« 絶好の登山日和【巻機山】 | トップページ | 思いのほか手強い【唐松山(1079.3m】 »

2014年6月 2日 (月)

里山漫歩?飲んで食べて採って (小千谷・長岡)

同好の士とは、有難いものなり。
今回も長岡市の山友Tさんからのお誘いの声がかかり、好天の下、二日に亘り
実りある山歩きを楽しんだジィ~ジです。

5月24日(土) sun

長岡東バイパス(R8.R17重複) 高畑交差点で待合せ、目的地の小千谷市へcar dash

この日の予定は錦鯉と縮、ヘギ蕎麦で知られた小千谷市の地元で愛されている山
【城山~丸山】周遊です。 城山は時水城に由来 ※時水城 南北朝時代 小国氏?

8時40分  馬場清水

Dscn4691                            Tさん先頭に長岡市の皆さんと馬場清水に向かって

Dscn4694                  馬場清水(姥清水)冷たい水が滔々と

近郷近在から多くの人が水を汲みに来るらしく、広い駐車スペースが設けられています。
【城山(じょうやま)】、この一帯は有数の豪雪地帯ですが、地元で愛されている山。
一年中、天候に拘わらず誰かが登っているそうで、この日も地元のスキー部の
女子高生二人が二往復してトレーニング中。既に下山してくる人、数人とスライド。

Dscn4695                           今が盛りのタニウツギ

道端で人目を惹く花に遭遇! なんと!!

Dscn4698                キンラン

Dscn4701             小千谷市市街地  後方に残雪の守門岳

 Dscn4703 Dscn4705
(写真 左 キランソウ)   ※ 拡大
(写真 右 ガクウラジロヨウラク)  ※ 拡大

9時45分ー10時10分 城山山頂(384m)

Dscn4708               鐘と記帳所 (積雪期でも一服できます)

視界良好 少し靄ってジィ~ジのコンデジではイマイチなれど、守門岳・浅草岳
越後三山・巻機山・~妙高火打方面までぐるっと見渡せます。
(来年の残雪期に空模様を眺め再訪したいもの)

Dscn4707                  中央 越後三山~右手 巻機山

山頂は日当たりが良い草地、この時期には当然の如くにょきにょきと・・・山の幸。

Dscn4712                10数分で太い手ごろなワラビ(蕨)

銘々蕨採りを楽しんで、次はお隣の【丸山】へ向かいます。

Dscn4713               ロープが張られた傾斜がきつい場所も

 Dscn4714 Dscn4715
(写真 左 ツクバネウツギ)   ※ 拡大
(写真 右 ヤマボウシ)  今年初めて  ※ 拡大

城山・丸山共に小千谷では西山山系と呼ばれ、小千谷市西部と長岡市小国地区と
衝立の様な山容で境界を構成し、稜線の小国側はかなり切れ落ちている箇所も
見られます。

10時50分ー11時50分 丸山山頂

Dscn4717                 ヤマザクラ満開の【丸山】山頂

Dscn4718              お昼のメニュー一部

然程広くない山頂に敷物広げ、各自持ち寄りの手料理の数々が・・・
陽射しを浴びながらワイワイとランとタイムです。 のんびりと1時間ほども。

下りは、途中から周回路を辿ります。

 Dscn4719 Dscn4721
(写真 左 レンゲツツジ?)  ※ 拡大
(写真 右 ノアザミ)  ※ 拡大

お天気が良く、今年初めてのニョロ君も↓

Dscn4720                   日向ぼっこ?

下山路の脇には耕作放棄された田畑があちこちに見られ、現代の農業の一端が
垣間見られた感じを受けたジィ~ジです。

伸びきったウド、葉が広く成長したウルイなどを横目に見ながら、林道を辿ると
朝 車を止めた駐車場に戻ります。
脇の竹林には食べごろのタケノコがにょきにょき顔を出しています。

