« 山菜は初夏の山で | トップページ | 高山植物と夏スキー【月山(1984㍍)】 »

2013年7月 1日 (月)

今、でしょう! 姫さま鑑賞【粟ヶ岳】

例年、水無月半ばから10日間程、越後新潟の三条市・加茂市に跨る
日本三百名山【粟ヶ岳(1292.7m)】では、新潟県 福島県・山形県、そして
青森県のごく一部でしか見られない、オトメユリの花期が最盛期を迎えます。

地元ではオトメユリでは無く、その可憐な色形からヒメサユリと呼ばれます。

Dscn0458                     幼き姫さま

今年も定番、姫さま求め名峰【粟ヶ岳】に向かうジィ~ジです。
昨年はこの時期 2回 。もう何十年もの恒例行事?の我らです。

6月23日(日) suncloud

同行は相方+美女1名 計3名

少しでもアルバイト量減らしたいので6時過ぎに自宅を出るも、登山口がある
加茂市第2水源地の駐車スペースは既に10台以上のcar rvcar car
何とか林道路肩に駐車。身支度整えスタートです。

7時25分 1合目登山口

Dscn0445_2 Dscn0446
(写真 左) 加茂市第2水源地  ※ 拡大
(写真 右) 中央道登山口1合目  標識のCTタイム3時間 

CTの3時間 休憩入れると相当キツイ

急登の連続を喘ぎながら登ります。あまり風も無く汗が吹き出します。

Dscn0449                4.5合目 大栃平で小休止

目的の山頂まではまだまだハードな道のりが待ってます。

Dscn0452 Dscn0456
(写真 左) 5合目先 連続梯子場 
(写真 右) 6合目手前 鎖場で一服

Dscn0457                       6合目 粟庭

角田山から左へ弥彦山、蒲原平野が広がり、うっすらと佐渡の山並みも
目視できます。

この粟ヶ岳、殆ど楽をさせてはくれません。7合目までも急登が待ってます。

Dscn0459                  7合目 砥沢  粟ヶ岳ヒュッテ

ヒュッテ手前で冒頭写真の幼い姫さまがお出迎え。
ここでも一服休憩です。

7合目から先に目的の数多の姫さまが見られる予定です。
期待して歩き出しますが、数も少なく時折 見かけても少しばかり盛りを過ぎた?
姫さまばかりで一寸 down

8合目を過ぎた辺りから漸く高貴な姫さま方が続々と・・・

Dscn0466                 どんな姫さまになるのでしょう

Dscn0468                     甘い香り漂わす姫さま

Dscn0470                     競艶  負けないわ~

Dscn0473                  ミス姫さまコンテスト

10時50分ー12時00分 粟ヶ岳山頂Dscn0476_2                    山頂標識と山座同定盤

休憩も一杯取り、ゆっくりと姫様たちと語り合って登ってきたので3時間は
とても切れなかった我らです。

山頂には下田コースからの登山者も含め、何十人も見られます。
我らも銘々シートを尻に、腰を下ろして早目の昼食 マッタリタイムとします。

登ってくるハイカー後を絶ちません。
四周の山並みを眺めながら1時間強 気持ちの良いひと時を過ごします。

Dscn0488                 下山は姫さま方に見送られ

Dscn0490                     如何?私のスタイル

可憐な姫さま ヒメ様ゆえにその花言葉  “飾らぬ美” “純潔” “私の心の姿”

