« ハーレム?【五頭山】 | トップページ | 【春の妖精鑑賞 樋曽山・福井山】 本番編 »

2013年4月 4日 (木)

開花状況下見【樋曽山周辺】

数年来懇意にして貰っているブログ繋がりのお二人が、遥々遠路大阪から
(尤も、毎週毎週信州を中心に山スキーや登山に全国行脚されているのですが)
ユキワリソウ(オオミスミソウ)・カタクリなど“春の妖精”に遇いたいと連絡頂き
お出でになるので、さて今年は何処をご案内しようかと・・・

昨年は、【角田山】 宮前コースから灯台コース、そして五ヶ峠をチョコッと。

然らば
昨年の延長で五ヶ峠から福井山、樋曽山そして間瀬峠辺りまではどうだろう?

春の陽気を感ずる或る日の昼下がり、相方と下見に出かけます。

3月28日(木) sun

珍しくポカ ポカする様な陽気 昼過ぎの所為で気温も高い。
花の開花には温度も重要な位置を占めています。

以下、この日に見られた花の様子です。

  Dscn3102 Dscn3098
(写真 左) キバナノアマナ  ※ 拡大
(写真 右) ホクリクネコノメソウ?   ※ 拡大

  Dscn3099 Dscn3103
(写真 左) キクザキイチゲ 白  ※ 拡大
(写真 右) キクザキイチゲ 紫  ※ 拡大

Dscn3104                今年最初に見つけたニリンソウ

2週間後くらいにはニリンソウがそこ彼処で見られるでしょう。

Dscn3105                    解りません SOS

Dscn3110               カタクリも本格的に咲きだして

Dscn3107                     コシノコバイモ

県外からわざわざ、このコシノコバイモ(越之小貝母)探しに来られる方、多数。

そして道の両脇には、カラフルな大きな株のユキワリソウ(オオミスミソウ)。

Dscn3111

Dscn3112

Dscn3118

Dscn3119                 花の傍には踏み込みません  ※ 拡大

Dscn3121_2

Dscn3123                  ピンク系?

Dscn3124                    大きな株  ※ 拡大

昼からの時間を利用しての下見。
此れ位、咲いていればきっと喜んで貰えるでしょう。この周辺を案内しよう!!
問題は、天気と気温だな。はてさて本番は??? 晴れてくれ~

  樋曽山・福井山周辺の下見 (完)

|

« ハーレム?【五頭山】 | トップページ | 【春の妖精鑑賞 樋曽山・福井山】 本番編 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

2年信州組☆ヨネさま
そのうちにホント、ヨネさんにも御目文字叶うかも(笑)

昨年12月上京の折、あの人出の多い高尾山で、神奈川と
埼玉のブロガー繋がりの友人にバッタリもしましたよ。
7年ほど前、角田へ花見見物に来てもらった以来の
お付き合いさせて貰っているのです。
面白いですね。
今回は大阪のご夫婦なのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 6日 (土) 13:57

みいさま
こんにちは
ユキワリソウ(オオミスミソウ)・カタクリの本番を迎えました。
残雪が消えると越後の海岸端の山々で咲きだすのです。
内陸の山ではカタクリは見られますが、雪割草は殆ど
見られません。
20年ほど前はもっとカラフルだったんですがね~

この時期、問題は御天気だけです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 6日 (土) 13:51

実際お会いしている方のブログを拝見して、ブログ繫がりで、そんな交流ができるの~って驚いていたところ、更に、凄いつわものがいましたね。輝ジィ~ジ 様です。行動力に脱帽です。
やっぱり共通の趣味があれば、いろいろな垣根を越えて交流できるのですね。私も日々、精進しよう!と前向きになりました(/ ^^)/アリガトネデス

ネコノメソウは私が知っているのとは違うような。肉厚で小ぶり、色が鮮明な感じです。そちらはホクリクだから?

投稿: 2年信州組☆ヨネ | 2013年4月 6日 (土) 10:20

おはようございます!

