« 秋本番、燃える【越後駒ヶ岳】 | トップページ | 別名 高井富士 【高社山】 »

2012年10月27日 (土)

恒例?男子会そして諸々

越中T山は 配置薬・売薬で一時は知られたところ。今でも名残は彼方此方に。

  Dscn1802 Dscn1803
(写真 左) 漢方薬原料 売薬土産紙風船   ※ 拡大
(写真 右) 富山の薬               ※ 拡大

  Dscn1805 Dscn1807
(写真 左) 新薬 棚に柳行李     ※ 拡大
(写真 右) 売薬さんの鞄 お得意先台帳 ※ 拡大

ホンの一寸 ジィ~ジ知り合いのお店です。 富山は現在でも“薬王国”です。

          ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

T山県立T山高校入学翌年の2年生の時以来、現在まで既に半世紀を超えた
付き合いが続いている友がジィ~ジには5人居るのです。

大学もバラバラ、専攻も異なり、卒業後の進路も当然別々の道。
(医者、教師、民間企業、自営) 現在の居住地もT山県には二人だけ。

平成11年春3月 ひょんなことからK君の提案で
「皆、年取ったので、互いの健康を確認する意味で2年に1度、幹事持ち回りで
温泉旅行でもしないか!」

そして今回は兵庫県加古川在の友人が幹事。
有馬温泉ともRequestしたものの、如何せん遠すぎ、おまけに料金はべら高!!
最終的に 琵琶湖湖畔 雄琴温泉で決まりです。

富山から朝レンタカーで出かけるので、ジィ~ジには前泊せよとの指示。
新潟から高速バスで富山へ向かったジィ~ジです。

10月19日(金)sun

Dscn1806                    富山ブラックと餃子 (麺や いろは)
見た目ほどしょっぱくは有りません。

現在開催中の東京ラーメンショー 2009 2010 2011 3年連続日本一
2011 5日間で14,585杯の新記録 麺や いろは  
富山ブラックでブランド化成功 町興しに寄与。
ジィ~ジ高校生の頃は別のお店が主流 (黒かった。今も繁盛)

ラーメンご馳走になり、気の置けない友人、遠慮も無く車まで借用のジィ~ジです。
向かった先は、富山に住む年老いた長兄宅 car dash

突然の訪問で吃驚の兄夫婦。
縁?は不思議なもの。驚いたことに、この日たまたま千葉に住む弟が
T山高校のクラブ活動の同期会とかで、来る予定とのこと。
暫くして飛行場からタクシーで弟も到着。久しぶりに兄弟3人顔を合わせます。

夕方 弟を車に乗せて兄宅を辞し、友人との待ち合わせ場所へ。

夕食はジィ~ジ、またまた接待されるのです。

Dscn1809             キトキトの富山の魚と地酒 立山 (番やのすし小杉店)

キトキト (富山弁生きているほど生きが良い状態)
富山湾は神秘の海底 魚も豊富 珍魚も多種。
富山の回転寿司は、馬鹿に出来ないほど美味なのです。  

東京で事務所を持っている為、17年間airplaneで毎週金曜日富山へ月曜日東京通いの
友人の奢りです。(おまけに車の運転まで) 富山在の友人と3人で美味しい食事会。

食事を終えて駅前まで送って貰いジィ~ジはホテルチェックイン。
次は富山在の友人が行きつけのスナックへ、ジィ~ジを案内してくれます。

Dscn1810                       琉球泡盛

2軒目のお店はT山市の代表飲食街S木町。
このお店のママさんは沖縄出身だったようです。

ラーメン、生きの良い寿司、beer bottle 焼酎 泡盛 沢山沢山ご馳走様!!

実篤ではないけれど “友は有り難き哉” の一日 ジィ~ジ感謝の一日。

10月20日(土) sun

朝、レンタカーでホテルまでお迎え、
富山在のM君の運転でK君、そして高岡市在のO君と4人。北陸道を滋賀県へdash

Dscn1811                   小谷城戦国歴史資料館

小谷城址は石塁・土塁が残っている程度と言うことで、小谷城址はパスして
車で少し離れた「浅井歴史民俗資料館」へ・・・

高齢者のジィ~ジ達。歴史が好きなのです。

夕方4時過ぎ 今夜の塒 琵琶湖雄琴温泉R水亭 
幹事の加古川在のM君が少し前に記帳・宴会段取り済ませ待機。
部屋に通され、早速 皆で温泉に浸ります。
最後の一人 能登七尾からS君(某病院理事長)も電車で到着。全員揃います。

