山頂標識。

山頂からほんの僅か進めば、眼前に越後(中越地方)の山並みが目前に。

P1020221  越後の山々(中越) 苗場山、はるかに 尾瀬燧ケ岳 ※ 拡大

Dscn0678_2  【妙高山】が正面に、黒沢ヒュッテが左側に  ※ 拡大
【妙高山】の外輪山裾を黒沢池眺めながらトラバースするように道が切られています。
(※ 一昨年に続きこのコース2度目)   

Dscn0679 Dscn0680
(  写真 左 ヨツバシオガマ  右 ベニバナイチヤクソウ ) ※ 拡大
この付近にもベニバナイチヤクソウ何株も見られます。

Am 07:35-07:50 黒沢池ヒュッテ

Dscn0681   黒沢池ヒュッテ 
【妙高山】 ヒュッテから山頂までは約2時間程のアルバイト(往復3時間半?)

Dscn0682 Dscn0683
(  写真 左 アラシグサ  右 オオバタケシマラン ) ※ 拡大

黒沢池ヒュッテから小さな雪渓を上り湿原の木道を歩きます。

Dscn0688 Dscn0689
(  写真 左 モウセンゴケ  右 コバイケイソウ ) ※ 拡大

コバイケイソウ 個々の花を見ると可愛い。
湿原には盛りのハクサンコザクラの群落も其処 彼処に拡がっています。

P1020234   ハクサンコザクラ

P1020233  黒沢池とコバイケイソウ

コバイケイソウも固まって群落を形成しています。

P1020235   ワタスゲと黒沢池湿原の木道
更にワタスゲも我、負けじと勢力拡大中。
湿原の花々を楽しみながら湿原の端っこから再び少し登り上げます。

Am 08:45-08:55 富士見平

富士見平からは前日の登山道を辿ります。

P1020239        コケイラン ※ 拡大
十二曲りの手前付近で確認。

Am 09:40 十二曲り (トップ)

Am 10:10ー10:30 黒沢

P1020242  岩魚狙い?Tさん
木の枝に絡まっていた釣り糸を利用して餌(川虫)を付けて即席釣りタイム
簡単には釣れません。(笑) 釣果ゼロ。それにしても遊び心が満載のTさん。

Dscn0696  2キロ超の長い長い木道歩き。 爽やかなれど少々単調な下り

Am 11:00 笹ヶ峰登山口

Dscn0697  東屋風登山口建屋門

過去何回も何度も登っている【火打山】 何時も頑張って頑張って日帰りばかり
今回は花々を見るたびに立ち止まり立ち止まりゆるーりゆるーり 展望を楽しみ、
小屋での楽しい自炊の宴・・・等々  これはこれで年相応の楽しみ方かも。

帰路 立寄りはランドマーク妙高高原 温泉かふぇ

お昼時に温泉にのびのびと浸かり、サッパリとしたところでお昼を注文
まことにありがたい身分と感謝の念を覚えるジィ~ジです。

   充足感に満たされた二日間 この項 (完)           64(66)

追)
残雪と爽やかさを味わったばかりなのに、妙高高原でもあるにも拘らず
温泉かふぇからcarに乗り込んでみたれば、何と!外気温38度 \(◎o◎)/!
夕方のTVでは上越市が38度超で全国一だったと。。。道理で!!

|

« justmeetヒメシャクナゲIN【苗場山】 | トップページ | 目的は二つ【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

みいさま
こんばんは
このところ数日、時々雨がぱらついたりジメジメした天気が
続く新潟です。其方は台風の影響大丈夫でしたでしょうか?
この時期でも2000m級の山ではまだ所々残雪が見られ
涼しさ感ずる場所もあるんですよ。
避暑を兼ね花見は楽しいですよ。
夏バテしないよう体調管理に努めましょうね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月19日 (日) 20:06

こんばんは

 楽しい山行きでしたね^^。
残雪と高山のかわいいお花たちにさわやかさをいただきました。
山のお写真は、その魅力が伝わってきます。
神々しいです!

こちらも毎日蒸し暑いです。
そちらも38度まで上がったとは!
ご自愛くださいませ。

投稿: みい | 2015年7月19日 (日) 18:51

湯泉暮さま
こんにちは~
火打山は花の山としては日本でも有数かと思います。
登山口から山頂まで9キロと距離は有りますが
危険個所も無く小屋もあり、テン泊も出来ます。
泊まれば妙高山と掛け持ちも出来ます。
早々に是非プランを立てて下さい。お薦めです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月18日 (土) 16:23

いつもの素敵な山行に魅せられてます
今回の火打山は想像以上でした
ありがとうございました
また、行先貯金が一つ増えました次第です

投稿: 湯泉暮 | 2015年7月18日 (土) 12:58

しゃくなげいろさま
こんばんは~ いつもお世話様です。
花と残雪、この暑い時期には自分にとって一服の
清涼剤になりますから・・・
この日も(法律違反?)
ネマガリそれなりにGet!
お蔭で酒が捗りますよ。
夏山本番 ドチラへ行かれるのでしょう?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 20:43

冬男 さま
こんばんは
commentありがとうございます。
運動神経が鈍い事、懐具合が寒かったこと・・で
機会を逃しスキーは出来ず指を銜えてばかりですが
4月末頃の火打 山スキー楽しめるのでは?
残雪の八方尾根スキーシーズンに何度も唐松尾根目指したこと
有りますよ。火打へも是非!(スキーシーズン)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 19:58

