« 天上の花園【月山】 | トップページ | もしかして見れるかな?【弥彦山】 »

2014年7月 8日 (火)

1年に1,2回は【浅草岳(1585,5m】

新潟県側から3コース、福島県側から2コースとそれぞれ雰囲気の異なるコースが
選択できる“越後三山只見国定公園”に属する【浅草岳(1585.5m】 一等△点。
ジィ~ジの好きな一座でもあります。

7月1日(火) cloudsun

ネズモチ平の大駐車場には埼玉県 群馬県 石川県・・県外車含め13台
(2011 7月の新潟・福島大水害で途中の道路決壊通行止め 2013 9月中旬復旧)

8時10分 ネズモチ平ゲート

身支度整え、早速歩き始めます。

Dscn5570                     コケイラン

Dscn5571         2000 6 遭難救助殉職慰霊碑  

Dscn5572               ヤグルマソウ

8時45分ー8時50分 桜曽根登山口 (1050m)

Dscn5573                                   桜曽根登山口 案内表示盤

 Dscn5574 Dscn5577
(写真 左)  コナスビ  ※ 拡大
(写真 右)  ツクバネソウ ※ 拡大

 Dscn5578 Dscn5584
(写真 左)  ギンリョウソウ  ※ 拡大
(写真 右)  マイヅルソウ ※ 拡大

Dscn5576_2                     ノギラン

Dscn55821             ネズモチ平の大駐車場 随分遠くなって

 Dscn5583 Dscn5586
(写真 左)  アカモノ  ※ 拡大
(写真 右)  ゴゼンタチバナ ※ 拡大

△点が設置されている嘉平与ボッチまで、ところどころに木道も敷かれた小岩が
ゴロゴロした登山道。周りはブナの林で覆われ、2か所ほど狭い要注意箇所の
へつり場があります。

10時05分ー10時15分 嘉平与ボッジ

△点ピークの“嘉平与ボッジ”  小休止。
道の脇には数株の露に濡れた「ヒメサユリ」が見られます。

Dscn5589                  ヒメサユリ

嘉平与ボッジから一旦少し下り、一部木道の道を“前山”の向かいます。
道の脇、足下には様々な花が見られます。

Dscn5592
Dscn5594
Dscn5596
Dscn5597

上から モミジカラマツ ヒメサユリ コシジオウレン コイワカガミ

“前山”手前から雪渓が3か所ほど残っています。
【浅草岳】は春スキーでも人気の山です。

Dscn5598                少しガスって靄~

Dscn5599            シラネアオイ

ガスも切れ始め、晴れ間が広がってきます。

10時50分ー10時55分 浅草岳山頂

Dscn5601              山頂から眼下の田子倉ダム

一等三角点にタッチ、お昼にはまだ少し早く、福島県側 入叶津方向へ下ります。

Dscn5602            色鮮やか ベニサラサドウダン

Dscn5604            ヒメサユリ4姉妹  ⇒5人官女

Dscn5606         今年初めての コバイケイソウ (昨年はどこの山でも咲年)

福島県側の気持ちよい草原 “天狗の遊び場”でランチタイムとします。

11時25分ー12時30分 ランチタイム

Dscn5607                 ふくしま緑の百景

柔らかな初夏の陽射しを受けながらゆっくりとお昼を楽しみます。
草原を吹き抜け当たる風が心地よさを運んでくれます。

空腹感が満腹感に変わり、下山です。 下山路は往路を辿ります。
(ブナ曽根は足場が悪く、且つ滑りやすい急な道、視界も開けず毎度敬遠)

Dscn5612                ウラジロヨウラクと田子倉湖

Dscn5616              山頂から下山 
(対峙する左手の山は難儀な鬼ヶ面山からの稜線)

浅草岳山頂から20,30歩下りたところで埼玉北本からの30数人の団体。
傍らによって道を譲りますが、長い 長い 大行列!

Dscn5619               山頂下のワタスゲ揺れる草原と池塘

Dscn5623              サラサドウダン

13時05分 前山Dscn5624                     道標

10年以上前の残雪時、3度ほどの六十里越えトンネル手前から“鬼ヶ面山”経由で
長い辛い、達成感溢れる浅草岳山行が懐かしく思い出されます。

ここ“前山”先の雪渓で又別の埼玉からの20人強の団体さんとスライド。
皆さんの力量に差があるのか?さっさと先へ行く人、スプーンカットの雪渓歩きが
怖くて前へ進めない人、先頭とラストのタイム差数分も・・・・

雪渓、木道 最後の登り返し“嘉平与ボッジ” 独りの男性が腰を下ろしています。
聞けば埼玉からのメンバー ここで皆さんが戻るまで待機とのこと。
「ヒメサユリ見ましたか?」と問えば「見てません」との返答。

