« 日々是好日(その2富山編) | トップページ | 晩秋の【越後 白山(1012㍍)】 »

2013年11月10日 (日)

岩の殿堂眺めたくて【中山(1252㍍】

氷見での温泉一泊 兄弟会を終え、長兄宅を辞し、弟夫婦を空港までcar dash

折角の富山滞在 翌日の天気もマズマズの予報。
家で誰が待つで無し、急いで帰る要もないジィ~ジと相方。
一寸 一か所寄って行こう  途中スーパー立ち寄り食料調達。 
時間は早いものの、既に真っ暗になった山道を 剱岳早月尾根登山口の
馬場島へ向かいます。
行き当たりばったり 久々の車中泊。sleepy sleepy sleepy

10月29日(火) sun

Dscn2154_2             遭難慰霊碑嵌め込まれた巨岩と馬場島山荘

この日、剱岳展望の山【中山(1255㍍)】は、ジィ~ジ相方共に初めての一座です。

7時25分 登山口

Dscn2156_2               中山 案内板  名だたる山が見える? ※ 拡大

時間が早いせいか?平日の所為か?我らは一番乗り!!
山頂までは2時間弱 昼前には下りてこられるだろう。 歩き始めます。

のっけから急登、雷光型に登山道は高度を上げます。
登山道の脇には様々な形をした立山杉の巨木が次から次と・・・

Dscn2157

Dscn2162_2                      次々現れる立山杉

樹林帯の疎らになった場所からは劔岳の峰々が垣間見られます。

Dscn2173                立山杉の樹林帯を抜けると

8時44分ー9時32分 中山山頂

1時間半も掛らず目的の山頂です。
晴れてはいるものの、暖気の所為か?少しモヤ~ッ おまけに逆光。

1               紅葉の中山展望台から剱岳 ※ 拡大

Dscn2189                    中山山頂 剱岳説明板

「あそこが大窓、三の窓、マッチ箱・・・」

Dscn2207             山頂手前に早月尾根  右に劔御前 ※ 拡大

白く見えるのは今年の新雪。

ジィ~ジ今まで〔剱岳〕は3度登頂 
この日の登山口 馬場島からの早月尾根そして長次郎谷、別山尾根。

Dscn2199                     剱岳をバックに

Dscn2201              
                 剱岳の山並みを見入る相方

2人だけで独占の山頂。
のんびりコーヒーを啜りながら飽かず【劔岳(2999㍍】大展望満喫です。

やがて小矢部からと言う女性2人が到着。一寸挨拶交わすジィ~ジです。

小一時間も満足な時間に浸り、周回コースへ下山の開始です。

Dscn2211_2                  立山杉の樹林帯を下山開始

Dscn2212              剱岳仰ぎながら紅葉の登山道下る相方

途中で山頂目指す女性3人パーティとスライド、更に暫くその後2人。
やがて沢音が近くに聞こえるように・・・

Dscn2217                         小さな沢

暫く小さな沢沿いに下ります。

 Dscn2218 Dscn2219
(写真 左) アザミ?残り花
(写真 右) マムシグサの真っ赤な実
 

更に少し下れば立山川の河原に出ます。橋を渡り林道から馬場島を目指します。

Dscn2220                        立山川の河原

林道沿いに歩いていくと、やがて早月尾根登山口

Dscn2221                      (試練と憧れ)石碑

登山口周辺には数多くの遭難慰霊碑が見られます。(合掌)

10時52分 馬場島

靴を履きかえ、ザックを車内に積み込み家路へ向かう準備です。car dash

朝、出発点の登山口Ⓟには10数台の車。 殆ど地元富山ナンバー車

Dscn2228           車を止め執拗に振り返り【剱岳】仰ぎ見ます。 左は池の平山

Dscn2230                 何度も車を止めて振り返る

Dscn2234                    上市川からの剱岳 見納め

この先で【剱岳】も見納め、県道剱岳公園線を滑川市に向かいます。
砂防工事の大型車両としばしばすれ違いながら狭い林道を走ります。

滑川市からは高速料金少しでも倹約しようかとR8をちんたらと走り、途中
ラーメン昼食、腹を満たし黒部ICから北陸道を利用し帰宅の二人です。

空気が澄んでいればより鮮明な【剱岳】観る事が出来たことと思われますが
欲を言えば切がないのが人間世界。

この日の目的 達成できて満足満足のジィ~ジです。

                           (完)

|

« 日々是好日(その2富山編) | トップページ | 晩秋の【越後 白山(1012㍍)】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山いろいろ さま
お立ち寄りありがとうございます。
中山 始めて歩きました。欲を言えば、劔にもう少し雪が被り
且つ、空気が澄んでいれば言ううこと無しでしたが・・・
光が弱くカメラ愛好者もがっかりしていました。
「菊石」忘れていました。(残念)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月15日 (金) 21:09