 春のお花咲き始めたのですネ!
山野草ってどれもかわいいですね。
ユキワリソウ見られてうれしいです。

お友達方も喜ばれることでしょう^^。

投稿: みい | 2013年4月 6日 (土) 09:37

noritanさま
本番は、終わりましたので遅まきながら今日アップ予定。

集中登山このところ付いていないようですが、
仕方ないですね。

赤鬼さんも小生も有り難い身分だからねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 6日 (土) 08:30

マイグリーンさま
お早うございます。
comment内容から多分?と推測してましたよ。

ユキワリソウ咲いている場所などは、ある程度
知ってはいるのですが、その日の天候状況によって
随分違うのですよ。

ブログ繋がり大事にしましょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 6日 (土) 08:26

名無しのごんべいは私です~coldsweats01
(失礼しました)

投稿: マイグリーン | 2013年4月 6日 (土) 07:25

下見完了!
さて、本番はいつだったのでしょう?

集中登山、暴風の予報の為中止で、残念でしたね。

昨日、会社で時々ネットの天気予報を眺めて、これで、実施するのかしら?
などと懸念していたらMLが入りました。
やはり、仕方ありませんね。

樋曽山の方へはもう、数十年も足を踏み入れていません。
赤鬼様、輝様、共にいつも美女と一緒で羨ましい限りです。

投稿: noritan | 2013年4月 6日 (土) 01:23

角田山の下見??
もうどこで何がいつ咲いているのか
おわかりでは??
日頃の庭のチェック、管理が必要でしたねhappy01

やはりブログ繋がり…大事にしたいですねscissors

投稿: | 2013年4月 5日 (金) 22:00

赤鬼さま
実は能化山も吉祥岳も全く、(新保岳以外)未踏なので
一度は歩きたいと思っているのです。
登り55分角田山よりもきついではないですか!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 5日 (金) 21:14

見事な花々だね。能化山、カタクリ花も大きく、見事な群生だったよ。たまげた。ただ貴殿達が行くような山じゃないよ。登り55分さ。結構急登だけどね。

投稿: 赤鬼 | 2013年4月 5日 (金) 07:34

まぶちょん さま
新潟のPRしないとねぇ~
新潟は沈滞しているから。

花の名前、段々覚えるよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 5日 (金) 05:19

大阪からの友人のために 下見だったのね。
お疲れ様
キレイなお花 たくさん紹介してあげてね。
私は 女のくせに 花の名を知らなさすぎ!sweat01

投稿: まぶちょん | 2013年4月 5日 (金) 00:52

もうぞうさま
こんばんは
ブログを始めて7年?
駄レポばかりですが、角田へ来て貰った縁で
繋がっているブロガーさん、おかげさまで数人は
居られ、同好の士の所為か?良いお付き合いさせて
頂いています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 4日 (木) 19:44

私は相変わらず花を見つけるのが苦手です。
どうしても大群落ばかりに目がいってしまいます。
それにしても素敵な繋がりですね。

投稿: もうぞう | 2013年4月 4日 (木) 19:34

tuba姐さま
毎度 毎度です。
思うように行かぬがこの世の倣いだったりしてね!!
ブログ繋がりで関東 関西から何人か?角田を案内し
今もそれなりのつき合いありますよ。

昨年は、あの高尾山で偶然バッタリしたこと有りましたしね。
結構面白いことが有るもんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 4日 (木) 18:26

とっても素敵なつながりですことheart04
そして、スプリングエフェメラルの登山道。
きっと喜んでくれますよぅ~

晴れることを祈るだけですねsun

投稿: tuba姐 | 2013年4月 4日 (木) 17:49

こころぐ郁美さま
早速のcomment 大歓迎 感謝感謝です。

雪が沢山降る分、見返りに越後の山では花が多いように
思っています。何しろ漸く春ですから~ 
とは言いながら、晴れてはいるものの今日は気温が低い新潟です。

これからもどんどん咲くんですよ。
問題は御天気です。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年4月 4日 (木) 11:50

(* ̄ー ̄*)こんにちは!!

どんどんアップですね~run
気持ちもどんどんup upかな・・・

春ですもんね。爽やかさもさることながら、花が待っててくれる。もう、それだけでもワクワクしますね。

今日も、満端に見せてもらいました。
下見でこれだけ・・・lovely大したもんです。
みなさん満足して登山ができるはずですよね。happy01

投稿: こころぐ郁美 | 2013年4月 4日 (木) 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/57098874

この記事へのトラックバック一覧です: 開花状況下見【樋曽山周辺】:

« ハーレム?【五頭山】 | トップページ | 【春の妖精鑑賞 樋曽山・福井山】 本番編 »