« GWまだまだ続く【粟が岳】 | トップページ | 佐渡は花の宝庫です【アオネバ渓谷】 »

2013年5月18日 (土)

【菱ヶ岳~五頭山】グルリップ

残雪が少々残るこの時期の【菱ヶ岳~五頭山】周遊コースは、ジィ~ジ
お気に入りのコースの一つで、空模様眺めて毎年1度は・・・

今年のGWも瞬く間に終わり。
5月8日(水) cloudsun

登山口の内の沢Ⓟには、見慣れた男性が一人とまた数人の美女が
出発準備中。予期せぬ出会いです。
ハーレム王子の見慣れたお顔は、所属する山の会の大幹部 T氏です。

ジィ~ジと相方、靴を履き替え出発準備せねばならず、先に出て貰います。

8時15分 内の沢登山口Ⓟ

Dscn3742                         菱ヶ岳登山口

Dscn3747                   ブナの新緑が目に優しく映えます。

9時18分 北山

Dscn3749                     山頂方面はガスって

歩き始めてから約1時間、休憩一本入れるジィ~ジと相方です。

北山から暫く先の冬道 “杉端”を確認して山腹の夏道を進みます。

Dscn3750            残雪のトラバース道 (一寸 要注意)

ハーレム大王のグループに追いつき、桜清水で小休止。
昼から一寸用事のある我が家、お先に山頂目指します。
“桜清水”からはブナ林の中に切られた急登の登山道が続きます。
Dscn3751                山頂までは未だひとやま、ふたやま

残雪の上に前日降ったか?数センチの新雪。
山頂手前は疲れた身体にキツイ急登 両手も使いながら頑張ります。

10時20分ー10時25分 菱ヶ岳山頂(974㍍)

  Dscn3753 Dscn3754
(写真 左) 菱ヶ岳山頂標識   ※ 拡大
(写真 右) 山頂先ピーク  ※ 拡大
山頂標識は昨年、我が会で設置。
肝心の飯豊連峰重たそうな雲が圧し掛かっています。

菱ヶ岳山頂から五頭山を目指すジィ~ジと相方です。

10時41分 与平の頭

五頭山まで100分と標柱に記されています。

Dscn3757                  五頭山かなり近づいて

11時55分ー12時25分 五頭山前一ノ峰

Dscn3759                       菱ヶ岳

菱ヶ岳山頂から稜線上歩いて軌跡が見られます。
丁度 お昼時腰を下ろしてお昼にします。
前一ノ峰山頂 風で雪が飛ばされるのか残雪は既に在りません。

5             残雪残る飯豊連峰の雄姿 ※ 拡大

ランチを終えて、一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰 と菱ヶ岳からからグルッと周遊下山です。

Dscn3779               三ノ峰付近からのまだ真っ白な飯豊連峰 ※ 拡大

12時37分 五頭山 三ノ峰 避難小屋

Dscn3780             三ノ峰避難小屋 残雪融け本体姿を現す

2週間ほど前までは、雪の下に埋まっていたのですが・・・

13時02分 7合目

Dscn3784                 残雪は見られない7合目

13時35分 どんぐりの森登山口

Dscn3788_2                  登山口に到着の相方

どんぐりの森登山口から12,3分道なりに下って内の沢Ⓟ。

天空は殆ど雲も霧散し、上天気に・・・・
山頂は今頃はスカッと晴れて飯豊連峰ももっと明瞭に展望できるだろう ・・

30分ほどの昼休みを入れて約5時間半 丁度手頃な山歩き。
アップダウンの連続と飯豊連峰眺めながらの爽快・飽きないコースです。

良い汗かいて菱ヶ岳から五頭山登山口までのグルリップの完結です。

       ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

この日 観られた花々です。

  Dscn3745 Dscn3746
(写真 左) ヤブツバキ  ※ 拡大
(写真 右) フッキソウ  ※ 拡大

  Dscn3783                        イワウチワ

この時期、足元はイワウチワの群生が途切れません。

  Dscn3785 Dscn3787
(写真 左) イワウチワ  ※ 拡大
(写真 右) ユキグニミツバツツジ ※ 拡大

  Dscn3786 Dscn3789
(写真 左) スミレサイシン ※ 拡大
(写真 右) ナガハシスミレ ※ 拡大

:            ;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

帰路 車窓から振り返れば神々しい程の飯豊連峰 くっきり。  (完)

|

« GWまだまだ続く【粟が岳】 | トップページ | 佐渡は花の宝庫です【アオネバ渓谷】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

Thank you for the good writeup. It in reality was once a amusement account it. Look complicated to far introduced agreeable from you! By the way, how could we keep in touch?

