« 日本最小【櫛形山脈縦走】 | トップページ | GW?第一弾『大蔵山』 »

2012年5月 5日 (土)

本番【花見山】と【+α】

一番気がかりの天候も予報では、雨の心配は無いようなので少し安心。

4月24日(火) 薄曇

所属する山の会、ジィ~ジ企画会山行の本番です。 下見編は⇒コチラ

男性4名、女性16名 計20名の善男善女を乗せて新潟駅南口を出発。
走り出すや否や、車窓から満開の“鳥屋野湖畔の桜”が目に飛び込んできます。

借上げバスは阿賀野市から五泉市に向かって小一時間。

9時40分 小山田登山口

P1050902                 登山口到着出発前の様子

肝心の小山田のエドヒガンザクラ 咲いているかな?・・と少々気がかりのジィ~ジ。

P1050905             小山田 エドヒガンザクラの並木   <拡大>

咲いてます 咲いてます。小さな薄いピンクの可憐な花が目一杯。

どうやらジィ~ジに内緒で、同行会員の「花咲か爺さん」が前日来てたっぷりと
灰を撒いてくれたのかもしれません。(有り難や)

P1050907                ゆっくりと花を楽しみながら

P1050909              園地の桜も丁度見頃   <拡大>

おまけに足元には、想定外で(何年か前、誰かが植えたであろう)シラネアオイも
P1050906               咲きだしたばかりの シラネアオイ

他にも
  P1050911 P1050912
(写真 左) カタバミ   <拡大>
(写真 右) ショウジョウバカマ <拡大>

歩き出してから約30分強で展望台へ・・・。
参加者に疲労の色は見えません。
この周辺一帯を地元では通称【花見山】と呼んでいるようで山頂標識なんて
有りません。

更に幹線鉄塔を越えて先へ向かいます。
登山道は滑りやすい急登の道に変わります。
ラストは我が相方、中間に心強い「花咲か爺さん(赤鬼氏)」がサポート。
我が会のゆっくり歩きのトレッキング山行にしては少しハード?な勾配。

11時20分 大谷山
P1050917             大谷山山頂  前方左 鳴沢峰 前方右 菅名岳

それでも参加者 息切らし汗流し 残雪がほんの少しブロック状に残る
[大谷山(649.1m)]山頂まで来てしまいます。
晴天であれば、飯豊連峰も良く見えるのですが、一寸残念。見えていればなぁ~

大谷山から少し下った場所で、昼食をゆっくりユッタリと楽しみます。
毎度のことながら自慢の手料理の数々が廻ってきます。

下山は往路を滑らないよう気を付けながら展望台まで下ります。
同じ道辿っても芸が有りません。展望台からは周遊路を花を見ながら下ります。

P1050925                   展望台からのヤマザクラ

周遊路の山裾はスミレの群生があちこちに見られます。

P1050926                     ナガハシスミレの群落

緩やかな周遊路をゆっくり歩いて下山する我らです。

P1050929               下山する参加者 ラストはジィ~ジの相方

自己満足かもしれぬものの参加者の皆さんそこそこ満足されたような顔つき
勿論 転倒などの事故も無く登山口へ戻ります。

登山口からは近くの馬下保養センターで温泉に浸かり、手足を伸ばします。
温泉から上がれば、当然の如くbeerでのどを潤します。

前日、ジィ~ジがバス会社にRequestしておいた約3キロにわたる[すご堀]
満開の桜並木の道をゆるゆる走り新潟駅南口に戻ります。

P1050930            バス車窓からの[すご堀]の満開のソメイヨシノ

雨にも逢わず、目的のエドヒガンザクラ ヤマザクラ、そして鳥屋野湖 すご堀の
ソメイヨシノ 桜 花 花 花満喫の良き一日に  (感謝)

                      本番【花見山】 (完)

【+α】です。

4月26日(木) cloud

曇り空 何とか雨は大丈夫かな?
お昼前 久しぶりに角田山の花の様子が気になってcar dash

P1050963                  山腹のニリンソウ  <拡大>

P1050943                        ニリンソウ 

この時期のMaineはニリンソウ。1年一度この大群生が見たくて!!
山頂へ行くのが目的では有りません。

  P1050960 P1050954
(写真 左) エンレイソウ   <拡大>
(写真 右) トキワイカリソウの群落  <拡大>

  P1050955 P1050958
(写真 左) ナガハシスミレ   <拡大>
(写真 右) トウダイグサ?  <拡大>

他には こんなのも ↓

P1050959                       マムシグサ

そしてニリンソウの時期には、可憐なイチリンソウも咲いてます。

P1050957                         イチリンソウ

P1050975_2                     下向くイチリンソウ

花に見とれているとパラパラと雨が rain 

少し急いでcarに戻ります。

角田山 何時も何かの花が見られる良き山です。
次はどんな花が見られることでしょう?

