« 山歩き8月の〆は【角田山】 | トップページ | ほんとの空がみたいといふ【安達太良山】 »

2014年9月12日 (金)

この日の山頂は?

久しぶりに天気予報も良さそげなので、偶には少し遠出をしてみようかと・・・
とは言うものの、行き先は今まで時期を変え10数回は歩いている北ア入門【唐松岳】

9月3日(水) cloud

早出して出かけてきたのに、目的地が近くなってcloudがモクモクと張り出してきます。

AM 8:00 八方ゴンドラリフトアダム

Dscn6396                始発乗車待ちのトレッカーの皆さん

Dscn6401               グラートクワッドリフト

足下には無数のカライトソウが重たそうに頭を垂れ、咲き乱れています。

アルペンクワッドリフト、グラートクワッドリフト2本のリフトを乗り継いで八方池へ。
(ガスが出ていなければ、リフトから五竜岳・鹿島槍ヶ岳が見えるのだけど)
テンション down

八方アルペンライン(ゴンドラ リフト2本) 往復 2,900円 9月~始発8時 下り4時半

AM 8:45 八方池山荘 (1,850m)

Dscn6402                八方池山荘前 ガイド盤   ※ 拡大

早速、八方池山荘の裏手から八方池を目指し岩ゴロゴロ道を歩き始めます。
道端にはマツムシソウウメバチソウなど自己主張に余念有りません。

稜線からは晴天であれば、白馬三山が観られるのですが・・・
テンション down down

折角遠路出かけてきたのにガスは晴れそうな気配が感じられません。
気持ちを切り替えて、Flowerwatchingに目的を切り替えます。
夏の花、秋の花が混在して、これはこれで見事 見る価値大。

当初 予定の【唐松岳】まで行ければよし、行けないまでもそれはそれ・・・
【唐松岳】五竜岳また不帰の嶮への縦走を含め馴染みが有るので・・・

Dscn6435                    八方ケルン

登山道の真下にある八方池もガスで視界が妨げられ全く見えません。

AM 10:50-11:10 扇雪渓

Dscn6469                  扇雪渓 

扇雪渓で腰を下ろし、まったりとティータイムと洒落る?ジィ~ジです。

ゆっくりと大休憩してから山頂に向かってジグザグに一登り、(20分強) 

AM 11:30 - PM 0:45 丸山ケルン  2,430m

Dscn6463                    丸山ケルン (2430m)

丸山ケルンまで登れば山頂まで凡そ1時間強、休憩時間があまり取れないものの
登って登れない時間でもありません。 八歩池リフト最終 PM 4:30
山頂山荘で泊まり下山してくるハイカーの話に依れば、朝は絶景を満喫した由。

Dscn6464                  ガスで覆われる唐松岳山頂方面

如何見てもガスが切れるとは思えません。
下山時間に余裕を持ちたいし、とどのつまり 今日の山頂は ここ にしよう!

〔丸山ケルン(2430m〕に決定

唐松山頂小屋で宿泊する登山者が、何人も登って来ます。

下山するには時間的に少し早すぎます。 1時間以上かけて豪華?(嘘)ランチ。

Dscn6467                 ウッスラ 不帰の嶮  PM 0:30頃

眼前に不帰キレットがガスを纏って一瞬現れます。

腹も満たされ、下山御開始です。
岩ゴロ道、つまづかないようにゆっくりと下ります。扇雪渓から八方池を目指してshoe shoe

Dscn6500                風雪に耐え捻じれ育ったダケカンバ

PM 2:25 八方池

Dscn6503             八方池  稜線に下山する登山者が見られます。 ※ 拡大

sunで、無風であれば 鏡に映るが如く見れる逆さ白馬三山も当然 望む術も無し。

Dscn6508               下山路は木道の自然研究路

勿論、下山時もを楽しみながら立ち止まり立ち止まり下ります。

PM 3:20 グラードクワッドリフト(八方池山荘前)
Dscn6514                 八方池山荘前 寛ぐハイカーの皆さん

Dscn6515                黒菱平  

リフトから見下ろす白馬村は、恰もヨーロッパアルプスの雰囲気感じます。

PM 4:00 八方ゴンドラリフトアダム 

夏の花 秋の花 たっぷり楽しんだ山歩きの終わりです。

サッパリと汗を流すべく、帰りは八方温泉みみずくの湯 立寄りです。

夕食は美味しい信州蕎麦でもと思いはしたものの、時間的にまだ少し早いし、
ETC割引も無くなり、(平日) 貧乏ジィ~ジは一路、新潟へ戻ります。car dash

北ア入門コース【唐松岳(2696m)】 今まで日帰りばかり。
年よりジィ~ジ 次回は初めて唐松岳頂上山荘 泊りサンセット サンライズを
楽しむも良いかな・・・と。

