« 涼と花求め【立山~別山】 | トップページ | トング持参で【角田山】 »

2013年8月25日 (日)

奥深き静かな花園【天狗原山~金山】

金山(2245㍍) 天狗原山(2197.1㍍)は頸城(くびき)山域の一角。
日本百名山【雨飾山(1963㍍)】の隣そして北東側には新潟県の活火山
【焼山】、そして百名山【火打山】【妙高山】が連なります。

隣の【雨飾山】の人気に押されている所為か?極めて静かな山歩きが出来ます。
相方は3度目、そしてジィ~ジは2度目となります。

8月15日(木) sun

お盆の中日なれど、既に墓参りは済ませているので、早朝4時過ぎ自宅を出ます。
北陸道糸魚川ICから姫川沿いに信州小谷温泉を目指します。car dash dash

小谷温泉先の村営雨飾荘の先で、右折し、乙見山峠に向かっておよそ4キロ
登山口取り付きには数台分の駐車スペース。大阪№の車が2台、埼玉№が1台

7時15分 登山口

Dscn1302                     登山口標識

登山口は海抜1228㍍、山頂までは約1000㍍程の高度差となります。
辛い登りは周辺の花を見て気を紛らわせます。

 Dscn1303 Dscn1306 Dscn1307
(写真 左から ジャコウソウ  ミヤマママコナ  オクモミジハグマ?) ※ 拡大

8時05分 水場

のっけから急登のブナの林をジグザグに登り、やがて小さな尾根に取り付き
直登して登りきると道は平坦な台地となり、細い流れの水場に出ます。

水場からブナの巨木が林立する急登のブナダテ尾根を喘ぎながら登ります。

やがて登山道は小さな沢状の足場の悪い道と変わり、汗が吹き出します。

Dscn1308                沢状の足場の悪い登山道進む相方

何とか沢路をクリアーすれば湿地帯となり、咲き終わたミズバショウの大きな
葉っぱが所狭しと広がります。

 Dscn1309 Dscn1310 Dscn1311
(写真 左から  キヌガサソウ  レイジンソウ   ナンテンハギ?)

既に周辺のブナも殆ど見られなくなります。
急に草叢の中に赤茶けた土が拡がり、足の置場も決まらないとんでもない
急登のピークが目に飛び込んできます。

Dscn1313               写真では表現出来ない足場のない急登

9時25分 1949m.ピーク

崩れやすい足場のない道を如何にか乗り越えてピークに到達するジィ~ジです。
ピークを超えると道は、草叢が拡がり笹藪の中に溝のように抉られた道に出ます。

関西弁の数人のパーティの女性から
「もう直ぐですよ。だけど金山まで陽が当たり暑いですよ」と声を掛けられます。
「ありがとうございます。頑張ります」と相方。

Dscn1314_3 Dscn1315_2
(写真 左から  タカネナデシコ   フジアザミ)  ※ 拡大

笹藪の登山道を登りきると、突然視界が開け、目の前にド ド ド~ンと!

31           活火山焼山、火打山、そして右に妙高  ※ 拡大

ガスがもう少し切れていれば!! 焼山まさに指呼です。
振り返れば眼下に笹ヶ峰 乙見湖も俯瞰されます。

ここまで来れば、一つの目的 天狗原山はもう目前に迫ります。

Dscn1323                 シナノキンバイに囲まれた石仏

10時30分 天狗原山(2197.1㍍)

Dscn1325                  左 前方に金山 右に焼山

一帯はササ原と疎らなシラビソが見られる別天地。開放感に溢れます。
乱れ咲く、ハクサンコザクラやチングルマ、シナノキンバイ、真にカラフルです。

P10804201              ニッコウキスゲと焼山~火打山

天狗原山のお花畑の中を一旦、金山谷へ下り、登り返したところが『神の田圃』と
呼ばれる池塘点在の湿原で、静かな雰囲気醸しだしています。

P10804241           [神の田圃]周辺はハクサンコザクラが圧倒的

ここから左側にハイマツが見られる草原の登山道(途中小さな雪渓2か所)を
前進します。

 Dscn1321 Dscn1324 Dscn1326
(写真 左から キンポウゲ  アオノツガザクラ   ハクサンコザクラ)