13時05分 Ⓟ

この日の予定はまだ続きがあるのです。

帰り支度をして車で一旦、小千谷の大型スーパーで肉の買い出しです。

15時25分 三ノ峠山登山口Ⓟ

Dscn4725                歩荷スタイルのTさんと奥方 赤道

道端にはホウチャクソウ クルマバハグマ サイハイラン フタリシズカなどの花が・・

Dscn4730                 フタリシズカ

Dscn4731                   大榎

Tさんは大榎の幹の隙間に自作の石地蔵を置きたいと準備中。

16時40分 友遊小屋

Dscn4732              友遊小屋テラスから長岡市内と西山丘陵望む

ジィ~ジがボケ~ッと夕方の長岡市内を見ている間、女性陣は甲斐甲斐しく
夕餉の準備に大わらわ。

Dscn4735              この日に摘んだ木の芽 ウド 新鮮そのもの

Dscn4737                   まずはbeerで乾~杯

ビールに地酒にワインに洋酒・・・ Tさんの栽培 サツマイモ ジャガイモ 玉ねぎ
カボチャ そしてメインは“焼肉”です。

Dscn4740                焼肉です。

飲みながら、腹いっぱい食べながら、山談義は延々と続きます。
あんまり食べ過ぎ、飲み過ぎたので一寸中休み。 (19時30分)
皆でTさんが作った山頂手前の“風のテラス”で夕涼み。
〈ヤマナラシ〉の大木がそよ風を受けながら葉音「カサ カサ カサ … …」

Dscn4744                  明かりが灯る長岡市内

何か催し物有るのか?偶然 打ちあがる花火も見られます。

再び小屋に戻り、宴の続きとなります。
満腹感と酔いが回り、段々眠気が襲ってきます。テーブル片付け寝床の準備。
この日の最終目的は、友遊小屋で泊まる事。  sleepy sleepy sleepy

夜半 小用でトイレに行ったとき、何気に空を見上げると無数の星がshine shine
静まり返った山の中で時折 「ブッポウソウ ブッポウソウ」と泣き声が聞こえたような
(空耳か?聞き間違いか??)

 【城山~丸山周遊】 【友遊小屋酒宴】   この項 完           52

           ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

一夜明けて

5月25日(日) sun

アルコールにはそれほど強くない?ジィ~ジ  回りが早い分、醒めも早い。
二日酔いの経験は2,3回程度? この日の目覚めもごく普通。

小屋での朝食 そこそこに 【萱峠】へ向かってdash

Dscn4747                  小屋の脇 色づいた蕾のヒメサユリ

小屋の周辺にはTさんが植栽した数株のヒメサユリが根付き、開花間近の様子。

7時52分 三ノ峠山山頂(468.6m)

Dscn4748                 三ノ峠山山頂△点 

まだ8時前、ひんやりと空気が残り心地よい。

 Dscn4749                           長岡市の最高峰 鋸山望む場所  “観鋸台”

Tさんグループで名付けた“観鋸台” Tさん作成の休憩ベンチもおかれています。
つい先ごろまでは、カタクリの群生地。今は大きな実になって・・・

 Dscn4753 Dscn4754
(写真 左 ニシキコロモ)  ※ 拡大
(写真 右 イワカガミ)  ※ 拡大

Dscn4756                 コハ清水 水はけ清掃するTさん

ブナが蓄えた冷たい旨い水で喉を潤します。

 Dscn4755 Dscn4757
(写真 左 コケリンドウ)  ※ 拡大   初めて見たかも!
(写真 右 サンカヨウ)  ※ 拡大

Dscn4761                  ツクバネソウ

Dscn4763                萱峠周辺は見事なブナの美林が広がっています。

萱峠の先は、倒れた鉄のフェンスが見られる昔の牧場跡 今はタニウツギなどの
低木が勢力を広げています。
空気が澄んでいれば守門岳から魚沼三山の展望台ですが、この日は目視が精々。
敷物広げ腰を下ろし、ゆったり、まったり早めのランチを取りながら時を費やします。

超 ノンビリのお昼を終えて往路を戻る我らです。

コハ清水の先、登山道の脇で往きに気付かなかった白っぽい花 ↓

Dscn4765                     ギンラン 手振れ!ピント合わず

前日はキンラン、そしてこの日も珍しいギンラン見る事が出来た我らです。
この周辺の主のようなTさんご夫妻も今まで見た覚えがないとのこと! ラッキー!