 この日の山頂は 丸山ケルン これはこれで満足の一日。       84

  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

以下 この日に見られた高山植物の一部です。 ※ 拡大

P1000495 P1000498 P1000499
( 左 ホタルブクロ白  中 クガイソウ  右 ハッポウタカネセンブリ )

P1000501 P1000503 P1000522
( 左 コウメバチソウ  中 ミヤマアキノキリンソウ  右 ミヤマダイモンジソウ )

P1000515 P1000505 P1000539
( 左 タケシマラン実  中 ウメバチソウ  右 ハクサンシャジン )

P1000510 P1000511 P1000512
( 左 カンチコウゾリナ  中 キヌガサソウ花後  右 ヒョウタンボク )

P1000519 P1000521 Dscn6480
( 左 ヒメクワガタ  中 ミヤマリンドウ  右 カライトソウ )

P1000528 P1000529 P1000502
( 左 ミヤマトリカブト  中 ウツボクサ  右 タカネマツムシソウ )

P1000530 P1000532 P1000538
( 左 シモツケソウ  中 ダイニチアザミ  右 タムラソウ )

P1000524 P1000525_2 P1000536
( 左 アラシグサ  中 サラシナショウマ  右 ワレモコウ )

P1000537                        ハッポウワレモコウ (八方吾亦紅)

P1000526                   カライトソウ ハクサンシャジン 競演

Dscn6410 Dscn6411 Dscn6420
( 左 ミヤマコゴメクサ  中 ?  右 キバナノカワラマツバ )

Dscn6421 Dscn6424 Dscn6430
( 左 オトギリソウ  中 イワシモツケ  右 クロトウヒレン )

Dscn6436 P1000541 Dscn6456
( 左 オヤマソバ  中 ハクサンサイコ  右 シロバナニガナ )

Dscn6461 Dscn6440 Dscn6446
( 左 ?  中 ハクサンタイゲキ  右 オオバセンキュウ? )

Dscn6451 Dscn6453 Dscn6491
( 左 ウサギギク  中 エゾシオガマ  右 イブキジャコウソウ )

Dscn6505 Dscn6512 Dscn6429
( 左 キンコウカ  中 ハッポウウスユキソウ 右 イワショウブ )

他にもいろいろ、見落としもいろいろ。

|

« 山歩き8月の〆は【角田山】 | トップページ | ほんとの空がみたいといふ【安達太良山】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
いつもありがとうございます。
この日予報は悪くなかったんですが、ガスガスでテンションdown
何度の行っているので唐松岳山頂は断念、のんびりと
持ち寄りの品の数々楽しみながら食べていました。
八方尾根には晩夏と初秋の花々が混在し、沢山見る事が出来ました。
見落としも幾つも有りますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月26日 (金) 11:28

ここが山頂の丸山ケルン!
ガスに覆われて寂しそうですね。
それにしても、花の種類が沢山sign03
こんなに咲いてたかしらぁー。と、思う程。
キヌガサソウの花後、始めて見ましたよぅ✿

投稿: tuba姐 | 2014年9月26日 (金) 10:58

マイグリーンさま
いつもありがとうございます。
この日は予想外にお天気がイマイチとなってしまいました。
只、唐松岳は四季を問わず10回以上歩いている馴染のコースなので
花見に切り替えました。
勿論、白馬や五竜岳見たかったですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月17日 (水) 08:55

少しでも景色が見れれば、まあまなんですが、
ガスガスではテンションdown
今年はなかなか絶好の登山日和とは行きませんね。
でも高山植物の多さ、すごいですねshine

投稿: マイグリーン | 2014年9月16日 (火) 21:50

おっぺらさま
今日は!
唐松岳はアクセス的には其方からの方が少し近いかも
充分日帰りも出来る圏内(泊まっても良いけど)だし、
是非実行されることお薦め。(天気の良い日に)
キット子供さんたちも喜ぶと思いますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月16日 (火) 08:24

数年前から夏に子ども達をつれて唐松岳登りたいと思いつつ今年も実現できず・・・。
子どもにも優しく高山帯を歩ける山なんで。
来年は行けるかな?
さすがにこの時期でもたくさんの高山植物が咲いているのですね。

