« 24 北の大地 (PART4) | トップページ | 夏山 北ア【薬師岳&北ノ股岳】 »

2012年7月31日 (火)

花爛漫と展望の山【笙ヶ岳】

ここ連日の暑さから逃れる為、更に相方が企画実施予定の会山行の下見です。

7月18日(水) sun

ジィ~ジと赤鬼さんの男性2名、そして美女3名 計5名 我が家のcar でdash

予定は鳥海山系【笙ヶ岳(1635m】
海岸線の長い越後新潟から、山形県おけさ・おばこラインをひた走り dash dash dash

山形県温海から日本海東北自動車道が部分開通したので以前よりかなり
時間が短縮です。酒田ICからR7そして鳥海ブルーライン、予定の登山口まで
大凡、210㌔ほどの道程です。(途中 休憩含み約3時間30分所要)

8時45分 大平登山口

9時17分ー9時22分 見晴らし台

  Dscn0389 Dscn0391 
(写真 左) 大平登山口  伝石阪入口  赤鬼さん先頭に <拡大>
(写真 右) 見晴らし台  眼下に観音森、遥かに日本海  <拡大>

登山口からの石段を登ると、浮石がセメントで固められた少し急な登山道。
道の両側には、シロバナニガナ キバナニガナの群生が続きます。 

  Dscn0390 Dscn0402 
(写真 左) ヨツバヒヨドリ    <拡大>
(写真 右) シロバナニガナ   <拡大>

見晴らし台を過ぎれば勾配も緩やかになり、湿原の清水大神付近からは
ニッコウキスゲ、イワイチョウ、チングルマ・・・高山植物が次から次と出てきます。

Dscn0404_2                       清水大神

この付近から多種類の高山植物、華の競演(競艶)が始まります。

  Dscn0393 Dscn0395 
(写真 左) ニッコウキスゲ   <拡大>
(写真 右) ヨツバシオガマ   <拡大>

  Dscn0396 Dscn0400 
(写真 左) ハクサンチドリ  <拡大>
(写真 右) マルバシモツケ  <拡大>

  Dscn0401 Dscn0405_2 
(写真 左) バイケイソウ   <拡大>
(写真 右) イワイチョウ   <拡大>

  Dscn0415 Dscn0419 
(写真 左) コイワカガミ   <拡大>
(写真 右) ネバリノギラン  <拡大>

終わり掛け、盛りのチングルマの群生も勿論現れます。

  Dscn0408 Dscn0411 
(写真 左) ベニバナイチゴ  <拡大>
(写真 右) チングルマ     <拡大>

草原を横切る小さな流れ樋(トヨ)を跨いで少し先、河原宿(遊佐町)です。

Dscn0410                   河原宿遅くまで雪渓残る場所。

周辺では東北地方の代表花の一種 白く可憐な ヒナザクラ が見られます。

Dscn0414                             白く清楚な ヒナザクラ

河原宿の雪渓をそのまま右方向へ前進渡り切ります。

Dscn0412                   涼風を受けながら雪渓上を前進

雪渓を渡りきると、またまた可愛い多彩な花々が足元に次から次と飛び込んできます。

  Dscn0422 Dscn0426
(写真 左) ハクサンフウロ    <拡大>
(写真 右) ウサギギク      <拡大>

ハクサンイチゲの大きな群生も彼方此方に点在。

Dscn0434                凛とした存在感 ハクサンイチゲ <拡大>

やがて道は、鳥海湖との分岐に出ます。
丁度タイミングよくガスに切れ間が生ずると、鳥海山新山と外輪山がその姿を!

Dscn0421            合流分岐点からの鳥海山とキスゲの群落 <拡大>

分岐からは、左右に別れ、笙ヶ岳は右方向です。

Dscn0428              ニッコウキスゲ乱舞 笙ヶ岳三峰目指す

Dscn0436                   笙ヶ岳1峰(笙ヶ岳)目前

11時20分ー12時05分 笙ヶ岳山頂

爽やかな微風を感じながら、お昼を口にしながら のんびりまった~り

  Dscn0437 Dscn0439
(写真 左) 笙ヶ岳山頂△点  <拡大>
(写真 右) 台地上の笙ヶ岳山頂とガス間の鳥海山  <拡大>

山頂の周辺はハクサンイチゲが丁度ピーク!?

