« 【角田山】 24-19 | トップページ | 恒例?男子会そして諸々 »

2012年10月25日 (木)

秋本番、燃える【越後駒ヶ岳】

週間天気予報に依れば10月18日(木)降水確率相当高い
ジィ~ジが所属する山の会、その日、上りは信州小谷温泉、下りは
越後糸魚川雨飾温泉で、紅葉の日本百名山【雨飾山】が予定され
ジィ~ジも相方も参加予定だったのです。
16日(火)担当リーダーから「雨の確率高いので中止にしたい」と連絡。
ジィ~ジも「そうした方が良いみたいだね!」と同調。

然らばその前日17日は? 中止の代わりです。
予報を見れば午後3時頃まではsun 3時過ぎからrain
予報を信じて行けそうな“山”探し。相方が幾つかの候補を上げます。
その中からジィ~ジが「久し振りにここにしないか!」
そして決定した一座 これも日本百名山【越後駒ヶ岳】

■ 越後駒ヶ岳 2002.7m

所在地  新潟県南魚沼市、魚沼市
実行日  10月17日(水) sunrain
同行者  女性2名(内 1名相方)  計 3名
行  程  枝折峠登山口Ⓟ(7:16)~明神峠(7:42)~道行山(8:33-8:40)
       ~小倉山(9:15-9:25)~百草の池~駒の小屋(11:12-11:20)
              ~越後駒ヶ岳山頂(11:36-11:46)~駒の小屋(12:00-12:30)
       ~小倉山(13:45)~明神峠(15:25)~枝折峠登山口Ⓟ(15:50)

        所要時間 約8時間34分 実質歩行時間約7時間20分
高低差  950m   
地形図  国土地理院地形図 1/25000 [八海山・奥只見湖]

記事)
Dscn1747             男前の荒沢岳を眺めながら枝折峠からのスタート

早朝5時我が家をスタート、同行の美女ピックアップ、関越道小出ICから枝折峠を
目指します。
雲一つない“ド”が付くほどの快晴。1065m枝折峠まで慎重運転(各所で工事中)
枝折峠登山口Ⓟにはソーラー設備のある水洗toiletも完備。
千葉ナンバーとか県外ナンバーの車も数台。またカメラ愛好者も見られます。

Dscn1750          過って採掘された銀を運んだ〈銀の道〉10合目明神峠

明神峠 1236m

明神峠から道行山まではアップダウンの連続、途中の荒れ地には県工事で
所々に木道も整備されてます。

道行山 1298m

Dscn1753                          黄葉

道行山付近からは、鮮やかに色付いた木々が目を楽しませてくれます。

Dscn1754               目的地は遥か先 まだまだ遠い

目的の越後駒ヶ岳仰ぎながら、前進する我らです。

小倉山 1378m

Dscn1758                小倉山手前 目的地は少し近づいた

Dscn1759                       紅葉と青空

P10703111             百草の池手前付近山頂(右 奥)近づく  ※拡大

Dscn1763_4                  紅葉・黄葉       ※ 拡大

P10703131                  前駒周辺の紅葉  ※ 拡大

この辺りからはそれなりにキツイ登りが待ってます。

Dscn1769                      小屋手前岩場

越後駒ヶ岳(魚沼駒ヶ岳)残雪たっぷりの時期から初夏、初秋過去6,7回
7,8年前には所属する会山行では自分で企画して20人ほど引率したことも・・・

今回、久しぶりの越後駒ヶ岳 前駒過ぎて小屋手前の岩場付近ではフラフラ
加齢と鍛錬不足を如実に感ずるジィ~ジです。

駒の小屋

たまたまこの日は、小屋仕舞い 管理人氏とお手伝い2人で片付け真っ最中。
暫し休憩して山頂目指す我らです。

Dscn1772          男前荒沢岳の稜線と中央右手奥に尾瀬燧ケ岳 ※ 拡大

山頂への途中振り返れば、眼前の荒沢岳から遥かに尾瀬燧ケ岳、そして
日光連山も・・・

越後駒ヶ岳山頂 2003m

Dscn17801           越後三山 中ノ岳 バックに記念の一枚 ※ 拡大

2            右手に八海山、左のピークは中ノ岳  ※ 拡大

上空には白い雲が何本かたなびきだすも、遥かには妙高連山も遠望できます。
殆ど風も無く絶好の日和 気分は最高です。無論、八海山の後方に巻機山や
谷川岳連峰。。。。

Dscn1783                  草紅葉と眼下に駒ノ小屋

駒ノ小屋 30分のランチタイム
途中で追い越してきた千葉県佐原からの男性単独行氏が到着です。
小屋前で暖かな陽射しを浴びてゆっくりとお昼を取ります。
秋の陽は釣瓶落としと言うものの、12時30分頃に下山開始をすれば
先ず事故が起きない限り、明るいうちに下山は出来るはず。

