« 親睦山歩き【大峰山】 | トップページ | 日本一小さな【櫛形山脈】縦走&【弥彦山】 »

2014年5月 5日 (月)

目的の展望叶わず【二王子岳】

除雪と雪解けが進み、登山口の二王子神社までcarが入れそうなので、予報を信じ!

4月23日(水) cloud

今年最初の二王子岳(1420..3m)予報通り青空が広がり、carも二王子神社までOK.。

7時40分二王子神社  ≒ 300m

Dscn4150                 五穀豊穣 身体壮健    御祭神は大国主命  二王子神社

駐車スペースには数台の車、歩き出すハイカーも・・・
我らも靴を履き替え、身づくろい終えてスタートです。

Dscn4152                 先行するボード背にしたカップル

おやっ!何か靄~ッとしてきたような・・・ 暖気で雪解けのせい?

Dscn4154              巫女岩周辺

残雪で二合目(水場)手前の巫女岩脇からは、尾根筋の“冬道”を歩きます。

9時23分ー9時30分 5合目 独標(定高山) 994.4m

Dscn4155            パンザマスト(無線用鉄塔)の積雪メモリ ≒ 2.7m

Dscn4156                      6合目方向

青空がいつの間にか薄曇り状態になっています。

Dscn4157             雲がどんどん広がって青空が厚い雲に覆われます。

Dscn4160                ホバリングするヘリコプター

遠くからヘリのプロペラ音が近づいてきます。6合目付近を周回、行ったり来たり
誰か遭難!? 救助? やがてホバリング、でも機体から誰も下りてきません。
我ら暫し足を止め、様子を眺めます。
ロープも下げない、ヘリの機体の色も? ??結局 自衛隊の救助関連訓練。

周囲・周辺は完全に深いガスに覆われてしまっています。
相方 「山頂へ行っても何にも見えないし、ここから戻ろう。」
ジィ~ジ「折角ここまで来たのだから山頂へ行こう、予報は悪くないし、ガスが切れるかも」

珍しく自己主張通すジィ~ジです。 少々 険悪ムードに・・・ 我を通すジィ~ジです。

難所 “油こぼし”向かいます。

Dscn4161              深いガスの中、油こぼし に向かってdash

10時20分 7合目 油こぼし  1,270m

Dscn4162                     7合目 油こぼし クリアー

ガス ガス ガスの中、僅かに見えるトレースを便りに山頂方向へ進みます。

Dscn4166            広大な雪原 ガスの中を歩く我が仲間 9合目付近

11時00分ー11時45分 二王子岳山頂 & 避難小屋

Dscn4167                 赤いドーム型の山頂避難小屋

Dscn4168                二王子岳山頂 1420.3m

目的の 大日岳、北股岳、門内岳、飯豊本山、。。。朳差岳 
何も 見えません~  

山頂は、立っておれないほどの冷たい風が肌を刺し、晴れ間期待出来ず。

「予報と違うじゃん」 =ジィ~ジの心の声 down despair

避難小屋で腹こしらえとします。

Dscn4169             避難小屋の上がり框に腰おろし簡単ランチ

小屋内には一組の若いカップル 食事中。
やがて年間二王子岳50回以上、五頭山数十回の常連Hさん夫婦、
そして単独行の常連女性が到着。
食事を終えて常連さんは、さっさと下山されます。

我らは若いカップルと一緒に下山。

Dscn4171               我が仲間の後を行く若いカップル

ガスは切れる見込み皆無。むしろ深くなるばかり・・・

Dscn4172                     ガス ガス ガス
降雪期であれば、トレースもかき消され、遭難の確率大なるものあります。
(この時期は登山者も限定され、トレースも信用できるし、風が吹いても
トレースは簡単に消えないので注意をすれば大丈夫!?)

Dscn4173              ガスが少し切れるとこんな感じ 8合目付近

Dscn4174              又 又 ガスって・・・

Dscn4176                 尻セードするカップルの男性 6合目

ジィ~ジも尻セード2本 挑戦 面白い~ 尻が冷たい~

6合目付近からは樹林帯も密になりガスも少し薄れてきます。

12時38分ー12時45分 5合目 独標 定高山

Dscn4178                5合目 休憩一本

Dscn4181                               4合目へ向かって下山

13時20分 2合目 水場

Dscn4182                 冷たい水で喉を潤します。

杉の大木の樹林帯の中、時折沢筋に従って下山です。

13時55分 二王子神社登山口。

期待した飯豊連峰の指呼の展望は全く得られずテンションdown
雨や強風であれば、当然の如く撤退を決断していたことと思われるも、
この時期のガスで覆われた山歩きも、ある意味勉強になり、
更に思い出にもなるかな?・・と。

近々 晴れ間を見て リベンジ するぞ!!

