« 毎度毎度で済みません。 | トップページ | 春近し?【弥彦山】 »

2012年2月25日 (土)

白銀満喫【越後白山】

久しぶりの好天予想、岳友O氏の奥方から「明日、白山でも行きませんか!?」

御誘いの電話です。電話受けとった我が相方即答 「良いですよ!・・・」

2月22日(水)sun

お天気予報の通り、晴 (早朝は一面深い靄が立ち込めた新潟市内)
風も無く珍しく穏やかな日に・・・

同行は、老々男女系6名。 赤鬼さんの車で全員ピックアップし、目的地へdash

通勤渋滞も少しあり、目的地の駐車場 黄金の里 到着9時20分

 P1040982 P1040983
(写真 左) 出発準備Ⓟにて    <拡大>
(写真 右) パブリックトイレ雪に埋もれ利用不可  <拡大>

広いⓅには車が20台ほど。(天気が良いので考える事、みな同じ?)
スノーシュー持参の若人二人 今宵は小屋で一夜を明かす 予定とか

Ⓟから先は、慈光寺境内で手押し除雪機で除雪中、車は侵入不可状態。

9時27分 駐車場出発
P1040985               杉並木の慈光寺参道行く我がチーム

室町時代初期 楠 正成の直孫、傑堂能勝禅師を開山の祖とする越後の古刹
滝谷山慈光寺  公式HP⇒コチラ

山門に向かい両手を併せ頭を垂れます。 Ⓟより大凡ここまで徒歩10分ほど。

山門前を流れる滝谷川の上流に向かって雪深い沢沿いに前進です。

P1040987              赤鬼さん先頭に沢沿いに進む我がチーム

ここ2日間降った新雪が、少し締まってきた残雪の上に被さっています。

9時55分 一合目
越後白山(1012m) 一合目から三合目まではかなりの急登なのです。
身体も少し温まってきたので、一枚脱いでお色直しして気合を入れて登り始めます。

P1040990             青空のもと 急登の尾根道登山開始 <拡大>

青空に新雪が眩しく映えます。風も無く、瞬く間に汗が噴き出てきます。

10時23分ー10時30分 三合目
喘ぎ喘ぎ、汗を流しながら、なんとか3合目に到着。皆で一息つきます。
水分補給 甘味でEnergy補給の時間です。

三合目から七合目手前までは少し傾斜も緩くなり歩きやすい尾根道です。
P10409951                新雪と木漏れ日       <拡大>

この辺りで積雪2.5m位? 先達のトレースが有りツボ足で歩けます。

P1050003            太陽は燦々と輝き新雪はキラキラ照り   <拡大>

七合目から九合目までは再び急登に変わります。
今朝早立ちの先達の男性三名 下山してきてすれ違います。
ワカン歩行でトレース点けてくれたことに感謝です。
それにして雪は深くなるばかり八合目付近から体重70㌔弱有るジィ~ジ重い!
トレースが有るとはいえ、膝下までのラッセル同様 足が上がりませ~ん。
我慢してツボ足で歩くも体力消耗、遅々として歩が進みません。
とても堪らず八合五勺目付近でワカン装着です。

ワカン穿いてしまえば、歩きやすい!! もっと前から履けばよかったのに
歳は取っても相変わらずお馬鹿さんなジィ~ジデス。

12時23分ー13時05分 山頂避難小屋前
体重が軽く、歩き方も上手なO夫妻とN女子はツボ足で数分前には到着です。

P1050005             避難小屋前でジィ~ジと赤鬼さん待つ3人 <拡大>

山頂の避難小屋、この日は誰も利用した形跡も無し。
1階の扉は無論雪の下。梯子を遣う2階の扉も多分凍りづいて開けるのが難儀!

