« 新雪 【越後白山】 | トップページ | ジィ~ジの徒然日誌師走編(1) »

2011年12月24日 (土)

新雪積もった【角田山】

今の時期、日本海側では少なからず気落ちするような陰鬱で、どんよりした
重く厚い雲に覆われ、時には雪も舞う日々が続きます。
それ故、たまに青空が覗くと、それはそれは貴重な時間に想えるのです。

そんな束の間の‘晴れ間’です。

12月20日(火) sun
PM1:00 お昼を終えて、自宅を出発。car dash 30分ほどで目的地 Ⓟ
P1040657                       稲島登山口 Ⓟ
ほんの少しの積雪でグショグショのⓅ 平日なのにrvcar car の数はそこそこ。。

稲島登山道は、3月31日まで県発注工事で登山道の整備中。
4合目付近から少しずつ積雪が見られ、5.5合目辺りから圧雪状態。
工事請負業者と多くのハイカーで踏み固められたのでしょう。

5合目手前で、知り合いのブロガー女史に「輝さん!」と声を掛けられるも
息が上がって声も出ず、会釈するのみのジィ~ジです。(へタレなのです。)

P1040659                     6合目 工事用角材

P1040660                     資材運ぶ工事作業員

P1040661               ヘリで荷揚げされた資材に雪が被る

P1040662                       角田山山頂

コース別に何本もつけれられたトレース snowの量は50㎝位?
P1040663                      ダルマストーブ

避難小屋[健養亭]に入り、持参のお湯でコーヒーを一杯。
ダルマストーブ火は消されてますが、暖かさ、少し残っています。
長居は無用、往路を辿り下山です。

P1040664       向陽観音前広場から新潟平野と日本海 (中央奥 新潟市市街地)

P1040665                     7合目 作業情況

仕事とはいえ、ご苦労様!!

P1040666                         5合目

赤いべべ着た笠地蔵  飴のお供えも・・・

P1040667                   2合目 稲島薬師堂と大杉

束の間に、雪を楽しめたジィ~ジです。

ジィ~ジ 角田山( 23-29 )     お終い。

|

« 新雪 【越後白山】 | トップページ | ジィ~ジの徒然日誌師走編(1) »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

みいさま
いつもcommentありがとうございます。
雪山は、積雪量にも依りますが、条件次第では夏山より
簡単に山頂へ着けることも有るんです。
同じ山でも、夏の登山道と全く違うところを歩くことも多いので
夏とは違う景色も見れますし、雪に慣れてますからねぇ~
意外と雪を楽しんだりして・・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月28日 (水) 18:53

みい(浪速恋しぐれ~♪)さま
毎度毎度comment感謝しております。

3連休フルにお楽しみだったようで、何よりでしたね。
ジィ~ジは、下の孫娘が家族より一足先に新潟へ行きたいと
預かる為に、上京していました。お蔭で?山へ行けずdown

27日夕方湯沢、六日町は相当積雪も有り、吹雪いていましたが
新潟市に着いたら市街地は積雪ゼロ。孫娘はガックリ。
角田の雪も少し融けたかも?
スキー場は何処もOKなようですね。良かった。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月28日 (水) 18:45

わあ~ 雪景色ですね!
 見てるときれいだけれど歩くの大変そうですね。
こちらは、雪景色ってあまり見ることないから、楽しんで見ております^^。
雪山登山を楽しむなんてすごいなと思います。

投稿: みい | 2011年12月28日 (水) 15:43

saiko3さま
拙、駄ブログにcommentありがとうございます。
弥彦のご出身ですか!?
明日、弥彦山登りに行こうかな・・と思っているのです。
ブログの内容は、山歩きと新潟の事ばかりですが、
又、遊びに来てください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月27日 (火) 21:49

tuba姐さま
comment返し遅くなりすみませんでした。
4日目から上京して先ほど帰ってきたところです。

xmasはきっと楽しくcake present wine 
されたことでしょう。

その節は、苦しくて声も出せず失礼しました。
角田山また登る人増えるでしょうね。
階段どんな風になるのやら?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月27日 (火) 21:45

雪景色の角田山になりましたね~^-^

この連休から、越後はかなりの降雪になったんでは?
( 日曜は、越後で劇パフ~♪楽しみました^^)

