« 再び【大力山&御岳山】へ | トップページ | 近頃の花 IN 【角田山】 »

2012年5月25日 (金)

爽快【菱ヶ岳~五頭山周遊】

前日の天気予報通り、五月晴れ sun

相方のRequestは久しぶりに五頭山塊南端最高峰 菱ヶ岳(973.5m

5月14日(月) sun

二人だけの気軽な山歩き、途中コンビニでおにぎり&パンを購入してcar dash

9時5分ー9時10分 内の沢登山口Ⓟ

五頭山三ノ峰目指し、旧 スキー場Ⓟへ向かう車も数多し。

  P1060260 P1060262
(写真 左) 菱ヶ岳登山口 内の沢Ⓟ    <拡大>
(写真 右) 10年以上前から下げられている嫌味?な看板 <拡大>

登山口から3分ほど沢沿いに進めば、枝に下げられた看板が顔の脇に!
曰く 健脚 110分 並脚 120分 遅脚 150分

足元や眼前の花やブナの新緑を眺めながら、雷光型に高度を上げて行きます。

  P1060264 P1060265
(写真 左) ウコンウツギ   <拡大>
(写真 右) ブナの新緑の中を進む相方 <拡大>

村杉温泉分岐を分けて、更に菱見平を通り越し、男女5人のパーティに道を
譲って貰い、北山そして積雪期には最大の難所 杉端 へ。

10時20分 杉端

  P1060266_2 P1060267
(写真 左) 杉端 積雪期はここを突き上げます 難所  <拡大>
(写真 右) 杉端 冬道 夏道 の標識          <拡大> 

※平成9年?3月 ジィ~ジが仲間とここをクリアーして菱ヶ岳を登った数日後
知り合いの女性が単独で来て帰路、滑落遭難 5月初旬?遺体発見。
ジィ~ジも一時 遺体捜索の手伝いをしたこと有るのです。

この日は、既に雪が無いので山腹をトラバースの夏道です。冬道は完全な藪。
狭い夏道を躓かぬよう注意しながら進めば笹清水(水場)に出ます。
雪が消えたばかりのところにはカタクリが沢山見られます。

P1060269                         カタクリ

P1060272                笹清水  *沢沿いにはまだ残雪

ここで小休止、持参の水で渇いた喉を潤します。(水場まで少し下れねばならぬ為)
ここからは新緑のブナ林の中、尾根に取り付くまでかなりきつい急登が続きます。
このコースの踏ん張りどころ!  頑張って 頑張って稜線に取り付きます。
爽やかな新緑で覆われたブナ林の中に切られた所々に残雪残る登山道。
菱ヶ岳山頂までアップダウンが続きます。山頂手前は最後の急登。

11時05分ー11時10分 菱ヶ岳山頂P1060276_2                     菱ヶ岳山頂

登山口から3分ほどの枝にぶら下げられた標識 健脚には3分ほど及びません。
所要時間約113分ほど
(2,3年前までは何とかクリアー出来たのですが、加齢と訓練不足は否めません)

お昼にはまだ間が有り、お天気も良い。家で誰が待でも無い。
予定変更して、ここから五頭山目指して周遊することに・・・・

菱ヶ岳の先からは、山好きの人には人気の高い飯豊連峰見ながらの稜線漫歩。

以下のような景色が続きます。
P1060283               残雪の上、爽やかな風が吹き抜けます

P1060285                        こんな感じ

足元には小さな花も。。。

P1060288                         イワウチワ

11時40分 与平の頭 (中ノ沢分岐)P1060289                 五頭山まで100分 与平の頭

12時00分ー12時25分 お昼

  P1060290 P1060293
(写真 左) オオバキスミレ <拡大>
(写真 右) カタバミ  <拡大>

小さな花を見たり、飯豊の山並みを眺めたりしながら超簡単ランチです。

P1060292                 五頭山目指し残雪歩行

P1060295              飯豊連峰見ながら五頭山が徐々に近くなる

  P1060296_2 P1060298
(写真 左) カタクリの花  <拡大>
(写真 右) 仄かな香り 匂い辛夷 タムシバ  <拡大>

13時24分 五頭山ゼロ峰(前一の峰)

P1060301                  五頭山前一の峰から見る菱ヶ岳

歩いた軌跡見れば、あんな所から歩いてきたんだ!と感慨深くなります。
P1060302             五頭山前一の峰で飯豊を見ながら寛ぐハイカー

五頭山前一の峰から五頭山一ノ峰下り登りの繰り返しで二ノ峰バイパスし
三ノ峰へ・・・・。

  P1060305 P1060306_2
(写真 左) 一ノ峰    <拡大>
(写真 右) 三ノ峰    <拡大>

つい1か月前まで、山頂の石碑も蒲鉾型避難小屋も3m以上の雪で
すっぽりと埋っていたのに・・・あの雪は何処へ?

