« 角田山@25年お初 | トップページ | 【角田山】@25年2回目 »

2013年1月15日 (火)

信州遠征 会山行【北八ヶ岳】

天気予報では日本海側は連日snowマーク。
それに反し、1月初旬から中旬の信州はsun確率高く、安定度合いも高い。

そんな訳で、昨年まで凡そ10年間ほど、この時期には赤岳を主体に
南八ヶ岳山行を岳友と個人山行として継続して来たジィ~ジ達ですが・・・

今年は目先を変えてその岳友がリーダーで、
会山行として行先も安全性を考慮し冬山入門【北八ヶ岳】として実施です。

計画(予定)

1月9日(水) 
新潟駅南口(6:00)=諏訪IC(9:00)=北八ヶ岳ロープウェイ(10:00‐10:30)
……横岳(11:30‐12:30)……茶臼岳(14:30)……麦草ヒュッテ(15:40)泊

1月10日(木)
麦草ヒュッテ(7:00)……中山峠(10:00)……東天狗岳(11:10)……
黒百合ヒュッテ(12:10‐12:40)……渋の湯(14:10)=(入浴)=新潟駅南口(19:00) 

参加者は美女7名 男性8名 計 15名 ジィ~ジはラストリーダー担います。

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

新潟・長野県境越えれば案の定 晴れ間が一面に広がります。

1月9日(水) sun
10時35分ー11時25分 北八ヶ岳ロープウェイ
 Dscn2360 Dscn2361
(写真 左) 北八ヶ岳ロープウェイ 山麓駅   ※拡大
(写真 右) 北八ヶ岳ロープウェイ 山麓駅   ※拡大

北八ヶ岳RW(旧 日本ピラタスRW)平日でもスキーヤー、ボーダーで混雑。

天気が良くても外での食事は寒いので、山頂駅で早目のランチを取ります。

 Dscn2364 Dscn2362
(写真 左) 山頂駅アイゼン装着出発準備  ※拡大
(写真 右) 出発準備 快晴真っ白な雪    ※拡大

“坪庭(2237m)”から横岳を予定通り目指します。
Dscn2367                     抜けるような青空

Dscn2368_2             眼下に広がる“坪庭”右手後方に南アルプス

歩き出して30分足らずで、体調不良を訴える男性会員一名出現。
リーダー夫人と相方そしてラストのジィ~ジがサポートします。

北横岳からは一旦往路を下るので、リーダー夫人と相方に体調不良者を
託し、ジィ~ジは、リーダーに状況報告する為、後を追います。

12時10分 北横岳ヒュッテ

 Dscn2369 Dscn2370
(写真 左) 北横岳ヒュッテ    ※拡大
(写真 右) 樹林帯を山頂に向かって ※拡大

12時20分ー12時25分 (北)横岳(2472.5m)

Dscn2373                     横岳山頂 前方に蓼科山

広くまるい山頂は吹きっ晒し 冷たい風が容赦無く当たります。
記念撮影をし、四周を眺望し、直ぐに下山です。

Dscn2376              横岳下山する仲間たち 後方に南八ヶ岳

北横岳ヒュッテで、後から来たリーダー夫人、相方、体調不良会員と合体。
全員で、途中の分岐から三ッ岳、雨池山、縞枯山に向かいます。

体調不良男性に具合を聴けば「ゆっくりなら何とか歩ける・・・」とのこと。
最悪の場合、エスケープルートも有るし、一応 3人でサポートしながら
向かうことにします。

Dscn2380                     三ッ岩 Ⅲ峰?

Dscn2382                三ッ岩から、この先は急な激下り

樹林帯の雨池峠から再び縞枯山に向かって登り返しです。
この辺りで本隊から少し離されてしまいますが、何とかかんとか!!

Dscn2387                  本隊から少しずつ遅れ始め

14時32分 縞枯山(2403m)

Dscn2390                縞枯山山頂と前方に南八ヶ岳

枯れ木にはびっしりとエビの尻尾が張り付き、厳しい寒さを実感します。

縞枯山からは再び急な下り、そして登り返しで茶臼山(2384m)dash

15時10分 茶臼山(2384m)
登り下りの繰り返しが続くので、それなりに体力消耗。それでもここまでくれば
この日の予定、あとは麦草ヒュッテへ下るだけ。先が読め少しホッとします。

Dscn2397                     来し方を振り返る(正面 縞枯山)

