« たまにはコースを変えて【角田山】 | トップページ | 有り難き哉 穏やかな日々  »

2014年1月17日 (金)

老骨に鞭打ち修行?

総面積では全国5位の広さ、そして本州側海岸線だけで330Kmを有する県

・・・・何処でしょう???   回答 (新潟県) *正解回答率低いかも

信州と境とする津南地方、上州と境とする魚沼地方は積雪2mを超え除雪作業で
大難儀されているお宅も数知れず多いのです。
ところが意外?に思われる方も居られるかもしれませんが、有り難いことに
県都 新潟市は市街地何処にも雪は見られないのです。 積雪 ゼロ。

このところ穏やかな日が続き足場も良いので、体力維持目的で老骨に鞭打ち
【角田山】通いに精を出すジィ~ジです。 (常連さんはほぼ毎日)

1月14日(火) sun

9時40分 稲島登山口

Dscn2767                     県発注  工事案内板

多分Ⓟまで凍結はしていないだろう・・・と今回は“稲島コース”をChoice。

Dscn2768                      稲島薬師堂の大杉

粘土質の登山道も霜柱が立ち固く凍結、お蔭で靴が汚れません。

所々に工事用のキャタピラの痕跡が残っています。

4合目椿谷から5合目手前の東屋まで丁度工事中。

アレ レッ!

Dscn2769                  ノンスリップ付階段

大小の石 岩欠片が露出して少し急な歩き辛い登山道が階段に!!
 *(折角の工事も賛否両論有るかも)

Dscn2771                  五合目凍てつく水場  氷柱

登山道は圧雪の有る処、無い処 凍結しているものの足場有り、問題無し。

おやッ! 何時の間に?

Dscn2772                         不動明王像

お不動様には奇特な何方かが風雪除けの下屋が設けられたようです。

Dscn2773                         角田山山頂

Dscn2774_2 Dscn2775
(写真 左) 記帳所寒暖計 マイナス5℃ ※ 拡大
(写真 右) 小屋内 ダルマストーブ  ※ 拡大

小屋(健養亭)には二パーティ8人 ジィ~ジと相方、上がり框に腰掛け小休止。
先客も下山、ジィ~ジと相方も10数分の滞在で往路を下山です。

10時45分 角田山(健養亭)

Dscn2776                 新雪の山頂広場下山する相方

九合目⇒八合目 急登の階段は圧雪は無いものの凍結した上に新雪が疎らに。

Dscn2777             アイスバーンの上に塗したような新雪

Dscn2778                      こんな感じ

この場で転倒すれば、軽くて大怪我、場合に依れば命にも関わる!

慎重に一歩一歩 下ります。(慎重にしか下れなくなってきています。)

* 年寄りジィ~ジ60年ほど前に卒業した、故郷 T県立T高等学校の校訓
  『慎重敢為』  慎重 自ラ持シ 敢為 事ニ当ル
  * ジィ~ジの反省 敢為事二当ル   此れ出来なかった!。

それでも八合目から下はステップがしっかり、更に凍結も少し緩んできて
下山歩行に特に支障が有りません。 *(その分、靴が少々汚れます)

まだまだお昼前、山頂目指す多くのハイカーとスライドします。

近所に住む会員J女史も御出勤 挨拶交わします。

11時20分 稲島登山口Ⓟ

歳を重ねると、当然それなりに体力・気力落ちるも、同時に寒さも若い時より
極端に感ずるようになってきたようで、帰宅後の入浴時間も身体が温まるまで
時間を要するようになってきたジィ~ジです。

2年ほど前までは、この時期でも半袖のアンダーウエア1枚で充分だったのです。

年取ることは何人も避ける事で出来ないまでも、たまにはanti agingも良いかな!
ガタガタの腰・膝を騙しだまし、時には老骨に鞭打つのも人生修行には impact かな。。

  ジィ~ジ 【角田山】 26-3    この項(完)          5 

|

« たまにはコースを変えて【角田山】 | トップページ | 有り難き哉 穏やかな日々  »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
comment多謝です。
この日はマイナス5度でしたが風が無かったので
然程の寒さは感じませんでした。
稲島コースの8~9合目間は海から冷たい風が吹き付けるので
直ぐに凍結するので、下りは要注意です。