  【+α】 (完)

|

« 日本最小【櫛形山脈縦走】 | トップページ | GW?第一弾『大蔵山』 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

mikkoさま
commentありがとうございます。
お蔭さまでジィ~ジの会山行本番は雨にも逢わず、
目的の花も見ることが叶い、花咲か爺さんに感謝です。
近くの低山里山をゆっくりと歩くのもたまには良いものですね。
参加者の笑顔を見ているとリーダー冥利に尽きますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月10日 (木) 09:33

本番で桜が咲いていて良かったですね~
日頃の輝ジィ~ジさんの行いから
花咲かじいさんがやってきてくれたのでしょうね。。。
桜の他にもたくさんのお花が咲いていて
女性会員さんの歓声が聞こえてきそうです。
最後に車窓からの桜見物のサプライズ。。。
輝ジィ~ジさんの粋なはからいに会員のみなさんも
大喜びだった事でしょうね~

投稿: mikko | 2012年5月10日 (木) 01:09

tuba姐さん
無責任情報済みませんでした。
我が仲間からの水芭蕉情報は五泉市の水芭蕉園の事でした。
尾瀬はおろか、今年未だ二王子岳へも行っていないジィ~ジの
戯言・空言でした。(ぺこり)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 8日 (火) 22:49

山桜を始めて見た時の感動!
わぁ~***、わぁ~***、わぁ~
わぁ~!でしか感動を表せなかった“小山田の彼岸桜”でした。
参加したノボラーさんの感動とオーバーラップしましたcherryblossom

山の水芭蕉はいいですよねぇ~
雪融けの水に咲く花。
初夏になる前に観たいものです。
二王子岳の水芭蕉は、まだ雪の下でした。
是非、水芭蕉の開花をアップしてくださいませconfident

投稿: tuba姐 | 2012年5月 8日 (火) 17:32

tuba姐さん
目的の花も何とか見られ、参加者の皆さんにも少しは
喜んで貰えたようです。

会山行の一番気になるのはやっぱりお天気です。
今回は助かりました。

水芭蕉彼方此方で咲いていると思いますよ。
水芭蕉何処か見に行きましょうか!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 7日 (月) 21:50

お疲れ様でした
お花見山行を楽しまれたメンバーさん達の爽やかな顔がなによりでした・・・o(*^▽^*)o
遅れ気味の開花に、ドキドキしてましたが良かったですねぇ~heart04
水芭蕉は咲いたかなぁ~?

投稿: tuba姐 | 2012年5月 7日 (月) 20:47

モカラテさま
ご多忙のところcommentありがとうございます。(感謝)
我が会の会員数は約500名 内女性は60%弱でしょうか?
年間200コースほど企画実施されるのですが、女性の参加者が
どのコースでも多いです。女性は元気ですから~
ジィ~ジは何時もご婦人方に最大限の気配りしています。(笑い)
勿論 ≠ モテモテ(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 7日 (月) 07:43

バタバタとご無沙汰してしまってる間に 山にもすっかり春がきていますね。
山の花は凛々しく優しく 心がなごみますconfident
それのしても女性が圧倒的に(笑)多い会だったのですねvirgovirgo
輝ジィ~ジさんモテモテ?それともタジタジ?^m^

投稿: モカラテ | 2012年5月 7日 (月) 07:33

まぶちょん さま
commentありがとう。
山歩きは展望もさることながら、季節季節の山野草や
多くの種類の鳥のさえずりなども楽しめます。
花が呼んでくれますから、見過ごすことは無いよ。

山歩き始めよう!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 23:30

もうぞうさま
福島の花見山はあまりにも多くの人が訪れ、かなり荒れて
今年から数年間は保護の為、入山禁止となったようです。

小山田彼岸桜一帯を地元では通称として花見山と呼んでいます。
ここのエドヒガンザクラ風格ありますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 23:26