ランチを終えて、ゆっくりと紅葉嘆賞しながら往路を下ります。
膝が本調子で無いジィ~ジ、下りに神経使います。

Dscn1784                下山の開始  金色に燃える草

Dscn1788                   紅葉ピーク!?   ※ 拡大

Dscn1789                立ち止まり 立ち止まり 眺めます。 ※ 拡大

午前中よりもっと鮮やかな感じ!思わず 「ビューティホー」

Dscn1790_2            中央 左ピーク小倉山 枝折峠まで長い道程 ※ 拡大

Dscn1791_3                紅葉とバックの荒沢岳  ※ 拡大                               小倉山 標識

Dscn1792                         小倉山標識

残雪期、駒の湯経由で長い長い道程歩いたことが思い出されます。

上空には徐々に雲が広がり始めてきています。

天気予報、どうやら予報通りの感じです。
14時半頃 道行山付近辺りからポツリ ポツリ やがてrain rain

雨具を上衣だけ羽織るジィ~ジです。空は一面 薄暗い雨雲が拡がって・・・

Dscn1793               右は、銀山平へ抜ける「銀の道」

枝折峠登山口Ⓟ

Dscn1794                 雨に濡れた登山口Ⓟ

雨に濡れながら 何と!14㌔ 標高差750m 急峻な峠までの道をbicycleで到着した
関東からのグループ 介添えの大型車も。 何たる脚力の持ち主\(◎o◎)/!

汗と、冷えた身体を温めるべく、一旦 往路とは反対の銀山平へ下山です。
立ち寄り♨は 太い檜柱で建てられた大型木造建築 『銀山平 白銀の湯』

木の香かおる檜風呂の浴槽に身体を鎮めるジィ~ジです。
そぼ降る雨の中、露天風呂越に越後駒ヶ岳の姿が濃い灰色で確認できます。

身も心もホカ ホカ ポッカポカ 帰路は奥只見シルバーラインの20キロ弱に
渡る長い長いトンネルを快適に大湯♨から関越道小出ICを目指します。

紅葉に目を奪われ、時間をかけ下山したせいで、一寸ばかり雨に遭ったものの
大満足を味わえたジィ~ジです。
7時過ぎ、我が家到着。早速 beer bottle この項 (完)

|

« 【角田山】 24-19 | トップページ | 恒例?男子会そして諸々 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

noritanさま
commentありがとうございます。
この日、丁度管理人さんが下山する日でした。
今の管理人氏の名前は知りませんが、この人も今年で
後退するようです。
気力・体力ガタガタで今回が越後駒ヶ岳最後になるかも。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月26日 (金) 07:30

まぶちょんさま
いつもありがとうね。
ジィ~ジ達にとって“山”は健康維持・ボケ防止など
生活の一部なのよ。
そしてそれがまた生き甲斐でもあるのです。
なるべく元気で呆けないで、若い世代の方に迷惑を
掛けたくないのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月26日 (金) 07:26

こころぐ郁美 さま
返信 遅くなり済みませ~ん。
自分の目で見るように表現できなくて残念です。
郁美さん見習って少しは勉強しなければ・・・と。

2枚目の写真の影 ジィ~ジのようですね。(笑い)
四万十はこれからゆっくりと紅葉楽しめそうですね。
レポ待ってますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月26日 (金) 07:19

ナンシーおばさんちゃま
京都の紅葉も始まってきましたか!!
出来れば今年も行ってみたいと思うものの果たして?

山歩きをした後の温泉はホント気持ちが良いですよ。
beer尽きであればさらに歓迎なのですが。
2週間に一度、膝に注射を打ちながら頑張っているんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月26日 (金) 07:13

tuba姐さま
会山行が中止決定されたので、個人山行に切り替え
前倒しで行ってきました。
平日の所為か?静かな山歩きが楽しめましたよ。

今回は足の衰えを痛切に感じ些かショックでした。
以前は、もう少し余裕があったのですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月26日 (金) 07:08

越後駒ケ岳ですか、良かったですね~~
一寸思いついて越後駒とは何という気力でしょうか!

私は過去2回。
管理人の米山さんが赴任間近の頃。
そして明日明日、管理人を辞めますという頃。
勿論泊まりです。
私には小屋があるのに、日帰りなんて勿体無い!
軟弱です。
最後の日はドラム缶のお風呂が忘れられません!
今はどんな方が管理人なのでしょうね?

