« 【尾瀬笠ヶ岳(2058㍍)】は花盛り | トップページ | 25 北の大地(その2 マッタリお花見編) »

2013年7月17日 (水)

25 北の大地(その1早口言葉編?)

ここ7,8年 この暑い時期には半ば定番化 北の大地 北海道の船旅です。

今回は、5日(金)から12日(金)の1週間 船中2泊 宿 ホテル 5泊です。

7月5日(金) 

Dscn0635             新日本海フェリー 新潟山の下埠頭

新日本海フェリー らいらっく 892名 199.9㍍ 18,229トン 22.7ノット

新潟港出航はAM10:30

何時もの通り、出航後暫くして船内浴室へ

風呂から上がってやることは・・・此れしかない!決まりだね!

 Dscn0636 Dscn0640
(写真 左) お昼の部  ※ 拡大
(写真 右) 夕餉の部  ※ 拡大

19時30分

Rscn0706               小樽からの僚船 ゆうかり スライド

飲んで食べて、食べて飲んで 「極楽 極楽」。

ほろ酔い加減で、早目にベッドへ・・・    

7月6日(土)  

小樽港 到着はAM4:30

Dscn0643                  小樽港下船待機中の車

北の大地 北海道の山歩き 最初に選んだ山は早口言葉の山?

[平山・比麻奈山・比麻良山] ヒラヤマ・ヒマナヤマ・ヒマラヤマ 3回連続OK?

道央道旭川を越えて、比布JCTから紋別自動車道奥白滝ICで下りて
一旦北大雪スキー場を目指して、途中から登山口を目指します。

平山(1771㍍) 比麻奈山(1811㍍) 比麻良山(1790㍍)

昨年登る予定のところ途中の林道決壊でニセイカウシュッペ山に変更。

Dscn0645                      登山口の案内板

9時35分 登山口

支湧別川の沢沿いの道を遡上して歩き始めます。
スチールパイプの手摺が付いた簡易鉄製の橋を二度ほど渡り前進。

簡単な渡渉も一回。終始、雪解けの轟々響く沢音が耳に入ってきます。

Dscn0651                      冷涼の滝

マイナスイオン一杯浴びて、ひんやりと気分もスッキリ。

周囲には白、ピンク、紫 黄色 色とりどりの花々が見られます。

Dscn0647 Dscn0649 Dscn0652
(写真 左 ツバメオモト 中 サンカヨウ 右 ツリバナ)  ※ 拡大

Dscn0653 Dscn0655 Dscn0657
(写真 左 ハンショウツル 中 ムラサキヤシオ 右 エゾノリュウキンカ) 

Dscn0658            残雪と流れ落ちる沢水 エゾノリュウキンカ

水の流れるところリ至るところにリュウキンカ!!

この山域、遅くまで残雪が残る場所。雪渓が次から次へと現れます。

雪にはなれているものの、第一雪渓で念のため6本爪の軽アイゼン装着。

Dscn0660                   第一雪渓行く先行者

* 見た目より斜度有ります。

第一雪渓より小さい第二雪渓もクリアー。

瓦礫状の岩盤欠片が積まれた分岐標識が現れます。

11時55分ー12時35分 平山 比麻良山分岐

Dscn0668                         分岐

残念ながらガスが湧き出て大雪山系の山並み、昨年登ったニセイカウシュッペ山、
アンギラス、稜線も見ること叶いません。
仕方が無いのでゆっくりとお昼を取ります。

岩屑の間にはイワブクロ イワヒゲなど足の踏み場もない程。

Dscn0662 Dscn0663 Dscn0664
(写真 左 ツマトリソウ 中 イワブクロ 右 エゾイソツツジ) ※ 拡大

Dscn0665 Dscn0667 Dscn0671
(写真 左 マルバシモツケ 中 イワヒゲ 右 メアカンキンバイ) ※ 拡大

昨年、道路事情で登る事が出来なかった比麻良山へ向かいます。
ホテルのチェックインの時間が有るので平山は今回パス。

比麻良山へ礫地の登山道を歩き始めるや否や 今年最初の女王様

Dscn0680                高山植物の女王 コマクサ

今が盛りのコマクサの群落がここにも そこにも あそこにも、足元まで。。。。

おまけに超珍しい!!

