« あれっ?無いよ⇒ガサガサ⇒ズボズボ⇒バフバフ | トップページ | 老骨に鞭打ち修行? »

2014年1月15日 (水)

たまにはコースを変えて【角田山】

年が明けて瞬く間に1月も半ば、徒に時の流れに身を委ねている日々。
限られ、与えられた時間 本来もっと大事に使わねばと思うものの
凡人中の凡人、何ら前進・変革できないジィ~ジです。

せめてなるべく“寝たきり”にならないよう、なるべく外を歩こう・・・と。

1月10日(金) cloudsun

体力維持の為、特にジム通いしている訳でもなく、こんな時は定番【角田山】

先回は“ほたるの里コース”、たまには目先を変えるのも良いかな?と
10数年ぶりに
“五りん石コース”

Dscn2756                緩やかな杉林の中に切られた登山道

旧 北國街道の途中から柿栽培団地の農道を“山の神”に向かってcar dash
幸い轍は凍結しておらず無事登山者用parking到着。先行車は6、7台。

暫くは周囲を杉林に囲まれたなだらかな道を前進前進また前進。
途中、倒木や伐採された杉の丸太が転がっていたり・・・

Dscn2757_2                        急登の階段

20分程の緩登が終わると前面に立ち塞がる様な山腹が現れます。
ここからは尾根に取りつく急な階段登山道に変わります。

息を切らしながらジグザグに登りあげると・・・(10分弱)

Dscn2759                 ホタルの里コース合流点

ホッとする間もなく、山頂へのキツイキツイ急登が待ってます。
年々歳々 脚力落ちる一方、足が上がりません。フラフラ ヘロヘロ

漸く山頂へ、そして山頂から小屋へは寄らずに“向陽観音前”へ向かいます。

Dscn2761                     向陽観音 向陽の鐘

向陽道林(向陽観音堂)に合掌して、再び【角田山】山頂へ向かいます。

11時08分ー11時32分 山頂避難小屋(健養亭)

 Dscn2762 Dscn2764
(写真 左) 山頂標識   ※ 拡大
(写真 右) ダルマストーブ ※ 拡大

山頂標識脇の記帳台に有る寒暖計  マイナス7度

小屋にはダルマストーブで暖を取るハイカーが7,8人。
岩室温泉の会員I夫妻の顔も見られ、挨拶交わします。甘味と珈琲を口に。。

暫し他愛ない話に花が咲きますが空腹も覚え始めたのでI夫妻も一緒に下山。

Dscn2766_2                  此の先、激下りの始まり

時折、雲間から青空も覗き、天気はまずまず。
木々の幹・枝はフカフカの白い衣を纏ったような感じ、新雪が綺麗shine shine

傾斜のキツイ登山道を慎重に下ります。
合流点でI夫妻とお別れ、往路を下山するジィ~ジです。

このコース2カ所の階段がキツイけれど、距離は短いメリハリあるコース。

Training向きのコース?と思うジィ~ジです。

家でお昼を取るために急いで車に乗り込むジィ~ジです。

     ジィ~ジ 【角田山】 26-2             (完)     4

|

« あれっ?無いよ⇒ガサガサ⇒ズボズボ⇒バフバフ | トップページ | 老骨に鞭打ち修行? »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

てっくさま
ありがとうございます。
少しはお役に立てたでしょうか?

小生と異なり、山登りに於いての最大の武器は“若さ”です。
山歩きを通して健康管理をしながら人生を楽しんでください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月17日 (金) 08:43

アドバイス、色々ありがとうございます!若葉マークの登山者ですが、がんばります♪

角田山大好き!
とっても楽しそうな登山記録、羨ましいです!

週末、晴れたら登りたいです。

投稿: てっく | 2014年1月16日 (木) 22:08

もうぞうさま
五りん石コース、この日は結構多くの方が利用していましたよ。
ほぼ毎日の方、常連さんの多くが利用されているようですよ。

距離は短いですが、2カ所の急登は堪えます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月16日 (木) 22:06

ここは最短かと思うのですが、登山者が少ないですよね~

投稿: もうぞう | 2014年1月16日 (木) 20:23

赤鬼さま
アララッ!登ったことが無い?
近々一緒に行こうか!距離は短いよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月16日 (木) 09:11

しゃくなげいろさま
お立ち寄り感謝。
近頃、角田山でもきつく感ずるようになってきて困っています。
息を整えないと足が前へ出なくなりました。

サラサラの新雪は綺麗だね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月16日 (木) 09:10

mikkoさま
comment多謝です。
角田山にはコースが7カ所ほどあるんですよ。
登山口まで車で30分足らずで行けるのでとても便利なのです。
今回のコースは、何故か?10数年ぶりでしたが、又利用するかも・・

たまに目先が変わるのも良いもんですね。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月16日 (木) 09:07

tuba姐さま
五りん石コース、もしかしたら娘と二人で登った時、以来、15.6年振り?
周辺の杉伐採が進んでいるような感じを受けました。

近頃、急登は足が上がらなくなってきました。(情けない)

ダルマストーブで暖まってきてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月16日 (木) 09:02

ここは登ったことないよ。なんか荒tるなあ。登山口も分からない。

投稿: 赤鬼 | 2014年1月16日 (木) 07:51

新雪を被った木々の絵ステキですね。D・ジョーダンの紙ジャケのカバー絵みたい。

投稿: しゃくなげいろ | 2014年1月16日 (木) 07:38

角田山って色々なコースがあるのですね。
いつも拝見しているいくつかのコースとは
ガラリと雰囲気が変わりますね。
ご自宅に戻って昼食がとれるほど近くに
こんなに素敵な山があるなんて羨ましいです。

投稿: mikko | 2014年1月15日 (水) 23:06

あらぁ~!
五倫石はホントに久しぶりだったんですねぇ~!?
登山道は変わってませんか?

〈山頂490m〉の標識を見ると、まず深呼吸dashしてから登っています。ここを登れば山頂だー!って、自分に言い聞かせて。キツイのぼりですよね。

山頂小屋のだるまストーブに暖まりに行こうかな^m^♬

投稿: tuba姐 | 2014年1月15日 (水) 23:01

こころぐ郁美さま
comment熱烈歓迎!!
>;:゙;`(゚∀゚)`;:゙何かいつもと様子が違いますね。
何か見抜かれたようですね。

ご丁寧なご挨拶痛み入ります。
天気の変動激しい昨今、郁美さんこそお大事に お大事に。

雪の沈下橋もきっと風情が有るでしょうね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月15日 (水) 22:07

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙何かいつもと様子が違いますね。

角度を変えるとこんな風なんですね。
通い慣れた道を、遠回りした気分になりました。

雪が増えて来てますね。
天気予報では、厳しい寒さが報道movie
*お風邪を召しませんように・・・
*こちらは、まだ雪の沈下橋姿はありませんよconfident

投稿: こころぐ郁美 | 2014年1月15日 (水) 21:23

幸奈さま
拙 駄ブログにお立ち寄りcommentありがとうございます。

雪山歩きは意外と思われるかもしれませんが、
歩いている間に汗が出るんですよ。

運動になりますしね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月15日 (水) 16:54

こんにちは!

お邪魔します!

こんな寒いの日、山を登ります。

すごいね

投稿: 幸奈 | 2014年1月15日 (水) 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/58949349

この記事へのトラックバック一覧です: たまにはコースを変えて【角田山】:

« あれっ?無いよ⇒ガサガサ⇒ズボズボ⇒バフバフ | トップページ | 老骨に鞭打ち修行? »