« 恒例 北の大地山歩き26年版④【十勝岳~美瑛岳縦走】 | トップページ | 迷った挙句【至仏山(2281m)】 »

2014年7月31日 (木)

恒例 北の大地山歩き26年版⑤【富良野岳【1912m)】

恒例?“北の大地 山歩き” 26年度最後の山です。5日目を迎えたジィ~ジです。

今回選んだ最後の山は、宿泊施設からも登山口までcarで10分足らず【富良野岳】
※ 前日も十勝岳の右側に威風堂々とその山容を誇っていました。

登山口は十勝岳温泉 凌雲閣のすぐ先、toiletを備えた広いparkingが有ります。

ジィ~ジは10数年ぶり2回目の【富良野岳】 
その時は、十勝岳温泉~上ホロかメットク山~三峰山~富良野岳グルリップ。
今回は十勝岳温泉~三段山分岐~上ホロかメットク山分岐~富良野岳(往復)

7月17日(木) sun

5時30分 十勝岳温泉登山口

なだらかな遊歩道を30分程、安政火口手前で一旦右手の沢に下ります。

P1000270               安政火口手前の沢へ一旦下る。

沢から登り返せば三段山分岐をわき目に右手樹林帯の中に切られた登山道を前進。

6時35分 上ホロかメット久山分岐

P1000272                山頂への登山道が続きます。

P1000273                チングルマのお出迎え

【富良野岳】は、高山植物 花の山としてつとに有名。次から次と阿愛くるしい花々・・・

 P1000277 P1000278
(写真  左  シナノキンバイ  右  カラマツソウ)  ※ 拡大

  P1000276_2 P1000280_2
(写真  左  ウズラバハクサンチドリ  右  ハクセンナズナ) ※ 拡大

 P1000283 P1000287
(写真  左  チシマフウロ  右  コマクサ) ※ 拡大

7時50分 富良野岳手前コル

ここからは暫く山頂へ向かって急で長い階段が続きます。

 P1000288 P1000289
(写真  左  エゾヒメクワガタ  右  ヨツバシオガマ) ※ 拡大

 P1000282 P1000291_2
(写真  左  ナナカマド  右  ハイオトギリ) ※ 拡大

P1000297                      チングルマ群落

P1000301               エゾノハクサンイチゲ群落

 P1000304 P1000308
(写真  左  コイワカガミ  右  エゾツツジ) ※ 拡大

  P1000309 P1000310
(写真  左  フタマタタンポポ  右  アズマギク) ※ 拡大

P1000306                  多種多様 どこまでも続く花の群生

最後の急斜面を登りきると、ヒョコツと山頂に出ます。

8時50分ー9時15分 富良野岳山頂

P10003181                  富良野岳山頂 記念写真

雲が湧き夕張岳 芦別山などの遠望はままなりません。
原始が原保面は無論 俯瞰できます。 暫しゆっくりと大休憩。

山頂から直ぐの下の一角に【富良野岳】を“花の百名山”にしている代表花?

P1000312               エゾルリソウ     ※ 拡大

 P1000337                   下山も 可憐な花々観賞しながら下山

 P1000322 P1000323
(写真  左  ミヤマオグルマ  右  ミヤマオダマキ) ※ 拡大

P10003401          下山する相方 花に見とれ歩が進まず 

 P1000314 P1000349
(写真  左  ホソバイワベンケイ  右  タケシマラン) ※ 拡大

P1000346            途中で出会ったカナダからの妖精  花!?

高山植物の他にカナダの‘花’にも巡り合えテンションアップ!

P1000347                       振り返り富良野岳山頂を望む

P1000352             安政火口も爆発しそう

12時00分 十勝岳温泉登山口

P1000353              十勝岳温泉登山口の様子。    マイクロバスも2台

“花の百名山” 【富良野岳】 まさに恰も図鑑のような花々堪能です。 73

かくして26年度 “北の大地山歩き” 今回を以て予定通り終了。 

この日は新日本海フェリー セットプランで宿泊は小樽のオーセントホテル。

少し遅めの昼食を 富良野で採って、道央道道の駅砂川でお土産 買い物。
一路、札幌から小樽へ向かいます。

P1000355                富良野ラベンダー畑

夕食はbeerで乾杯 地元小樽市民御用達の料理屋です。(大賑わい)