本隊は既に今夜の宿泊先へ向かって、予定通り前進。影も形も見えません。

15時40分 大石峠

茶臼山を下りきり大石峠を過ぎた辺りで、リーダーのO氏が我らを迎えに
本隊は、予定時刻通りこの日の宿 麦草ヒュッテ到着したとのこと。

15時55分 麦草ヒュッテ

本隊より遅れる事、15分。それでも無事に到着です。

Dscn2400                    麦草ヒュッテ到着

部屋で荷を解き、寝場所を決めれば、直ぐにミーティングと言う名の“懇親会”

Dscn2403_2              ダルマストーブの脇でミニ 宴会ヶ岳

WINEに焼酎、新潟銘酒 雪中梅、そしてbeer etc etc 夕食まで宴は続きます。

 Dscn2404 Dscn2408
(写真 左) 夕食MENU  ※拡大
(写真 右) 麦草ヒュッテ内装 ※拡大

この日は、我らのグループ15名のみ、貸切です。

寝床の広間の端には一晩中 ストーブが炊かれ、寒さ覚えません。

21時 消灯 sleepy sleepy sleepy

1月10日(木) sun

7時30分 麦草ヒュッテ

ヒュッテ 下屋に下げられた寒暖計覗けばマイナス5~6度
幸い風があまり強くなく寒さ感じません。

Dscn2411                    天気が良さそう

Dscn2412            ヒュッテ前から 神々しい 朝の浅間山 ※ 拡大

雪を頂きどっしりと聳える秀峰“浅間山”の威厳に圧倒されるような思いに・・・

Dscn2413                       霧氷

予定通り、中山峠へ向かって全員で出発です。
先ずは“丸山”へ。標高差200mほどの登りの開始です。
20分ほどしたところで、前日体調不良を訴えたN氏、再び遅れ始めます。
ジィ~ジ 具合を聴けば、前日と違い「駄目みたい・・・」と。

早速リーダーと善後策を検討します。

リーダー
「本来何かあればパーティは一つになって行動するのが原則、予定変更で
麦草ヒュッテから下山しよう。」

ジィ~ジ&相方
「天気が崩れる事は無いし、自分たちは前にも来ているので、2人でサポート
してここから下山するから、折角なので皆は予定通り行けば・・・。」

登山日和の好条件 変則ながらジィ~ジ、相方の進言で予定通り前進開始。

ジィ~ジと相方、体調不良者は麦草ヒュッテへ向かって下ります。
麦草ヒュッテから衛星電話を借りてタクシー会社に2時間後くらいに
メルヘン街道R299の冬季閉鎖のゲートで待機して欲しい旨、伝えます。

無雪期は快適なドライブウェイ 広いなだらかな道を延々と下ります。
脇の雪は表面が水晶のような状態でうっすらと氷結 キラキラキラキラと
光を放って何と言えないほど綺麗です。

写真を撮ろうとしたところ
「電池残量有りません」のメッセージ。 ギャフン~ Tension down bearing

おまけに樹間からは、遥かに仙丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳など南アルプスの
大パノラマまで展開。
自分のミス仕方有りません。脳裏にしっかりと焼きつけておきましょう!!

N氏のペースでゆっくりと下山を続けます。
1時間半ほど下ったところで、相方がタクシーの確認するため先行します。

麦草ヒュッテから約2時間。
ゲートでは予約したタクシーが待機。相方も我らを迎えに出てくれます。 
タクシーで最終待ち合わせ予定、茅野市の三セク運営「縄文の湯」へ。

「縄文の湯」の休憩所で2時間強、持参のパンでお昼を取ったりTVを
観たりして時間を潰していると、リーダー夫人から
「今、渋の湯へ着いた、バスに乗ります。」と、電話が入ります。

13時30分 

予定より1時間以上早く、バスは“縄文の湯”に到着します。

※ 東天狗岳あまりにも強風で、参加者はピッケルでは無くストック持参の為、
安全を考慮してパスした由

メンバー全員一緒に温泉でゆったりと手足を伸ばし、2日間の疲れを取ります。
身も心もポカポカ状態でバスに乗り込み、早速一番近いコンビニで思い思い
beerbottleを購入。
帰りのバスは何時もの通り、大賑わい!!県境を越えるとsnow snow snow

今回の会山行、Accidentは発生したものの、全員無事で帰宅。

先ずはめでたしめでたし ?!(近頃 矢鱈と遭難騒ぎ多数発生してますから) 

2日目 写真 掲載 提供は参加者 S/T氏です。

2013010910_084                      高見石小屋

2013010910_087                      中山峠  厳しそう

2013010910_103_2               東天狗に向かって 気持ちよさそう

2013010910_105               東天狗岳へ向かって 風が強そう

2013010910_111                       来し方、俯瞰

~~ん ヤッパリ少し羨ましい?ジィ~ジです。

                 以下 略。  この項(完)