三合目からどんぐりの森へ下ります。
マイナスイオンのシャワーを浴びながら気持ち良く下るジィ~ジです。

14時15分 七合目 長助清水

  P1060308 P1060310
(写真 左) 長助清水 七合目 <拡大>
(写真 右) この時期ふんだんに見られるチゴユリ  <拡大>

14時50分 どんぐりの森 登山口

  P1060311 P1060313
(写真 左) どんぐりの森登山口  <拡大>
(写真 右) ムラサキケマン    <拡大>

内の沢Ⓟへ下ります。

15時05分 内の沢Ⓟ

P1060314                    内の沢P 15時の様子。

休憩入れて約6時間
お天気に誘われ予定変更 五頭山周遊。
残雪の上を吹き抜ける爽やかな風、春と初夏の花 そして岳人に人気高い
“飯豊連峰”の変わりゆく展望を眺めながらの山歩き。

充足感に満たされた日となったジィ~ジです。

  菱ヶ岳~五頭山周遊  (完)  

|

« 再び【大力山&御岳山】へ | トップページ | 近頃の花 IN 【角田山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ナンシーおばさんちゃま
お天気の良い時の山歩きは本当に癒されますよ。
今の季節が一番気持ちが良いかもしれません。
花も沢山見れますし・・・。

2年ほど前に痛めた膝と経年劣化の腰 お気遣い頂き
ありがとうございます。」だましだまし上手に
付き合って少しでも長く山歩き出来るよう頑張ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月26日 (土) 14:26

輝ジィ~ちゃま

毎度のことながら、
良いお天気のお山の写真が、眩しいです。。。
まだ雪が残っていたり、可愛いお花が顔を覗かしていたり・・・。 
こちらまでいい風が吹いてきました。
ステキなお方との、2人登山! いいですねぇ~。
でもお膝の調子がイマイチとの事、無理しないで気をつけて下さいね!
ゆっくり、マッタリ楽しんでください!

投稿: ナンシーおばさん | 2012年5月26日 (土) 11:36

赤鬼さま
計画書ご免ネ!

この日は頗る登山日和の一日になって呉れました。
飯豊を眺めながら歩くとあんまり疲労感を感じないよね。

記念登山代替何処にするか?考えて!

投稿: 輝 | 2012年5月26日 (土) 11:26

みい (浪速恋しぐれ~♪)さま
連荘※多謝です。
この五頭山山塊は飯豊連峰展望の山で、天気が良ければ
磐梯山や朝日連峰も眺望できるのです。

残雪時は稜線歩きなので爽やかな風に吹かれながら
快適に歩けるコースなんです。

ジィ~ジ、ここ2年ほど膝の調子が戻らなくて、下りは何時も難儀してます。(困ったもんです)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月26日 (土) 11:23

好天で飯豊が良く見えてよかったね。新潟の岳人にとって
飯豊は格別のものだからね。三本槍早く計画書ちょうだい。記念登山中止の代わり、どこかやろうぜ。

投稿: 赤鬼 | 2012年5月26日 (土) 07:02

noritanさま
確実に脚力低下を覚える今日この頃。2,3年前まで
110分クリアーできたんだけど・・・

ご苦労様 気を付けて。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月26日 (土) 06:59

まぶちょんさま
何時もありがとう。
山歩きが健康と生きがいを与えてくれているのは事実だね。
山を通して素晴らしい友人も大勢できたしね。

山はジィ~ジにとって素晴らしい魔物だよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月26日 (土) 06:56

綺麗な青空・・・そして、展望も良く
まだまだ、歩きたい!って気分に・・・
わかります^-^

飯豊なんぞ見えたら、尚更、テンション↑

しかし、まだまだ健脚の粋・・・
お二人とも、素晴らしいと思いますよ~^^V

こちら、板を脱いで下ると、膝が痛い=情け無い
夏季ハイクが思いやられます0--0

投稿: みい (浪速恋しぐれ~♪) | 2012年5月26日 (土) 06:46

SILVIAおじさんさま
富山駅取り壊されましたか!?
尤も、小生が中学の時、関西修学旅行の時は、その先代で
確か木造モルタル2階建てだったと記憶してます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月26日 (土) 06:29

こころぐ郁美さま
何時もありがとうございます。
この時期の山歩きは天気が良ければホントに爽やかで
快適ですよ。
空気が澄んでいれば遥か遠い山々もはっきりと見えるし。

夫婦同じ趣味 実は山歩きへ引っ張り込んだのは
相方なんですよ。結婚前から相方は山歩きが趣味だったのです。
出会い!? がっかりしますよ きっと(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月26日 (土) 06:25

ブログ閲覧が滞っています。

輝様が「訓練不足」とは???