たらふく食べて飲んで、ホテルに戻り大浴場で入浴 部屋に戻ってsleepy sleepy

7月18日(金) sun

朝食はこれまた恒例!? 小樽 鱗友市場  海の幸買い物兼ねて。

P1000357              ホッケ 朝水揚げイカ刺 定食  950円

P1000358               鱗友市場の一部商店

夕食の予定はホタテとカニの勝手丼の予定です。

P1000359              新日本海フェリー  自衛隊の特殊車両数十台

北海道で訓練を終えたのか?自衛隊の車両が数十台。
船内は若い世代の隊員たちで若さむんむん ハチキレそう・・・

風呂へ入って汗を流し、部屋へ戻ればbeer beer 瞬く間に時は流れて行きます。

19時40分 僚船 らいらっくスライド

P1000366                 かなり離れ、強風のため窓越し 無理無理

7月19日(土) cloud 

潮流の関係で往路より約2時間余分の時間をかけて6時半新潟港無事到着です。

P1000368              新潟港到着 下船の開始。

26年度 北の大地 北海道の山歩き 七泊八日  予定COMPLETE。
扨て、27年度も又継続したいものなれど・・・鬼が笑うか!?

|

« 恒例 北の大地山歩き26年版④【十勝岳~美瑛岳縦走】 | トップページ | 迷った挙句【至仏山(2281m)】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の書き方 | 2014年8月10日 (日) 09:03

けいあんさま
お立ち寄り、commentありがとうございます。
富良野岳は間違いなく“花の百名山”です。
吹上温泉白銀荘からも近いし、十勝岳より少し山としては楽なので
一度試しに歩いて見て下さい。きっと感動されますよ。
吹上温泉の露天風呂知ってはいますが、入ったことが無いのですよ。(心残り)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 2日 (土) 11:29

おはようございます
富良野岳こんなにも沢山の花が咲いているのですね
大雪山系の奥座敷みたいですね
ps
3日前、輝ジィージさんが滞在していた白銀荘の前まで行ってきましたよ
もちろん今回もbicycle
吹上温泉の露天風呂も満喫してきましたgood

投稿: けいあん | 2014年8月 2日 (土) 08:46

マイグリーンさま
現役時代に100名山を個人的に70座程終わっていたので
時間的余裕も出来たので完登を目指すことにした結果、
北海道 九州 四国へも出かけることになった次第です。
北海道の山歩きは10年程続いていますので、ある程度の
相談には乗れますよ。ご遠慮なく・・・
新潟からは船旅が断然お勧めです。
花も山もそして北海道ならではの食材 どれも魅力的です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 2日 (土) 06:48

おっぺらさん
最後までお付き合い頂き感謝です。
ジィ~ジはノンポリの学生でした。
始めて北海道の牧場で仲間3人で夏休みアルバイト
をしようと決めていたとき新潟地震に遭遇して私だけ出来ませんでした。
初めての北海道は34,5歳の頃、家族4人、義母で新潟からairplane
土 日を利用して3泊? 以来退職するまで無理でした。
時間を気にせず船の旅を楽しめる現在 健康に感謝です。
何時も日か?おっぺらさんにもそんな時が来ることでしょう。
若き日を思い出しながら是非ゆっくりと再訪されて見て下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 2日 (土) 06:41

みどいみどりさま
ありがとうございます。
新潟からフェリーでの北海道山の旅、時間的には
現役世代の方にはかなり難しいかもしれません。
健康・体調管理をされ、今から将来を楽しみになさってください。

花の百名山富良野岳は花も展望も楽しめる良い山ですよ。
今年もたっぷり北海道堪能 感謝感謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 2日 (土) 06:31

北の大地の登山。
考えてみたこともなかったのですが、
夢が膨らんできましたdash
いつか行きたいです。
その時、計画立ててもらいたいですね~。
滅多にいけないので、満喫してきたいので。
宜しくお願いします o(_ _)oペコッ

投稿: マイグリーン | 2014年8月 2日 (土) 05:43

お疲れ様でした。毎日楽しみにして記事を読ませてもらいました。北海道の山の花々の素晴らしさは内地では考えられないレベルのものですよね。
大雪縦走を行った19の夏。それ以来北海道へは行っていません。また行きたいものです。
登山を終えて、大きなザックにテントを担いで、山岳部の同僚と北海道周遊券を使って列車で旭川を起点に富良野、稚内、網走、羅臼、摩周湖、釧路湿原、札幌、小樽、函館と北海道一周野宿&列車内泊の旅をしました。
北海道をのんびり旅する。夏休みなるものがあった時代の思い出です。
まだまだいっぱい見たい場所があったのですが、金が尽きて帰りました。
来年もまた行けるといいですね。