これからは、真っ白な越後の山々を
堪能できるのすね~0^^0

ホント、山って四季を通じて楽しめますね^^v

投稿: みい(浪速恋しぐれ~♪) | 2011年12月27日 (火) 21:04

赤鬼さま
今日夕方、下の孫娘と一緒に帰宅したところです。

まだバタバタして年賀状もあと何枚か?残っています。
孫娘の相手と、大掃除などやらねばならぬことが沢山残ってます。

投稿: 輝 | 2011年12月27日 (火) 20:40

カルディナさま
commentお返し遅くなり失礼しました。

昨年は年末にもっと角田山はドカ雪でしたから、例年並みかと?
多くの人が登っているので、ラッセルも要らないのですよ。
だから誰でも登れるので時間が有ると、空模様眺めて
足が・・

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月27日 (火) 20:36

SILVIAおじさんさま
comment返し遅くなり失礼しました。
小生も経験有りますが、不思議に日曜日に雪が降って
月曜日が大渋滞だったこと何度も有りました。
新潟市は富山市よりも海岸に近く、風が強く寒いのですが
積雪量は比較的少なく、除雪車は1年に一度か二度なんですよ!
それでも業者が少なくて大変なのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月27日 (火) 17:57

はじめまして。
角田山には登った事がありませんが・・・
弥彦生まれの私には、実に懐かしい光景です。
もう、こんなに雪がふっているんですねsnow
またお邪魔しますね。
故郷を感じたいときにheart01

投稿: saiko3 | 2011年12月25日 (日) 23:52

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
流石に年の瀬、30回は多分、無理でしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月25日 (日) 16:57

xmasMary Xmasbell

雪、降りましたねぇ~snow
角田山も真っ白になって、嬉しくなっゃいますぅ♪

年配の工事関係者:「仕事だっけ、しょうがねぇけどさぁ~・・・」って、登って行かれました。
「ありがとうございます。お疲れ様です」と、声を掛けたのですが、大変な作業ですね。

登山道は、どんな風になるのでしょうか?

投稿: tuba姐 | 2011年12月25日 (日) 12:30

まぶちょんさま
コメントありがとうございます。
雪は、子供の頃から慣れていますから~
自然を素直に受け入れて愉しんだほうが楽ですよ!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月25日 (日) 08:47

今ころ江戸だね。14日に宮前に行ったきりさ。悪戦苦闘
の末 昨日やっと年賀状片付けた。喪中の人まで印刷してしまった。相変わらずドジだねえ。良いお年を。

投稿: 赤鬼 | 2011年12月25日 (日) 06:54

こんばんは~。

雪の量はこの時期毎年このくらいですか?
冬の初めというより厳冬期!みたい。
関東地方は今年は寒さが早いような気がするのですが。

それなのに駐車場の車!
皆さんほんとに山がお好きなんですねhappy01

投稿: カルディナ | 2011年12月24日 (土) 23:13

輝ジィ~ジ様
クリスマスイブの朝は、積雪は少なかったんですけど、
気温がー2℃で凍結しました。
県内でスリップ事故62件だそうです。
明日の朝は富山市街地でも除雪車が初出動となりそうです。

投稿: SILVIAおじさん | 2011年12月24日 (土) 23:02

今年はきっと30回達成ですね。

投稿: もうぞう | 2011年12月24日 (土) 19:25

山の風さま
手軽に雪山楽しめる分,お天気が概ね関東と違い、良くないですから~
一長一短ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年12月24日 (土) 17:10

すごいですね~♪
雪山でも 頑張って行くとこが 感心です!精神的に強い、たくましさがあるんでしょうね。私は雪降ったら挫折しそうです。これから雪が多くなります、気をつけて!

投稿: まぶちょん | 2011年12月24日 (土) 12:26

こんにちは。
いつも思う事ですが、手軽に雪山を楽しめるのが羨ましいです。

投稿: 山の風 | 2011年12月24日 (土) 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/53555835

この記事へのトラックバック一覧です: 新雪積もった【角田山】:

« 新雪 【越後白山】 | トップページ | ジィ~ジの徒然日誌師走編(1) »