« こんなことも! | トップページ | 一月の〆 菩提寺山 »

2011年2月 2日 (水)

或る日のお昼

所属する山の会では、500人弱の会員に毎月月報を発行しています。
その発送作業に10人ほどの会員が携わっています。

年の初めと言うことで、作業が一段落して、そのメンバーがお昼を兼て
新年会?を開く由。

ジィ~ジは発送業務にタッチしていないものの、打合せ事項が出来たので、
話の序でに、飛び入り参加です。

場所は、新潟市沼垂の或る寿司割烹。  会費 4,500円

P1270045                 アルコールと料理の一部

お昼から、ビールと酒と幹事Kさん持ち込みの 古酒 乙焼酎 の三種混合
もともとジィ~ジ嫌いな訳なく、継がれるままにグビグビグビグビ 回りも速い!
お造りや焼き魚、料理も流石 老舗で旨かったが…

全国の清酒好きな方であれば、大概ご存じの <越乃寒梅> 
その醸造元、石本酒造が大吟醸酒粕原料とし、10年醸成した年間に僅か
数百本しか販売されない40度の焼酎。
2年ほど前に1本頂いたことあるジィ~ジも口にするは2回目です。

40度の焼酎 小さなグラスに注ぎ、ストレートで。次いでお湯割りにして…
一気に身体の芯が熱くなってきます。

突然の飛び入りながら、なんか得した感じ!。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。        .:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

* 沼垂(ぬったり)
 西暦647年 日本書紀に記載されている日本最古の城柵 渟足の柵が
 有ったと言われる一帯。 渟足⇒沼垂に
 但し 元新潟大学 小林教授が中心になって、新潟飛行場周辺、万代島、
 山ノ下長者町周辺…他、文献をもとに何か所もボーリング調査も含めて
 研究されたが場所の特定できず。
 越後新潟は、日本一の長江信濃川、そして大河 阿賀野川に挟まれた沼地。
 恐らく度重なる洪水で、その痕跡は流されてしまった?
 もし見つかれば、世紀の大発見となること疑いなし。
 新潟にとっては、大事な貴重な地名でもあるのです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.         .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

宴もお開き、新潟駅までふらふらしながら歩きます。
(人様の迷惑にならぬよう転ばぬよう意識して 酔ってても正気残)

昼酒はホントに早く回ります。電車発車と同時に数分間の転寝。

それでも降りる駅は間違いなく辛うじてセーフ。

駅から家まで10分弱。おぼつかない足取りで帰ります。

P1270046

家では怖い相方が留守をしています。醜態見せるわけにはいきません。
少しでも酔いを醒ますべく努力するジィ~ジです。

道すがら他所のお宅の花など撮ったりして…

上記の写真の花、椿?それとも山茶花? 

酔っ払いジィ~ジ 或る日のお昼の様子の一コマ。

                            (おしまい) 

|

« こんなことも! | トップページ | 一月の〆 菩提寺山 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
500人の会なので時折問題も発生するのです。
何とか事を荒立てないで収めねばならないときも有るのです。
今回も一応の決着を着けて改めての新年会だったのです。

帰路の花、ジィ~ジだけの秘密です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 3日 (木) 23:09

会員の方々のために、尽力をつくして
“のみねぇ~・のみねぇ~”の席bottle
盛り沢山の話題に花が咲いたようですね^m^
帰路の“花”の撮影は、話題の一つだったのかしら?

投稿: tuba姐 | 2011年2月 3日 (木) 22:47

赤鬼さま
40度の焼酎ストレートで飲んだせいか?味よりもアルコールそのものって感じ。
ヤッパリお湯割りが旨いね。それにしても昼酒は利くねぇ~

幾つになっても相方には勝てませんなぁ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 3日 (木) 07:10

noritanさま
発送の新年会、一寸会長に用事が有ったので飛び入りだったのよ。
昼酒は回るし、何せ焼酎40度だもんね!
誰かはどうやって家に戻ったか?わからないと言っていたけど
おいらはしっかりしているだろう。
昔は大學前まで乗り越したこともあったけど…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 3日 (木) 06:22

焼酎うまそう。昼酒は利くよねえ。相方は怖いほうが平和なのよ。

投稿: 赤鬼 | 2011年2月 3日 (木) 06:19

えっ!発送の「昼宴席」には輝様も出席でしたか!
平日の午後、良いですねぇ~~
私も呼んでくれれば・・・
なんて、無理か(ーー;)
K氏もお酒好きですものね。
でも、チャンと、下りるべき駅で下車するからエライ!
私は巻まで行ってしまいましたから・・・

投稿: noritan | 2011年2月 3日 (木) 04:51

もうぞうさま
予期せぬ珍しい高価な焼酎をストレートであおったり、昼酒は
廻るので、なおさら相方の目が怖いのです。
根がだらしないですからねぇ~
反論の余地が無いのですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 2日 (水) 20:38

お疲れさまでした。
それにしても輝さまも相方さまが怖いとは・・・

投稿: もうぞう | 2011年2月 2日 (水) 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50757332

この記事へのトラックバック一覧です: 或る日のお昼:

« こんなことも! | トップページ | 一月の〆 菩提寺山 »