« 執拗に春の妖精求めて【角田山】 | トップページ | 1/151です 春季集中【弥彦山】 »

2014年4月12日 (土)

今回は、ご案内です。春の花々【角田山】

またまた、毎度毎度の【角田山】、春の花々探訪です。

この日は先日お世話になった長岡市の田中さんご夫妻を【角田山】にご案内。
先回のレポ⇒コチラ

4月3日(木) sun

朝 9時 角田浜Ⓟで待合せ。
Ⓟには、佐世保ナンバー 姫路ナンバーのcar rvcar 県外ナンバー多数。\(◎o◎)/!
たまたま出発準備中の佐世保ナンバーの車で来られたグループに声をかけたところ
何と!去年も遥々 角田山の“雪割草”を見に来られた由。有難いことです。

ジィ~ジと相方、田中さんご夫婦と“雪割草” を求め歩き始めます。

P1080661              ユキワリソウ カタクリ 混在して咲き乱れて

P1080663                                      キクザキイチゲも・・・・

P1080664                       陽射しを受けて    ※ 拡大

P1080665                                  春謳歌 春爛漫  ユキワリソウもカタクリも   ※ 拡大

P1080666                 日本海に横たわる佐渡島 白く光る金北山  ※ 拡大

雪解け待ちわびた“春の花々”観賞しながら、いつの間のか角田山山頂到着です。
敷物広げ、ゆっくりとマッタリ、お昼を取りながら4人で1時間以上も山談義。
山好きにとって一番楽しいひと時です。 
「今度は○○へ行きたいね」 「△△も良いよね」 話は尽きることありません。

尻に根が生えそうなので、下山とします。
折角なので蒲原平野と川内山塊眺めに“稲島コース”9合目の(向陽観音前広場)まで・・・

P1080667                     向陽観音前広場

新潟(蒲原)平野が広がり、越後白山、粟が岳、鳴沢峰、川内山塊が遠望されます。
※ 写真中央 お昼採る20数人 ジィ~ジの所属する山の会のメンバー 
   この日はゴミ拾いパトロール  ボランティア活動です。

年に数日、条件の良い日には飯豊連峰は勿論、鳥海山も望める日も有るのです。
展望板の前で、相方が稲島コースから会津只見からと言うご夫婦と遭遇。
相方が訪ねたところユキワリソウ、カタクリが目的とのこと。
“稲島コース”を往復予定で、カタクリが少し見られたとのこと。
相方 「稲島コースには雪割草もカタクリも殆ど見られないので、別のコースを案内するので
一緒に行きましょう。」  折角 遠路花を見に来られたのですから・・・ 
出しゃばるわけではありませんが、新潟の、角田山の良さは分かって欲しい。

向陽観音前から6人で、再び角田山山頂へそして下山は“宮前コース”を辿ります。

P1080670                        そっくり返るカタクリ

山腹にはカタクリが広がり、ユキワリソウの株も其処彼処で見られ、会津っぽさんも
写真撮影に余念が有りません。  多分 稲島コースでは殆ど見られなかったことでしょう。

P1080672                          アヅマイチゲ

キクザキイチゲの多弁花?とよく見れば、葉っぱも雌しべ雄しべも全く違っています。

P1080673                   キバナノアマナ

P1080674                   アラゲヒョウタンボク

会津っぽさんも、“稲島コース”と比べ物にならないと、喜んでもらえた様子。

P1080676                 ユキワリソウ(オオミスミソウ)ピンク系

P1080677                      カタクリ  ※ 拡大

春の妖精たちを観賞しながら、角田浜Ⓟへ向かう我ら6人です。
長岡の田中さんご夫妻も満足された様子で、再会を約して rvcar dash

会津っぽさんご夫婦を“灯台コース”登山口まで案内して、
「次回は是非、ここへ下りるか、海抜0mの此処から登るか、また試しに来て見て下さい」

会津っぽさんご夫妻を、我が家の車で、“稲島コース”登山口Ⓟまで送るジィ~ジです。

誰でも簡単に登れる【角田山】 これからも次から次と“花”が咲きます。

沢山の方に、来て貰い、見て貰い、知って欲しい 新潟が誇る 宝の山。
帰りにはどうぞ新潟の名物もお土産に一杯買ってお帰り下さい。

ジィ~ジ 【角田山】     17-26                        32

|

« 執拗に春の妖精求めて【角田山】 | トップページ | 1/151です 春季集中【弥彦山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
雪割草、カタクリが同時に咲き乱れる今の時期の角田山は
日本一と謳ってもオーバーでは無いかも!
それほど自慢できる素晴らしい山だと思っています。
今頃はニリンソウ、イチリンソウも乱れ咲いているでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月15日 (火) 18:12