Dscn0678                コマクサ 白!!

勿論 ハイマツと礫地には他の花々も見られます。

Dscn0674 Dscn0679 Dscn0692
(写真 左 コケモモ 中 エゾタカネスミレ 右 エゾツツジ) ※ 拡大

Dscn0682 Dscn0683 Dscn0685
(写真 左 イワウメ 中 エゾノツガザクラ 右 ミヤマリンドウ) ※ 拡大

比麻奈山(1811㍍)のピークも越して前進、前進。

Dscn0686                    イワヒゲがビッシリ

分岐から1.8㌔のアップダウンの道程 花々に見とれ時間を要します。

13時25分ー14時40分 比麻良山

キチンとした標識有りません。

Dscn0691                    ジィ~ジ記念の一枚

ガスに囲まれ、期待の眺望阻まれ、少し残念ですが、第一の目的達成です。

花々目に焼き付けながら往路を辿り下山です。

Dscn0693 Dscn0694 Dscn0700
(写真 左 テガタチドリ 中 タカネシオガマ 右 オオバミゾホオズキ) 拡大

分岐へ戻り、第二雪渓、そして第一雪渓と登山口へ戻ります。

Dscn0702                     下山する先行者

Dscn0703                  渡渉地点  行雲の滝

16時30分 登山口

林道から紋別自動車道上川、そして4連泊予定の層雲峡温泉G閣目指して
    猛ダッシュ。

車の中で、ヒラヤマ ヒマナヤマ ヒマラヤマ ヒラヤマ ヒマナヤマ・・・・
舌を噛みそうになりながら繰り返し反復のジィ~ジです。

Dscn07051                       夕食の一部

昨年も泊まったこの層雲峡温泉ホテルG閣 
ハーフバイキングスタイルで生ビール WINE  焼酎 ウイスキー他飲み放題
珈琲 清涼飲料も飲み放題 プリンも。。。。
勿論 温泉は源泉かけ流し  これで7,000/一人 極めてReasonable。

その辺の民宿よりもまだ安い。(宣伝頼まれた訳では有りません)

   その1 北海道の旅 その① 二日間 (お終い)

|

« 【尾瀬笠ヶ岳(2058㍍)】は花盛り | トップページ | 25 北の大地(その2 マッタリお花見編) »

コメント

けいあんさま
commentありがとうございます。
昨年道路事情で行け無かった比麻良山へ行く事が出来ました。
北の大地は雪解けと同時に色んな花が咲くので、とても
魅力的です。
今年は連日お天気にも恵まれ、大満足でした。

白いコマクサ見れるとは思いもしませんでした。(感激)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月19日 (金) 07:06

おはようございます
北の大地へ”ようこそ”

北大雪方面今年はまだ行ってませんでした
地元にいながらダメですね
輝ジィ~ジさんの行動力には只々敬服です!

白いコマクサこれは珍しいですね
また、旅の続きのレポ楽しみにしています

投稿: けいあん | 2013年7月19日 (金) 06:58

マイグリーンさま
commentありがとうございます。
北の大地への船旅 現役世代の若い方には時間的に無理ですよね。
老い先短い我々だから可能なんですよ。(笑)

今年初めてのコマクサでしたが北アと違い
あまりの多さに\(◎o◎)/!
おまけに白いコマクサまで見れてラッキーでした。
北海道は雪解けと同時に花が咲くのでとてもカラフルですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月19日 (金) 06:41

北海道登山、夢の夢
いつ行くの?今でしょ!
なんてことになれるわけ、ないですね

コマクサのピンクと白、可憐ですね。
寒さに耐えて咲くから
より綺麗なのでしょうか?

