« 雪割草、片栗のお次は?【角田山塊】 | トップページ | 親睦山歩き【大峰山】 »

2014年4月30日 (水)

小山田彼岸桜 通称【花見山】

相方と二人で、大蔵山から菅名岳へ行こうかと、五泉市に向かってcar dash 途中、
岳友のO氏から 「明日 粟ヶ岳へ行かない!?」とメールが入ります。
今年初めての【粟ヶ岳】魅力的、即座に「OK」と返信。

【粟ヶ岳】はそれなりにハードな山、であれば明日に備えて軽いところに変更しよう。
相方と二人だけなので、簡単に変更決めれます。

4月19日(土) sun

既に五泉市まで来ているので、菅名岳登山口方向へ向かいます。

8時30分 小山田Ⓟ

Dscn4074_2                 小山田彼岸桜説明板     ※ 拡大

【菅名岳】丸山尾根登山口Ⓟは、30㍍ほど先にあります。

翌日に備え、適当に目的も定めずゆっくりと歩き始める二人です。

Dscn4049                  未明の雨が残るナガハシスミレ

Dscn4051                    小山田彼岸桜   逆光

既に彼岸桜終わっているかな?と内心思っていたので大満足。
ヒガンザクラの大木が何十本も続き、見事です。

Dscn4057                                   園地の桜

Dscn4061

正に 春爛漫 の様相を呈しています。(正直 想定外)

ベンチが置かれたviewpointからは眼下に阿賀野川と田園地帯が広がり、目を転ずれば

Fscn4075                   山桜と残雪の菅名山塊

viewpoint(展望台)から幹線第一鉄塔、そして第二鉄塔へ登ります。
当たり前ながら山なので少々急登の登山道になります。

Ⓟからゆっくりと花を眺めながら約1時間半弱 翌日に備えこの日の山頂とします。
(この先、649.1m 大谷山~鹿返し~鳴沢峰~菅名岳へ続きます)

Dscn4066                       ユリワサビ群生

Dscn4067                   ユリワサビ

ユリワサビを少々Get お持ち帰り。 (ジィ~ジ酒の肴として夕食前に調理)

帰りを急ぐ用も特にない二人、たっぷりと花々愛でながら下山です。

Dscn4065                  トキワイカリソウ    群生してます。

Dscn4068               群生するナガハシスミレ  viewpoint付近

Dscn4073Dscn4053                      シラネアオイ

何年か前に何方かが植えられた?シラネアオイ100株以上の群落が2か所あります。

登山道の脇は圧倒的にスミレ(ナガハシスミレが主)

登山口周辺の足下にはヤマニンジンで覆われています。
これも柔らかそうな先の部分を少々Get。

10時50分 小山田Ⓟ

ヒガンザクラ、スミレ、ユリワサビ、シラネアオイ ヤマザクラ、イカリソウ・・・
この日も花々をたっぷり楽しんだ二人です。                   37

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・゜

(後日談)
翌日の粟ヶ岳、実はジィ~ジ参加できずsad 相方のみ参加。
20日(日)自治会の定期総会開催日(ジィ~ジは会計監査) 
失念していたおバカなジィ~ジです。 ショック! bearing  

|

« 雪割草、片栗のお次は?【角田山塊】 | トップページ | 親睦山歩き【大峰山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tamiさま
先日は声を掛けて頂きありがとうございました。
こんな駄ブログにお立ち寄り頂き感謝いたします。

小山田は来年のこの時期に行かれることお勧め致します。
距離的にもお宅からは角田より近いかも。
ヒガンザクラが見事ですよ。スミレも沢山見られます。

角田のシラネアオイ、私も知っていますが、数年前にある人が
植えられたようです。地味が合うのでしょうね。
稲島は花が少ないコースですが時間的には重宝ですね。
又 どこかでお会いできればと願います。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 4日 (日) 05:15

昨日は角田山でバッタリ出会い、その上にお話までさせていただき、とっても嬉しかったです。
小山田は以前から行ってみたいと思っていた場所でした。
私が思っていた以上の綺麗さです。凄い!
シラネアオイですが角田の観音堂の木道脇にもありました。
近くにいたご婦人が教えてくれたのですが、その方は「自生のじゃなくて人が植えたものじゃないから感動しないの」って言っていました。
そういうふうに思うひともいるのかぁ・・・。
いろいろ考えますね。
今回初めて稲島コースを登りましたが、時間が取れないときは重宝しそうですwink
またどこかでお会いする事がありましたらお話させて下さいね。よろしくお願いします。

投稿: tami | 2014年5月 3日 (土) 22:04

マイグリーンさま
commentありがとうございます。
通称 花見山にはナガハシスミレの群生が沢山見られました。

粟ヶ岳へ挑戦ですか! 良いですねぇ~大丈夫ですよ。
晴れる事、祈念いたします。
6月頃になり、湿った日には厭な山蛭が出ますから・・
6月中旬晴れればヒメサユリが待ってますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 3日 (土) 17:58

山にスミレ多く咲いているんですね~!