登山道脇の フキ 、ミズ(ウワバミソウ) ワラビを少々?Getして小屋へ戻ります。

小屋で再びゆっくりとコーヒータイムを取りながら寛ぎます。

朝8時前に出たのに、ゆっくりと遊んで既に午後2時半過ぎ、帰り支度をします。

Dscn4766                       ガクウラジロヨウラク

15時20分 car parking

Dscn4767                     ダンボール一杯のワラビ

前日 採取したワラビはT夫人が持参の塩を摘み口に浸し保存処理済み。

長岡市東山ファミリー牧場で、またの再会を約しTさんとお別れです。

二日に亘り付き合ってくれたTさんに感謝 感謝です。
キンラン ギンラン コケリンドウ 滅多に見れない花も見られ、夕餉の肴
山の幸も数々Get 前夜の焼肉パーティも・・・内容充実の二日間 
大満足のジィ~ジです。     (完)               53

|

« 絶好の登山日和【巻機山】 | トップページ | 思いのほか手強い【唐松山(1079.3m】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
良き岳友との泊まり山行、大満足で感謝感謝です。
話も尽きず酒も進み、長岡の街明かりが美しい。

ニョロ君 気持ち良さそうに日向ぼっこ!
ワラビはお浸し 漬物、 天ぷら 味噌汁の具、サラダ 等々
塩漬けにすれば保存も利くし、使い道いろいろ。
知り合いにも配ったりします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月21日 (土) 17:46

ホント、大満足でしょうねぇ~o(*^▽^*)onotes

山から街の灯りを眺められて・・・、羨ましい山の夜ですね。
ニョロ君て、葉っぱの上で日向ぽっこするんですねぇ~、面白いhappy01

大量のワラビはどんな風に調理されるのかなrestaurant

投稿: tuba姐 | 2014年6月21日 (土) 08:34

おひるねおかんさま
お立ち寄り、commentありがとうございます。
雪解けが進んだ今の時期、山からいろんな恵みが有りますね。
和え物、煮物 天麩羅、お酒も進みます。(笑)

ニョロ君、のんびり昼寝をしていたようです。
天下泰平?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 4日 (水) 22:07

こんばんは~
春だぁ~
山の幸がいっぱい~

あれ?
にょろくん
葉っぱの上?
ひなたぼっこ?

投稿: おひるねおかん | 2014年6月 4日 (水) 21:54

tom さま
こんにちは~ お久しぶりです。
お蔭さまで何とか今のところ、彼方此方歩いています。
我が相方が長岡市の信濃川左岸なのでもともと縁が有りますが
この小屋から見る長岡市の夜景は何度見ても飽きません。

権現堂山でお会いしてから、早1年 あっという間ですね。
明日か 明後日また拙・駄ブログにお越しいただければ・・・
又 どこかでお会いできれば幸いです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 4日 (水) 18:16

ジィ~ジ様、お久しぶりでございますo(_ _)o
相変わらず元気にお山に行かれている様ですね?

今回はずい分私の住むトコの近くを歩かれた様ですが、長岡の夜景はいかがだったでしょか???


昨年、権現堂でジィ~ジ様に影響されてからボチボチと山道具を揃えアチコチ《とは言え近場だけですが…》山歩きをしております( ^ω^ )

また何処かでお会い出来る事を楽しみにしております♪

投稿: tom | 2014年6月 4日 (水) 17:46

FUKUさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。
秋にはTさんに案内して貰いキノコ狩りをする予定です。
お気に召されれば声を掛けましょうか!

ニョロ君 気持ちが良いのか?逃げもせずゆったりと(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 4日 (水) 13:31

こんな里山の過ごし方、最高! 憧れま~す♪
ニョロ君気持よさそうに~ お昼寝でしょうか。(笑)

投稿: FUKU | 2014年6月 4日 (水) 12:27

マイグリーンさま
花火会場からは少し離れていますが、全体が見れる絶好の
場所です。
毎年登山口のファミリー牧場周辺からも大勢見るようですよ。
夜景を見るだけでも癒されますよ。

歳重ねていますが、今でも肉類は大好きなのです。
寝たきりにならぬよう心掛けたいと・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 4日 (水) 05:56

しゃくなげいろさま
毎度 お気遣い多謝です。
長江 信濃川と市街地、そして西山丘陵と全体が見渡せる
絶好の場所です。
是非一度 お試しあれ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 4日 (水) 05:52

長岡の夜景なんて考えてもみなかったのですが、
いいものなんですね~shine
花火大会もそこで見たらなんて…楽しそうlovely

pigは長生きの秘訣と、誰かが言ってましたよ~

投稿: マイグリーン | 2014年6月 3日 (火) 22:41

長岡市街の夜景を小屋から眺められるなんて、何とステキなんでしょう。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年6月 3日 (火) 22:03

しゅうちゃん さま
commentありがとうございます。
花火打ち上げとは少し離れていますが、フェニックスや
スターマインの全貌が小屋のテラスから見られます。
小屋まで≒1時間ですが、登山口周辺がファミリーランドの
丘陵地帯なので、例年大勢の人が登山口付近で見ているようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 3日 (火) 15:09