 

 

|

« 角田山@25年お初 | トップページ | 【角田山】@25年2回目 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

浪速恋しぐれ~♪ みいさま
commentお忙しいのに感謝感謝です。

久し振りの冬の北八、素晴らしい天気に恵まれました。
この時期は八ヶ岳界隈がいいですよね。
平日のせいも有り、麦草ヒュッテ貸切でした。

雪質も違い、展望も良く、越後の山とは雰囲気が全く違う
気持ちの良い山行でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月21日 (月) 20:54

お天気に恵まれ、良かったですねー^^
そして、臨機応変対応...素晴らしいし
これまた、ご苦労様です!

確かに日本海側より、内陸・・・
八ツの晴天率は良いですね~^^v
貸切のヒュッテ~♪
めっちゃ魅力的です heart02

投稿: 浪速恋しぐれ~♪ みい | 2013年1月21日 (月) 20:12

山いろいろ さま
この頃は信州がお薦めだね。
晴れの確率が結構高いし、雪の具合も宜しい。

大病患い克服したと言っても、夏山と違い身体も
寒さに対応できるほどは、多分回復していなかったんだろう。
更に歩行速度に合わせるだけの脚力・体力も不足?
この頃、あんまり問題なかったんだけどねぇ~


投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月18日 (金) 10:18

 いい天気でなによりでした。隣県ながらこうも天候が違うことに、ジェラシーさえ感じますね。(笑い)
 アクシデントでの対応、お疲れさまでした。歩き出してすぐの不調、これってどういう事なんだろう?登る前から悪かったんだろうか?

投稿: 山いろいろ | 2013年1月18日 (金) 10:07

tuba姐さま
今回は、冬山入門北八ヶ岳でしたが、天気が良く
快適な山歩きと、新雪が楽しめました。

残念ながらAccidentも有りましたが・・・
(過去に大病を患った方なのです。)

この時期はヤッパ信州がお薦めです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 20:49

ヨネさま
拙・駄ブログにお立ち寄り、コメントありがとうございます。
この時期の信州は寒さが厳しいですが、素晴らしいですね。
9日そんなに良いことが有ったのですか!?羨ましい!

茅野市の日帰り温泉施設は安いし、良い処ばかりですね。
折角良いところにお住まいなのですから、是非、今の時期
お出かけお薦めしますよ。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 20:45

体調不良のNさんも無事に宴会バスで帰宅されて良かったですねbusheart04
無事の山行、お疲れ様でした。

赤岳に向かわれたかと思っていましたが・・・。
やっぱり凄いわぁ~
健脚揃いの山行先はlovely

投稿: tuba姐 | 2013年1月16日 (水) 19:38

はじめましてhappy01ヨネですm(_ _)m
9日(水)10日(木)は、素晴らしい登山日和でしたよね。sun9日友引はいいことあった日なので、よ~く覚えています。新潟駅南口から諏訪ICまで3時間なんですね。思っていたより近いです。

アイゼン装着して冬山登山、本格的ですねgood私は夏に、北横岳、縞枯山、茶臼山に登りましたが、全く違いますね。いつか冬山にも行ってみたいなぁ~
縄文の湯は近場ですが、まだ行ったことありません。

ジィ~ジ&相方さんと一緒に下山できて、N氏さんもホッとしたのではsign03

投稿: ヨネ | 2013年1月16日 (水) 19:36

mikko さま
commentありがとうございます。
今回の山行はホントとても良いお天気に恵まれました。
この時期が一番安定しているようです。

北八ヶ岳ロープウェイ24年尾4月に名称変更に
なったらしいです。
麦草ヒュッテも数年振りでしたが、トイレも水洗に
なったりして快適でした。
参加者も満足してくれたと思いますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 14:42

マイグリーンさま
comment感謝。
お天気の良い日に雪山歩きをすると多分病み付きになると
思いますよ。日頃歩けない場所を歩くので眺めも随分
違います。
角田・弥彦始め新潟の山は現在どこも積雪有りますから
お天気の良い日に是非試してみてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 13:08

素晴らしいお天気に恵まれましたね~
寒いでしょうが、この眺望に元気をもらって気持ちよく歩けそうです。
日本ピラタスロープウェイから北八ヶ岳ロープウェイに変わったのですね。
知りませんでした。
いつもピラタスだったっけ? タラピスだったっけ?
と覚えらなかったので、今度は私でも覚えられますね。
(*^^)v
貸切になった麦草ヒュッテでの懇親のお時間も含めて
参加された会員さんにとって素晴らしい思い出になったでしょうね~

