« 年改まった二座目は定番?【角田山】 | トップページ | たまにはコースを変えて【角田山】 »

2014年1月11日 (土)

あれっ?無いよ⇒ガサガサ⇒ズボズボ⇒バフバフ

予報を信じて今年に入り3座目のジィ~ジです。
五頭山は登山口までの除雪がされていないし・・・
結局、選んだ目的の山は <大蔵山(864㍍)>

1月7日(火) cloudsun

Dscn2719 
           後方中央 五頭山塊最高峰菱ヶ岳 (大蔵山山頂)

 メンバー  女性岳友2名 相方 ジィ~ジ 計 4名 

 行  程  いずみの里Ⓟ (8:45)~案内標識(8:55)~階段登山口(9:10)
        ~3合目(9:30)~展望台(10:13)~大蔵山(10:55-11:12)
        ~三五郎山~菅名岳(12:27-13:00)~丸山尾根~三五郎林道
        ~いずみの里Ⓟ (15:05)  所要時間6時間20分 休憩約1時間

 記 事

過去の経験からⓟは除雪が必要だろうとcarにスコップを積んでdash 

ところが、いずみの里Ⓟは駐車スペースに殆ど雪が見られません。

いささか拍子抜け!  空を見上げれば曇 (予報狂った?)

 Dscn2701 Dscn2703
(写真 左) 登山者用Ⓟ  ※ 拡大
(写真 右) ルート案内標識板 ※ 拡大

沢に架かる橋を渡り、山裾にとりつきジグザグに登り始めると“山の神”
両手を合わせ頭を垂れます。
階段コースから植林された杉林の中に切られた少し急登の登山道を
ジグザグに前進 前進。 1合目手前まで殆ど無雪 ザラメ状の雪が少々 

アレッ!雪無いよ!

1合目を過ぎて暫くして登山道には、年末に降った雪が現れます。
降ってから暫く経っているので、靴は潜らず ガサガサ 状態。

2合目、3合目高度が上がるにつれ雪の量も多くなります。(5~60㎝?)

Dscn2706                      3合目 小休止

3合目手前からは見事なブナの林が拡がり、勾配も少し緩やかになります。

Dscn2707                     4合目 7~80㎝?

しっかりとしたトレースのお蔭で歩き易い。

Dscn2708                         ブナの大木

漸く青空も少しずつ覗き出し、好転の按配を覆えます。

積雪量が増えてきた所為か?時々 足元は ズボッ ズボッ ズボッ

6合目 7合目・・・ 新雪も見られ積雪量は増えてきます。

Dscn2711                    新雪も見られるように

10時55分 大蔵山(864㍍)

Dscn2722               大蔵山山頂(864㍍) 背中に菱ヶ岳

積雪量2m20㎝? 山頂標識は雪の中に埋もれています。

対峙する川内山塊 越後白山 粟ヶ岳 目視では守門岳・・・グル―ッと
五頭山塊菱ヶ岳 遥か遥かに鳥海山そして会津磐梯山も目視されます。
残念ながら飯豊連峰には横一線に雲がたなびき、その全貌は見られません。

遮るものない360°の大展望を楽しみ、時間もまだ早い、おまけにこの時期
新潟にしては珍しく快晴状態。ここで引き返すには勿体無い!

Dscn2716                    中央最奥 粟ヶ岳 右 越後白山

菅名岳へ向かうことにします。この日の先行者は、トレースから判断して一人。

大蔵山山頂で全員今年初めてワカンを装着します。
キラキラ光る新雪と大展望を満喫しながらの稜線漫歩 気持ちもハイにup up

Dscn2724                   今年初めてワカン装着
Dscn2725                     気持ちが良い~

バフ バフ バフ 快適 快適  雪山の醍醐味!!