Dscn0491             粟ヶ岳北峰付近からの一本岳と川内山塊

Dscn0495                   今年2度登った守門岳

Dscn0496                     山頂は後方右ピーク

下山路を振り返って感慨に浸ります。

Dscn0498                登山口1合目下の水場で手洗い

今年もお姫さまに数知れず逢えて満足満足のジィ~ジです。
来年も体調維持して姫様詣でしたく思うジィ~ジです。

帰路、立ち寄りは加茂市七谷Communitycenterのおお風呂です。
温泉では無いですが、湯量豊富で何しろ入浴料100円ですから・・・

以下、この日に見られた花々の一部です。全てクリック拡大

 Dscn0461 Dscn0474
(写真 左) ウラジロヨウラク 
(写真 右) ニッコウキスゲ

 Dscn0485 Dscn0492
(写真 左) コバイケイソウ
(写真 右) ヒオウギアヤメ

 Dscn0493 Dscn0494
(写真 左) シロバナニガナ
(写真 右) ヤマツツジ

 Dscn0455 Dscn0497
(写真 左) コメツツジ
(写真 右) クルマバハグマ

他にもいろいろ 色々あり。(略)

 

|

« 山菜は初夏の山で | トップページ | 高山植物と夏スキー【月山(1984㍍)】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
新潟は勿論、福島・山形でもヒメサユリと呼んでますが
オトメユリが一応正式名称の様です。
ササユリは全く別です。雄しべの色が根本的に異なります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 3日 (水) 20:35

オトメユリが正式名称?なのでしょうか?
ササユリは別物でしょうか?

ニッコウキスゲの例にあるように、何が正式名称なのか?
分かりにくい分野ですよね~

投稿: もうぞう | 2013年7月 3日 (水) 19:46

まぶちょん さま
そうなんですよ!!
この可憐な姫さまは、新潟と福島・山形の極一部でしか
見る事が出来ない貴重な花なんだよ。
立山のササユリと異なるのは、大きさと姫さまの雄しべが黄色と
言うことなんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 2日 (火) 23:06

マイグリーンさま
こんばんは
ヒメサユリ 粟ヶ岳では6月の最終週位までは
見られます。
雪が解けたばかりですしね。
一度は見に行って下さい。

ヒオウギアヤメ 高山の湿地帯で見られるんですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 2日 (火) 23:03

山いろいろ さま
西に住んでいるせいか?矢張り粟ヶ岳へ足が向きます。
もう遅いかな?と思ったのですが、8合目付近からは
未だ盛りの様子でした。
鬼が笑うけど、来年は粟ヶ岳へ是非どうぞ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 2日 (火) 22:59

みっこけさま
commentありがとうございます。
栂池歩かれたそうですが、高山には高山の花が咲いているので
きっと楽しまれたことと思います。
過酷な環境下で咲く花は、その分、可憐に想えます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 2日 (火) 22:53

しゅうちゃんさま
comment多謝です。
ご承知かもしれませんが、この粟が岳の三条市側の麓
旧 下田村も群生地なのです。しかしあまりにも一杯
見られるので正直、感激が薄く思われます。

又のお立ち寄りお待ち申し上げます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 2日 (火) 22:48

輝ジィ~ジさんのまわりには 姫様がたくさんいるから、どの姫様の話かと 思った(*^m^)
えへへ!お花だったのねぇ~♪ clover

投稿: まぶちょん | 2013年7月 2日 (火) 22:41

姫様、まだまだ咲いてるんですね。
標高の高い所は遅咲ですね。
高城の姫さゆり祭りのとき行きたいと思ったのですが…
急登な登山道、疲れを癒してくれますね。
ヒオウギアヤメ、山にアヤメ咲いてるんですねcute

投稿: マイグリーン | 2013年7月 2日 (火) 22:11

今朝の名無しの投稿は私でした
ちゃんと名のらず すみません~coldsweats02

投稿: みっこけ | 2013年7月 2日 (火) 18:48

 先日の光兔山でのヒメサユリを見たんだけど、あれから日も随分経った事だし、今年は粟のヒメサユリは見逃したなぁと思っていたけど、まだ見頃だったのね。例年よりも遅いですね。
 今年は、このブログで済ませておきます。

投稿: 山いろいろ | 2013年7月 2日 (火) 10:13

こんにちは
優しくてかわいい姫さまですね
山歩きの疲れも吹き飛ぶ感じでしょうか・・・
先日 栂池を歩いてきました(正しくはゴンドラとロープウェイのお力ですがcoldsweats01
標高高いところには かわいいお花が咲いているのですね
自然の中に咲く姿は 一段と美しいと思いました