昨日のお昼時間に前記事にコメント入れたはずだったのですが・・・
最後のポチを忘れたのかな~
毎度そそっかしいようで・・・
以後気をつけます。(^-^)ゞ

投稿: mikko | 2013年1月16日 (水) 12:47

雪山って綺麗なんですねshine
気持ちいいだろうな~
雪山は国上山しか登ったことありませんhappy01

投稿: マイグリーン | 2013年1月16日 (水) 12:37

赤鬼さま
これが当たり前と思われたら困るので、3月の会議で
ある程度、徹底を図りたいと思ってます。

今回は天候もルート的にも条件が良かったから
例外としたく・・・

それも兎も角、今の時期は信州だねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 09:12

noritanさま
会山行でのAccident発生の場合は、本来Partyは
同一行動を取ることが原則です。(自分で破ったけど)

天気が良ければ、この周辺だけ散策しても結構楽しめる
でしょう。
是非お出かけください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 09:08

まぶちょんさま
運動不足は健康にとっては大敵だよ!
身体を燃やした後の食事は何を食べても美味しいよ。

ジィ~ジの仲間になれるけど、ジィ~ジ達の会には
入れないんだよ。
理由はね、入会年齢が40歳以上なのよ。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 09:01

大変だっねえ。おいらもしばしば経験してるけどご苦労様でした。これが山仲間のいわばルールだもんねえ。それにしても天気がいいね。

投稿: 赤鬼 | 2013年1月16日 (水) 08:05

こころぐ郁美さま
今の時期、信州この周辺は晴天確率極めて高いのです。
少し寒いのですが、越後と違い湿度が低いので雪質も
かなり異なり、またアルプスの景観も展望出来て
とても素晴らしいのです。
高度も標高2,300~2,400mですかから、空気も澄んで
気持ちが良いですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月16日 (水) 07:32

会山行サポートご苦労様でした。
的確な判断&サポートで体調不調者が居ても結果として無事で良かったでしたね。
確かに、いつも「不調者」が出ないように!と祈りますが、こればかりはねぇ~~
昨年晩秋に北八ヶ岳の山の下見に行き、メルヘン街道を走り、北八ヶ岳ロープウェイの駅まで行きました。
今年は北八ヶ岳へ心が向いています!
ロープウェイは通年営業なので、無理しない行程でこの季節でも行ってみたくなりました。
ピークを求めなくても、周辺歩くだけでも良いですね!

投稿: noritan | 2013年1月16日 (水) 05:07

普通に食べてもおいしいものは 雪山で皆と食べると めっちゃおいしく感じるだろうなぁ~♪私は最近運動不足だから そういう感動がないや・・。輝ジィ~ジさんのグループにいれてもらおかなhappy01

投稿: まぶちょん | 2013年1月15日 (火) 23:55

ヽ(´▽`)/sun凄い天候が良かったんですね。

どの画像も素晴らしく空が光ってるshinespadeshine

これから吹雪いたんですよね。それまでに行って良かったですね。幸運ですね。
さすがに計画立てる方・・・ジィ~ジ様達・・素晴らしい!notelovely

寒い思いもせずにこうして見せてもらってるのがもったいないでーす( ´艸`)プププありがとうございましたheart

投稿: こころぐ郁美 | 2013年1月15日 (火) 23:08

yama22さま
ご苦労様でした。
天気に恵まれ素晴らしい景色と、新潟では味わえない
雪質 雪景色とても良かったと思っています。
お次は何処へご一緒いたしましょう?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月15日 (火) 22:52

ジィ~ジ夫妻のお陰で、無事、東天狗まで、行くことが出来ました。 一度は諦めかけた山行でしたが、ラストリーダーの転機で、皆が、すばらしい景色を見る事ができました。山の仲間は良いな~感謝、感謝でした。

投稿: yama22 | 2013年1月15日 (火) 22:39

もうぞうさま
この時期 天気が良いので当然 行けますよ。
きっと満足できる写真沢山撮れることでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年1月15日 (火) 20:58

いや~素晴らしいですね。
こんな天気なら私でも行けるかな?
でも寒そう!

投稿: もうぞう | 2013年1月15日 (火) 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/56545083

この記事へのトラックバック一覧です: 信州遠征 会山行【北八ヶ岳】:

« 角田山@25年お初 | トップページ | 【角田山】@25年2回目 »