« 乱舞始まる春の妖精 【角田山】 | トップページ | 雪解け進み、花も開く【五頭山】 »

2014年3月31日 (月)

短い春を惜しんで 雪割草IN【角田山】

雪解けと同時に、今年も春の妖精たちが踊りだした【角田山】
お昼過ぎから時間が空いたので、この日も急遽お出かけです。

3月25日(火) sun

歩き始めてすぐ、最初に見られるは“キクザキイチゲ”の群落です。

Dscn3488Dscn3487
薄紫の花も見られます。(キクザキイチゲ)  上段 群生状況  下段 単体 

Dscn3489Dscn3490
色もいろいろ、花弁もさまざま。 ユキワリソウ (オオミスミソウ)

Dscn3493_4Dscn3495_3
ショウジョウバカマ(上段)、エンレイソウ(下段)もこれからです。

Dscn3496Dscn3499
雪を割って咲き出す生命力と可憐さ、健気さ感じます。 どこにそんなパワーが?

Dscn3502 Dscn3503

春の僅かな期間な故?精一杯、懸命に咲き誇る 気概を覚えます。

 Dscn3508 Dscn3509
花弁(萼片)は、同じ白でも雄しべ雌しべの色が違って   ※ 拡大

Dscn3510_4 一寸ズームアップ 踏み入ることはマナー違反 来年も咲いて欲しい!

花を眺め眺め、いつの間にか?山頂です。

Dscn3513

平日、しかも時刻は既に2時45分。 小屋には誰も見当たりません。

山頂のベンチに座って、水分補給、喉を潤します。
山頂で長居は無用、下山の開始です。勿論 花々観賞しながら。。。

Dscn3515                   山頂から直ぐ痩せ尾根下る

Dscn3511                          うな垂れる

週明けにはカタクリが山肌一面に染めることでしょう。

Dscn3516                  これも春の使者 フキノトウ

Dscn3518_2                         風が出てきた~

Dscn3521Dscn3522                   夕陽浴びるユキワリソウ

Dscn3526                    バックはカタクリの葉 

昼過ぎに家を出て、下山は16時22分 陽が長くなりまだま明るさ残っています。

小半日でも十分楽しめる有難い“山”に感謝です。   (完)

追)
自宅で誰が待つでもなく急いで帰る要もない身分。
直ぐ近くの 角田山妙光寺の境内を散策。

文永8(1271年) 日蓮上人が佐渡に配流された際、海が荒れこの地で一泊
その際 「七面大明神」を教化され、「岸・岩・波」の三題目を書き残された。
その後 1313年 日蓮上人の聖地として孫弟子の日印上人が開基。
700年を超える古刹、現住職は53代目を数えると言う。

 Dscn3527_2 Dscn3528
(写真 左) 七面大天女石像
(写真 右) 七面大天女謂れ説明板

七頭一尾の大蛇が法華経で教化され、七面大天女となり身延山の裏手の
山に登られ、法華経信者の守り神になったと言う。それが七面山。

 ※ 因みに ジィ~ジ≠日蓮宗  門徒です。

【角田山】  15-26                          28 

|

« 乱舞始まる春の妖精 【角田山】 | トップページ | 雪解け進み、花も開く【五頭山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
毎度 お世話様。
大勢の人たちがボランティアでユキワリソウの保護に
関わっていますよね。
踏み荒らされないように、奥に咲いてた花を移設したと
行っていました。
皆で大事にしてやれば、来年はもっと楽しめるでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月12日 (土) 18:46

ピンク色のユキワリソウが綺麗ですね✿
大きな株に育ってくれるとイイなぁ~

投稿: tuba姐 | 2014年4月10日 (木) 09:11

しゃくなげいろさま
いつもお世話さまです。

フキノトウは浅い緑の所為か?写真が下手な小生でも
色もあんまり飛ばないで自然ポク撮れたような気がします。

雪割草もカタクリも盛りとなりましたね。
近くでゆっくり見られるのでありがたいことです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 2日 (水) 19:53

花いっぱいで見ているだけで癒されましたー。フキノトウの黄緑ってステキ色ですね。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年4月 2日 (水) 18:13

隠居さま
ご丁寧にありがとうございます。
雪割草がそれなりに見れ満足された由、宜しゅうございました。
お天気が良くない日も有ったと思いますが・・・
是非 新潟の宣伝を 山のPRをお願いいたします。