不動明王さま、心なしか喜んでいるように見えましたよ。(笑)
奇特な方が居られるんですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月21日 (火) 18:16

マイナス5℃の稲島コース、向陽観音堂直下が怖いですよねぇ~(@Д@;
真冬になるとビビってしまい、コースが延びたのかと錯覚しちゃいますweep

不動明王様が立派に見えますね!
ガチガチの階段コースがゆるんだら見に行こう~(^^ゞflair

投稿: tuba姐 | 2014年1月21日 (火) 11:06

noritanさま
駄ブログにお立ち寄り、ありがとうございます。

小生年が明けてからは殆ど角田山ばかり、関東遠征なぞ
貧乏なのでとてもとても・・・
おやひこさまも行きたいのですが、寒いし角田よりきついので敬遠気味
歳を殊更感じる今日この頃です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月21日 (火) 08:03

今の季節は新潟の里山か関東陽だまり登山ですが、関東はお金が掛かるので、もっぱら里山ですね、私は。
角田はまだ、今年行っていません。
まずは「おやひこさま」から。
ここのところ、日曜は弥彦、多宝山です。

投稿: noritan | 2014年1月21日 (火) 05:07

satoyasu さま
こんばんは commentありがとうございます。
新潟にはそれほど何度も!!ありがとうございます。
月岡温泉も弥彦も我が家からは車で30分強の距離です。
現在は高速道のお蔭関東からも日帰り圏です。
またお出かけになりませんか!

クイズ正解 おめでとうございます。
(結構、認知度低いのですよ)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月19日 (日) 22:18

マイグリーンさま
こんばんわ~
ジィ~ジ慎重に転ばないように頑張りますよ~
このところ穏やかな日が続いていて助かりますね。

寝たきりなると迷惑をかけるので、精々歩いて健康維持に
努めるつもりです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月19日 (日) 21:59

輝ジィ~ジさまこんばんは。
つい先日のような気がするのですが、もう5・6年経ちます。残念ながら途絶えてしまったのですが、旅好きの仲間と年に2回づつ車で、1・2泊の旅を20年以上続けていました。
新潟の山側の温泉は数えきれないほど行っているので、たまには海側にと月岡温泉に行きました。
帰りは弥彦神社に寄って津南地方を通って野沢温泉で1泊したと思います。
弥彦神社は高速も無い19歳の時やはり車でふらりとでかけふらりと帰ってきました。そんな思い出があるので私が強く希望しましたが、菊祭り?の大渋滞の洗礼を受けました。
走っても走っても延々と続く田園風景で新潟って縦に長い県だなぁと痛感したことを覚えています。
ですから冒頭のクイズはすぐ判りましたヽ(´▽`)/

投稿: satoyasu | 2014年1月19日 (日) 19:23

雪道の階段、アイスバーン、恐~いimpact
気をつけないと大変なことになりますね。
まだまだ、老体に鞭打っても登って下さいねbleah

投稿: マイグリーン | 2014年1月19日 (日) 19:10

てっく さま
お恥ずかしい。
只々 馬齢を重ねてしまいました。

素晴らしいご両親で何よりと思いますよ。
ご家族お揃いで、是非角田山歩いてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月19日 (日) 15:24

こころぐ郁美さま
毎度ありがとうございます。元気が出ましたよ~

この年なって滑って転んだら寝たきり爺、間違い無し
転ばないように 転ばないように 気を付けますね。

郁美さん風邪ひかないようにね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月19日 (日) 15:20

に、25年!すごいです!
ベテラン様様です。
だから、数日おきに登山できる体力をお持ちなのですね。
尊敬です。

なるほど…間をおかず回数を…そして、無理をしない。
勉強になります。
父が気張って、無理しがちにになってます(汗)
父母に伝えます(^^)
ありがとうございました♪

じぃ~じ様のblogに出会えて嬉しいです♪ありがとうございます!

投稿: てっく | 2014年1月19日 (日) 14:08

(* ̄ー ̄*)こんにちわ!!

