« 涼風進呈 | トップページ | 24 北の大地 (PART2) »

2012年7月20日 (金)

24 北の大地 (PART1)

4年振りジィ~ジと相方 9回目の北の大地 でっかいどう 訪問です。

7月6日(木)~7月14日(土) 8泊9日の旅です。
同行は4年前と一緒,岳友O夫妻、そして今回は遠来 長野市からU夫妻。
我が家の車とU家の車 2台で行動です。

7月6日(木) cloud

新日本海フェリー  新潟フェリーターミナル (新潟港山の下埠頭) 
北海道 小樽港に向かって10時30分 出航。 船名は ゆうかり 

Dscn0035                新潟港 カモメに見送られ出航

我が家とO夫妻は個室(4人部屋)U夫妻も個室(2人部屋)
早速お昼は持ち寄りの手料理やアルコールで賑やかに6人で宴会の開始。
先ずは かんぱ~い から始まります。

Dscn0038                     お昼のMENUの一部

腹ごなしに、入浴したり、ビンゴゲーム(当らなかった)に参加したり・・・
時は瞬く間に過ぎ、夕食の刻に、勿論 宴会ヶ岳の続きです。

Dscn0039              6人個室で宴会ヶ岳登頂を目指します。

WINE 焼酎 ビール 直ぐに次から次と空瓶並びます。
共通の話も尽きず延々と(時間はたっぷりあるんです) 食べて飲んでbeer wine 

19時30分  出航から9時間、(18時間航路 ちょうど半分)
小樽港からの新潟港へ向かう 僚船 らいらっく と交錯します。

Dscn0041_2               新潟港へ向かう 僚船 らいらっく

お互い汽笛を鳴らし、無事の航海祈ります。

小樽到着予定は早朝4時30分 朝が早いのでベッドに潜り早目に就寝。sleepy sleepy

7月7日(土) cloudsuncloud

定刻早朝4時30分 小樽港到着。

この日の予定は、北海道の最高峰 大雪山 旭岳(2291m)周遊です。
旭岳ロープウェィ 姿見の池⇒旭岳⇒間宮岳⇒中岳分岐⇒裾合平⇒姿見の池
CTは大凡 7時間。 ジィ~ジと相方このコースは 2006.7.29 と2度目です。

砂川SAで朝食を取り、2台の car rvcar は、旭川から目的地に向かってdash dash

8時45分 大雪山 旭岳ロープウェィ山麓駅
8時55分 旭岳ロープウェィ姿見の池駅

ありゃ らら!! 姿見池駅(1670m)周辺から上部はガス ガス ガス。
   Dscn0043 Dscn0050
(写真 左) 旭岳ロープウェィ山麓駅  <拡大>
(写真 右) 姿見池はガスで覆われボヤーッほとんど見えない。 <拡大>

大勢の観光客の皆さん可哀想。

我らは視界不良の中、溶岩石ゴロゴロの登山道を山頂に向かいます。
   Dscn0051 Dscn0053
(写真 左) 岩ゴロゴロの登山道登るO氏  <拡大>
(写真 右) 山頂直下 金庫岩  <拡大>

ガスってはいるものの、大勢の登山者で跡が絶ちません。
左側の爆裂火口の噴煙と音を聞きながら砂礫の道を火口沿いにup

10時35分ー10時45分 旭岳山頂

   Dscn0055 Dscn0056 
(写真 左) 一等三角点 ぬたっく 100年記念  <拡大>
(写真 右) 一等三角点タッチ       <拡大>

Dscn0058                ジィ~ジと相方 2度目の旭岳山頂

日ごろの行いが功を奏したのか???山頂到着時に一瞬ガスが切れます。

山頂でゆっくりと四周を見渡し、間宮岳に向かうべく山頂を後にします。

Dscn0061                   雪渓を下るO夫妻と相方

Dscn0070                    北海岳方向 チングルマ

12時00分 間宮岳(2185m)
Dscn00781                  広大な台地 平らな間宮岳山頂

Dscn0082                 荒涼感漂う有毒温泉 お鉢平

12時20分 中岳分岐

黒岳方面からの登山者と多数交錯するポイントです。

Dscn0085                   中央奥 北鎮岳と左に鋸岳

13時00分 中岳温泉

ぼこぼこ ぼこぼこ、とお湯が湧き出ている天然 正真正銘露天風呂。
スコップで掘れば直ぐに浴槽出来上がります。(時間が無いのでパス)
   Dscn0101 Dscn0103
(写真 左) 絶え間なく音立て湧き出る温泉  <拡大>
(写真 右) スコップで自分用の露天風呂に興ずるハイカー <拡大>

