« 或る日 新潟点描 | トップページ | 自然学べるよ 新津丘陵【菩提寺山~高立山】 »

2014年1月26日 (日)

彼方へ此方ヘ【角田山】

1月21日(火) cloud

朝方は小雨がシトシト、雨が上がること見越して出発を30分遅らせます。

今回も前回に続き、選んだコースは【角田山】“五りん石コース” 

お江戸へ金を運んだと言う旧 北國街道の途中から柿団地へ右折。
数cmの積雪に着けられた轍を外さないようにゆっくりとcarを運転、登山口へ dash dash

9時57分 五りん石登山口parking

Dscn2791                  緩やかな林道をスタート

想った通り雨は上がったものの、杉林の中の登山道、雪解けの塊が時折
バシャ  ビシャと頭の上に落ちてきて、首筋に 「冷たい!」

このコース、初めは緩い登りなれど、やがて山腹が前に立ち塞がり、雷光型に
階段状の登山道が切られています。

Dscn2793                          俯瞰

“ほたるの里コース”と合流し、再び山頂までの急登を喘ぎながら登ります。

Dscn2795                     角田山山頂広場

今年に入り、最高の積雪?3~40㎝?

山頂避難小屋(健養亭)で10分ほど休憩して、今度は“稲島コース”へ向かいます。

Dscn2798                 稲島コースへ向かって下山

Dscn2800                      七合目へ向かって

11時34分 5合目

Dscn2802                    五合目石地蔵

笠もおべべも新調されています。お供えも   合掌

“稲島コース”四合目まで下りてきた目的は、工事の進捗状況の確認です。

Dscn2803                      階段工事

四合目から東家まで今年は約160段ほど階段に変わります。
階段天板は合板で積雪からの養生が施されています。

工事の状況を確認して、再び4合目からキツイ登りを登り返し山頂目指します。

Dscn2805                雨よけ下屋が設けられた 不動明王

登り返しはキツイ キツイ 息が上がり汗が噴き出してきます。

12時20分ー12時55分 山頂 健養亭

Dscn2807                    ダルマストーブ暖を取るK氏

小屋には常連さん、10人ほど。暖を取りながらお昼の様です。
我等もコンビニ調達簡単ランチとします。

身体も温まり腹拵えも出来たので下山です。

Dscn2810                山裾からガスが上がり何やら幻想的

山頂直下の急登を慎重に下り、往路の“五りん石コース”合流点を横目に
“ほたるの里コース”をどんどんと下ります。

13時20分 山の神分岐

Dscn2812                      山の神 分岐

13時34分 山の神

Dscn2813                           山の神

小さな鳥居と小さな石祠  頭を垂れて参拝する我らです。

山の神から5分足らず下れば“山の神コース”入口

Dscn2814                     山の神 入口

ここから林道を100㍍強も下れば、“五りん石コース”parking

“五りん石コース”~角田山山頂~“稲島コース4合目”~角田山山頂~
“ほたるの里コース”~“山の神コース”~“五りん石コースparking

角田山の彼方此方のコース、アップダウンの繰り返し結構歩いた感じを
覚えるジィ~ジです。

たかが角田山、されど角田山 。くたくただぁ!

 
ジィ~ジ【角田山】 26-4  (この項 完)               6

|

« 或る日 新潟点描 | トップページ | 自然学べるよ 新津丘陵【菩提寺山~高立山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
毎度お世話さまです。
稲島コースの階段の天板は積雪対策の養生ですから
工事が終われば取り除かれると思いますよ。
だから アイゼン スパイク長靴も問題ありません。

*バナーの雪山?
バナー雪山になってますか?
ホントは雪山にしたかったのですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月28日 (火) 18:12

稲島コースの階段は立派ですね!
部活動のトレーニングに最適そうにも見えます。

アイゼンとか、スパイク長靴とかで登ったら傷みそうですが規制されちゃうのかな?

※バナーの雪山はどちらでしょうか?

投稿: tuba姐 | 2014年1月28日 (火) 14:11

もうぞうさま
いつもどうも

>登り返すなんてとても出来ません。
単なる暇人なんですよ。
稲島コース、階段数是非確かめて下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月27日 (月) 17:41

登り返すなんてとても出来ません。
さすが達人でいらっしゃる。
今度は稲島の階段数を数えてみようかな?

投稿: もうぞう | 2014年1月27日 (月) 16:02

しゃくなげいろさま
朝からどうも(感謝)
街中はrainでしたが、角田山もやっぱり山、それなりに
積もっていました。あっちのこっち引っ張り廻され老体には
過酷でした。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月27日 (月) 08:51

赤鬼さま
お早うございます。
今日は歯医者!?歯医者は普通の医者と違って何か雰囲気が違うよね。

三ノ峠雪は沢山あった?今週中に行くつもりだけど。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月27日 (月) 08:49

すっかり雪景色ですね。いい汗流しておられますね。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年1月27日 (月) 08:31

25日は三のとうgに行った。小屋にtゆっくりしtきた。今日は天気がよい。が、きばが痛む。歯医者に行かなきゃ。

投稿: 赤鬼 | 2014年1月27日 (月) 08:15

マイグリーン さま
こんにちわ
角田山でアッチへ行ったりこっちに来たり、遊んできました。
コースが幾つも有るので、その分楽しめますが、それなりに
身体も使います。(笑)
小屋の中で半袖のK氏は自称、この小屋の管理人、ほとんど毎日
来ています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月27日 (月) 07:25

結構歩いた??歩いてますよ、登ってますよ。
登ってupwardright降りてdownwardright登ってupwardright降りてdownwardright…なかなかできません。
半袖来ている方も汗、汗のようですね。

投稿: マイグリーン | 2014年1月26日 (日) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/59007246

この記事へのトラックバック一覧です: 彼方へ此方ヘ【角田山】:

« 或る日 新潟点描 | トップページ | 自然学べるよ 新津丘陵【菩提寺山~高立山】 »