投稿: | 2013年7月 2日 (火) 08:58

tuba姐さま
容姿が崩れてきている姫さまも居られましたが、
上の方では何とか盛りの姫さまが待っていてくれました。
毎年 来年も遇えるかなぁと心細くなってきています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 2日 (火) 04:44

喜多方と南会津の群生地でしかヒメサユリ見たことありません。
登山道の傍で、見れたら最高でしょうね。
毎週のような登山すごいですね。これからも楽しみに訪ねさせてもらいます。

投稿: しゅうちゃん | 2013年7月 1日 (月) 23:32

みどりみどり さま
姫さまに会うため、毎年県外からも多くの方が来られます。
来年案内しますので是非お出かけください。
関東からも少し無理すれば日帰り圏内です。
新潟と福島、山形の一部でしか見ること出来ません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 1日 (月) 21:45

みいさま
温かいcomment感謝です。
健康管理に留意して来年も姫さまに遭えるよう頑張ります。

越後の山、谷あいの残雪で涼味感じて貰えれば幸いです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 1日 (月) 21:40

ひめさまに大歓迎されたんですねぇ~✿✿✿
イイ時期にジャストミート;:゙;`(゚∀゚)`;:゙shine
羨ましいなぁ~tulip

アタシも、ひめさま山行に行きたくなっちゃいました
お天気、チェック・チェックしないとpencil

投稿: tuba姐 | 2013年7月 1日 (月) 20:58

こんばんは。
ポチ休み中ですが、姫様は見逃せませ~ん。
可憐ですね。ユリのドクドクしさが無くて。
山道両サイドに! 香りもあるのですね。
あ~、ありがとうございましたhappy01

投稿: みどりみどり | 2013年7月 1日 (月) 20:27

こんばんは!

 ヒメサマ可憐で美しいお花ですね!
会いに行きたくなりますよね^^。
又、来年の是非会いに行ってくださいね。
わたしも楽しみにしています。

山の景色、その他のお花たちも堪能させてもらいました。
蒸し暑い当地ですが、ひと時、涼しくさわやかになりました。
ありがとうhappy01

投稿: みい | 2013年7月 1日 (月) 20:20

赤鬼さま
こんばんは
今年も姫さまに会えましたよ。
粟は足元で見られるから格別だね。
会うためには段々時間が余計にかかるようになったけど(笑)
チングルマも好きだよ。
明日は笠ヶ岳だよ。久しぶりの感じ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 1日 (月) 19:47

姫様に会えてよかったね。この花とチングルマがいっちゃん好きさ。粟や新潟の山に咲く姫様は特別だね。他県では
団体で咲いてないぜ。

投稿: 赤鬼 | 2013年7月 1日 (月) 19:42

こころぐ郁美さま
お忙しいのにありがとうございます。
このヒメサユリ、新潟と福島、山形の県境付近でしか
見られないユリなんです。
この時期には関東・関西から遠征して見に来る人かなり
多いのですよ。
仄かな甘い香り、濃淡のピンク、黄色い雄しべ
ササユリより少し小振りな可愛い花です。
少しでも花を見て貰い慰めになれば幸せです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月 1日 (月) 12:37

ヽ(´▽`)/おお!!

姫さまがぁ~・・virgo

今でしょ❣❣おいでませって・・言ってますね。

綺麗綺麗shineなんて優しい色なんでしょうね。

ここに来ると、別世界にいざなってもらえます。

ありがとうございましたぁ~ヽ(´▽`)/heart

投稿: こころぐ郁美 | 2013年7月 1日 (月) 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/57701583

この記事へのトラックバック一覧です: 今、でしょう! 姫さま鑑賞【粟ヶ岳】:

« 山菜は初夏の山で | トップページ | 高山植物と夏スキー【月山(1984㍍)】 »