この日、登山口から1合目付近まででみられた花々です。

 Dscn4183 Dscn4184_2
(写真 左 イワウチワ    右 キクザキイチゲ(青) ) ※ 拡大

Dscn4185_2                  キクザキイチゲ群生

 Dscn4186 Dscn4187
(写真 左 ヤマエンゴサク    右 チャルメラソウ)   ※ 拡大

Dscn4190                        アヅマシロガネソウ

   :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ガスに覆われ目的達成できなかった日本二百名山【二王子岳】 (完) 40

|

« 親睦山歩き【大峰山】 | トップページ | 日本一小さな【櫛形山脈】縦走&【弥彦山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐様
いつもありがとうございます。
この日の天候は正直予想外でした。
只、折角来たのだから、対処方法の学習になるかなぁ?と。
ガスの酷い時は視界数mでした。(笑)

ヘリは自衛隊の訓練だと思いますが、ロープ梯子を
下ろすわけでも無く、行ったり来たり確かに中途半端。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年6月 4日 (水) 06:05

残雪の二王子岳に行きそびれてしまいました。
定高山に雪が残っているうちに行きたかったなぁ~snow
飯豊ドッカーン!に厚い緞帳がおりて、輝さまのリベンジの決意、分かりますぅー(^-^;

ヘリコプターのホバーリングは何だったんでしょうねぇ~sign02
救助訓練にしては中途半端みたいだけどsad

投稿: tuba姐 | 2014年6月 3日 (火) 23:11

マイグリーンさま
いつもありがとうございます。
これ位のガスが出ると、注意しないと遭難・道迷いは有りえます。
曇でも特に問題は有りませんが、残雪の有る時は、雪解けで
ガスが発生しやすいのです。
二王子岳晴れれば素晴らしいですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 8日 (木) 05:16

まだまだ怖い雪山って感じですね!
ガスガス、見えない、素人は遭難??
cloudの天気だったようですが、sunじゃないと
視界はよくないようですねshine

投稿: マイグリーン | 2014年5月 7日 (水) 22:49

みいさま
いつもありがとうございます。
この日は天気予報が少し外れたようです。
ガスが一番酷い時で数mの視界でした。
山頂からの展望が目的だったのですが・・・
花は登山口周辺だけ、これから他の花々が咲き出すでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 7日 (水) 05:21

しゃくなげいろさま
いつもお気遣い感謝いたします。
二王子岳は冬期間は“油零し”から先は、ガスれば遭難の可能性大。
地図と磁石の勉強になります。
今年は4月に入って天気の割に温度が低く、融け具合が
遅いようです。
昔は南俣集落から歩いたものですが・・・年ですなぁ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 7日 (水) 05:18

こんばんは~

 すごいなあ~
こんなガスの中、お疲れさまでした!
今回も可愛い花たちに和ませていただきました^^。

投稿: みい | 2014年5月 6日 (火) 21:26

こんばんは。4月の二王子岳は流石に残雪多いですね。ガスると途端に厳しい表情みせますね。見ているだけで緊張感伝わります。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年5月 6日 (火) 21:14

赤鬼さま
お疲れ様でした。
温海岳、車で登れるんだ!?
会山行で実施されたことあるけど、個人的には全く未踏で知らない。
この時期花も無いのはさみしいよね。

二王子、予想外のガス、リベンジするぞ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 6日 (火) 08:12

ガス、ガス、ガス、残念だったね。昨日は温海岳に行ってきた。した道をひたすら。山より疲れる。なめてたけど以外に急登も多くタフな山だった。沢沿いの道は滝もあり面白かった。ただ楽をしようと思えばいくらでも楽に登れる。なぜかって、山頂まで道路(舗装)があるのよ。花はさっぱりさ。

投稿: 赤鬼 | 2014年5月 6日 (火) 07:33

もうぞうさま
こんばんは~
二王子岳は7合目越えてからは、山容がなだらかに広がります。
間違えているトレースなど信用すれば、今の時期でも遭難騒ぎと
なることでしょう。GPS持たなくても地図と磁石は必携ですね。
単独行は避けた方が宜しいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 5日 (月) 19:32

大雪原でこれだけ深い霧ですと、わたしならもうだめですね。
何とか登れても、下りで道迷いになること必定。

投稿: もうぞう | 2014年5月 5日 (月) 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59585747

この記事へのトラックバック一覧です: 目的の展望叶わず【二王子岳】:

« 親睦山歩き【大峰山】 | トップページ | 日本一小さな【櫛形山脈】縦走&【弥彦山】 »