« お江戸東京滞在覚書 | トップページ | 恒例ミニ男子会 in 【飛騨】 »

2014年10月23日 (木)

今頃、状況は?【角田山】

紅葉の秋本番も終盤を迎え、もう暫くするとsnow(雪だるまは降りませんが)
雪の便りが其処彼処から聞かれるような時期を迎えた越後・新潟です。

流石に今の時期、花々も限られ、その種類も少なくなっています。
そんな中、相方が好きな花も花から真っ赤な実になって・・・

10月15日(水) sun

目的はツルリンドウ 探索並びに状況確認。
行先は【角田山】ホタルの里コースです。
ツルリンドウ(蔓竜胆) リンドウ科ツルリンドウ属 花期8月~10月

Dscn7219            登山口に近い福壽山平成院

新潟市出身 作曲家 遠藤 実さん寄進の御堂です。

以下 登山道の脇に見られた秋の花々です。

 Dscn7220 Dscn7221
( 写真 左 オクモミジハグマ   右 シロヨメナ )  ※ 拡大

シロヨメナがこの時期、このコースでは圧倒的に多くみられます。

Dscn7223               スギヒラタケ  

以前は採って味噌汁や和え物にしばしば利用されていたものの、
10年前(2014年)これを食して急性脳症を発症する事例が頻発し、
関与が疑われ原因が解るまでの間、
摂食を控えるよう政府は注意喚起を
促しています。

採る人が殆ど居ないので、あそこにもここにも・・・・ 一杯 一杯。

仮称 福井三角点239.1mを過ぎて山頂に向かうと、登山道の右側に目的の花
ツルリンドウが見られるようになります。
既に花が実に代わっています。

Dscn7224Dscn7225               紅紫の実の先端に花柱がついています。

相方に依れば、今年は株が少ない様に思えるとのこと。

Dscn7226                五倫石コース合流点 休憩ポイント

歩き始めて約1時間、ベンチに腰を下ろし休憩一本。
この先、山頂まで10分強の急登待っているのです。(年々キツク感じるジィ~ジです)

10時25分ー12時00分  角田山山頂⇔向陽観音前広場

気持の良い秋空の下、ノンビリ ぼけーっ と、寛ぐ我らです。

Dscn7229             青空に赤く染まった葉が映え

Dscn7228             地にはノコンギクが

Dscn7230             数えきれない栗のイガ  ※ 既に中身は全て空 

Dscn7231                まだ ツリガネニンジンが

暇人ジィ~ジ、山頂から稲島コース9合目向陽観音へ足を伸ばし、広場のベンチに腰を掛け
蒲原平野、上堰潟、川内山塊等を眺めながらコーヒーを口にします。 

下山はcarの回収があるので往路を下ります。

Dscn7234              執拗にツルリンドウ探しながら

Dscn7233

ツルリンドウの実、まだ暫く楽しめそうです。

登山口近くには花期を終え、来年に備えるオトコエシが見られます。              

Dscn7236            オトコエシ花後 個々の小苞の上に果実

登山口近く、階段状の道の脇にホタルブクロに似た花が一輪。 ????

Dscn7238          SOS  SOS SOS   花2センチ位  初めて見たような

相方 目的のツルリンドウ状況把握できて満足気な様子。 
【角田山】のお蔭で(平穏無事)  

ジィ~ジ 【角田山】  29-26                       94

|

« お江戸東京滞在覚書 | トップページ | 恒例ミニ男子会 in 【飛騨】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

マイグリーンさま
こんばんは
角田山山頂の栗 今は見事に一個も残っていませんよ。(笑)

スギヒラタケはシメジ科で、ホンとはとても旨いのですよ。
昔はしばしば食べました。朽ちた杉に出るので、何処でも
観られるのです。
紅葉は里山でももう暫く楽しめるでしょうが、いずれ本格的な冬
1年の時の流れとても速く思え、寂しくも有ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月25日 (土) 19:53

栗もだいぶ落ちたようですね。

あの白いきのこ、この前のコースにも
ありました。あまりにも白が綺麗で…
採っていいものかと、でもやはり怖い怖いthunder

紅葉も終盤、なんか寂しく思うのは私だけでしょうか!?

