« 角田山@飽きもせず、秋に | トップページ | 標柱設置【菱ヶ岳&五頭山】 »

2012年9月25日 (火)

もう直ぐ秋本番【妙高連峰】

過去に経験したことのない、連日33℃超の異常な猛暑・酷暑の今年の夏。
19日彼岸に入った途端、時折雨もシトシト、外気温も一気に10℃程Down
これまた極端過ぎ、体調管理が難儀な新潟市の近況です。

そんな中、小さな秋を求めて上越の山を目指します。

9月22日(土) suncloud

行き先は、上信越高原国立公園 妙高連峰 火打山界隈。

同行は 相方含め美女4人(全員、孫有り) 計5名 運転手はジィ~ジ。

8時00分 笹ヶ峰 [妙高山・火打山登山口]

Dscn1382                     白樺林の緩い登山道

白樺やダケカンバの樹林帯の中に切られた切られた緩い登山道。
黒沢橋までの間には殆ど(90%位)登山道保護の為、木道が敷かれています。

8時40分ー8時45分 黒沢橋

ここで一本、最初の休憩を取ります。
この先は、露岩点在する急登が続きます。
ジグザグに回り込みながら高度を稼ぎます。12曲りと名付けられた難所です。

9時23分ー9時30分 12曲り

12/12 息を切らしながら漸くクリアーします。 ところが 何と何と
後方から横浜から来たと言う30代前半の女性3名男性1名のパーティ
コロコロ笑いながら近づいてきます。若さが妬まれるジィ~ジです。

12曲りの先も、ところどころ岩場の急登 股を広げないと届かない場所も・・

Dscn1387                    急登を登る同行の美女

10時17分ー10時22分 富士見平Dscn1388                        富士見平

ここは妙高・火打の分岐点 其々に向かうParty何組も休憩中。我らも小休止。

高谷池(こうやいけ)までは、黒沢岳の山腹をトラバース気味にほぼ水平に前進。

11時05分ー12時05分 高谷池ヒュッテ前ベンチ

同行者全員、何回も火打山(日本百名山)は登っているので、この日はのんびり
高谷池周辺で秋を楽しもうと、山頂へは向かわないことに・・・

Dscn1400                 少し色づ着始めた高谷池と火打山

イワイチョウの葉っぱが黄色く色づき、秋迎えた事を教えてくれます。
のんびりマッタ~リお昼を取ります。半袖ジィ~ジ着替えたものの鳥肌立つほど寒い!

Dscn1399                  持ち寄りおかずのごく一部

鮎の甘露煮、ダイコン辛し巻 黒豆煮豆 茄子の油いため&紫蘇味噌 etc etc・・。

食べたり、山談義したり瞬く間に一時間もの長休憩。
折角来たので“天狗の庭”から山頂に向かう少し先まで足を延ばします。

Dscn1406_2           秋到来の高谷池湿原 高谷池ヒュッテとテントも数張り

Dscn1408_2                       天狗の庭の一部

花のシーズンはハクサンコザクラ、アオノツガザクラ、イワカガミ、チングルマ・・・
百花繚乱全国の山でも有数の花の名所と思っているジィ~ジです。

Dscn1413                   天狗の庭 (2110m)

ガスが湧き、逆さ火打山映りません。山頂から下山する登山者、山頂目指す
ヒュッテ宿泊のハイカー多数すれ違います。

切が無いので適当なところでUターン開始です。
帰路は、高谷池ヒュッテ手前から一旦、左折して尾根道に取り付き茶臼山
(2171m)から黒沢池ヒュッテを目指します。

13時40分 茶臼山(2171m)
茶臼山の三角点を撫でて稜線を黒沢池に向かって歩を進めます。

Dscn1426          ガスかかる妙高山と黒沢池湿原、黒沢池ヒュッテ  *拡大

14時12分ー14時25分 黒沢ヒュッテ

土曜日の所為か?県外からの宿泊登山者かなり多い様子。

Dscn1429                      黒沢池ヒュッテ

ヒュッテ前のベンチに座り、ここでも休憩。

黒沢池ヒュッテからは、ミニ尾瀬のような黒沢池湿原を観ながらの木道歩きです。

Dscn1430              ミニ尾瀬の雰囲気漂う黒沢池湿原

15時05分 富士見平

ここは往路に休憩した合流点、そのまま当然、笹ヶ峰へ向かいます。
Dscn1436               露岩の急登を下る同行美女

15時45分ー15時50分 12曲り 12/12

再び、名の如く、曲り曲り最後の急登を黒沢橋に向かって下ります。

16時18分 黒沢橋

Dscn1439                 今年は少し水量少ない黒沢

※9年前の4月雪で埋まっている黒沢を詰めて、火打山登ったことが思い出されます
Photo_2          2003年4月27日 高谷池に向かう我ら。翌朝 火打山 ※拡大

17時 笹ヶ峰登山口

Dscn1440                     登山口到着の美女

黒沢橋から長い長い木道を登山口に向かって下ります。
何時ものことながら下りで見れば、疲れも伴い意外と勾配がきついと感じます。

登山口Ⓟ 群馬、埼玉、長野、京都、東京 県外ナンバーの車が殆ど!!