投稿: polo ralph lauren pas cher | 2013年5月21日 (火) 22:42

tuba姐さま
お早うございます。
お天気の良い日にどうぞお出かけください。
この日、もっと遅い方が飯豊が良く見えたのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月20日 (月) 10:37

ブナが芽吹いてきましたかぁ~bud
アタシも行ってみなくちゃ♪

飯豊連峰はまだ真っ白ですね。この絶景を眺めながらの昼食が旨い!
いつ行こうかなぁ~!?

投稿: tuba姐 | 2013年5月20日 (月) 09:36

みいさま
こんにちは いつもありがとうございます。
雪国越後新潟の山は、もう直ぐ6月になると言うのに
1,000m足らずの山でも未だ残雪が残っているのです。
特にブナの林床に多く見られます。
私も毎年ブナの新緑で活力を得ています。

みいさんも近くの里山から山歩きされることお勧めします。
きっと新しい発見もあるし、健康維持にも効果あるでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月20日 (月) 07:05

こんばんは~

 残雪眩しいです。
でもブナの緑が初夏ですね^^。

山歩きは、きれいな風景と、かわいい山野草が見られていいですね。
わたしはジィ~ジ様のブログで堪能させてもらってうれしいです^^。

投稿: みい | 2013年5月19日 (日) 21:12

山いろいろ さま
仲良し!!とんでもない。
あの時は軽蔑の眼差しで口も利かず状態。
だから三角点行く事も省略。
あの日から我が家は・・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月19日 (日) 20:51

 輝ジジ仲良しご夫妻は、五頭三角点までは行かなかったんですね?
 自分たちは、律儀に三角点まで行ったりしたもんだから、結構時間がかかりました。
時には、ハーレムも悪くないですね。o(^▽^)o

投稿: 山いろいろ | 2013年5月19日 (日) 19:40

まぶちょんさま
山はホント山ほどあるからねェ~
ジィ~ジより沢山登っている人、イッパイいるんだよ!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月19日 (日) 18:19

こころぐ郁美さま
いつも有り難いcomment感謝です。
山歩きは一つの山をピストンするより、出来れば
往路と復路が違えば景色も違うので楽しみが倍に
なるんですよ。
山歩きは景色を見る事、花を見る事、が楽しみですから・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月19日 (日) 18:17

もうぞう さま
明日、菅名楽しんできてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月19日 (日) 18:13

赤鬼さま
大力山お疲れ様でした。
菱から五頭、今年は例年より残雪多いかも。。。
天気もう少し期待したのだけど、時間が早すぎた様です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年5月19日 (日) 18:11

いつも思うけど日本には どれだけの山があるんだろうね~?輝ジィ~ジさんの夢は 日本の山々の征服?
(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: まぶちょん | 2013年5月19日 (日) 16:23

ヽ(´▽`)/これは・・・お気にいりなわけですね。

一緒に歩かせてもらってる感じで楽しめました。

パノラマもいい感じ!!迫力ありますねhappy01

どんなに、歩いても 絶対に花達を忘れない!!
そんなジィ~ジさまの優しさも伝わってきましたheart

投稿: こころぐ郁美 | 2013年5月19日 (日) 14:13

雪も大分減りましたね。
明日はようやく菅名の予定です。

投稿: もうぞう | 2013年5月19日 (日) 07:49

大力山でもミツバツツジが綺麗だったけど、今盛りかな。まだ雪が結構残っているなぁ。

投稿: 赤鬼 | 2013年5月19日 (日) 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/57410102

この記事へのトラックバック一覧です: 【菱ヶ岳~五頭山】グルリップ:

« GWまだまだ続く【粟が岳】 | トップページ | 佐渡は花の宝庫です【アオネバ渓谷】 »