下山は、往路を辿ります。

  Dscn0452 Dscn0443 
(写真 左) ミヤマキンポウゲ   <拡大>
(写真 右) ハクサンボウフウ?   <拡大>

下山中、前方眼前に鳥海山の雄姿が、どっしりと・・(3回登頂済み)

Dscn0454               ニッコウキスゲを前衛に鳥海山 

  Dscn0445 Dscn0456
(写真 左) クルマユリ   <拡大>
(写真 右) チョウカイアザミ *固有種  <拡大>

Dscn0459                      草原と池塘も点在

ひんやりした涼風受けながら雪田を爽快な気分で下ります。

Dscn04621_2                ひんやりと心地よい風が通り抜けます。

ゆっくりと足元や両脇の花々を愛でながら見晴らし台、、そして伝石坂を下ります。

14時15分 大平登山口

  Dscn0465 Dscn0468
(写真 左) 登山口付近で多く見られるキバナノニガナ <拡大>
(写真 右) チョウカイブルーライン大平登山口  <拡大>

盛夏を迎え暑い最中、心地よい風を受けながら高原状の花の山たっぷりと
堪能出来、充足感に満たされた我らです。

下界は、流石に猛暑。帰路立ち寄りは鳥海温泉 アポン西浜 
赤鬼さんと共に汗を流すジィ~ジです。

おけさ・おばこラインの海岸線を眺めながら、県境を越えて新潟県。
新潟県に入るや否や、一寸車を停めます。
若き企業家の拘りの塩 【白いダイヤ】購入の為です。 ← ここ お薦め!

この日の目的 全て順調に消化、あとは会山行の本番28日迎えるだけ。
何となく有意義な一日過ごせた感じのジィ~ジです。

                     この項 (完)

|

« 24 北の大地 (PART4) | トップページ | 夏山 北ア【薬師岳&北ノ股岳】 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
笙ケ岳は、花が多く見られる穴場?の山です。
高速道も少し延びたので丁度、手頃かも!
ここはお薦めですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年8月 9日 (木) 08:24

余裕ですねぇ~
日帰りで笙ヶ岳。

空の青に、残雪が涼しそう♪
花も鮮やかで、イイ景色もGET!して・・・

ジャストミートのタイミング山行、羨ましいですぅ~coldsweats01

投稿: tuba姐 | 2012年8月 8日 (水) 21:06

浪速恋しぐれ~♪ みいさま
重ね重ねcommentありがとうございます。
赤鬼氏一応医者に診て貰ったのですが、血圧がかなり
高かったようです。
このところ元気なのですが、精密検査必要かと。
心配されておられる旨、しっかり伝えておきますね。

暑い最中にこの山は一服の清涼剤を与えてくれた感じ。

雪渓は有るし、花も有るし、鳥海山の展望も有るし・・

東北の山は、癒し効果がある処、多いですよね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年8月 3日 (金) 14:51

赤鬼様・・・その後、体調はよろしいのですか?
心配しておりました(--:)


東北地方の代表花の一種 白く可憐な ヒナザクラ >
ホント可憐で、可愛いお花ですよね~^-^
大好きなお花です!

しっかし、でっかいど~から戻られて
また・・・^^
お二人のパワーは凄い!ですね^^v

鳥海山のキスゲの群生に驚いた事がありますが
このお山もやはり・・・^^
東北の山って、ホント、いいな~♪

投稿: 浪速恋しぐれ~♪ みい | 2012年8月 2日 (木) 19:40

noritanさま
笙ヶ岳は花の山で危険な処も有りません。
来年、お天気を目がけて是非トライしてみてください。

投稿: 輝 | 2012年8月 1日 (水) 22:35

数年前に輝様たちが鳥海山を登られた記事を見て、触発され、後に行ってきました。
その後に「笙ケ岳」の記事を知り、行きたい、行きたいと思いつつ、花の時期にピッタリ合致させるのは難しく、あぁ~~今年も見送りです・・・

