« 身も心もホッカホカ@【大峰山】 | トップページ | 雪化粧@【角田山】 »

2014年12月24日 (水)

空身で【弥彦山(634m)】

師走に入ってからの越後新潟 県境付近は12月としては珍しい2m近い降雪。
新潟市も5年ぶりに30㎝強で除雪車も出動。
その後もrainや霙など連日鬱陶しいが続き、趣味と実益兼ねる山歩きもままならず。

毎日天気予報をチェックしてrainであれば×だけどcloudsnowなら何処かへ行こう!
(家でゴロゴロ、運動不足なんです)

12月21日(日) 
天気予報では午前中曇 、予報信じてcar【弥彦山】へ向かうジィ~ジと相方。
ところがフロントガラスに霧雨が当りだし、Ⓟに着くころには水っぽい霙に・・・
雨具を着けても霙では濡れて後始末も難儀、取りやめて戻ることも頭に入れながら
どうせ暇人、暫く車の中で様子を見る事に  その間 約30分。
暇なので途中コンビニ調達の調理パン食べて時間つぶし・・・
霙が雪に変わってきたので「行こうか!!」  
雨具の上着だけ羽織り、空身でスタートです。

AM 11:52 弥彦神社Ⓟ
Dscn7886                                バサバサ降る雪の中スタート
雪は降っているものの周りは杉の樹林帯 然程気にもなりません。
九十九折に1合目 2合目 3合目と高度を上げて行きます。
身体も段々暖まり、寒さも殆ど気になりません。
3合目付近から雪の量も少しづつ増えていますが特に支障は有りません。
PM 00:30 5合目
Dscn7889                  5合目先
ここ暫く雪ではなく雨が降ったためか、先回月初めに降った雪がブロック状態。
ところどころ斜面には表土も出ているので時々斜面上をチェックしながら前進。
PM 00:45 7合目 水場
Dscn7890               7合目 水場

全くの空身、ここで水分補給です。
ブロック状の雪が崩れ落ちています。

7合目からは右へ回り込み左へ折れて8合目 そして9合目と・・・

9合目から『弥彦神社奥の院(御神廟)』への長い参道。
Dscn7893                           雪が降りやまず
この付近通りかかると、いつもは日本海から強い風が吹き付けるのですが
この日は珍しく風は然程当たらずお蔭で寒さも感じません。
Dscn7895                            折角の陽射しも雲に邪魔され・・・

PM 01:07ー01:12 弥彦山山頂

『弥彦神社御神廟』 二礼四拍一礼の作法に則り参拝。

Dscn7898                                下山する相方

日本海、信濃川 新潟平野 隣の多宝山・・・な~んにも見えません。
長居も出来ず、直ぐに下山の我らです。
Dscn7900                               合目標識石柱
各合目の御影標柱は弥彦山登頂千回達成された方々の寄贈です。
Dscn7901                              7合目手前を下山中の相方

この付近も小規模雪崩の危険性があるように思えます。
Dscn7902                              一寸幻想的?

雪とガスで視界がハッキリせず、何時もと異なる眺め、一寸いい感じも!
PM 01:46 5合目
Dscn7904                  5合目 奥の院遥拝鳥居

鳥居を回り込んで山頂に向かって手を合わせ、先へ向かいます。
Dscn7906                           ホツツジ?に咲く雪の花

枝先に着く真綿のような雪が恰も花が咲いているように綺麗。
Dscn7907                             ガスの彼方に薄っすらと稜線が・・・

ガスは切れそうで切れません。天気の好天は無さそう・・・
下山最中に山頂目指す常連さん数人とスライド、「今日はもう終わりだろう」
時刻も午後2時を回ったし・・ところが1合目付近でまたまた山頂目指す若人一人
(健脚の若人であれば暗くなる前には下山できるでしょう)
流石に千回登頂した人が何人も何十人も或いは?人気の山です。

Dscn7909                  眼下に茶屋

雪とガスで煙る杉木立の中、眼下に雪が積もった茶屋の屋根が見られます。
PM 02:20 弥彦神社P
Dscn7910                オオウバユリの種子

結局、終始晴れ間は無かったものの、雪なので雨具もびしょびしょにならず
展望Getもならずも雪化粧の山を歩くことが出来て、運動不足も若干解消?
十日ぶりの山歩きで何がしらの満足感も得られたジィ~ジです。
30分車中で待って甲斐があったかも・・・

平成26年年初めが【弥彦山】 今年は今回で都合9回目
来る年は何回登ることが出来るのだろう? (完)            112

|

« 身も心もホッカホカ@【大峰山】 | トップページ | 雪化粧@【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ギロチンザウルスさま
是非 実行なさってください。
楽しいですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月29日 (月) 22:22

コンバンハ。

雪山となれば、(魅力等からして)登っても眺めても価値がありますネ。
今度の雪の日の運動の予定がほぼ決まりましたぁ。
それは:電車でどれほどかで行かれる地域(茨城の山中風に近い地域)の山中を登る

新潟等関東より北は12月とかその辺から雪が降るかな
と思ってました☆

投稿: ギロチンザウルス | 2014年12月29日 (月) 21:45

ギロチンザウルスさま
新潟の山は今の時期,どこも雪山ですからねぇ。
雪山は雪山の魅力がありますから、楽しいですよ。
雨具は濡れると後始末が面倒ですから。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年12月27日 (土) 18:15