投稿: マイグリーン | 2014年10月25日 (土) 19:13

FUKUさま
おはようございます。
お立ち寄り comment多謝です。
へタレなジィ~ジと相方はどうしても角田山へ行くことが
多いのです。
不思議なことに何度も行っているのに飽きないのです。
我々にとっては本当に有り難い山です。
『たかが角田山、されど角田山』なのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月25日 (土) 05:51

角田山、久しく訪れていませんが秋の風情いっぱいですね。
以前は春の花の季節が終わると、角田山への関心が薄らいでいたものですが、お陰さまで 四季を通して、素晴らしい山 のことが分かってきたような感じがします。 (*^_^*)
「たかが角田山、されど角田山」 ですね♪

投稿: FUKU | 2014年10月24日 (金) 22:48

しゃくなげいろさま
いつもありがとうございます。
角田山はアクセス的のも一番便利、且つジムなどで
体力造りしていない小生には体調管理と体力のBarometerに
なっている有り難い山です。
コースも幾つも有りますしネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月24日 (金) 19:05

角田山はホームですね。角田山と聞けば気持ちが安らぐ思いがします。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年10月24日 (金) 18:18

赤鬼さま
相方 ツルリンドウ好きなのよ。
キノコ出だしたかね? 沢山採れたら待ってるよ。
ナメコ アマンダレ 期待してます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月24日 (金) 08:38

雪ん子様
こんにちは~
旦那様まだ現役で良いですねぇ~ 羨ましい。
私を山歩きに引き込んだのは相方なんですよ。
元々出掛けるのは好きでしたが・・・

スギヒラタケ、10年前までは取あさっていましたよ。
結構美味でしたよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月24日 (金) 08:36

ツルリンドウの実、今あちこちで見れるね。暫く天気よさそうなので明日キノコ採りに行ってくらあ。

投稿: 赤鬼 | 2014年10月24日 (金) 07:51

こんばんは
趣味の合う夫婦って良いですね~
いつでもサッと出かけられていいな~
家の父ちゃんはまだ仕事をしているので・・・
仕事を辞めた頃は、体力的にたぶんダメ?でしょう。

スギヒラタケ、大昔(子供の頃)祖母と一緒に採りに行って・・・
食べちゃった~coldsweats02 幸いなことに当時の祖母と同じくらいまで生きていますcoldsweats01 

投稿: 雪ん子 | 2014年10月23日 (木) 22:42

みいさま
こんばんは いつもありがとうございます。
スギヒラタケは朽ちた杉の木に出るので其方でも
観る事が有ると思います。
10年程前はスーパーでも見かけたほどです。
流石に今頃の時期に見られる花は種類が少なくなりました。
ツルリンドウの実、まだまだ暫く楽しめそうです。
一番下の花、さっぱり解りません。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月23日 (木) 21:04

こんばんは~

 そちらはもう晩秋の気配濃厚なのですね。
スギヒラタケっていうのですね、キノコは、美味しいけれど毒キノコは恐いですbearing
山はまだまだいろんなお花が楽しめるのですね^^。
ツルリンドウの赤い実、かわいいです。
一番下のお花、なんて名前なのかな?

投稿: みい | 2014年10月23日 (木) 19:40

もうぞうさま
こんばんは
角田山ゆっくり歩けば何か発見あるかもしれませんよ。
SOSの花、さっぱり解らないのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年10月23日 (木) 19:32

角田山も紅葉のシーズンに突入ですね。
SOSの花、もちろん名前は知りません。
しかし今時こんな花が咲いているんですね。
私なら発見できないでしょうけど。

投稿: もうぞう | 2014年10月23日 (木) 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/60527280

この記事へのトラックバック一覧です: 今頃、状況は?【角田山】:

« お江戸東京滞在覚書 | トップページ | 恒例ミニ男子会 in 【飛騨】 »