« 越後からわざわざ雪を見に?【石割山】 | トップページ | 本番下見1/2、後半戦【角田山】更に・・・ »

2014年3月21日 (金)

日々徒然うろ覚書き

予報の通り山中湖のホテルで目覚めれば、水っぽい雪がバサバサと・・・
勿論、朝のfujiなど全く見れません。

3月5日(水) snowraincloud

ゆっくりと朝食を終えて、ホテルをチェックアウト。
折角なので、富士吉田を楽しみます。 雪が半端なく沢山残っています。w(゚o゚)w

Dscn3306                                御師 旧 戸川家住宅玄関

御師(オシ) 神職の資格を持ち富士山の神霊と崇拝者の間にたち、崇拝者に
代わって祈りをあげ、お札を配り、登拝(信仰登山)の際には自宅を宿泊所として
提供して富士信仰を広める役割を果たした人々です。
吉田口登山道の起点 北口本宮富士浅間神社の門前に当たり往時は
道の両側に86軒を数え、1960年頃まで営まれていた。

旧 戸川家は世界文化遺産 富士山の構成資産、国重要文化財。
主屋は1768年(明和5年)建築   ※ 当時の建築様式が見られます。

入館料 100円 案内人の方から丁寧な説明を受けます。※ 写真拡大

 Dscn3307 Dscn3309
(写真 左) 家名額 戸川兵庫
(写真 右) 版木

 Dscn3310 Dscn3311
(写真 左) 御神符    繁忙期以外は檀家(講中)回りで生計を立てた
(写真 右) 当時の行衣  被りは先達の結び形

富士山の浅間神社を祀る「御神前の間」の隣には食行弥勒像も安置されてます。

Dscn3312                                       先達用座敷

先達のみが玄関式台から、一般崇拝登山者は縁側から入ったと言う。

ゆっくりと案内の方から説明を受けるも、結構寒さ感じます。

お昼は 短絡思考のジィ~ジ 富士吉田=吉田うどん (写真撮り忘れ)

お昼を終えて中央道から調布IC目指します。

調布から娘一家の住む三鷹市のマンションへdash dash

娘と二人の孫娘、正月以来の再会です。
相方持参のおかずで晩酌兼ねて賑やかな夕食です。

3月6日(木) sun

Rscn3315                     富士山    少しズームアップ

新潟と異なりお江戸は快晴 マンションのベランダからは秀麗なfujiが見られます。

3月7日(金) sun

用事で出かけた娘と吉祥寺で待ち合せ。一緒にランチ。
東京駅では入場券買って更に食べるために並ぶ、仙台 牛たん炭焼き “利休”
その“利休” アトレ吉祥寺店。 仙台で食べたことのないジィ~ジです。

Dscn3314                                     牛タン炭焼き

ジィ~ジと相方、“食べ比べセット 2,500円” (通常と極厚) 
娘は“ちょっと贅沢なタンシチュー1,995円

このところ滅多に外食しないジィ~ジの奢りです。  プチ豪華贅沢ランチです。
※ 牛タンで満腹感感ずるも 麦とろもう一膳食べたいと思うほど美味かった。

3月8日(土) sun

小4の孫娘は友達と一緒に東伏見アイスアリーナでスケート遊びに・・・
娘夫婦と6年生の孫娘と一緒に買い物兼ねて吉祥寺で一緒にランチ。

井の頭通りで全員 思い思いのスープカレーをオーダー  結構美味也。
支払いは娘の旦那氏」です。

ジィ~ジと相方、今回のお江戸滞在最後の夜、ジィ~ジ持参の新潟清酒
娘の旦那さんからはビールとちょっぴり高級なワイン bottle wine

娘の旦那はヨーロッパ市場を相手の仕事なので、連日未明の2時過ぎの帰宅。
朝はフレックス出勤 (とは言っても9時頃には家を出ます)

激務ですが子供たちの面倒もよく見てくれ娘も自分のやりたいこと好き勝手
有難いことです。

ジィ~ジのbottle beer wine にもしっかり付き合ってくれます。

3月9日(日) sun

娘一家と朝食をとり、一服して帰り支度のジィ~ジと相方です。

着替えや身の回り品を車に積んで、皆に見送られ娘一家のマンションを後に・・・
一路 関越道から我が家を目指します。

マンションから関越道赤城ICまでは、相方の運転。

Dscn3316                                 赤城SAから谷川岳山塊

車窓からは“浅間山” “上州武尊山”そして“谷川岳” ・・・etc 白く輝く峰々が
赤城ICからはドライバー交代。
関越トンネルを抜けると雪国越後。「あぁ~帰ってきたんだなぁ~」

石割山からの富士山眺望に始まり5泊6日の甲州・江戸滞在、かくして終了。

|

« 越後からわざわざ雪を見に?【石割山】 | トップページ | 本番下見1/2、後半戦【角田山】更に・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
一段落されましたか・

富士山御師 宿坊として昭和の初めまで講中の富士登山者を
受け入れしていたのですよ。
山岳信仰勉強になります。

comment多謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 1日 (火) 06:42

5泊6日!
石割山から始まって、お嬢さん一家と楽しい時間を過ごされて良かったですねぇ~(*^-^)

富士山の御師、初めて知りました。
知らないことだらけで、ちょっと恥ずかしいです。

投稿: tuba姐 | 2014年3月31日 (月) 22:41

しゃくなげいろさま
現在 富士吉田市ではこの旧戸川家だけ、当時のままで
見る事が出来ます。
最盛期には1日100人ほど宿泊者が有ったと言うことです。
多分 貴殿にとっては行く価値大と思いますよ。
浅間神社境内も雪だらけでした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年3月22日 (土) 08:33

おはようございます。御師の話し興味あります。今度浅間神社の1合目から富士山登拝をしてみたいものです。お孫さんと再会よかったですね。微笑ましく読ませてもらいました。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年3月22日 (土) 07:31

もうぞうさま
小生のお江戸は殆ど吉祥寺ばかりです。(笑)
スカイツリーも出来てから行ったことありません。
今回もゆっくり遊んできましたよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年3月21日 (金) 20:49

久しぶりにゆったり、リッチ?な旅行でよろしゅうございましたね。
私の江戸行きは、引っ越しの準備でしたので、せわしなかったです。

投稿: もうぞう | 2014年3月21日 (金) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59328070

この記事へのトラックバック一覧です: 日々徒然うろ覚書き:

« 越後からわざわざ雪を見に?【石割山】 | トップページ | 本番下見1/2、後半戦【角田山】更に・・・ »