角田山のお花畑、日本一!
ってことかしらぁ~^m^

これでもかぁ~!ってほど、色んな種類の花が咲きますよねぇー✿
次に咲く花は何でしょぅー(* ̄ー ̄*)☆☆

投稿: tuba姐 | 2014年4月15日 (火) 13:12

もうぞうさま
こんばんわ~
折角 花の時期に稲島コース往復ではお気の毒ですから・・

角田山色んなコースが有るので、きっとまたお出で頂けることでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月13日 (日) 20:09

新潟親善大使役、お疲れさまでした。
また1人2人と新潟ファンが増えたことでしょうね。

投稿: もうぞう | 2014年4月13日 (日) 19:58

しゃくなげいろさま
良し悪しは個人の解釈ですが、新潟は概してPR力が不足していると
いつも思っています。
折角 素晴らしい資源が有るにだから他県の大勢の方々に
知って頂ければと願っています。
人口減や経済環境が悪い中、交流人口を増やして活性化する方が
良いのではないでしょうか?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月13日 (日) 11:58

「おもてなし。」いいですね。今日はいいこといっぱいされましたね。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年4月13日 (日) 10:29

てっくさま
ご丁寧に!
本を山へ持っていくのも良いですが、カメラで雄しべ・めしべ
葉の形など全体像を撮って、帰ってから調べた方がいいのでは?
これからの角田はイチリンソウ(≠キクザキ)、ニリンソウが
沢山咲き出します。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月13日 (日) 07:03

キクザキイチリンソウ、キクザキイチゲは同じなんですね!我が家で、違うの?同じなの?と疑問だったので、解決しました~!!
ありがとうございますhappy01
アヅマイチゲは違うのかあ。
野の花、山の花は難しいですね!!
今度は花の本を持って登りますhappy01

投稿: てっく | 2014年4月12日 (土) 21:14

みいさま
こんばんわ~ いつありがとうございます。
山の雪が消えると同時にほんの僅かの期間だけ咲き誇る
山野草、とても美しいですよ。ホント実際を見て欲しいと思うほど。
命の全てを出し切っているように思えます。
暫く次から次と春の花が続きます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月12日 (土) 20:45

てっく さま
こんばんは
角田山は新潟の誇る宝の山ですよ。
これほど花も咲き、町から近く、眺めも良く、誰でも歩ける山は
少ないと思いますよ。良い山です。
キクザキイチゲとキクザキイチリンソウは同じかと思いますが
アヅマイチゲは別物です。葉も花芯も様子が違います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月12日 (土) 20:10

赤鬼さま
フキノトウご馳走様。
さっき早速頂きましたよ。ホント沢山ありがとう。
何故留守にしていたか、あとで襲えますね。

今回は皆さんが休んでいた向陽観音前で、カミさんが
珍しく声を掛けたようです。
角田山の良さを知って貰えて良かったよ。
PC直って良かったね。キーボードだけ?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月12日 (土) 20:05

こんばんは~

 春の妖精みたいな花たち、きれいですね~
春を待って、今咲き誇っているみたい^^。
花の名前、なかなか覚えられないわたしだけどcoldsweats01
春の山、自然の美しさ堪能しました。
ありがとうございますnote

投稿: みい | 2014年4月12日 (土) 20:02

角田山、今、とてもキレイですねconfident

アヅマイチゲ、キクザキイチゲ、キクザキイチリンソウ、これらは違う花々ですか?
区別がつきません(笑)

投稿: てっく | 2014年4月12日 (土) 17:27

良い事したね。PCやっと直ったよ。今どこに行ってるの? 9日に鳥屋山に行って蕗の薹採ってきたので置いてきたが日にちがたって食えないかもね。

投稿: 赤鬼 | 2014年4月12日 (土) 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59434816

この記事へのトラックバック一覧です: 今回は、ご案内です。春の花々【角田山】:

« 執拗に春の妖精求めて【角田山】 | トップページ | 1/151です 春季集中【弥彦山】 »