Dscn2727                 陽射しを浴びて新雪にシルエット

Dscn2735                         雪庇

アップダウンを繰り返し、霧氷、海老の尻尾を眺めながら前進です。
先方から赤布付のポールを何本も背負った重装備の単独行氏が向かってきます。
ジィ~ジ 「トレースありがとうございました。菅名から降りないんですか?」
単独行氏 「向こうあんまり好きではないいですよ」 挨拶交わし別れます。

大蔵山山頂から殆ど休みなしで1時間強、少し疲れを覚えながら最後の登り

12時27分 菅名岳(909㍍)山頂

山頂の低樹木は全て雪の下に埋もれ一帯は緩やかな丸みを帯びた台地状。
最高の日和、この時期にしては珍しく無風状態。

Dscn2742_3                飯豊連峰だけは横一線に雲 ※ 拡大

敷物を取りだし、腰を下ろして皆で展望を楽しみながらお昼を取ります。
暫しこの時期、雪山だからこその景色を十分に堪能・至福の時を過ごします。

お昼を終えようとした時、地元 菅名山岳会の単独行氏が到着。
菅名岳から先の状態を確認するジィ~ジです。

Dscn2745                   菅名山岳会の単独行氏

山頂の鐘の支柱にマークされているメモリを見れば積雪 2m50㎝弱 

ジィ~ジ、ピストンせずに丸山尾根を下ることメンバーに伝えます。

この日、山頂から丸山尾根への下りは誰も歩いていないのでトレースも
所々、風で消されている場所も有ります。

菅名岳山頂からは真下へ転がり落ちるような急勾配。
ブナの大木で覆われているので、雪質は潜り按配 時折 ズボッ

Dscn2747             この先、真下に下りるような激下り

転がるように一気に高度差150㍍ほど下ります。

Dscn2749                ブナの幹に吹き付けた雪が凍結

沢筋を左に観ながら尾根道を忠実に辿ります。
椿平”から巾沢へ下りて“ 胴腹清水(ドッパラ清水) ”経由で戻ろうかと・・・

椿平から巾沢へのルート、全くノートレース。この時期歩かれた痕跡見当たらず。
(数年前の残雪期、雪が山のように積もった狭い丸太橋を渡るのに大難儀した)

丸山尾根を忠実に辿ることに・・・

Dscn2751                       変形ブナの大木

丸山尾根を詰め、巾沢へステップを切りながらジグザグに下ります。

Dscn2753                    巾沢に架かる最後の橋

この先、少し歩けば、三五郎林道の終点に出ます。

Dscn2754                      三五郎林道終点

歩いてきた軌跡を確認する真面目なメンバー
この先は緩やかな広い林道を沢沿いに下ります。

Dscn2755                 出発地点のコース案内板

ここでも再度 確認。 学習意欲旺盛な我がメンバー。

15時05分 いずみの里Ⓟ

大蔵山から菅名岳グルリップ 
予報通り珍しい快晴に恵まれ気持ちの良い山歩きが出来た我らです。

帰路、車中から神々しく光り輝く飯豊連峰が・・・(写真無し)

もう少し山頂でゆっくりしていたら“飯豊連峰”の全貌が観れたかも?
それでも1月にこのコースを歩けるのは滅多にありません。
それだけで 満足 満足 大満足のジィ~ジです。   

    大倉山~菅名岳周回  この項(完)            3

|

« 年改まった二座目は定番?【角田山】 | トップページ | たまにはコースを変えて【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
この日は条件に恵まれました。
是非 機会を見てお出かけください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月14日 (火) 22:14

お疲れ様です。

晴れの日の雪山、最高~!(^^)!shine
ワカン装着して、トレースの無いところを歩くのってワクワクしますすぅ~heart01
アタシも行って来よぅ~
勿論ピストンですけど(^^ゞsweat01

投稿: tuba姐 | 2014年1月14日 (火) 11:54

みいさま
こんばんは いつもありがとうございます。(感謝)

この時期にしては珍しい晴日になって呉れ、雪山楽しめました。
新雪は水分密度が低いので、気持ち良く歩くことが出来るのです。
雪山は夏道と違った景色も見られ、また楽しみが増えるのです。
天候急変も有るので、あんまり無理は出来ませんが・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月13日 (月) 20:29