ひよこ豆 さま
こんにちは~
雪が融けた今の時期、ワラビ、独活 木の芽などが
登山道の脇でそれなりに採れます。
ゼンマイは急峻な崖の縁なので採るには大変です。
ゼンマイは貴重な収入源ですし、下拵えが終わってから
何日も揉んで乾かしての繰り返しが必要なんですよ。
山の幸は旨いし、太らないし、良いですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 3日 (火) 15:06

友遊小屋からの眺めすごいですね。
長岡花火大会のフェニックス花火そこからcameraしてみたいですね。
でも、そこまで登らないといけないんですものねcoldsweats02

投稿: しゅうちゃん | 2014年6月 3日 (火) 12:58

こんにちは。
ワラビが、ニョキニョキ生えてるんですか!
羨ましいくらいの収穫ですね。
先日新潟に行った時、近所の方がなんか丸めて干していました。
その時、生のゼンマイを初めて見ました。
じっと見ていたら「ゼンマイはあげられないけど、これなら」と、ワラビを下さいました。
採りたてだそうで、美味しかったです。

低い山でも、木の芽、うど、ワラビと、山菜が豊富なんですね。

投稿: ひよこ豆 | 2014年6月 3日 (火) 10:47

もうぞうさま
長岡の山友T氏が中心になって作った三の峠の友遊小屋は
一般開放してあるので、一度お出かけになって下さい。
山菜もフキなどは何れ涸れていくので、少々摘んでも
特に問題は無いでしょう。
ここから見る長岡市の風景が何とも言えない程、好きなのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 3日 (火) 08:14

赤鬼 さま
城山~丸山、初めて歩いたよ。
残雪期には展望が良いだろうね。
道端に独活もウルイも有ったので、来年一緒に行きましょう。
友遊小屋初めて泊まったよ。寒くも無く快適でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 3日 (火) 08:06

こんな別荘、おいらも欲しいな~
そして一石二鳥の楽しみで・・・

投稿: もうぞう | 2014年6月 3日 (火) 08:00

城山~丸山は残雪期に登ったよ。今のおいらには丁度良い山さ。友遊小屋良い小屋です。T氏に感謝。

投稿: 赤鬼 | 2014年6月 3日 (火) 07:51

雪ん子さま
こんばんは お立ち寄りcomment多謝です。
キンラン ギンラン コケリンドウ…
思いがけず見る事が出来てLuckyでした。
シラネアオイの名所もお近くにあるのに、
お忙しいようですね。
今年初めてのニョロ君気持ち良さそげでした。(笑)
来週 そちらの山へ行くかもです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 2日 (月) 22:08

相変わらず精力的に活動なさっていますね~ご無沙汰しましたcoldsweats01
キンラン ギンラン コケリンドウ いいな~
今年、私はサンカヨウにもシラネアオイにも合っていない・・・
出かけていないんだから、合えなくて当たり前ですが・・・。

ニョロくん、ホウの木のベットで日向ぼっこ・・・ヒェ~~~shock

投稿: 雪ん子 | 2014年6月 2日 (月) 21:52

みいさま
こんばんは お立ち寄りcommentありがとうございます。
初夏の今、低山里山でも色んな花が見られます。
今回は、キンラン ギンランが見れて感激でした。
山の展望も思いのほか、素晴らしかった。

今年初めてのニョロ君、ジィ~ジも苦手ですよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 2日 (月) 21:22

こんばんは

 お疲れさまでした~
山の幸に、きれいな風景、可愛い珍しいお花たち楽しい山行きでしたね^^。

ニョロ君は苦手!
でもニョロくんに罪はないけれど(笑)

投稿: みい | 2014年6月 2日 (月) 21:07

まーぶちょんさま
こんばんは commentありがとう。
宝くじ当たるかなぁ~ 明日買いに行くかな!
山での食事、肉に野菜に採りたての山菜 etc etc …
旨味が増すよ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 2日 (月) 20:54

今年初の ニョロ君かぁ!!宝くじ当たるかもよ!?
でも山小屋の夕飯おいしそうだなぁ!
山に行くと 景色も おかずになるね♪

投稿: まーぶちょん | 2014年6月 2日 (月) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59745817

この記事へのトラックバック一覧です: 里山漫歩?飲んで食べて採って (小千谷・長岡):

« 絶好の登山日和【巻機山】 | トップページ | 思いのほか手強い【唐松山(1079.3m】 »