投稿: おっぺら | 2014年9月15日 (月) 22:39

mikkoさま
お立ち寄りcomment多謝です。
唐松岳は四季を通じ10数回訪ねていますが。展望も良く
花の種類も多く、アクセス的も問題なく、極めて北ア入門の
手頃な山ですよね。
私も秋の花=マツムシソウのイメージが強いですよ。
カラフルな紅葉楽しみたいですよね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月15日 (月) 19:40

平日でもたくさんの登山者!
やっぱり人気の山なんですね。
ガスガスは残念でしたが、たくさんの秋の花を楽しまれたご様子。。。
お花の事典を見ているようなレポでした~
今年はまだマツムシソウを見ていないのですが
見ないで秋が終わってしまうかな~
紅葉が早まりそうで楽しみですね。

投稿: mikko | 2014年9月15日 (月) 15:47

こころぐ郁美さま
いつもありがとうございます。
山には沢山の種類の花が見られますが、似たようで
異なる花も多く、間違いも多く有るかもしれませんよ。
花を楽しみ絶景を眺め、体力維持も出来る山歩き、
一石何鳥?(笑)
これからは紅葉かな!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月14日 (日) 11:06

tulipお花の辞典がそろそろ作れそうですね。
えっ!?もう作ってる?かもぅ~・・(^^ゞ

楽しみ方を教えてもらうこのブログ・・shine

テクテク、テクテク歩いては身も心もすっきりですね。
今日も大きな深呼吸を画像の前でしましたよ。

すーはー すーはー happy01美味しいなぁ~(*^^)

投稿: こころぐ郁美 | 2014年9月13日 (土) 22:46

けいあんさま
お立ち寄りcomment多謝です。
この北ア入門【唐松岳】八方尾根には多種類の高山植物が見られます。
夏と秋の花が混在して目を楽しませてくれました。
これからは紅葉が楽しみです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月13日 (土) 08:41

赤鬼さま
昨日はご苦労様でした。
簡単に1升空いたよ。
八方アルペンライナーからの五竜岳・鹿島槍ヶ岳の姿は
格好よく惹きつけられるね。
観れれば良かったのだけど・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月13日 (土) 08:38

おはようございます
生憎のcloudばかりで残念でしょうが、また訪れる楽しみが出来ましたね
それにしても高山植物の花だらけ 本当に見事です
植物図鑑を見てるようです
雲があるときの方が一段と花の輝きが増すのでしょうね

投稿: けいあん | 2014年9月13日 (土) 08:01

昨日は楽しかったよ。ありがとう。金払うの忘れた。後で届けるね。このコースおいらも何度か歩いてる。スキーのリフトから眺める五竜、鹿島槍もおつなものだよ。

投稿: 赤鬼 | 2014年9月13日 (土) 07:21

しゃくなげいろ さま
何時もありがとうございます。 多謝。
ガスに巻かれても自分を見失うことだけは無いつもりです。

投稿: 輝ジィ~ジ@少し飲み過ぎ | 2014年9月12日 (金) 22:57

みいさま
こんばんは~
何時もありがとうございます。
山歩きは山頂に到達できるも良し、出来なくても、
それはそれで良し。
山を楽しむには我慢は不要。天気の良し悪しは別にして
その都度、山歩きは学習の場です。

投稿: 輝ジィ~ジ@少し飲み過ぎ | 2014年9月12日 (金) 22:05

もうぞうさま@酔っぱらい
こんばんは~
年寄り爺は5時前に起きれないのです。
でも唐松岳は北ア入門コース、四季を問わず歩けますよ。
可憐んなお花が、雪が降るまで待っていて呉れますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月12日 (金) 22:00

秋の花も素敵ですね。キヌガサソウの花の後は緑化するのですね。勉強になりました。ガスにまかれる山もいいものですね。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年9月12日 (金) 20:55

こんばんは

 いっぱいお花が咲いてるんですね~
かわいいお花たちが迎えてくれて楽しい山行きでしたね^^。
わたしも楽しませていただきましたよ~

投稿: みい | 2014年9月12日 (金) 19:50

行きは、4時前に高速に?
さすが唐松、この時期でも花が豊富ですね。

投稿: もうぞう | 2014年9月12日 (金) 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/60299021

この記事へのトラックバック一覧です: この日の山頂は?:

« 山歩き8月の〆は【角田山】 | トップページ | ほんとの空がみたいといふ【安達太良山】 »