魔の粟が岳、もう少ししたら挑戦しようかと、
登れるのか心配です。
(その日、晴れるといいのですが)

投稿: マイグリーン | 2014年5月 2日 (金) 22:57

玉井人ひろたさま
お立ち寄り、commentありがとうございます。
トキワイカリソウ、新潟県内では下越中越がシロ、
上越では紅紫色、と色合いが異なります。
日本海側ではトキワイカリソウ、太平洋側ではイカリソウと
少し異なるようですね。
「花見山」、新潟でも福島の「花見山」の方が、遥かに有名ですよ。
今回の山は飽くまで通称です。
新潟でも知らない人の方が多いです。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 2日 (金) 19:01

ぼんいぢ さま
こんにちは~ 岩手も桜が綺麗なんでしょうねぇ~
春は気持ちも高揚してきますね。

先日の※でもしかしたら・・・と思っていました。
明日3日、急に天気が全国的に悪くなったようで・・
4日は晴れ予想です。(我が家 群馬県境の平標山の予定)
何か会える手は無いかなぁ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 2日 (金) 18:54

わが家には「シロバナイカリソウ」があるんですが、「トキワイカリソウ」、それいいですね。

それと「花見山」と呼ばれるところは、全国に有るもんですね。
花が好きなのはどこも共通なのでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年5月 2日 (金) 17:42

こんにちはー。
ごぶさたでございます。
春爛漫だったんですねー。
華が咲き誇っているのをみると、
見てる側の気持ちも華やぎますよねー。
当地岩手の平地もこの時期に、桜の満開を迎えてました。
春だなー春だねー。
なんて思っているのですが、
明日から、
残雪を歩きに新潟にお邪魔しちゃいます。

投稿: ぼんいぢ | 2014年5月 2日 (金) 17:30

tuba姐さま
小山田のヒガンザクラ、見事ですよね。
シラネアオイが咲いていることは数年前から知っていました。
自生しているわけがないのでどなたかが・・・
粟ヶ岳の件、緊張感が無く呆けてきたようです。(反省)
ユリワサビ、ヤマニンジン、アルコール量が捗りました。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月 1日 (木) 18:18

小山田のヒガンザクラ、本当に綺麗ですねぇ~cherryblossom
同じころにアタシも行ってきましたので、思わず( ̄ー ̄)ニヤリ

シラネアオイが咲いているとは知らずに行ったので驚きましたcutecutecute

>何年か前に何方かが植えられた?

かも知れませんね。

ふふふっ♪
粟ヶ岳、輝さま残念でしたね。
アタシ、粟ヶ岳スミレが咲くころに行こうかと思っていますcute

投稿: tuba姐 | 2014年5月 1日 (木) 11:21

しゃくなげいろさま
何時もお気遣い感謝。
小山田のシラネアオイ、自生するわけないので,何方かがキット
数年前に植えられたんではないでしょうか。
ユリワサビ自分で調理?して見ましたが結構いけますね。
酒が捗りましたよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年5月 1日 (木) 09:17

赤鬼さま
越後白山お疲れ様でした。
イワウチワ、三合目迄は終わっていても、それでも他の場所では
たっぷり楽しめたことでしょう。
これから山菜シーズンだね。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年5月 1日 (木) 08:50

しゅうちゃんさま
お立寄り、コメントありがとうございます。
この時期、越後の山ザクラは、残雪が借景になるんですよ。
新潟から福島の花見山へ行く人多かったんですよ。
福島の桜は有名ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年5月 1日 (木) 07:43

おはようございます。シラネアオイが咲いているのですね。ユリワサビのピリ辛で晩酌が捗りますね( ^ω^ )

投稿: しゃくなげいろ | 2014年5月 1日 (木) 07:38

27日に白山に行ったが、ここも桜が綺麗だった。ただ目的のイワウチワは三合目(尾根線)までは終わってた。山頂でのんびりと飯を食って帰ってきた。田村線はずいぶん下まで残雪が見られた。良い季節になったね。今度は山菜だ。

投稿: 赤鬼 | 2014年5月 1日 (木) 07:29

SILVIAおじさんさま
コメントありがとうございます。
江戸時代末期に桜の数も多く、きっと見事だったと思います。
現在は新潟でも知らない人の方が多いと思います。残念ですが…
桜は日本人の心ですね。できれば毎年見たいもの。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年5月 1日 (木) 07:14

みいさま
何時もながら有り難うございます。
この山の彼岸桜は例年四月中旬過ぎに見頃を迎えるのです。
染井吉野とはまた異なった美しさが有ります。

スミレも一面に拡がり見事でしたよ。
山ではまだまだ別の花々が咲き出しますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年5月 1日 (木) 06:59

本当の山の花見山。
山桜と残雪の菅名山の風景、素敵ですね。
そこまで歩いて行かないと見れない景色ですものね。

投稿: しゅうちゃん | 2014年4月30日 (水) 23:42

「花の吉野にもまさるともおとらず」と案内板に書かれていますね。こんな場所があることすら知りませんでした。富山では見ることができない見事な花見山ですね。

投稿: SILVIAおじさん | 2014年4月30日 (水) 22:36

こんばんは~

 わあ~春爛漫ですね!
ヒガン桜きれいですね。
まだお花見出来てうれしいです^^。

山野草は、見飽きませんね。

ありがとうございましたhappy01

投稿: みい | 2014年4月30日 (水) 21:24

もうぞうさま
こんばんは~
彼岸桜の小山田一帯を花見山と言っていますが、あまり知られて
いないと思います。
それでも越後の彼岸桜の名所としてはピカイチではないでしょうか?

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2014年4月30日 (水) 21:16

通称花見山と呼ばれているんですか?
なるほど。
まさに新潟の花見山ですね。

投稿: もうぞう | 2014年4月30日 (水) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59535133

この記事へのトラックバック一覧です: 小山田彼岸桜 通称【花見山】:

« 雪割草、片栗のお次は?【角田山塊】 | トップページ | 親睦山歩き【大峰山】 »