高尾山一丁平、数回通りかかったことありますが
富士山見えるといいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 2日 (水) 16:58

おひるねおかんさま
comment多謝です。
越後にも春がやってきました。
雪が降る見返り?に多くの花が次から次と咲き出すのです。
春の妖精たちに随分癒されます。

>フットワークかるいですね~
いえいえ 単に暇なのですよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 2日 (水) 16:54

おはようございます。
昨夜(1日)帰宅しました。
先日に教えて頂いた事を参考に良いコースを歩けて、沢山の雪割り草にも出会えて大満足でした。こんな素晴らしい山が近くに有るのはなんとも羨ましいかぎりです。
ホテルの人の話では数年前はツアー客が多く来たようですが2年間くらい雪が多い年が続いて、目的の花が見られなかったようで、今年はツアー客は少ないようでした。
こんなに素晴らしい花に出会えるハイキングを知らないなんて大損ですねー。
私も大いに宣伝させて頂きます。
来週には、近くの高尾山一丁平に花見に行こうと考えています。
ありがとうございました。

投稿: 隠居 | 2014年4月 2日 (水) 09:25

みいさま
いつもありがとうございます。
雪解けと同時に咲き出す小さな可憐な花々、ホンの束の間ですが
強い生命力を覚えます。
新潟市は平野なんですが、それでも車で30分足らずで
こんな花に遇えるんですから有り難いことですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 2日 (水) 06:20

こんばんは~
おおおう
春ですね~
早春の花が咲き出しましたね~
うきうきしちゃいますぅ~

いや~
輝さま
フットワークかるいですね~
さくさく 行っちゃいますね~

投稿: おひるねおかん | 2014年4月 2日 (水) 06:14

こんばんは~

 かわいいですね~
小さな花たち、一生懸命咲いているのですね。
見られてうれしいです^^。
いのち漲る季節ですね!

投稿: みい | 2014年4月 1日 (火) 21:32

みどりみどりさま
commentありがとうございます。
角田山は高尾山より楽な山ですから、このシーズン近県から
多くの方が来られます。
勿論東京からも日帰り圏内です。
これからはカタクリが主流になるかと思います。
またお立ち寄りください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 1日 (火) 06:45

雪ん子さま
comment多謝です。
角田山は雪割草に始まりカタクリ、イチゲ ニリンソウ
次から次と花が楽しめる、有り難い山です。
蛇も全くと言っていいくらい見たことが有りません。

「矢沢宰」迸る命覚えますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年4月 1日 (火) 06:37

こんばんは。
今日も妖精たち堪能させて頂きましたhappy01
こんなにも色が違って咲いてるのですか!
ステキです。自然の力はスゴイですね。

投稿: みどりみどり | 2014年3月31日 (月) 23:03

良いですね~良いですね~
ウキウキ、ワクワクnotes 春の山は本当にいい
heart04
おまけに蛇はいないし、虫も少ない(どっちも苦手)coldsweats01
妙高には自然の雪割草が少ないですが
カタクリやキクザキイチゲ、イチリンソウ、ニリンソウ・・・
春が来るたびに詩人「矢沢宰」の“早春”の一節を思い出します
    ・・・・   
 生きなければいけないけれど
 何だか死んでもいいような
    ・・・・
私は、このまま死んでもいいくらい・・・幸せな気分になります。

最後になりましたが、先日はたくさんコメありがとうございました。

投稿: 雪ん子 | 2014年3月31日 (月) 21:48

もうぞうさま
今日もお忙しかったようですね。
小生と異なり現役ですから、何かと用事がおありでしょう。
今日は風が冷たく感じましたね。
雪割草も半開き、そして風に揺れて写真はきっと面倒だったかも。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年3月31日 (月) 18:29

すっかり春本番ですね。
今日も所用で行けずでしたが、日は差したものの風が強くやや寒かったので雪割草は、開いたのでしょうかね~
半開き程度かな?

投稿: もうぞう | 2014年3月31日 (月) 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59382193

この記事へのトラックバック一覧です: 短い春を惜しんで 雪割草IN【角田山】:

« 乱舞始まる春の妖精 【角田山】 | トップページ | 雪解け進み、花も開く【五頭山】 »