なんか笑っちゃいました~happy01

だって、じぃ~じ様の語り口が楽しいんですものnote

年取ってるとか、そんな事言ってる人の方が若いんですよ~coldsweats01踏ん張れるんですよ~run

ただし、転ばないでくださいね。それだけを願ってまーすconfident

投稿: こころぐ郁美 | 2014年1月19日 (日) 12:52

てっく さま
お恥ずかしい限りですが、登山歴と言うほどの実績は
持ち合わせていませんが、大凡25年ほどになります。
只、現在もそうですが、年間回数は圧倒的に角田や弥彦ですが・・
ご両親様 連日3万歩は凄いと思いますよ。
私などとても真似が出来ません。1万歩/日も何日有るか?程度。
お教える出来るほどのTraining法など持ち合わせておりません。
只、我々高齢者は、間を置かないでなるべく回数を
多くすることが大事かな・・それと無理はしないこと。
あんまり参考になりませんね。
ご両親様の方が私より遥かに素晴らしい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月19日 (日) 10:36

じぃ~じ様は登山歴はどれほどなのですか?
うちの父母は昨年70才から登山を開始しました!
最初は角田山の稲島の椿谷で休憩していたのが、今では毎日三万歩歩き、稲島も一回の休憩で登山するほどになりました。
じぃ~じ様のトレーニング方法があれば、是非参考にしたいそうなので、お時間あるときで構いませんので教えてください(^^)

投稿: てっく | 2014年1月19日 (日) 07:25

しゃくなげいろさま
今晩は~
何時も旨いものやら、彼方此方のラーメン食べ歩きを
している貴殿には低体温症は無縁です。
懐具合もホカホカしているようだし・・・

昨日も膝にヒアルロン酸注射、腰痛にはブロック注射
してきましたよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月18日 (土) 21:59

みいさま
こんばんわ~
雪山歩き、歩き初めは寒さ覚えますが、直ぐに身体が
ポカポカしてきて気持ちが良くなります。
歩ける間は、自分なりに健康維持できているかなぁ~と
思っています。
出来る限り自分い鞭打たないと、楽から楽へ行きそうで・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月18日 (土) 19:42

こんばんは。この寒い時期には低体温症も心配です。老骨に鞭打たず、腰と膝にはホカロンを沢山貼って春を待ちたい心境です。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年1月18日 (土) 19:39

もうぞうさま
稲島コースの歩道工事、夏場は問題ないかもしれませんが
雪が多い時はスロープ化して凍結すると少し危険が増すかも
しれませんね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月18日 (土) 19:39

こんばんは~

 わあ~寒い中頑張っておられますね!
まだまだ元気なジィ~ジさま、雪山の風景楽しませて下さってありがとうです。
山歩きはアンチエイジングですね。
でもお気をつけてね~
いつまでも若くいてくださいね。
わたしも頑張ろう(笑)

投稿: みい | 2014年1月18日 (土) 19:35

稲島コースの階段化は、どんどん進みますね。
良いのか困ったことなのか?
でもトレーニングには最適でしょう。

投稿: もうぞう | 2014年1月18日 (土) 19:19

赤鬼さま
八石山お疲れ様。
ヤマボウシ以前は雪が深く、入るのに苦労したことが
有ったね。
今年はヤッパリ雪が少ないんだね。

今日は絵画鑑賞さ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月18日 (土) 18:48

ごくろうさま。今日は八石山にぃtt来た。下山するまt降らず良かった。今年もはr男を称することが。小屋もやまぼうしが入rたよ。雪少なかった。

投稿: 赤鬼 | 2014年1月18日 (土) 15:49

おひるねおかんさま
comment多謝。

今年は今のところ小雪ですが、凍結はしています。(笑)
滑って転倒しないよう、十分気を付けますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月18日 (土) 06:30

こんばんは~
うは~
凍ってるよ~
気をつけてね~

投稿: おひるねおかん | 2014年1月17日 (金) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/58951864

この記事へのトラックバック一覧です: 老骨に鞭打ち修行?:

« たまにはコースを変えて【角田山】 | トップページ | 有り難き哉 穏やかな日々  »