水で薄めるとホントいい塩梅の温度に・・・(入りたいけど我慢です)
中岳温泉から先はエゾリュウキンカの花が一面に咲き競っています。

中岳温泉から少し下れば、今回の目的 花々が一面に広がる広大な裾合平

Dscn0106                        裾合平へ

Dscn0117                  どこまで続く?チングルマ群落

Dscn0112                        色彩々

Dscn0111_3

花はな花はなに見とれながら姿見池に向かいます。
   Dscn0120 Dscn0121
(写真 左) 夫婦池  <拡大>
(写真 右) 擂鉢池と噴煙上げる旭岳山腹  <拡大>

Dscn0123             絶え間なく噴煙上げる 旭岳 山腹

14時50分 ロープウェィ姿見池駅

Dscn0124               またまたガスが出てきた姿見池駅

約6時間、旭岳登頂と花鑑賞グルリップの終わりです。
ロープウェィに乗り込むや否や ポツッ ポツッ sweat02が・・・(ラッキー) 直ぐ小止みに。

  ※ 今回も思ったけど旭岳ロープウエィ 往復2,800 少し高いような気が・・・

汗ばんだ身体、さっぱりと流すため、近くの旭岳温泉 湧駒荘へ立ち寄りです。
ここで裾合平周辺を楽しんだ別行動のU夫妻と待ち合わせです。

今宵の塒、上川オートキャンプ場での夕餉の買い出しで旭川に立ちより。

バンガローで初日の打ち上げ 生ビールで乾杯 更に宴は続きます。

Dscn0127                生ビールで乾杯 更にWINEヶ岳

我ら質素倹約グループなるべく安く、そのくせ内容豊富に。がモットーです。

この日のバンガロー借用 一棟 7,100円 。
備えのマットレスの上に寝袋に包まって6人でsleepy sleepy sleepy

大雪山 旭岳から裾合平 この日に見られた花々の一部です。

 Dscn0046 Dscn0060 Dscn0062
写真 左から ウコンウツギ キバナシャクナゲ イワウメ  <拡大>

 Dscn0063 Dscn0066 Dscn0068
写真 左から チングルマ ??? イワヒゲ   <拡大>

 Dscn0073 Dscn0074 Dscn0076
写真 左から エゾノツガザクラ ミヤマタネツケバナ クモマユキノシタ <拡大>

 Dscn0080 Dscn0086 Dscn0091
写真 左から コマクサ イワブクロ エゾイソツツジ  <拡大>

 Dscn0095 Dscn0098 Dscn0104
写真 左から ゴゼンタチバナ コシジオウレン エゾノリュウキンカ <拡大>

 Dscn0108 Dscn0110 Dscn0119
写真 左から エゾコザクラ メアカンキンバイ アオノツガザクラ <拡大>

他にもエゾイチゲ マルバシモツケ・・・etc 色々と。。。

   24北の大地 (PART1) この項 お終い

   To be continued

  

|

« 涼風進呈 | トップページ | 24 北の大地 (PART2) »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

mikkoさま
commentありがとうございます。
8泊9日 何しろ毎日が日曜日の我等ばかりですから(笑い)
大雪山系は晴れれば全国でも屈指のお花畑が見られますね。

ホントは中岳温泉芋入りたかったんです。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月24日 (火) 20:17

8泊9日で北の大地を歩いたなんて。。。
いいな~
仲良し山仲間と素敵なお時間を過ごされたんですね。
たくさんのお花も出迎えてくれたようですし・・・
間宮岳山頂でのお二人の笑顔が山旅の楽しさを
物語っているようです。

投稿: mikko | 2012年7月22日 (日) 20:37

まぶちょんさま
いつもありがとう。
4年ぶりの北海道、楽しんできましたよ。
フェリーは勿論、持ち込みOKだよ。
18時間掛るので、飲んだり食べたり、映画を観たり
喋ったり、風呂へ入ったり・・・
意外と楽しいものです。

北海道の山は、花も多く、とても魅力的なんですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月22日 (日) 05:51

すごい!遠征ですね~♪本格的だぁ!楽しそう!
フェリーって、持ち込みOKなのね。
さすが「でっかいどう!」
まだ雪があるんだね。大雪山は危険も多いだろうし、
気をつけて!頑張って!