Dscn1813                       夕餉の一部

6人全員 2年ぶりの再開です。
乾杯に始まり昔話に花が咲きます。
ただ残念なことに幹事のM君、能登のS君は難病を得たようで気の毒です。

昔話や、現在の日本の国情など日が変わるまで話が切れません。

10月21日(日) sun

Dscn1819                   琵琶湖湖畔から登る朝日

ホテルをチェックアウト 幹事計画で6人全員で安土城跡見学に向かいます。

  Dscn1821 Dscn1831
(写真 左) 大手門跡   ※ 拡大
(写真 右) 天主跡    ※ 拡大
6人で摠見寺(仮本堂)へ、信長公像拝観 お茶も一服頂戴。
6人の内 4人は本丸まで登ること無理。
ジィ~ジと東京・富山往復K君 二人だけで本丸跡 天主跡へ登ります。

天主跡は整然と並べられた礎石だけ。しかしこの上に当時ヨーロッパでも
見られなかったほどの五層七階 高さ33mの高層木造建築が有ったのです。

天主からは勿論 琵琶湖そして京の都の方向が見えたことでしょう。

出来上がって僅か3年後に消失。 当時は如何ばかりと思いを巡らします。

次は再び車を走らせて 復元された安土城天主 信長の館 へ向かいます。

資料に基づき原寸大に復元された天主5階6階部分。

  Dscn1841 Dscn1842
(写真 左) 金色に輝く信長の館   ※ 拡大
(写真 右) 6階障壁画         ※ 拡大

ゆっくり見ているといつの間にかお昼も過ぎ。併設のレストランでお昼です。
ここは滋賀県近江八幡 お互い家までは長い道程残っています。

お昼を終えて、今回の会合お開きとします。
幹事 加古川在のM君はJR安土駅でお別れです。難病の進行度合いが
気になります。
これからは我々高齢者1年1年が大事。今までの2年を1年にしようと
来年はM君の負担を減らすべく、彼の住まい近く淡路島付近と決めます。

再会を約し、北陸道 5人の仲間と富山市へ戻ります。
5時台の新潟行きの特急に間に合ったジィ~ジ 久しぶりに電車で帰宅です。

友諸君 本当にお世話になりました。 お互い元気で来年も会いたいもの!!

|

« 秋本番、燃える【越後駒ヶ岳】 | トップページ | 別名 高井富士 【高社山】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ナンシーおばさんちゃま
もう直ぐ京都でも紅葉が盛りになりますね。

とても有り難いcomment感謝です。
気の置けない友人たちとの会合、元気でこれから先、
毎年続けられること願っています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月30日 (火) 22:40

輝ジィ~ジちゃま

なんかとってもホッコリしました。
気の置けないお友達と過ごされたジィちゃまのお顔を思い浮かべると、こちらまで目じりが下がります。。。

どうぞいつまでも、お元気で毎年再会出来ますように!

投稿: ナンシーおばさん | 2012年10月30日 (火) 20:34

tuba姐さま
毎度毎度!
男子会の話は、高校時代の思い出話もありますが、
現在の国の置かれた状況、将来など結構高尚?な
話題で盛り上がるんですよ。

富山は酒も魚も旨いし、ホントいい処です。
少し変わった旨いものも多いし・・

この年になると色気もあんまり興味はないし
一番は健康維持の問題かも・・
来年も是非 皆の元気な顔が見れるようにジィ~ジも
頑張ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月29日 (月) 15:58

男子会!?
キトキトの刺身と立山bottle
気持ちは学生気分なんでしょうねbook
どんな話をしているのか聞いてみたいけどぅ、やめておきましょ。

来年の再会を楽しみな男が5人。
色気がないけど、それが素敵ですぅ~punch


投稿: tuba姐 | 2012年10月29日 (月) 15:06

山いろいろ さま
それはそれはお疲れさんでした。
でも運は決して逃げていないよ!

富山の酒も魚も相変わらず旨いよね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月29日 (月) 15:04

 やはり、気のおけない仲間との飲み会アンド温泉が一番!、命の選択でしたねぇ。
 自分はこの土日は山中温泉での同級会、それはそれで楽しいものだったけど、帰路は強風で電車が止まるアクシデント。
 やっと運行した電車は超満員! クタクタグッタリの帰宅でした。なんだか、ここまでやっと持ってきた運も尽きたような感じで、精神的にもグッタリ!
 輝ジジの方に運を取られたのかなぁ。(-_-;)

投稿: 山いろいろ | 2012年10月29日 (月) 13:28

mikkoさま
ありがとうございます。
お互いの親の不幸の際にも顔を出す間柄です。
これからも続けたいのですが、全ては健康有ってのものですね。
皆の為にも精一杯頑張る所存です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月28日 (日) 19:41

生涯のお友達がいらっしゃるとはお幸せですね。
大人になる前からの友人って気取る事なくつき会えていいものですよね~
こうして集まれるのも健康あってこそ!
これからも山歩きで若さと健康を維持されて下さいね。
私も見習いまーす。。。(^^ゞ

