« 何年も前から | トップページ | ジィ~ジの山歩き5月第2弾 »

2011年5月16日 (月)

ジィ~ジ5月最初の山歩き

世間様ではGWの真っ只中(ジィ~ジは毎日が日曜日) 5月4日(水)sun
ジィ~ジと相方 5月最初の山歩きです

時期は遅いの承知の上で、選んだところは・・・
P5040255                        名残のエドヒガン

9時40分 小山田彼岸桜樹林駐車場 (国指定天然記念物)
 
頼三樹三郎をして「花の吉野に勝るとも劣らじ」と言わせた1000本の桜。
現在は250本強を数えるという。

実は、鳴沢峰や菅名岳は何度も歩いているのですが、小山田彼岸桜樹林の
このコース何故か?今回初めてなんです。

小山田沢の対岸からジグザグに12,3分も登れば、何方かが植栽されたのか?
(多分自生では無いでしょう)目の前に、今が盛りのシラネアオイの群落。

P1020878a_2
P1020883_2                         シラネアオイ

P5040198                      エドヒガンは殆ど葉桜状態

足元はヤマニンジンで覆われています。

10時12分 東屋
  P5040215 P5040218
(写真 左) 小奇麗な東屋
(写真 右) オオヤマザクラ?

特にどこまで行くと決めては居ない適当な我が家、足元の花々に癒されながら
菅名岳方面に向かって前進します。
  P5040209 P5040251

  P1020905a P1020913a

他に見られた群生はP1020937a                  ハナワサビ? ユリワサビ?

ハナ?ユリワサビ?の群生には些かw(゚o゚)w。。。

他にも・・・
  P1020918a P1020940a

11時20分 大谷山(649.1m)

P5040226                    大谷山山頂とバックの鳴沢峰

山頂からイワウチワ咲き乱れる登山道を少し下りブナの樹林帯を登り返します。
ブナの新芽と残雪が初夏間近を感じさせてくれます。
P5040229                      ブナの若葉と残雪

11時40分ー12時05分 鹿返道
10年以上昔の厳冬期の1月ジィ~ジの企画担当で、ここでテント2張り設営、
会山行実施、参加者が交代で鳴沢峰までラッセルしたこと思い出します。
昔を思い出しながら、ここで簡単なお昼とします。
  P5040231 P5040232
(写真 左) 鹿返道 馬下保養センターと鳴沢峰分岐
(写真 右) ブナの幹につけられた目印。
空腹満たされ、この日の山頂は、この地(鹿返道)と定め、往路を辿ります。

花々鑑賞しながらアップダウン繰り返し、大谷山のピークへ戻ります。
登山道の両脇は、イワウチワが盛りです。

12時32分 大谷山
P5040239               五頭連峰菱ヶ岳と白く輝く飯豊連峰望遠P5040240                     青空に眩しいタムシバ

爽やかな皐月の風を受け、可憐な花々に見とれながらゆっくりと下山です。
  P5040244 P5040245_2
(写真 左) ???
(写真 右) オオカメノキ

東屋からは周回コースを変えて下山してみます。日当たりの良い斜面はP1020943a                         一面のスミレ

13時58分 小山田駐車場。
  P1020951a P1020953
(写真 左) ヤマニンジン  今回一番目についたのは此れでした。
(写真 右) ムラサキケマン

香しい薫風を受け、4時間強気持ちの良い時間を過ごせたジィ~ジと相方。
来年は、出来ることならエドヒガン7分咲き頃に再訪したいもの。

長い冬から目覚めた越後の山は、花に恵まれ、残雪と併せた景観に恵まれ
殊更、心癒される感を与えてくれる気がします。

精々、今の時期彼方此方の山歩きを楽しみたいものです。

しかし加齢の所為か?治療中の膝がなかなか元に戻りません。(。>0<。)

この後、マンダロク山散策するべく三川村まで車を進めるも、日倉橋先で
除雪が未完?ゲート遮断 車進めず計画断念。

|

« 何年も前から | トップページ | ジィ~ジの山歩き5月第2弾 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

もうぞうさま
鹿返道からは馬下保養センター又は鳴沢峰経由咲花、または鳴沢峰経由菅名岳へ抜けれます。つまり一周できるのです。
丁度手頃なコースかと思いますよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年5月18日 (水) 19:44

こんなコースもあったんですか?
知りませんでした。
また新たな発見です。ありがとうございます。

投稿: もうぞう | 2011年5月18日 (水) 19:39

mikkoさま
シラネアオイこれからも暫くあちこちの山で見られるでしょう。
ホント!春から一気に初夏の様子を呈してくれます。

ブナの若葉で心癒されます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年5月18日 (水) 18:23

tuba姐さん
今回 残念ながら(笑)蛭さんは居ませんでした。

シラネアオイここ数年のうちに誰かが植えたのでしょうか?
それにしても地が合ったのか?畑のように拡がっていましたyo。

投稿: 輝 | 2011年5月18日 (水) 18:17

もうシラネアオイが咲き始めているのですね。
山は春から一気に初夏の装いでしょうか。。。
お写真でも日差しが強く感じますね~

投稿: mikko | 2011年5月18日 (水) 12:38

数年前、同じ時期に歩きました
桜の木の下にコロコロの蛭が昼寝(?)
踏まずに歩くのが難しいくらいの数でしたヨ。

シラネアオイの群生には !!(゚ロ゚屮)屮 ビックリ!!

投稿: tuba姐 | 2011年5月18日 (水) 07:34

赤鬼さま
小生も初めてでした。
以前は花見山から先は道が無かったようだね。
今は菅名岳までしっかりついています。
先日の会山行で菅名から小山田へ下ってきたようだよ。

投稿: 輝 | 2011年5月18日 (水) 06:28

菅名岳は何べんも行ってるけど、ここは歩いてないな。花の種類が多いね。

投稿: 赤鬼 | 2011年5月18日 (水) 06:16

山の風さま
中途半端レポにcomment恐縮です。
小生も、GWに何度か巻機山登った経験有ります。
山頂で抹茶と和菓子を頂いたことも有りました。

長い雪の期間が有るからこそ、その分、越後の春山は爽やかさが
感じられるのかもしれません。

日帰り出来る山も数多くあります。是非お出かけください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年5月17日 (火) 05:26

青空にブナの新緑にタムシバ、そして残雪の峰々。
やはり新潟の山ですね~イイナーhappy01
昔、5月の連休に巻機山へ登ったのを思い出しました。sign03

投稿: 山の風 | 2011年5月16日 (月) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/51689220

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジ5月最初の山歩き:

« 何年も前から | トップページ | ジィ~ジの山歩き5月第2弾 »