肌寒い秋風に当たり、冷えた身体を温め、また汗で汚れた身体を洗うため、
帰路立ち寄りは、杉野沢温泉(450円) 思う存分手足を伸ばします。

紅葉最盛期にはまだ暫く間が有るものの、随所に秋を味わえ充足感に
満たされたジィ~ジです。  火打山・妙高山周辺山域散策 この項 (完)

附)

この日に一番多く見られた時期の花は オヤマリンドウ 他にも・・・

Dscn1390 Dscn1391 Dscn1404
左から ゴゼンタチバナの実 シラタマノキ タケシマランの実  ※拡大

Dscn1395 Dscn1416 Dscn1417
左から タムラソウ   ウメバチソウ  キヌガサソウの花後

Dscn1418 Dscn1419 Dscn1427
左から クロクモソウ  タカネコウゾリナ  アキノキリンソウ

以下、オヤマリンドウいろいろ

Dscn1433

Dscn1431

Dscn1410

Dscn1403

淡い色合、 白花も ただ今オヤマリンドウ最盛期。

|

« 角田山@飽きもせず、秋に | トップページ | 標柱設置【菱ヶ岳&五頭山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

浪速恋しぐれ~♪ みいさま
連荘※感謝・多謝です。

付け足しの写真の時、スキーで無いのは我がグループだけ。
この日は山スキーの方だけでした。黒沢をそのまま詰めれば
いいのですが、天候が急変するとGPSだけが頼りとなるでしょう。
晴れれば雄大な景色を楽しみながらスキー三昧できますね。

今回同行の美女の皆さん、山歴はジィ~ジ足元にも及びません。
女性は強いですねぇ~ (何事にも)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年10月 3日 (水) 07:03

ココは、山スキーで登頂したい(火打山)
とこでもあります^-^

来た時は、ハクサンコザクラが咲く時期、かなり前に
テント泊...翌、妙高でしたが..^^

しかし、奥様を初め、女性軍は強い!ですね(@@:)
そして、持ち寄るおかずも凄い!!です・・・ヽ(´▽`)/

紅葉・・・台風が来たんで、どうなのかな~?

投稿: 浪速恋しぐれ~♪ みい | 2012年10月 2日 (火) 20:22

sanaeさん
commentありがとうございます。
火打は東京からは一寸アクセスが悪いですよね。
でもテント泊でしょうから、これから本格的に始まる
紅葉、または残雪残る初夏の花爛漫の時に是非お出かけください。
白色のオヤマリンドウ先日も種池山荘の近くで観ましたが
トウヤクリンドウとは少し違いますよね。

今年の夏は滅茶苦茶に暑かったのですが、このところ急激に
キオンが大幅ダウン、身体が付いていけずとうとう風邪ひきました。免疫力も年とともに落ちるようです。(涙)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月28日 (金) 14:46

火打の方は遠くてなかなか行けないのですが、いいですね~
ホント、もう秋が始まってますね。
この風景また見てみたいものです。
積雪期の写真素晴らしいですね、拡大してしばし見とれました。
白花のオヤマリンドウも素敵!あるのですね、まだ見たことないような?
トウヤクリンドウとは違いますもんね(^^ゞ
この夏は新潟方面かなりの暑さだったようで大変でしたね。こちらも相当暑かったのですが、新潟は珍しいですよね?でもお元気に登られていてよかったです♪

投稿: sanae | 2012年9月28日 (金) 12:25

mikkoさま
comment感謝 アレッ?今日はお休み?お昼休み?

笹ヶ峰から火打山は新潟からはアクセスが良いのですが
東京からは少し遠いので、高谷池ヒュッテで宿泊すれば
全く問題有りません。
紅葉シーズンも良いですが、ジィ~ジお勧めは7月上旬。
残雪が薄ら残る高谷池に咲くピンクのハクサンコザクラ、是非見て欲しいと思います。

ハードル全然問題有りませんよ。是非是非

茄子の油いため 我が相方作です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月26日 (水) 13:46

だいぶ色付いて来ましたね~
高谷池ヒュッテの三角屋根と池塘。。。
私の憧れの景色がここに!
つわもの美女軍団さんは楽々登られてますが
私にはちょっとハードルが高くてなかなか実現出来ません。
゚゚(´O`)°゚
今回もご馳走が並びましたね。
茄子の油炒めがおいしそ~

投稿: mikko | 2012年9月26日 (水) 13:25

赤鬼さま
明日は何とか晴れそうだね!