折角なので「ほらッ そこに咲いてますよ」と山頂方向数m先を指さすジィ~ジです。
かの男性カメラを提げてヒメサユリを見に・・・  我らは再び下山の開始。

14時32分ー14時40分 浅草の鐘 (桜曽根登山口)
Dscn5625                (浅草の鐘) 対峙する【守門岳】の頭には雲が・・・

Dscn5626              振り返れば“嘉平与ボッジ”

2003年までcar rvcar 乗り入れ可能だった桜曽根Ⓟから現在のネズモチ平まで林道
30分ほどかけてところどころに残っているワラビを摘みながら戻ります。

15時10分ネズモチ平Ⓟ

Dscn5627               ゲート脇にひっそりたてられた案内板 (ネズモチ平)

大駐車場に駐車中の車は我が家の車と群馬からの単独行女性の車だけ。
他には小型(25人乗り)と大型の観光バス2台が待機中。

 昨年10月以来の【浅草岳】 今回は残雪とヒメサユリ、はじめ初夏の花々堪能
 幸い雨にも遭わずゆっくりと山歩き楽しめ満足のジィ~ジです。
 次回の【浅草岳】は錦の緞帳 紅葉シーズン?   (完)         66

|

« 天上の花園【月山】 | トップページ | もしかして見れるかな?【弥彦山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
返信遅れ失礼しました。
浅草岳は比較的楽に楽しめるので、結構好きな一座なんですよ。
残雪も花も展望も、紅葉時も凄く綺麗だし・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年7月19日 (土) 08:57

わぉ~✿
残雪とお花が楽しめて最高ですね!(^^)!

残雪期に一度だけ登ったことが有りますが、花の時期に行ってみたいとずぅ~っと思っていました。
明日、行ってきますhappy01

投稿: tuba姐 | 2014年7月12日 (土) 22:11

FUKUさま
お立ち寄り、commentありがとうございます。
浅草岳、去年の夏まで五味沢林道が通れませんでしたから・・・
今の時期の浅草岳は残雪と沢山の花々が楽しめます。
これからはまた別の花も咲き出すでしょう。
そして紅葉シーズンもカラフルでお勧めですよ。
手頃な山ですから是非!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年7月 9日 (水) 13:11

浅草岳、しばらく行っていません。
この時期、まだ残雪もあり お花もたくさん咲いていていいですね~♪
来年でも行きたくなりました。 (*^_^*) 

投稿: FUKU | 2014年7月 9日 (水) 11:52

しゃくなげいろさま
毎度お気遣いありがとうございます。
来年六十里トンネル手前から、鬼ヶ面経由での浅草岳なぞ
会山行として計画されたら如何?
花も多いし、歩き甲斐も有りますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年7月 9日 (水) 10:11

草原に池塘、ひめさゆり、ガスが流れる雪田歩き。あーいいなー。憧れます。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年7月 9日 (水) 08:42

赤鬼さま
偶の浅草はお勧めだよ。
紅葉時期に是非 行ってみて!

埼玉の団体2グループ共、リーダーらしき人物も不明確で
指示を発することも無く、先頭とラストでは何十mも離れ、
雪渓の場所では足も出せない。
他山の石としたいね。我が会も!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年7月 9日 (水) 07:47

浅草もう大分行ってないなあ。登山者の多い山は大団体は避けたほうが良いよな。台風の野郎うろうろしやがって予定が狂ったよ。

投稿: 赤鬼 | 2014年7月 9日 (水) 07:15

まーぶちょん さま
こんばんは~
台風怖いねぇ~ 被害が大きくならねば良いけど・・・
折角 本格的な夏山シーズン入って意欲が湧いていたのに
困ったものです。
近頃の異常?気象、将来的に当たり前にならぬよう願いたいものです。
もう少しジィ~ジも頑張りたいですから。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年7月 8日 (火) 21:35

台風が 来ますよ~! 山に 行くのは今週は もうおしまいかな?天気のよい日に 下界を眺めるのは 登った者にしかわからない感動が あるんだろうなぁ・・・。
すてきな体験を たくさんしてくださいね。ヽ(´▽`)/

投稿: まーぶちょん | 2014年7月 8日 (火) 21:22

もうぞうさま
おやおや それは残念でした。
旧田子倉駅から、鬼が面山の岩肌を見ながらのコースも
お薦めです。
是非 お試しください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年7月 8日 (火) 18:28

昨日晴れれば、予定の山でした。
残念。
駐車場が変わってから、疎遠になった印象です。

投稿: もうぞう | 2014年7月 8日 (火) 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59945237

この記事へのトラックバック一覧です: 1年に1,2回は【浅草岳(1585,5m】:

« 天上の花園【月山】 | トップページ | もしかして見れるかな?【弥彦山】 »