 Dscn1329 Dscn1330 Dscn1331
(写真 左から シラネアオイ  ニョイスミレ  トウチソウ)

11時08分ー11時20分 金山山頂

Dscn1337                金山山頂標識(裏にハングル表記アリ)
焼山・火打山が手に取るように見られます。
反対方向には[雨飾山]へのルートが続きます。

古い地図には天狗原山~金山までCT20分と記されていますが、とてもとても
余程の健脚でなければ、到底20分では無理かと思われます。

山頂から焼山方面眺めていると直ぐ下の急斜面を登ってくる若人二人。
間もなく山頂到着、聞けば朝5時前に杉野澤橋をでて焼山に登ってきたとの事。

陽射しを遮る場所が無いので、ゆっくりと草原に咲き誇る花々眺めながら
往路を下山することに・・・

P10804211                   乱れ咲く チングルマ

 Dscn1333 Dscn1334 Dscn1338_2
(写真 左から ウサギギク  ハクサンフウロ  タテヤマリンドウ) ※ 拡大

 Dscn1339 Dscn1340 Dscn1347
(写真 左から コバノツメクサ?  キリンソウ  ゴゼンタチバナ) ※ 拡大

 Dscn1349 Dscn1352 Dscn1353
(写真 左から クルマユリ  アカモノ  ハクサンチドリ)  ※ 拡大

天狗原山のお花畑を心行くまで鑑賞したところで丁度お昼過ぎに・・・
朝、大阪からのパーティが休憩していたところでお昼にする我らです。

鉄梯子と1942mピークからの足場のないザレ場は、最大の注意を払いながら
下ります。全く足場が固定されていません。

いつも何処の山でも下山時には「こんなに急だったんだ!!」と、改めて
思うジィ~ジです。

 P10804261 P10804281
(写真 左) イチヤクソウ
(写真 右) マツムシソウ

Dscn1354                       1741㍍ 

ブナタテ尾根1741mのピーク、東側はスッパリと切れてます。

ブナタテ尾根は名の通りブナの林の登山道 全身にマイナスイオンを浴びます。

14時35分 水場

Dscn1356                          水場

ブナの林が根に蓄えた水が流れています。

谷側に傾斜がついた狭い急登の登山道。
下りは、痛めている膝と腰に殊更に老体には負担が掛ります。

疲労感も覚え、あまりの急勾配の道に嫌気がさす頃、目の前に舗装された
林道が突然、木々の枝の間に見られます。

15時25分 登山口Ⓟ

Dscn1357_2             登山口我が家の車と大阪ナンバーの車の2台

多くの種類の花々を心行くまで静かに見る事が出来たジィ~ジですが、
加齢に加え、真夏真っ最中、金山山頂手前の雪渓も小さく、遮るものなく
諸に陽射しを浴びる半端ない暑さ、そして長丁場 疲労困憊の態。

夏のシーズンは、7月末辺りがベスト?と思われます。

紅葉シーズンも、山が深紅に染まる由。これまた捨てがたしなれど
脚力・体力ガタ落ちのジィ~ジには、結構この山 手ごわく思われます。

帰路立ち寄りは、道の駅小谷  併設 深山の湯
思う存分手足を伸ばし、湯船に浸るジィ~ジです。

風呂から上がり、地場の食材購入し、序でに夕食も済まし、帰路に着く
我らです。糸魚川蓮台寺PA からは相方がcar運転。ジィ~ジは隣でsleepysleepy

                 お疲れ様  極楽 極楽 (完)

|

« 涼と花求め【立山~別山】 | トップページ | トング持参で【角田山】 »

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

みい(浪速恋しぐれ隊)さま
いつもありがとうございます。

この山のみいさんレポにコメントをいれたのが
最初で、その後に白馬大池でのバッタリが決定的。
時の流れは早いですね。もう五年?。
これからもお世話になります。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿: 輝ジィ~ジ@お江戸 | 2013年8月29日 (木) 08:53

懐かしい山にコメント...^^v
penguin のipadoから、コメントできなくて
いつも??
以前、行った時は早すぎて、残雪だらけー><
やはり、いかに雪深のか・・・0--0
一度、雨飾までぐるり~♪テントでしたいです^^v
ホント、お花が素晴らしいエリアですね^^

白馬大池レポから・・・もしっかり拝見...^^
ばったり~♪してから、月日が経ちましたね^^v
でも、それから毎年、お世話になってるような
気がしております~0^^0
 感謝ーー!!