コンニチハ。

雪の日の登山はしてみたいと思った事があります☆
※約10年前、雪の日の奥多摩山中を登山したいと思い込む

そして、輝さまは、弥彦山を登って雨具が濡れる等の事があったようデスネ。
僕も雪の日の登山の苦労があります☆
※雪の日に、地元の山中にあるお店で買い物をして、凍結したりした雪道に悪戦苦闘

投稿: ギロチンザウルス | 2014年12月27日 (土) 16:10

ひよこ豆さま
こんばんは~
雪の弥彦山も良いでしょう。
実のはなし、山歩きは相方さんの方がジィ~ジより
遥かに強いんですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年12月26日 (金) 20:49

「ちょっと散歩に行ってくる」って感じで登るなんて、
まるで弥彦山が輝ジィ~ジさんの庭のよう!
誰もいない真っ白な雪山の世界を味わってみたいです。
相方さん、よく付き合って下さいますね。

投稿: ひよこ豆 | 2014年12月26日 (金) 20:05

?さま
comment多謝です。
寒くとも雨と違って濡れないので雪山遊びは楽しいものです。
そして独特の趣が感じられます。
ここ弥彦山は雪でも毎日数十人以上歩いている山で
誰でも行ける山なのです。
そうそう背中は、ジィ~ジではなく相方です。
たまたまあの場所にはワイヤーが張られていたんです。
天気が良ければ雪に青空が映えるんですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月26日 (金) 09:20

こんばんは!
弥彦山、雪が積もると、これはこれで趣がありますね。
輝ジィ~ジさんのブログを見ていると、何だか簡単に登れてしましそうな感じですが、写真を良く見ると、輝ジィ~ジさんの背中からロープが出ているような?
やっぱり、素人には厳しいんでしょうね。
雪山って綺麗で憧れますが、なかなかね。

投稿: | 2014年12月25日 (木) 23:23

マイグリーン さま
こんばんは~ いつもありがとうございます。
この頃、天気が良くないですね~
年末年始には10年に一度の大雪とか!恐ろしくなります。
スカッと晴れた日が欲しいですね。

通常、全くの空身で山へ入ることは有りませんが、
今回は食べるものも食べ、7合目で水は飲めるし、
雨具を羽織っているので・・・
そんなに早くないですよ。地元の常連さんたちは
とても速いです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月25日 (木) 22:01

空身とは珍しい!?
登りが、すごく早いんですけど。

はっきりしない天気ばかり、
すっきり晴れてほしいですねsun

投稿: マイグリーン | 2014年12月25日 (木) 21:05

しゃくなげいろ さま
こんばんは
そんなに早くないですよ!
常連さんたちには全て追い越されます。(笑)
数年前までは2時間程度で往復できたのですが・・・
年ですねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月25日 (木) 20:24

空身といえども往復2:30とは健脚ですね。恐れ入りました。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年12月25日 (木) 20:13

にゃんちゅうさま
駄ブログにお立ち寄りcommentありがとうございます。
新雪で快晴であれば、雪山の魅力がもっとお分かり頂けるのですが・・

彌彦山(弥彦)は越後新潟一の宮 弥彦神社 の奥宮です。
“やひこ”で正解ですよ。
標高634m つまりスカイツリーと同じ高さとしてPR。
ロープウェィでも行けるんです。そうそう温泉も。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月25日 (木) 10:47

雪山に登ったことがないので、きれいなお写真を拝見できてうれしいです。
昔職場に弥彦と書いて『やすひこ』と読む方がおられましたが、この山は『やひこ』と読めばいいのでしょうか?
おバカな質問でごめんなさい。

投稿: にゃんちゅう | 2014年12月25日 (木) 10:16

もうぞうさま
お早うございます。
暫く角田山が続いたので少しだけ目先を変えて?
連日天気が悪いので遠出もままなりません。
その割にお会いすることが有りませんね。そのうちに

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月25日 (木) 09:59

赤鬼さま
お早うございます。
偶にはスカッと晴れた日が欲しいよね。
トレースの無い道を歩きまわって気持ちが良かったでしょう。
年内、最後何処へ行くつもり?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月25日 (木) 08:33

20日に新津の山を歩き回ってたよ。ワカンは使わなかったけど、トレースのない道やら歩いた歩いた。年内にもう一回行く予定。良い年をお迎えください。

投稿: 赤鬼 | 2014年12月25日 (木) 08:02

お~~この日は、弥彦でしたか?
私はいつもの角田山でした。
なかなかお目にかかれませんね。

投稿: もうぞう | 2014年12月24日 (水) 19:42

雪ん子さま
いつもありがとうございます。
今年はまだ1週間残っていますよ。(笑)
閑人爺は精一杯頑張ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年12月24日 (水) 19:21

こんばんは~
輝ジィ~ジさまご夫妻には本当に脱帽です。
来年もどうぞ記録更新して下さいませhappy01

投稿: 雪ん子 | 2014年12月24日 (水) 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/60855593

この記事へのトラックバック一覧です: 空身で【弥彦山(634m)】:

« 身も心もホッカホカ@【大峰山】 | トップページ | 雪化粧@【角田山】 »