こんばんは~

 新雪キラキラしてきれい~
雪山の風景は、何度拝見しても見飽きません^^。
雪山の魅力に魅かれて何度も上りたくなるのでしょうね。
滅多に積雪のない地方に住むわたし、ジィ~ジさまのブログいつも楽しく見ています。
これからも、お気をつけて!
楽しませてくださいませ^^。

投稿: みい | 2014年1月13日 (月) 20:08

もうぞうさま
この日は新潟にしては恵まれた日となり新雪の稜線漫歩
楽しめました。

もうぞうさんは勿論暫くの間、無理ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月13日 (月) 19:12

雪晴れの1日、すばらしいですね。
私はしばらく自粛ですが・・・

投稿: もうぞう | 2014年1月13日 (月) 18:59

しゃくなげいろさま
comment恐縮です。

この日はこの時期にしては珍しい登山日和になって呉れました。
大蔵~菅名の稜線は結構お気に入りです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月13日 (月) 08:07

周回お疲れ様でした。素晴らしい雪景色ですね。稜線漫歩ステキー。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年1月13日 (月) 07:36

こころぐ郁美さま
いつもいつも感謝感謝です。
お天気の良い時、新雪のパフパフの雪山歩きはとても楽しいのですよ。
何処でも歩けるし、景色もまるで異なるのです。
歩けば寒さもあんまり感じないしね。

山頂の鐘 5mほどあるので雪に埋もれているんですよ。

今度 良い写真が撮れたら拡大できるようにしますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月12日 (日) 21:29

ヽ(´▽`)/いやぁ~~~!!

楽しさが、チョー伝わってきますよ!!

この鐘をならすのぅ~わぁ~noteあなぁ~たぁ~notebellbell
歌が出て来ましたが・・( ´艸`)プププnote
もちろんカッコいいじぃ~じ様でーーすbell

思ったよりも小さかった!bell雪に埋もれるのかな?
しかし、いい景色ですね~scissorsshine
*お願い!!できるだけ、拡大できるように頼みまーす。
 雄大な自然は、でっかい画像で楽しみたいでーす。
 わがまま言ってごめんなさいねぇ~coldsweats01

投稿: こころぐ郁美 | 2014年1月12日 (日) 12:14

マイグリーン さま
comment感謝。

快晴の下での雪山遊びは、ホント楽しいですよ。
空は何処までも青く、景色も格別です。
病み付きになりますが、危険もあるので自分の力量を
わきまえて行動しているつもりです。
近くの里山で雪遊びして見て下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月12日 (日) 08:37

赤鬼さま
今は駐車場にも雪が積もったろうね。
2,3年前、大蔵7合目で撤退したことも有るから・・
今年はラッキーでした。

とうとう降ってきたね。寒いわ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月12日 (日) 08:32

澄みきってすごい綺麗な雪山ですね~
歩いてみたいな~up
近場でもこんなに楽しめるなんて
雪が少ないのもありますね。
今日は雪、恨めしく外を眺めていますconfident

投稿: マイグリーン | 2014年1月12日 (日) 08:21

駐車場もう雪あるよな。残雪季しかあるいtないよ。良かったな。

投稿: 赤鬼 | 2014年1月12日 (日) 08:08

たかchanさま
ご丁寧なcommentありがとうございます。

冬山は天候の急変も有り危険を伴いますが、所詮我らは
素人ですので、無理はしないよう心掛けているつもりです。
雪山の面白さは、夏とは違うところを歩けるので
景色も違うし、雪山独特の爽快感が有る処です。

また安曇野の素敵な作品見せて頂きたいと思っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月12日 (日) 07:30

雪山の登山はたいへんですね。
経験の無い私には驚きです。
頂上から見る光景は、きっと寒さも忘れて
爽快感があるのでしょうね。
私はふもとから雪山を見るだけです。
また、安曇野、白馬村へ出かけたくなりました。

これからもお気をつけて、
楽しまれますように。

投稿: たかchan | 2014年1月11日 (土) 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/58924391

この記事へのトラックバック一覧です: あれっ?無いよ⇒ガサガサ⇒ズボズボ⇒バフバフ:

« 年改まった二座目は定番?【角田山】 | トップページ | たまにはコースを変えて【角田山】 »