« 25 北の大地(その3標高年二ペソツ山) | トップページ | 25 北の大地(その5 観光編) »

2013年7月25日 (木)

25 北の大地(その4 雨竜沼編)

25 北の大地 4日目です。

この日は層雲峡から紋別道、更に道央道旭川を越えて深川・留萌自動車道
深川西ICで下りて道道から目的地へ dash

ジィ~ジ2回目の 雨竜沼   前回は南暑寒岳(1296m)まで。

7月9日(火) cloud

雨竜市街地から道道432、ダートと舗装の混ざった道を26キロ。

登山口で協力金 500/一人支払出発。ペンケペタン川沿いに第一吊橋、
そして第二吊橋と1.5㌔、更にそこからそれなりの急登のトラバース気味の
道を1.5㌔ が湿原入口テラス。そこから500㍍で漸く湿原テラスになります。

AM10:15 ゲートパーク 管理棟 (環境美化整備等協力金¥500)

Dscn0811                      入口の管理棟

Dscn0812                   概要説明板  ※ 拡大

雨竜沼湿原は、暑寒別天売焼尻国定公園に位置し 海抜850m~900m
東西4キロ 南北2キロ 100haの広大な面積を持つ、北海道の尾瀬と呼ばれる大湿原

ゆっくりとなだらかな道を湿原に向かって進みます。

道端には早速可憐な花々が見られます。 ※ 拡大

Dscn0813 Dscn0814 Dscn0816
写真 左 テガタチドリ 中央 オオカメバソウ? 右 ニリンソウ)

第一吊橋亘り終えたあとからも・・・  ※ 拡大

Dscn0817 Dscn0818 Dscn0820
(写真 左 ユキザサ 中央 エゾレイジンソウ 右 サンカヨウ)

Dscn0823 Dscn0826 Dscn0827
(写真 左 アオヤギソウ 中央 マイズルソウ 右 シラネアオイ)

Dscn0824                白竜の滝 高さ36m 巾5m

山間から流れ落ちる小さな沢を幾つか跨いで渉ります。

Dscn0825               ペンケペタン川に架かる渓谷第二吊り橋

第二吊り橋からは山裾を巻きながら意外と急な険竜坂が待ち受けています。

Dscn0828 Dscn0829 Dscn0831
(写真 左 シロバナエンレイソウ 中央 ミズバショウ 右 エゾノリュウキンカ)

登山道は未だ雪が消えたばかりか?刈払もされていなく藪状態の場所もあり
露でズボンも濡れます。

Dscn0830               笹藪を抜け霧立ち込める雨竜沼湿原が目前に

Dscn0832                ヒグマの生息地 一寸不気味

以下 花々 ※ 拡大

Dscn0833 Dscn0834 Dscn0835
(写真 左 ワタスゲ 中央 ミズバショウ 右 ザゼンソウ)

Dscn0836 P10801871 Dscn0843
(写真 左 ショウジョウバカマ 中央 オオバタチツボスミレ 右 イワイチョウ)

AM12:05-12:45 湿原テラス

Dscn0838                 湿原テラスからのペンケペタン川

湿原テラスでコンビニ調達の簡単お昼とします。
札幌のそれぞれ会社が違うものの大手量販店で働いていると言う4人組の
若い女性グループから沸かしたて珈琲ご馳走になります。

お昼を済ませ、広大な湿原一方通行の木道を一周します。ガス切れませ~ん。

Dscn0841               ガス湧く先は南暑寒岳・暑寒別岳方面

今年は例年より積雪量も多く、おまけに極端に遅くまで降雪が有り、雪解けが
漸く終わったばかりの為か?期待した花々は観察叶いません。

大小、数百の池塘に見られる筈の ウリュウコウホネ・エゾベニヒツジグサなど
その気配全くありません。少々テンションdown ヒオウギアヤメもエゾカンゾウも☓

P1080188                  水がある処にはミズバショウ

何か花が見られないかなぁ~?ゆっくりと木道進むジィ~ジです。

Dscn0849_2 Dscn0851 Dscn0852
(写真 左 シナノキンバイ 中央 ヒメシャクナゲ 右 ギョウジャニンニク)

漸く やっと 如何にか 一輪発見 今年最初のエゾカンゾウ

P10801891                       エゾカンゾウ

湿原の一面に咲いている様子が見たかったのですが、止むを得ません。
一輪咲いても花は花!!

P1080194                笹藪にはまだまだ残雪見られます。

水路に架かる木道が3か所ほど崩落し、注意の必要な場所も有り。

平日でも有り、また天気もイマイチ。この日 札幌からの女性4人組、そして
20人ほどの団体が一組だけ。先回と異なり静かな雨竜沼となったジィ~ジです。

途中で団体を追い越して往路を戻るジィ~ジです。

PM15:15 Ⓟ 到着

既に遅まきながらも今年の山開きは終えている雨竜沼湿原。
気象条件で花々の開花が遅れ、少々期待外れでは有ったものの、
入山する際、環境美化整備等協力金とし500円/一人徴収している割に
第二吊り橋から湿原入口まで刈払もされてなく、木道の決壊箇所が3か所ほど
見られ補修の様子も無いことには、聊か首をかしげたくなるジィ~ジです。

管理棟に立ち寄り、一応自分の存念を係員に伝えるジィ~ジです。

carは、連続4泊目の層雲峡温泉G閣向かって、走ります。

                (この項 完)

|

« 25 北の大地(その3標高年二ペソツ山) | トップページ | 25 北の大地(その5 観光編) »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
北の大地 北海道はここ10年近く毎年のように出かけていますので
道央道を中心に函館以外は大体頭に有ります。
ご用命承りますよ。(笑)

他にも魅力的な処、数多く有りますよ。
北海道は魚はじめ、食べ物みんな旨いし・・・
何度行っも飽きませんね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月26日 (金) 14:14

北の大地、所狭しとばかりに北海道道を運転しまくりですねcardash

北海道の遅い春、広い湿原もイイなぁ。
行くときは、案内をお願いしますぅ~ o(_ _)oペコッ

またまた、道路マップを手に輝さまのレポを追っかけていましたhappy01

投稿: tuba姐 | 2013年7月26日 (金) 10:21

赤鬼さま
お早うございます。
入山料とか協力金は、その使途の明確化が必要です。
この雨竜沼は北海道の尾瀬、登山口から周遊すれば
6時間ほどかかるので、花がJustmeetであれば、お薦め。
この日は、矢鱈と静かで殆ど独占状態。物好きだったかも(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月26日 (金) 07:59

富士山も入山料取るようになったし、今後このような入山料徴収は増えるかもね。取る以上はそれなりの対策はとってほしいものだ。よくぞ言ってくれました。ガスが晴れなかったのは残念でした。しかし百花繚乱じゃない。

投稿: 赤鬼 | 2013年7月26日 (金) 07:33

もうぞうさま
小生 しっかり良かれと思い自分の思いは伝えますから・・

旭川界隈5月にも雪が降りましたからね今年は!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年7月25日 (木) 19:56

ほんとまだ早いって感じですね。
残念でした。
それに1人500円の協力金が、生かされていないようでは、文句の1つも。

投稿: もうぞう | 2013年7月25日 (木) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/57850754

この記事へのトラックバック一覧です: 25 北の大地(その4 雨竜沼編):

« 25 北の大地(その3標高年二ペソツ山) | トップページ | 25 北の大地(その5 観光編) »