私だと 見逃してしまいそうな山の花々が 皆さんの下山を見守ってくれてますね。ただ山の中を降りるより、花々とお話しながら 降りていくと ロマンだね~♪

投稿: まぶちょん | 2012年5月 6日 (日) 20:46

花見山と言えば、福島がすっかり有名ですが、ここも花見山と呼ばれているのですか?
大いに広めましょう。

投稿: もうぞう | 2012年5月 6日 (日) 19:12

みいさま
commentありがとうございます。
今回は自分の企画だったので第一に天気、そして第二に
桜の開花状況が気になりましたが、両方とも何とかOK。
無事終える事が出来て一息つけました。

山野草の名前、なかなか覚えれませんよね(笑い)
忘れる方が得意です。(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 16:45

こんにちは!
 桜きれいですね~
山の花たちには癒されますね。
山歩きの楽しみのひとつですね~
わたしはなかなか山野草の名前が覚えられなくてcoldsweats02
ジィ~ジさまのブログでお勉強中です(笑)

良き一日でよかったですねhappy01

投稿: みい | 2012年5月 6日 (日) 16:03

山いろいろ さま
今年最初のリーダー山行無事終了。
目的の花も見られ、ホッ!

ここのシラネアオイは低地なので、謂油も少し早目に
咲いてます。
去年はGWがほぼ最盛期でした。

折角のGW天気が良くないねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 11:43

 花が目的の山に花が咲いていないと悲惨・・咲いていて、まずは良かった良かった!
 シラネアオイも、もう咲いている?ちょっと早いような気がしますが?

投稿: 山いろいろ | 2012年5月 6日 (日) 11:07

赤鬼さま
その節はご協力感謝。
鬼さんが引っ張ってくれたので皆頑張ってくれたね!
あとは飯豊でも見れれば言ううこと無しだった。(笑い)

三角点山何を取りに行くの?コシアブラ?

投稿: 輝 | 2012年5月 6日 (日) 07:21

こころぐ郁美さま
毎度の温かcomment感謝です。
下見の後、急に気温も上がり花も一気に咲いてくれました。
花を楽しみながら山を歩くと、ストレスも発散するのか?
皆さんの顔が笑顔です。
リーダー冥利に着く瞬間です。
何と言ってもrainだけは困ります。(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 07:17

noritanさま
今年最初の会山行一つ 予定通り終わりホッ!
皆、大谷山まで頑張ってくれました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 07:12

山の風さま
commentありがとうございます。
予定通り本番を無事終え、参加者の皆さんからそれなりに
満足していただけたようで遣り甲斐が有りました。
危険な場所も有りませんが、何しろ高齢者集団いつ何時
問題発生も有りますから・・

spa上りのbeerは格別!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月 6日 (日) 07:09

トレッキングにしてわハードだったね。でも桜三昧(翌日も)で堪能しました。今日は三角点山に山菜採りに行くよ。

投稿: 赤鬼 | 2012年5月 6日 (日) 06:51

nightこんばんは~heart04

いよいよの本番。ドキドキでしたねheart02
何事もなく、満足の山行・・・よかったですね。

桜も、まるで待っていてくれたように咲いてましたね。
綺麗、綺麗。他の花々もそこで撮るから、なお引き立って見えます。みずみずしさが伝わって来ますconfident

みなさんでbeerrestaurantしながら、話の輪が広がっている様子が見えるみたいです。
お疲れさまでした。ペコリ(* ̄ー ̄*)heart04

投稿: こころぐ郁美 | 2012年5月 5日 (土) 23:51

花も天気もメンバーにも恵まれて、良かった!良かった!ですね。

投稿: noritan | 2012年5月 5日 (土) 23:40

なかなか見ごたえのある会山行。ご苦労様でしたヽ(´▽`)/。立場上いろいろと気を遣う事もあると思いますが何事も無く終えるとホッとしますねhappy01
春を迎えた山々の様子、咲き揃う花々、正に山笑い、ジィ~ジさまもspabeer楽しく心笑う山行の様子が伝わりますscissors

投稿: 山の風 | 2012年5月 5日 (土) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/54640734

この記事へのトラックバック一覧です: 本番【花見山】と【+α】:

« 日本最小【櫛形山脈縦走】 | トップページ | GW?第一弾『大蔵山』 »