投稿: noritan | 2012年10月26日 (金) 05:22

ちょっとの天気でも 山に行くんだねぇ!!根性だなぁ!でも 天候が 悪くなっても 頑張ってるのは きっと、昔から頑張り屋さんだったんだねぇ!

投稿: まぶちょん | 2012年10月25日 (木) 23:42

(* ̄ー ̄*)じぃ~じ様!!元気ねぇ~

2枚目・・・影はだぁ~れ??

でも、おひげの男爵は出てきましたね。

紅葉も、素晴らしい!!

先日,TVで出てましたが・・・こうしてゆっくり見られて幸せでーーす!!ヽ(´▽`)/maple

こちらの、紅葉もゲットしなくては!!
その前に、遅いウルトラ後篇を・・・頑張りまーす!!

投稿: こころぐ郁美 | 2012年10月25日 (木) 23:25

輝ジィ~ジちゃま

お山は紅葉真盛りですね。maple
こちらも、赤くなって参りました。。。

雨に冷えた体には、やっぱり暖かいお風呂が
一番のご馳走ですね。spa
お膝の調子もイマイチのようですが
どうぞ気を付けて下さいね! happy01

投稿: ナンシーおばさん | 2012年10月25日 (木) 21:17

凄いなぁ~
雨飾山が中止で、越後駒ヶ岳ですかぁ~~~sign02
紅葉もお天気も最高ですねmaplesun
イイ眺めだわぁ~heart01

輝さまの脚は絶好調でしょう~run

投稿: tuba姐 | 2012年10月25日 (木) 21:01

もうぞうさま
とんでもないです。
もうヘロヘロ疲労困憊のジィ~ジです。
気持ちの上ではまだ自信あったのですが・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月25日 (木) 20:00

なかなかのハイペース。
大したものですね。
ピーカンで、紅葉も見頃、言うこと無いですね。

投稿: もうぞう | 2012年10月25日 (木) 19:51

みいさま
ありがとうございます。
本当に返す返す残念です。
撮影技術が有ってセンスが有って、カメラももう少し
高級であれば、もっと感動伝えれるのですが!!
年寄りジィ~ジ恥ずかしさもかなぐり捨てて、お見苦しいもの
お許しください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月25日 (木) 19:50

こんばんは~
 きれいに紅葉してますね!
どの写真もステキ!
堪能しましたよ~
ジィ~ジさまの雄姿もね^^。

お疲れさまでした!

投稿: みい | 2012年10月25日 (木) 19:38

浪速恋しぐれ~♪ みいさま
今晩は~
荒沢岳も懐かしいでしょう。
久々の越後駒ヶ岳、ロングコースなので脚力の低下を
痛切に感じました。
少しは抵抗したいのですが、加齢速度は増すばかりのようです。
出来るだけ現状維持で鍛錬積まねばならぬようです。
朝夕めっきり寒くなったので、意志とは裏腹?
気合を入れねば!!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月25日 (木) 19:21

やはりココの紅葉はいいですね~^-^

ド”が付くほどの快晴も、やはり予報は
当たり、雨・・・><
でも、上手く歩かれ良かったですね^^

秋の縦走も残雪の山スキーも苦労した分
ココの思い入れは・・・^^
とっても印象・・・思い出深いです^^v

投稿: 浪速恋しぐれ~♪ みい | 2012年10月25日 (木) 18:46

けいあんさま
今年の北海道 紅葉はイマイチでしたか!?
5,6年前 10月始め大雪山系の紅葉が見たくて出かけた事
有りました。あれほどの暑さが嘘だったような朝晩です。
もう直ぐこちらも白いものが舞い始めるでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月25日 (木) 18:37

こんばんは!
今年はと旭川の近辺は余り赤く成りませんでした
もう雪の便りです
越後の山は今が見ごろ何ですね
バーチャルで紅葉を楽しませて頂きました
ありがとうございます

投稿: けいあん | 2012年10月25日 (木) 18:18

赤鬼さま
先ほどはご苦労様でした。
PC問題無いようだね。

越後駒、やっとやっと登頂、脚力の低下を感じました。
仕方が無いとは言え、一抹の寂しさも・・・


紅葉は素晴らしく鮮やかだったよ。
又、来年行ける力残るかどうか?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月25日 (木) 13:46

先程はありがとう。越後駒ケ岳、行ったの何年前だろう。十年くらい前かな。その頃は元気いっぱいだったな。衰えたもんだ。これが当たり前か。昨日も紅葉見事だったけど、駒の紅葉も良かったらしいね。

投稿: 赤鬼 | 2012年10月25日 (木) 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/55962642

この記事へのトラックバック一覧です: 秋本番、燃える【越後駒ヶ岳】:

« 【角田山】 24-19 | トップページ | 恒例?男子会そして諸々 »