投稿: みい(浪速恋しぐれ隊) | 2013年8月28日 (水) 20:14

まぶちょんさま
忙しいのにありがとう。
ホントそうだよね。有り難いことです。ほっとしますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月27日 (火) 04:37

山の中の ひっそりとした仏様・・・。
輝ジィ~ジさんの歩く道のりを 見守ってくれてるみたいですね。

投稿: まぶちょん | 2013年8月27日 (火) 00:33

tuba姐さん
天狗原山・金山は雨飾山よりも遥かに花の多いところです。
秋の紅葉もカラフルなので、是非 お勧めです。
歩き甲斐も有りますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月26日 (月) 10:29

山いろいろ さま
かなり以前、会山行で実施されたこと有ります。
その時と同じコースです。
(金山から雨飾山、反対に焼山に行けますが会山行では到底無理)
35周年の時には、相方がリーダー務めました。
この日は暑くて参りました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月26日 (月) 10:18

8月の半ばで!?
✿✿✿のお山ですね♪
暑ぢーぃ角田山のキツネノカミソリのお花見山行もお花見たさに行っちゃうけどぅ、金山に行ってみたい~(゚m゚*)


投稿: tuba姐 | 2013年8月26日 (月) 10:02

 この山は以前、会山行で登りましたが、花が多くてなかなか素晴らしかった!
 だけど結構タフな登山道で、下りで遅れたメンバーの面倒をみる事になって苦労した記憶があります。その時と同じコースかな?、それとも?

投稿: 山いろいろ | 2013年8月26日 (月) 09:58

赤鬼さま
昨日雨に遭わなかった?
そんなに林道が長かったの?一寸テンションdown

金山は直ぐ隣が焼山、健脚で2時間ほど?
この日は暑かった。下りはヘロヘロ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月26日 (月) 07:38

此処行ったこと無いのさ。花の山だね。昨日林道歩きで疲労困憊さ。涼しかったのに汗みどろさ。腰に来てしまった。

投稿: 赤鬼 | 2013年8月26日 (月) 07:28

マイグリーンさま
いつもありがとうございます。
この山は全体的にきついのですが、この足場のない
崩れやすいガレ場だけ、注意が要ります。
滑ると止まらないかも。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月25日 (日) 20:30

もうぞうさま
山へ導いてくれた相方には感謝です。

この山は急登でアップダウンも激しく、意外とToughな
山なのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月25日 (日) 20:27

輝ジィ~ジ様が手恐い山なんて、
ことは…やはり怖い山ですね。
足場のない急登、一歩間違えればsleepy
汗も冷や汗に変わりそうですねmist

投稿: マイグリーン | 2013年8月25日 (日) 20:26

いいですね~ほんと趣味が合致して。
さて当方めっきり山が遠くなりにけりで、困ったものです。

投稿: もうぞう | 2013年8月25日 (日) 19:45

おひるねおかんさま
たっだいま~  comment多謝で~す。
実は、無趣味のジィ~ジを結婚してから山へ引き込んだのは
相方なのですよ。

この山は少しきついけど、とても花が多い山なのですよ。
8月の初めまで、山頂付近には雪渓が残るのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年8月25日 (日) 15:57

おっかえり~
夫婦で趣味が合うっていいですね~

今日も
いっぱいのお花ありがと~

投稿: おひるねおかん | 2013年8月25日 (日) 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/58055060

この記事へのトラックバック一覧です: 奥深き静かな花園【天狗原山~金山】:

« 涼と花求め【立山~別山】 | トップページ | トング持参で【角田山】 »