花の最盛期って、何処の山も大抵一緒なので、絞り込まないとダメなので。
来年の筆頭です。

自分が行く山は皆様が楽しんだ、後、後って追いかけて登っているようなものです。

投稿: noritan | 2012年8月 1日 (水) 22:29

赤鬼さま
あの日は涼しかった。毎日暑いねぇ~
昨日一人で夕方5時半近くから角田行ってきたよ。
暑かったぁ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年8月 1日 (水) 07:20

その節はお世話様でした。やっぱ高いところは涼しくて気持ちいいね。一昨日の角田はあっちぇかった。どこか涼しいとこないかねえ。

投稿: 赤鬼 | 2012年8月 1日 (水) 07:13

まぶちょんさま
こんばんは 何時もありがとうね。

山歩きをしていると自然に花が目に入ってくるんだよ。
可憐な花々が疲れを吹き飛ばしてくれるのよ。

近くの山から始めては如何?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月31日 (火) 23:26

山の昇り降りだけでもたいへんなのに 毎回 よく植物の観測してますよね。とても頑張り屋さんなんだね~

さすが山男!ワイルドだぜぇo(*^▽^*)o

投稿: まぶちょん | 2012年7月31日 (火) 23:11

ナンシーおばさんちゃま
こんばんは
毎度お世話さまです。

京都と新潟、夜明けの時間、日没の時間かなり違います。
狭いながらもそれなりに離れていること実感できます。

7月 8月まで残雪が残る山、それなりにあります。

雪と花が同時に見られるので夏山行く人、近頃は山Girlが
多く見られます。

涼しさ 少しでも想像していただければ(感謝)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月31日 (火) 20:58

輝ジィ~ちゃま

なんと羨ましい~!!!
その涼しさ、分けて頂きたいですね。
こうして拝見すると、日本って
狭いようで、広いんですね。。。

お山のお花も元気で
涼しげな風が、こちらまで吹いてきましたぁ~!!!happy01

投稿: ナンシーおばさん | 2012年7月31日 (火) 20:45

もうぞうさま
こんばんは
小生、現役時代酒田に出先事務所も有ったの、当時何回も
立ち寄ったことが有りましたがホント厭になるくらい
遠かった。

今は当時と比べてはるかに時間短縮されました。

鳥海山新山楽に日帰りできますよ。ぜひ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月31日 (火) 20:10

こころぐ郁美 さま
いつもありがとうございます。

異常な暑さの中、夕食献立で火を使われる多くの
奥様方に敬意を表したく思います。

四国からは凄く遠い、山形・秋田県境の鳥海山の夏です。
雪が消えると同時にこの山にも多くの花が一度に咲きだすんですよ。

雪田・雪渓の上を渡る風は気化熱でヤッパリ涼しさ運んでくれるのです。

キンポウゲはとことん黄色です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月31日 (火) 20:07

残雪と花、青空、素晴らしいですね。
高速道整備が遅れているので、時間が掛かるのが玉にきずでしょうかね~

投稿: もうぞう | 2012年7月31日 (火) 19:27

ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/わぁ~~見ただけで涼しい!!

汗がすぅーっと引いて行く感じ。

ひと時の涼しさですねぇ~

今日の花では~「ミヤマキンポウゲ」でーす。
黄色が何とも涼しげです。diamonddiamond
「ねえ、ねえ・・」って話しかけられるみたいです。

さて、夕飯の用意しましょうか!!
キッチンは、暑いかも???覚悟あれ!!なんちゃって!

投稿: こころぐ郁美 | 2012年7月31日 (火) 18:26

みいさま
commentありがとうございます。
そうなんですよ。可憐な花も見られ、その上 涼しささえ
味わう事が出来るので止められません。
空気も良いし、気持ちが良いですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月31日 (火) 14:37

こんにちは~
 わあ~別世界ですね~
下界はこんなに暑いのに・・・

雪渓を眺めて、わたしも涼しさいただきました。
写真、きれいな風景に心もさわやかです。
高山植物の美しさにうっとり・・

しばし、暑さを忘れました。
ありがとうございました!

投稿: みい | 2012年7月31日 (火) 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/55314874

この記事へのトラックバック一覧です: 花爛漫と展望の山【笙ヶ岳】:

« 24 北の大地 (PART4) | トップページ | 夏山 北ア【薬師岳&北ノ股岳】 »