投稿: おっぺら | 2014年8月 1日 (金) 23:36

7泊8日 北海道山の旅~! 楽しませて頂きました^^
富良野岳は花の群生、すごいですね~。
ラベンダー畑も海の幸も堪能できて、
新潟からは船旅! 良いですね~(o^-^o)

投稿: みどりみどり | 2014年8月 1日 (金) 22:37

みいさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
北の大地北海道も平地は意外と暑かった。
環境変化が如実に起きているのでしょうね。
それでも山では残雪の上を吹き抜ける涼風と可憐な高山植物に
癒されました。最後の最後にカナダからの妖精にも合えましたし(笑)
日本人の娘さんであの真似出来る人はいないでしょう。
ジィ~ジも吃驚して転びそうになりましたよ。
健康第一で来年も行けたらいいなぁと願っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 1日 (金) 15:23

tuba姐さま
今年はいろいろ大変だったので、来年、是非計画されては
如何でしょう。
北海道の山は花も素晴らしく、アルプスとは別の趣も有ります。
この時期であればフェリーも各種割安プランが有るし
お薦めです。
ヒグマやナキウサギも待っていますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 1日 (金) 15:17

FUKUさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
富良野岳も今回が2度目でしたが、花の時期にドンぴしゃ!
素晴らしい花々を楽しむことが出来、出かけた甲斐が有りました。
ツアーでなく、個人山行は天候により適宜変更が出来るので
それなりのメリットが有るかと思われます。
来年は是非 計画を立てられお出かけになって見て下さい。
素晴らしい花々が待っていてくれますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 1日 (金) 15:13

こんにちは~

 北の大地、いいですね!
涼しさが伝わってきました。
きれいな風景と花たちにさわやかさをいっぱいもらいました。
こちら蒸し暑い日が続いてます。不快指数うなぎのぼり?
なので山野草に癒されます。
カナダの妖精さん、花のようね^^。
出会えてラッキーでしたねhappy01

来年も是非行ってくださいね!

投稿: みい | 2014年8月 1日 (金) 13:03

輝さまのレポで北海道の山々を満喫させていただきましたぁ~o(*^▽^*)oありがとぉ~♪

図鑑を見ているような花の数々、見るチャンスが有るとイイなぁー、と、羨ましくレポを拝見してました✿

北の大地、イイですねぇ~✿fuji

投稿: tuba姐 | 2014年8月 1日 (金) 09:58

凄い! 素晴らしい~! やっぱり北海道の花は違いますね~♪!
今年は、北海道の計画が無く羨ましく拝見しております。 来年は行けるかなぁ~
ホントに北海道の自然は大きく花達は美しく。  憧れま~す♪

投稿: FUKU | 2014年8月 1日 (金) 09:57

しゃくなげいろさま
ダラダラレポにお付き合い頂き恐縮です。
年に一度 北海道の旅も良いものですよ。
果たして来年は行けるかどうか?
その様に思いながら健康管理に努めたいと願っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 1日 (金) 09:03

花図鑑を見ているようです。雄大な景ですね。7泊8日いい旅をされましたね。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年8月 1日 (金) 08:40

赤鬼さま
最後までお付き合い頂き多謝です。
今回は10時間超のLongコースもあったけど殆ど連日
花花花 花三昧の旅でした。
兎に角スケールが違う。

カナダからのお嬢さん、途中で暑かったのか?タイツを
脱いだのよ。\(◎o◎)/!

多宝山ナンバンギセル情報ありがとう。近々行ってみよう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 1日 (金) 08:04

長旅お疲れ様。厭きるほど花を見たな。外人さんなぜかお気楽な格好で山に来るよな。29日に多宝山に行ってナンバンキセル見てきたよ。

投稿: 赤鬼 | 2014年8月 1日 (金) 07:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/60072168

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例 北の大地山歩き26年版⑤【富良野岳【1912m)】:

« 恒例 北の大地山歩き26年版④【十勝岳~美瑛岳縦走】 | トップページ | 迷った挙句【至仏山(2281m)】 »