« 老骨に鞭打ち修行? | トップページ | 或る日 新潟点描 »

2014年1月20日 (月)

有り難き哉 穏やかな日々 

大寒を迎え、本来であれば一番寒い時期である筈?
ところが有り難いことに年が明けてから今日に至るまで、ジィ~ジ住まいする
新潟市は連日穏やかな日々が続いています。

1月17日(金) sun

朝、目覚め朝刊を取りに玄関を開けると・・・

Dscn2781                     真綿を被せたよう

Dscn2782                        白い綿帽子

荒れ放題、手入れもしない我が家の狭い“庭”?

屋根にも2センチほどのフカフカ新雪。

お昼前には全~部 跡形なく消えてしまった。 まるで春先の淡雪のよう!!

新潟市市街地に現在は雪は見られず。 此のまま春が迎えれれば(願望)

除雪作業も不要 年寄りには有り難き哉  (完)          

|

« 老骨に鞭打ち修行? | トップページ | 或る日 新潟点描 »

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こころぐ郁美さま
こんばんわ
コチラこそいつも感謝感謝です。

雪 粉雪 淡雪 南国土佐では珍しいでしょうね。
雪の降る山には、特に山野草が多く育つように思えますし
白いベールを被せたようで、結構きれいな面もあるし
そこそこであれば良いもんですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月22日 (水) 22:35

(* ̄ー ̄*)じぃ~じ様

いつもコメントありがとうございますhappy01

見ては逃げてる私・・って・・後でコメント・・なんて思うと忘れてる私・・悲しいかなぁ~sweat01

ふんわ~リした雪をかき集めて・・まず・・口に入れます
それが小さい時からの癖です(笑)(笑)
雪って、厳しい面もあるけど夢も運ぶ使者です。
南国ではconfident

投稿: こころぐ郁美 | 2014年1月22日 (水) 21:22

piさま
お立ち寄りcommentありがとうございます。

葉っぱに載った淡雪は綺麗でしょう。
あんまり沢山降ると困りますが、少々の雪は雨より
良いかもしれません。
今年は雪掻きしなくていいので助かっています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月22日 (水) 19:33

おはようございます

はんと!
綿がぽっこり のっかったみたいですねー
外は寒い中の雪かきも大変ですよね…
お疲れさまです

投稿: pi | 2014年1月22日 (水) 07:57

もうぞうさま
今晩は~
今のところ助かってますね。
も一ヶ月今の状態が続けば春も早くなるかもです。
山にはそこそこ雪が有るので、楽しめますし・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月21日 (火) 21:41

これくらいの雪だと庭がきれいに見えますので、良いですよね。

投稿: もうぞう | 2014年1月21日 (火) 19:25

tuba姐さま
山ネタでも無いのにありがとうございます。

少々の雪は眺めを変えてくれるし、風情も感じさせてくれますね。
除雪作業が不要なのは助かります。
年取ると力仕事がきつくなってきて(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月21日 (火) 18:20

しゃくなげいろ様
comment感謝。
山好きの連中にとっては、雨より少々であれば雪の方が
良いですよね。
ベールに包んでくれるし、ビショビショに濡れないからねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月21日 (火) 18:10

風情を楽しみたいものです。
雪が降るか、風は吹いてないかばかりを気にしています。

雪の綿帽子、ふわぁ~!
なんとなく暖かく感ぜられました。

投稿: tuba姐 | 2014年1月21日 (火) 11:15

おー。珍しい。山以外の写真も新鮮です。雪はキレイにベールに包んでくれるから好きです。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年1月21日 (火) 09:04

赤鬼さま
お早うございます。
人間贅沢なもので、雨や氷雨なら少々の雪の方がいいなんて想うよね。
でも寒の最中にしてはそれほど寒くないので助かるね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月21日 (火) 08:06

有りがたいな。今日のような氷雨は困るが。

投稿: 赤鬼 | 2014年1月21日 (火) 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/58981228

この記事へのトラックバック一覧です: 有り難き哉 穏やかな日々 :

« 老骨に鞭打ち修行? | トップページ | 或る日 新潟点描 »