P1050007               白山避難小屋と後方に粟ヶ岳 <拡大>

幸い風も無くお天道様が出ています。雪の傍らでランチとします。
他愛もない世間話や山の話 至福の時間は瞬く間に過ぎてしまいます。

P1050014              白山山頂    ま~るい広い山頂 (1012m)

積雪は4mくらい?

下りは飯豊連峰見るべく田村線を下ろうとの思いも有ったものの、殆ど無風のせいか?
遠望がイマイチ、登りの途中で飯豊連峰目視は出来るも光が弱く、カメラでは無理?
往路を下山することに・・・

P1050011        ジィ~ジの影と兎の足跡    眼下に新潟平野

P1050012                      帰り支度

あんなに車が多く、大勢登っているだろうと予想していたのに、下山した3人のみ。
車は、慈光寺の関係者の所有のようです。

P1050019             せっかち鬼さんさっさと下山   <拡大>

ジィ~ジも鬼さんも相方もカンジキ装着 流石に登りの時と異なり楽ちん 楽ちん
山頂を目指す単独行氏と挨拶交わします。

P1050020             名残惜しく山頂避難小屋振り帰るの図

P1050021           2,3mの灌木は全て雪の下、広い丸い山頂
この時期から4月の初めころまで、一旦天気が荒れ、風吹けばトレースも瞬間に
消え去り、方向を間違え遭難の危険性極めて大の場所です。

八合目付近で朝、会話を交わした若人と交錯 途中でゆっくりしていた様子。

カンジキ履いているので、転倒滑落に注意すれば往路と違い下山は早い。
P1050022                  七合目付近急登を下山

幾ら雪が多く降ってももうすぐ三月 季節は春を迎えます。
P1050023                タムシバ(匂い辛夷)の花芽 <拡大>

香水の原料にしたと言われる純白のタムシバの花が咲くのもさほど遠くは無い!?
(ジィ~ジ好きな花の一種でもあるのです。)

14時00分 三合目
大きな杉が林立する三合目 ここで暫し休憩です。
P1050025                   三合目から下山

暖気で雪が緩んだのか?時折杉の枝に積もっていた雪が頭の上にどさーっ!

三合目からは注意しながら急登を下ります。凍結して居ないので好条件です。

14時25分 一合目
P1050026_2                     一合目脇 滝谷川

太陽の威力は絶大、朝キラキラ照り輝いていた新雪も暖気で既に輝きは消失。

 P1050027 P1050028
(写真 左) 地元、蛭野集落簡易水道建屋の長い氷柱  <拡大>
(写真 右) 無事下山 慈光寺さまに合掌          <拡大>

P1050030                何方がビニール合羽を!? 石仏

14時47分 黄金の里Ⓟ

飯豊連峰は見れなかったものの、光り輝く白銀と抜けるような青空 木漏れ日
そして持てる体力も精一杯使い、精神的にも肉体的にも充足感に満たされた
充実の半日過ごせたジィ~ジです。

       越後白山(村松白山) この項 (完)

|

« 毎度毎度で済みません。 | トップページ | 春近し?【弥彦山】 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

mikkoさま
何時もありがとうございます。
ん十年前は、トレースが無くてもワカン着ければ、少々の
Russelは平気でしたが、寄る年波、体力・脚力確実に
低下しています。

それでもお天気が良く、少し頑張れば充実感があふれてきます。
だからヤッパリ止めれませんね。
お地蔵様のビニール合羽!奇特な方が居られるんですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月28日 (火) 13:22

キラキラ輝く雪。。。
素晴らしい展望。。。
どのお写真もため息ものでした~
でも“自分を褒めたくなった”ような登りを
頑張らないと見れない世界なんですね。
まさにご褒美ですね!
ビニール合羽の石仏さま
今年はあまりに雪が多いので
どなたかがかわいそうに思って着せちゃったかな?

投稿: mikko | 2012年2月28日 (火) 13:13

tuba姐さん
毎度どうも!!
大蔵で頑張ってきましたか!