新発田の美女は正解です。あとのお二人は???です。

この周辺はここ2,3日で本番を迎えるだろうね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月26日 (水) 07:27

こころぐ郁美さま
お早うございます。
いつもいつも丁寧なcomment感謝です。

山歩きは人それぞれ脚力・体力も異なるので力量が
同じ程度で無いと足並みが揃いません。
今回の美女たちはジィ~ジより遥かに強い猛女なんです。
一日山道を休憩入れて8~9時間歩ける体力が必要です。

ビール飲みたいのですが、運転手の為、ホンの一口だけ!
おかずをたくさん食べて、我慢です。(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月26日 (水) 07:24

まぶちょんさま
近頃スキー人口が全国的に減少傾向らしく困っているので
又、是非来て頂戴。温泉も当然有るしね。

春 夏 秋とそれぞれの顔が違うから何度でも!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月26日 (水) 07:16

山の風さま
昔を少し思い出して頂けたようで光栄です。

医師の言う事をよく聞き早く体調を戻してくださいますよう。
来年は新潟の山でお待ちしてますから・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月26日 (水) 07:09

もう高山帯は秋だね。紅葉が楽しみだ。新発田の美女は分かったけど、後は不明。明日はよろしく。

投稿: 赤鬼 | 2012年9月26日 (水) 06:50

ヽ(´▽`)/ヤマリンドウ・・・いいなぁ~

今回は、結構厳しい道のりに見えますが・・・
体力ないと行けそうにないかな?
と言うことは・・・
じぃ~じ様達は・・・凄いんですよね!!

でもって、感じたんですが・・・
持ちよりおかず、beerの付きだしではないですよね?
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ・・・なんか、感じてしまった!!ふふふ・・

投稿: こころぐ郁美 | 2012年9月26日 (水) 00:43

私の妙高はスキーのとき以来で、登山経験は 無いですが めっちゃ、天気のいいときは きれいなとこですよね。あ、それと春日山の帰りに妙高で 泊まってきたなぁ。

投稿: まぶちょん | 2012年9月25日 (火) 23:56

懐かしいですね~。三角屋根のシュッテや妙高の山々、夏頃に高谷池辺りでワタスゲを見てますから、もう草紅葉も始まるのでしょうね。
いつも素晴らしい山々に登られてますね~。今年は少しだけ山に行きたかったのですが、来月早々にまたオペがあり、暫くは安静だと(禁酒も)、事前に医師から申し渡されてますので・・・・weep

投稿: 山の風 | 2012年9月25日 (火) 23:32

もうぞう さま
同行の美女の皆さん(相方除く)小生より遥かに山経験も
豊富、そして力量も言わずもがなの方ばかり。
色々教えて頂いております。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月25日 (火) 19:42

今回はピークハントではなかったんですね。
この時期でもなかなかの人出ですか~すごいな~
10月初旬は最高でしょうね。

投稿: もうぞう | 2012年9月25日 (火) 19:35

森カフェさま
commentありがとうございます。
これから1週間もすれば、この界隈秋本番迎え、真っ赤に
燃える事でしょう。

爽やかな秋を楽しみたいものですね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月25日 (火) 18:14

もう山の上は秋到来なのですね!
山の花も綺麗な実をつけたものが/
今回も魅惑の山野草たっぷり楽しみました。good

投稿: 森カフェ | 2012年9月25日 (火) 17:57

tuba姐さん
お早うございます。

同行の美女達、皆さん何度も妙高も火打も踏破しています。
100名山は勿論、ジャンダルムや大キレットも・・・

今回はのんびりと小さな秋を見つけることが目的でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年9月25日 (火) 10:19

イイなぁ~(*^-^)
皆さん、何度も妙高に何度もトライしているなんて・・・
まだ、一度も登ったことが無いですぅweep

秋の花と実、のんびり山行ならではの収穫でしょうか?
オヤマリンドウの花、綺麗ですねぇ~shine

投稿: tuba姐 | 2012年9月25日 (火) 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/55736265

この記事へのトラックバック一覧です: もう直ぐ秋本番【妙高連峰】:

« 角田山@飽きもせず、秋に | トップページ | 標柱設置【菱ヶ岳&五頭山】 »