中山、懐かしい名前ですね。(笑い)
会山行、3回ぐらいやったでしょうかね。また数年後には・・・
下山の小糸谷から立山川を少し遡ると、2万5千図にも載っている「菊石」があります。大きくて、なかなか見応えがありますよ。

投稿: 山いろいろ | 2013年11月15日 (金) 16:41

tuba姐さま
返信 遅くなりました。
姐さんが早月尾根登られた記事は勿論覚えています。
剱岳は観て良し、登って更に良しです。

立山杉、立山は世界でも有数の豪雪地帯、その環境下で
生きてきたその厳しさの証しでしょうね。
立山杉順番に見るだけでも楽しいかも・・・


投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月12日 (火) 07:16

剱岳の展望の中山ですね!
迫力が迫って来るようだわ。

早月尾根を歩いたので、見入ってしまいました。
立山杉の形にも圧倒されちゃいました。なんで、こんな形になったんでしょうね?


投稿: tuba姐 | 2013年11月11日 (月) 22:34

赤鬼 さま
早月尾根の立山杉の方がもっと太いし、形も面白いね。
過酷な風雪に耐え、凄い生命力を感ずるよね。

中山初めて行ったけど、楽に劔が眺められ中々良かったよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月11日 (月) 18:19

おっぺらさま
comment感謝。
今頃は剱岳も雪をかぶったと思われますので、晴れ間を見て
是非中山登って見て下さい。山頂の樹木が刈られて
見晴らしが見事です。
時間的にもかなり短時間で周遊できますし・・・

早月尾根からの剱岳、富山の健脚組は日帰りされてますよ。
伝蔵小屋に泊まれば十分登頂できると思いますよ。
地元の利を生かして是非挑戦されますようお勧めします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月11日 (月) 18:10

しゃくなげいろさま
comment多謝です。
立山杉 弥陀ヶ原は無論、早月尾根にもまたこの周辺にも
様々な形をした巨木、彼方此方で見られます。
剱岳だけでなく馬場島は立山山塊の登山口、是非Challengeして
下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月11日 (月) 18:03

もうぞうさま
いつもお世話さまです。
>なかなかチャンスは到来しません。
CHANCEを見つけて下さい。
新潟から日帰り楽勝圏内ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月11日 (月) 17:59

SILVIAおじさん さま
こんにちは
「伊折」、現在もバス停が有ったようですが、現在は何所帯位
居住されているんでしょね。
又 来年多分この方面訪ねる機会あると思いますので、上市町の
お店寄らせて頂きますね。

遭難は後を絶たないようですが、山に向かうには万全を期したいものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月11日 (月) 17:57

早月尾根にも立山杉の立派なのがたすうあるよん。剣の展望なんあそうん。

投稿: 赤鬼 | 2013年11月11日 (月) 16:36

中山は全国的には名のない山なのかもしれませんが、県内では結構人気の山ですよね。
まだ行ってませんが、近々登りたいと思っている山です。できれば最高の剱岳が拝める晴天に登りたいものです。
でも、もやーっと言えばそうですが、そこそこいい天気でしたよね。紅葉もなかなか。
剱岳は死ぬまでに一回登りたいと思ってはいるのですが、果たせるやら・・・。

投稿: おっぺら | 2013年11月10日 (日) 22:57

こんばんは。立山杉は立派ですね。確か早月小屋に登る途中にも見かけたような。馬場島周辺は魅力スポットですね。

投稿: しゃくなげいろ | 2013年11月10日 (日) 20:51

手頃な展望台があったんですね。
早月尾根は無理だけど、ここなら私でもOKです。
とはいえ、なかなかチャンスは到来しません。

投稿: もうぞう | 2013年11月10日 (日) 19:49

以前もお伝えしましたが、私の家内は写真を撮られました伊折橋がある「伊折」の出身です。昭和50年頃までは伊折に住んでいて、その後、上市の町へと出て来たそうです。家内の叔父さんは長い間「馬場島荘」の管理人を勤めていました。登山者に出していた山菜料理の腕を磨いて現在では、上市の町で山菜料理店を経営しています。時々、食べますが本当に美味しいですよ。輝様に一度味わって頂きたいと思います。最後に昨冬、剱岳で遭難した方達は新聞等で確認しておりましたが発見されたようです。合掌です。

投稿: SILVIAおじさん | 2013年11月10日 (日) 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/58545172

この記事へのトラックバック一覧です: 岩の殿堂眺めたくて【中山(1252㍍】:

« 日々是好日(その2富山編) | トップページ | 晩秋の【越後 白山(1012㍍)】 »