周回お疲れ様でした。下界が38℃でも残雪を抱いた天上界は別世界ですね。絵を見て清涼感を味わわせてもらいました。happy01

投稿: しゃくなげいろ | 2015年7月17日 (金) 19:57

マイン さま
こんばんは~
T中さんにはいつも癒されてます。そして助けられているんですよ。
火打は何度も行っている山ですが、月山が山形県の花の山なら
新潟の花の山と言えると思っているほど、花が多い山です。
山は楽しみながら登るのが一番!かと思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 19:51

何時も素晴らしい山登り紀行に癒されます。

スキーでの事ですが志賀高原から北信の山々及び白馬以南の北アルプスのパノラマ眺望が見事です。が 妙高の隣の火打、焼山いまいちで 裏側の白馬八方尾根からは見事です。
スキーの楽しさ半分 自分の脚で登ってないが山頂からの眺望を目的としてる変なスキーヤーです。

投稿: 冬男 | 2015年7月17日 (金) 19:21

いつも楽しそうな山行ですね。
T中さんも、面白い~
遊び心、満載ですね。
残雪のある時に行きたかったのですが、
思うように行きません。
今年中には(今年中が多すぎ)happy01

投稿: マイン | 2015年7月17日 (金) 19:11

雪ん子さま
お早うございます。
残雪が遅くなるまで残る火打山、その分、高山植物も豊富。
近くに住んでおられるのですから天気の様子を見て
早目に行かれることお勧めです。
ハクサンコザクラもコバイケイソウも盛りだし、
残雪もあるので快適です。
高谷池、天狗の庭まででも十分楽しめますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 08:52

おはようございます。
火打山、もう最高!
輝ジィ~ジさまの写真の数々で、もう行って来た気分にhappy01

今年はコバイケイソウの当たり年なのですね
ヤッパリ行きたいな~、見たいな~、行けるかな~coldsweats01

投稿: 雪ん子 | 2015年7月17日 (金) 08:32

赤鬼さま
今年はコバイケイソウ咲年だね。きっと!
2,3年見れないことあるから今の内だね。
ハクサンコザクラは姿も色も良いよねぇ~
葉の緑とピンクの花の群れ 今回も良かったよ。
黒沢ヒュッテ何回か前を通たことあるけど、泊まったこと
無し。
建物は随分古くなったよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 08:23

コバイケイソウあちこちで咲いてるな。今年は当たり年か。高谷ヒュッテ2回、黒沢池ヒュッテ1回、泊った。
懐かしさいっぱい。ハクサンコザクラ綺麗だね。おいらも
大好きさ。

投稿: 赤鬼 | 2015年7月17日 (金) 07:42

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
天気の様子を見ながら出かけられる身分に、いつも有り難く
思っています。
近頃年相応に楽しむことも覚えてきました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 07:19

FUJIKAZEさま
こんにちは commentありがとうございます。
写真の雷鳥は2003年4月27日岩場以外全山数mの残雪が
残っていた時に雷鳥平付近で見た本物です。
白い羽の雷鳥、一番見れる確率高いのは、GW~5月末頃の
立山室堂から雷鳥沢周辺かな?と思います。
来年お試しください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月17日 (金) 07:15

おはようございます。
懐かしく拝見いたしました。
今年はこの時期でも天気がよく、最高の日和でしたね。

投稿: もうぞう | 2015年7月17日 (金) 04:54

こんばんは!
雷鳥平の写真に写っているライチョウは本物ですか?
それとも、モニュメント?
私、ライチョウは大昔に甲斐駒ヶ岳で見たことがあります。
でも、夏でしたから、当然ながら夏羽。
白い羽のライチョウを見てみたいものです。

投稿: FUJIKAZE | 2015年7月16日 (木) 23:15

fwix さま
こんばんは~
間違いなくスライドしましたよね。
私も「アレッ」と思ったのですが・・・
筍狩りだったんですね。
実は私たちも道々狩ってきました。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月16日 (木) 22:36

こころぐ郁美さま
こんばんは~
comment感謝感謝です。
台風少しそれてくれましたか?それは良かった良かった。
あんまり暑いのも困りますが、スッキリとした台風一過と
なって欲しいと願います。
越後の山で2000mを超えるところではまだ残雪が見られるのです。
雪解けと同時に百花繚乱となる季節なんです。
涼味と高山植物楽しんでいただければとても嬉しく思います。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年7月16日 (木) 22:32

ご無沙汰してます

あら、ひょっとして富士見平の分岐でスライドしてたかも?
こばさん含む四人で筍狩、下山してた頃合ですよ
長靴3人+登山靴1人の構成でした

投稿: fwix | 2015年7月16日 (木) 22:11

o(*^▽^*)oこんばんは!!
久し振りのコメント入れました。
いつも頑張っておいでて私の力の元のじぃ~じ様ですものね。
この時期に雪が見られて、体も冷えます。すっとします。
相変わらずに花達も頑張ってるし、山達にも魅せられます。(^_-)-☆
台風・・今回は少しそれてくれておおごとにならずにすみそうです。全国各地で暑さや水の被害も大きいですね。
暑さ対策もしっかりなさって、元気でいてくださいね。
明日の夕方には、太陽も見られるといいけどなって思って書いてます。(*^_^*)

投稿: こころぐ郁美です | 2015年7月16日 (木) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/61891804

この記事へのトラックバック一覧です: 花・残雪・展望 魅力満載【火打山】:

« justmeetヒメシャクナゲIN【苗場山】 | トップページ | 目的は二つ【角田山】 »