投稿: mikko | 2012年10月28日 (日) 19:28

赤鬼さま
ホント 面倒見の良い連中ばかり。
4年前は月岡♨でやったのよ。
今回二人が病気に繋っていて、山歩きが出来る有りがたさ
健康の大事さ、更に認識しました。

有磯海SA 下り線内部が変わったよね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月28日 (日) 07:09

まぶちょんさま
久し振りに富山ブラック食べたし、立山飲んだよ。
富山は旨いもの沢山有るよね。

昔、評判の悪かった雄琴温泉も今ではすっかり様子が
代わって、静かな温泉街でした。

ジィ~さんばかりの集まりだから、花を添えるため
呼んでやれば良かったね。(後悔・残念)

あの付近見どころ多いね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月28日 (日) 06:59

本当に友達はありがたいよね。それにしても良く飲むこと。以前有磯海SAにキトキト丼とゆうのが有ったが、最近は無くなったね。

投稿: 赤鬼 | 2012年10月28日 (日) 06:59

こころぐ郁美 さま
いつもいつもありがとうござ居ます。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

食べる事は少しは自信があったんですが
近頃 量が減ってきました。
アルコールは時間を掛ければそれなりにいけるかな?・・と。

料理処の土佐の高知でもお酒を戴きたいものです。

日の出を撮るつもりだったんですが、間に合わなかったんですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月28日 (日) 06:52

きゃー!さすが!輝ジィ~ジさん!あっぱれ!立山飲みながら談笑ですか!小谷も 同じコース寄ってるしぃ!
やっぱ、すごいです!富山ブラックも食べて、琵琶湖湖畔では 温泉で ゆったりと~!
あ・・・、なんで よんでくれないのおお!!!!!

投稿: まぶちょん | 2012年10月27日 (土) 23:36

( ´艸`)プププ・・・じぃ~じ様!!

なんか、お腹いっぱいになってしまった!!
のんべぇ~じぃ~じ様だぁ~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

何でもありなんですね❣❣お強いわ!!
土佐の高知でも、しっかり飲めますぞ!!

朝日・・綺麗です。心にギューーンってきましたね。
じぃ~じ様は、どんなアングルも上手!!scissors

投稿: こころぐ郁美 | 2012年10月27日 (土) 23:16

みいさま
こんばんは
気を遣わなくても気持ちが通じ合う仲間。
それでも段々年齢を重ね身体にも支障が出てきたり・・
毎日毎日大事に来年も皆の元気な顔見たいものです。

信長の館 史実に基づいて復元したようですが、
金箔が何万枚も使われたようですね。
当時の建築技術の高さに驚きです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月27日 (土) 21:16

こんばんは~
 素敵ですね~昔からの友人がいて楽しいひと時を過ごせてよかったですね!
友は宝物ですね。
みなさんいつまでもお元気で、来年又会えるといいですね。
朝日きれいです~
信長の館のきらびやかな事!びっくりです。

投稿: みい | 2012年10月27日 (土) 21:06

SILVIAおじさん さま
お若いのにお気の毒でした。
40代は今の世、あまりにも若い!
我々も日々精進大事にせねばなりません。自戒を込めて。

富山の酒も寿司もヤッパリ旨かったですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月27日 (土) 20:28

もうぞうさま
こんばんは
故郷で、そして琵琶湖湖畔で生涯の友に散々世話に
なってきました。
友人との温泉旅行良いもんです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月27日 (土) 20:25

お帰りなさい。富山の夜は楽しかったようですね。
実は先日、私の友人が亡くなりました。彼の住まいは輝様のお兄様の自宅からも遠くはありません。
10年近く連絡を取っておらず、病気のことも知りませんでした。
彼の家の前を偶然、車で通ったら葬儀の看板が出ていましたので、両親かなと思ったら本人でした。
ショックでした。彼が呼んでくれたのかもしれません。
いつか友として酒を飲みたいと思っていました。輝様のように友と旅行などしたいとも思っておりました。
40代で逝ってしまった同級生の彼に合掌です。

投稿: SILVIAおじさん | 2012年10月27日 (土) 20:14

懐かしい故郷で祝杯、そして琵琶湖畔で宴会宿泊か~
山もいいけどこれはまた格別でしょうね。

投稿: もうぞう | 2012年10月27日 (土) 19:46

FUJIKAZE さま
comment感謝です。
そうです生涯の友です。
もうこれで7回目くらいになりますが、来年からは
毎年の定例になりました。
残り少ない人生、大事に有効に過ごせればと願ってます。

我々も定例化してきたのは還暦の頃からですから・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月27日 (土) 18:39

こんばんは!
生涯の友達なんですねぇ。
私も友達とこんな旅がしてみたいものです。
10年くらい先のことかなぁ・・・。

投稿: FUJIKAZE | 2012年10月27日 (土) 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/55977200

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例?男子会そして諸々:

« 秋本番、燃える【越後駒ヶ岳】 | トップページ | 別名 高井富士 【高社山】 »