私なら「遅脚」ですね~~~

さて、これから明日の為の登山道の確認です。

投稿: noritan | 2012年5月26日 (土) 04:58

生まれてから死ぬまで、長い人生の半分を山で過ごしてるみたいですo(*^▽^*)o山って、輝ジィ~ジさんをとりこにしてしまう魔物ですね♪
はまってる~♪ (≧m≦)

投稿: まぶちょん | 2012年5月26日 (土) 01:09

輝ジィ~ジ様
富山駅のステーションビルの取り壊し工事が進んでいます。
工事用シートで被われていますので中は見えにくいのですが、もう殆ど壊されてしまいました。
思い出多い駅舎が無くなることが寂しいです。


投稿: SILVIAおじさん | 2012年5月25日 (金) 23:26

lovely凄い天候!!

青空が何とも印象的。emptyheart04
登った者しか撮られない風景。cameraclover
そんな風景を、見られるなんて幸せですね。

こうして、ご夫婦で仲良く行かれることが最高!
同じ趣味・・・良いですね。
奥さんとの事聞きたいな~
どうやって巡り合ったのかな?( ´艸`)プププ

投稿: こころぐ郁美 | 2012年5月25日 (金) 22:01

もうぞうさま
毎度お世話様です。

カメラの記憶装置から狂っていないので14日でした。

5月初旬の天気が良い日のこのコースいい眺めできますネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月25日 (金) 20:26

この日、こんなに良い天気だったけ?
すっかり忘れてしまっているもうぞうです。
それにしても良い眺めだな~
山登りにも絶好のシーズンと言えますね。

投稿: もうぞう | 2012年5月25日 (金) 20:13

tuba姐さん
毎度~
このコースは1年に1度は歩くけど天気が良いと
素晴らしいよねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月25日 (金) 18:45

早ッ!
早すぎですよぅ~shoe dash
一か月で、あの大量の雪が融けてしまったなんて、信じられないのですが・・・
本当に三の峰の小山もすかり現れていましたねflair
雪融けを待っていた花が美しく咲いていて、和ませてくれるイイ山ですネ!
飯豊連峰の真っ白な山容もステキshine

投稿: tuba姐 | 2012年5月25日 (金) 18:13

里山通信風の中さま
comment恐縮です。
スミレはさっぱり解らないのですが、多分日本海側の
多雪地帯で見られることから、オオバキスミレかと
思います。
お立ち寄り感謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月25日 (金) 17:22

益々の健脚ぶり何よりです。

ウコンウツギ柔らかい綺麗な色です。
オオバキスミレ確かに葉がでかい両方とも多雪地の
花なんでしょうね初めて拝見しました。
ありがとうございます。

投稿: 里山通信風の中 | 2012年5月25日 (金) 16:53

cliton さま
comment恐縮です。

知的レベルが低くindoorでの素養が無いので
専らoutdoorで楽しんでいる毎日です。
出来れば貴殿のように一句と思うのですが
不勉強と語彙不足でなかなか思うようには・・・

内臓疾患は別にして体力の衰えは足からきますので
これからもお近くを歩かれたらよろしいかと思います。
今後とも よろしくお願いいたします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年5月25日 (金) 14:28

こんにちは、いつも読ませていただいています。
ご夫婦共にお元気(健脚)で毎回驚いています。
植物の名前もよくご存知で歩いていても楽しいでしょうね。
私は近くの低山にしか登ったことがありませんし、それも最近は脚も弱ってとても無理で近くの平坦な道を歩くだけです。
これからも楽しい書き込みを期待しています。

投稿: cliton | 2012年5月25日 (金) 13:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/54793864

この記事へのトラックバック一覧です: 爽快【菱ヶ岳~五頭山周遊】:

« 再び【大力山&御岳山】へ | トップページ | 近頃の花 IN 【角田山】 »