この日の白山、Good Condition Dayでした。
新雪がキラキラと目に染みました。
風も無く雪の壁の脇でのんびりランチ 気持ちの良いひと時を
過ごせました。
これからはもう残雪歩きになるようですね。3月だからね~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月27日 (月) 20:36

イイ景色!
こんな画像を観たら、堪りませんyo~~~。
白山山行に目が釘付けになりました。
アタシも、計画しなくっちゃーmemo


投稿: tuba姐 | 2012年2月27日 (月) 18:37

赤鬼さま
その節は運転と先頭 ご苦労様でした。
数年前と違って体力も落ちたので、なおさら達成感が
出てきたような気がします。
飯豊は見れなかったけど、新雪も綺麗だったし蒲原平野の
眺めも良かった。

残雪の山楽しめ荘だけど、五頭、大蔵 二王子など
登山口までの除雪が一体何時になれば??

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月26日 (日) 07:38

お世話様でした。やっと登ったとゆう感じ。素晴らしい
眺めだったね。これだから山は止められない。下りで
改めてこんな急登を登ってきたのかと、有森じゃないけど自分を褒めたくなった。今年は残雪の山がまだまだ
楽しめるね。

投稿: 赤鬼 | 2012年2月26日 (日) 07:21

みっこけさま
お天気の朝の新雪は途轍もなく綺麗です。
今の時期のこの程度の山になると、若干の山経験が無いと
かなりきついと思われます。
それでも人間は物事に順応できる能力を持っているので
直ぐに慣れます。
雪を見て日本を思い出してくださいネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月25日 (土) 22:00

すごいshine白銀の世界がキラキラまぶしいですね
見ている私はきれい~!で済みますが
大変そうですsweat01
体力気力が 皆さんすごいですね

投稿: みっこけ | 2012年2月25日 (土) 21:11

ナンシーおばさん さま
何時もおおきに (感謝)
キラキラ輝く新雪の雪山ってとても美しいのですよ。
素晴らしい眺めは疲れを吹っ飛ばしてくれるのです。
京都にも、京都近郊にも手頃な山幾つも有ります。
楽な処から歩いてみてください。無理しない程度から・・

京都は○○山は数えられないくらいありますよね。
ジィ~ジはその山巡りもとても好きなんですよ。
京都五山とか他、色々。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月25日 (土) 20:13

もうぞうさま
今晩は いつもお世話さまです。
この日は本当にピーカンで気持ちの良い日となりました。
遠望が利けば田村線Challengeしたかったのですが・・・

>さすが(文章が)うまいな~
そんな~ ただ出来る限り簡潔にしたいだけです。
vocabularyも貧困ですしネ!

漸く春が近づきましたかねぇ?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月25日 (土) 20:07

輝ジィ~ちゃま

登山って経験ないんですが、
一緒に登った気がします。。。
いつか一緒に連れて行ってくれますか???
すごく気持ちイイですね~! sunsnowsunsnow

投稿: ナンシーおばさん | 2012年2月25日 (土) 19:57

すっかり登ってきた感じです。
さすが(文章が)うまいな~

それにしてもピーカンで素晴らしいですね。

投稿: もうぞう | 2012年2月25日 (土) 19:22

まぶちょんさま
commentありがとう。
雪山は吹雪いていないときは、そんなに寒くは無いよ。
歩くと体が温まるし汗も出ます。
達成感と展望はたまらなくいいのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2012年2月25日 (土) 14:25

すごい!積雪が半端じゃないですね、
見ていて寒くなってきましたぁ!!この雪をまったく物ともせず、歩き回る輝ジィ~ジさん一行。感服しました。白山って、石川かと、勘違いしてました・・・。

投稿: まぶちょん | 2012年2月25日 (土) 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/54071127

この記事へのトラックバック一覧です: 白銀満喫【越後白山】:

« 毎度毎度で済みません。 | トップページ | 春近し?【弥彦山】 »