投稿: まぶちょん | 2012年7月22日 (日) 00:24

tuba姐さん
4年振り9度目の北海道 ゆっくりとしてきました。
今回はガツガツと山頂を目指すのではなく、花を見ながらの
のんびり山行を目指したのです。
船旅はbeer 気兼ねなく飲めて良いよね~

扨て続き頑張らなくては!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月21日 (土) 12:16

ひゃぁ~~~~shipsweat01

北━━━━(゚∀゚)━━━━!!

おぅ~!
旭岳からですかぁ

凄い♪ ✿ ✿ ✿

ここから、何処に向かうのかしらぁ(´~`)。゜○

投稿: tuba姐 | 2012年7月21日 (土) 11:53

赤鬼さま
月山 お疲れ様!
寒いくらいとは贅沢極まりますよ。
何処で道間違えたの?

船中では良く飲んだよ。
個室だから誰に迷惑かけるじゃなし。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月21日 (土) 07:21

おいらも4人部屋で行ったことあるよ。快適だよね。体奈良漬になったんじゃないの。昨日は寒いくらいだったよ。

投稿: 赤鬼 | 2012年7月21日 (土) 07:14

こころぐ郁美さま
いつもありがとうございます。
そうなんですよ。気心知りあった山仲間と一緒に
ゆっくり北海道の旅を楽しんできました。
新潟からは比較的アクセスが良いのです。
幸い?時間的にゆとりのある立場のメンバーばかりですし・・
只、昔と異なり近年の北海道、意外と雨や湿度が高くなって
来ているようで、何か変です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月21日 (土) 05:37

(* ̄ー ̄*)そうかあ~こう言うことだったのね。

いいなあ~気兼ねのない方たちと旅と山・花・・
これに越したことはないですね。happy01

しかし長いこと思い切って行って来ましたね。
その気持ちがないと、行動できませんよね。
なんだか、蒸し暑い夜が涼しくなってきました。spade

外では、虫の声やかえるの鳴く声も聞こえます。
目の見える鳥も飛んでるのかしら?らしからぬ声。
田舎でも、それほどでもないのですが、最近は山の者
が良く現れるようでーす。では・・また・・confident

投稿: こころぐ郁美 | 2012年7月20日 (金) 23:08

ナンシーおばさんちゃま
こんばんは
北の大地 北海道は新潟から意外と便利が良いのですよ。
時間にゆとりのある我ら、船旅はのんびりできて良いもんです。

北海道の山は、花の種類も多く雄大な感じがして、魅力的ですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月20日 (金) 21:30

輝ジィ~ちゃま
北海道、でっかいどう! イイなぁ~。
お花も満載で・・・。
ご夫婦で同じ趣味があるってステキですね。
旅の続きが楽しみです。

投稿: ナンシーおばさん | 2012年7月20日 (金) 21:21

みい (浪速恋しぐれ~♪)さま
覚えていますよ。熟達者の皆さん方のスキー。。。
方向間違えると、かなりやばいですよね。

今回は、のんびりと花見山歩きでした。
大雪山系は何度歩いても飽きませんね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月20日 (金) 20:49

もうぞうさま
たった今、TV観終わりました。
度の山も歩いた処ばかり、改めて山の素晴らしさを
知る事が出来ました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月20日 (金) 20:45

始まりましたね~^-^
北の大地レポ!

旭岳ロープウェイ・・・この冬、何度つかったかな(笑)

ホント、雪が溶けると、一気に花園ですね^^
素晴らしいです^^

また、行ってみたいな~♪
  お花の時期に・・・^^

続き楽しみにしていますね~0^^0

投稿: みい (浪速恋しぐれ~♪) | 2012年7月20日 (金) 19:48

なんと北海道でしたか!
それも一番良い時季ですしね~
さてTVを見なくちゃ。

投稿: もうぞう | 2012年7月20日 (金) 19:31

けいあんさま
comment多謝です。
4年ぶりに又 お邪魔させていただきました。
北の大地は魅力満載です。
お天気 昔より全体敵に悪くなったような気が・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年7月20日 (金) 19:17

こんばんは!
北の大地に”いらっしゃいませ”happy01
北海道にお出でに成っていたんですね
それも旭岳。近いですね。
7日~14日と言うと丁度雨の多い時期に当たったかもしれませんね。
でも色々楽しまれたのでしょうね。

続編PART2が楽しみです。

投稿: けいあん | 2012年7月20日 (金) 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/55236108

この記事へのトラックバック一覧です: 24 北の大地 (PART1):

« 涼風進呈 | トップページ | 24 北の大地 (PART2) »