投稿: マイグリーン | 2013年7月18日 (木) 22:15

tuba姐さま
老い先短いですが、有り難い身分ですから身体さえ
大丈夫であれば毎年北海道へ出かけれます。

行ったことのない魅力的な山が北海道には幾つも有るので
同じ温泉旅館に泊まって今日はここ、明日はあそこ・・と。

飲み放題の連続です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月18日 (木) 18:28

くぅーーーーっ
北の大地行きたいよぅ~~~

なんですってぇ~
ホテルに5泊

あぁ~
羨ましい~

投稿: tuba姐 | 2013年7月18日 (木) 17:42

赤鬼さま
フェリー6回 来年行かない?(鬼が笑うか)
現役時代と違い、時間が有るので船旅は意外と退屈しないよね。
(飲んでばかりいるせいもあるけど)
北海道の山はホント色とりどりの花が一斉に咲くので
目が惹きつけられるよね。
その② その③ その④位まで続くので大変だ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月18日 (木) 07:30

このフェリー6回乗船したなあ。おいらもクーラーボックスにしこたまビールをしこんで飲んだものさ。北海道は花がなにもかも一緒に咲くから目が踊ってしまうよね。後編もよろしく。

投稿: 赤鬼 | 2013年7月18日 (木) 07:13

山いろいろ さま
会山行は日にちが違いますが反対の近くの平山へ行ったようです。
北の大地 北海道は熊さんが怖いけど、知らない魅力的な山
数知れず有りますね。

早口言葉に丁度良いでしょう。ヒラヤマヒマナヤマヒマラヤマ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月18日 (木) 07:09

 北海道は面積が広いから、聞いた事も無い山もたくさんあるんでしょうね。
 年とると、舌も回らなくなるんかしら。この山名を声に出して言っていたら、噛んでしまって痛い!

投稿: 山いろいろ | 2013年7月18日 (木) 06:43

もうぞうさま
こんばんは
今年も北海道花の山楽しんでくること出来ました。
留守の間、狭い庭の水遣りを気にしていた相方ですが
新潟はこの間、雨続きだったようで・・・

花の写真お褒め頂き恐縮です。
北海道の花は色も鮮やかですから。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月17日 (水) 21:24

梅雨明け前に北海道で夏休みを満喫ですね。
こりゃ最高ですね。
花もキレイに撮影されていますね。

投稿: もうぞう | 2013年7月17日 (水) 20:51

SILVIAおじさんさま
comment感謝。
左手にピントが合って誇大されて写ったようですね。
なまくらいい加減小生、他人様にお話しできるほどの
苦難試練は無いのです。
買いかぶらないでくださいね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月17日 (水) 20:43

みいさま
今晩は
現役時代と異なり時間がたっぷりの現在、ゆったりと
船旅良いものです。(老い先短いですが)

早口言葉3回成功!ご立派ですよ~
結構難しいでしょう。

北の大地、北海道は新潟から意外と便利なんです。
北海道は日本一と言っていいくらい高山植物の宝庫です。
魅力的な山が数知れずあるんですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月17日 (水) 20:30

太い左腕と大きな左手が凄い印象的です。
この左手で長い人生の苦難を乗り越えて来られたのかと敬服します。

投稿: SILVIAおじさん | 2013年7月17日 (水) 20:30

こんばんは~

 船旅もいいですね^^。
ゆっくり出来たみたいで良かったです。

早口言葉、三回言ってみました。
難しい~(笑)
でも成功!言えた!

きれいなお山の花たち見とれてしまいますよね。
猛暑の四国だけれど、涼しさが伝わってきました。
ジィ~ジさまありがとう。

投稿: みい | 2013年7月17日 (水) 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25 北の大地(その1早口言葉編?):

« 【尾瀬笠ヶ岳(2058㍍)】は花盛り | トップページ | 25 北の大地(その2 マッタリお花見編) »