« 或る日のお昼 | トップページ | 中身の薄い1月の纏め »

2011年2月 4日 (金)

一月の〆 菩提寺山

遂に1月は、あれやこれやで遠征出来ず。

雪の量も例年より多く近場の山でウロウロするばかりのジィ~ジです。

1月30日(日) 晴/曇
何時ものように簡単なお昼を撮り終え、空身同然で家をでるジィ~ジと相方。

向かう先は、毎度・毎度の角田山ではなく、新潟市秋葉区(旧 新津市)です。
P1300047                   石油の里 観光物産館

明治から大正にかけて全国でも有数の油田 新津油田のあった場所。
石油王と言われた中野貫一の旧邸や石油の採掘の遺跡が数々見られます。

 石油の里関連記事は⇒コチラ

石油の里 観光物産館前の広い駐車場に車を止めて、物産館の後ろの
登山口へ向かいます。

13時45分 登山口

P1300048                         ルートマップ

ジィ~ジはこの山の隣の山、高立山は所属する山の会の研修会場として何回か
歩いているのですが、ジィ~ジ、相方共にここから向かう菩提寺山は初めてです。

この周辺(金津)は、明治から大正時代にかけて日本一の産油量を誇った金津層。
日本では希少な油田が残されている場所でもあります。

P1300063                      金津層説明板

平成6,7年まで使われていたポンピングパワーが今でも何本も残っています。

P1300062                     ポンピングパワー

(現在でも 無雪期には石油汲み上げ体験できるようです。)

太平洋戦争で荒廃したこの丘陵を元に戻すべく、戦後、杉の植林、そして
コナラの植林など手入れがされ、近年、地元のNPO法人が中心に風致林も
設け、更に樹木説明表示板など数々見られ、いかにも地元の方たちから
大切にされ、愛されているかが如実に窺われます。

P1300050                    コナラ二次林説明標識

薪にしたり、炭にしたりコナラを利用したようです。

 P1300052 P1300061
(写真 左) 樹木説明盤その1
(写真 右) 樹木説明板その2

写真のような表示板が種類ごとに道の両側に何枚も見られます。

小さなアップダウンが何回か続きます。
早朝どなたかが難儀してトレースを付けられたのでしょう。
その後、多くの方が後を辿られたのか、しっかりとしたトレースを歩きます。

途中、下ってくる地元の多くのハイカーと交錯します。

ところどころ雪は深く(多分1m強)、時折足が取られるジィ~ジです。
それでもなんとか
14時35分ー14時43分 菩提寺山山頂
菩提寺山 248m山頂です。
名の由来は、弘法大師がこの地に菩提寺を建立されたとか…

P1300053                        菩提寺山縁起

P1300057                       山頂避難小屋

山頂付近積雪は優に1mは超えているでしょう。
長靴用スパッツも着けてこなかったジィ~ジ、トレースを一歩踏み外せば
容赦なく隙間から雪が長靴の中に…

本来であれば、山頂から白玉の滝へ周回して下山する予定だったものの
カンジキも持参しない体たらく。とてもツボ足では辿れません。
この日はトレースも見当たりません。往路を辿って下山です。

P1300060                      下山する相方

15時30分 菩提寺山 石油の里登山口

P1300064                     雪被る杉木立

ジィ~ジと相方 1月最後の里山歩き。  
                             (完)

|

« 或る日のお昼 | トップページ | 中身の薄い1月の纏め »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

kurumi さま
駄ブログにcomment感謝です。

角田でお会いする機会があるかもしれませんが、そのときはぜひ声を
かけて下さい。
菩提寺山多分雪は締まって歩きやすいかもしれませんよ。

私も天下の坂本龍一氏の新津丘陵でのニュースみて、聊かびっくりしました。

こんな駄記事ばかりですが、また お立ち寄りください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 5日 (土) 17:48

赤鬼さま
あの日の午後に行ってみたのですが、ツボ足では白玉の滝の方へ
下ることが出来ないほどでした。
新津の地元の人が大事にしている山ですね。
「明日天気になあれ」だね。

ゆっくりと西山三山も良いかもしれないね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 5日 (土) 17:03

こんにちは!
こちらには初めて書き込みします。

冬はいつも角田山ばかりで菩提寺山に登ったことはありませんでした。
紅葉を見に石油の里に行ったことがあるくらいで。
菩提寺山にも今度登ってみようかな~、と思いました。
最近寒さが緩んだので、雪が溶けてきてグチャグチャになっていそうですが。
去年11月だったか、森林保全団体の代表の坂本龍一氏が来ているのがニュースになっていましたね。

投稿: kurumi | 2011年2月 5日 (土) 09:45

残雪期には何度か行ってるけど、積雪期にはまだ行ってないよ。散歩
コースだね。大抵高立山とセットで行くようだね。「明日天気になあれ」

投稿: 赤鬼 | 2011年2月 5日 (土) 06:21

tuba姐さん
雪の状況とワカンを持っていけば、白玉の滝へ周回できるので
植物園とセットで一度トライおすすめ。
小屋にはストーブもあるし。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 5日 (土) 06:01

へぇ~!
近くに、いい山があったのね?!
山頂の避難小屋も、どっかで見たような?
それに雪の量も、まだまだ凄いですネ。
トライしてみたい!(^^)!

投稿: tuba姐 | 2011年2月 4日 (金) 23:22

もうぞうさま
今回標高が低い割に想定外に雪が深く吃驚しました。
新津丘陵は縄文時代から開けた里山 遺跡も有るのでゆっくり歩くと
新発見があるかも…です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 4日 (金) 19:45

この西山三山は、里山歩きに良いですね~
もっとも輝さまには、物足りないことでしょうけど・・・
石油の里コースは、まだ未踏です。その内に行ってみたいですね。

投稿: もうぞう | 2011年2月 4日 (金) 19:36

kiyopom77さま
commentありがとう。
今年は久しぶりに雪の多い年になりました。
乾燥注意報ばかりも辛いもの有りそうですね。
何事もほどほどが良いのだけど…

それでも立春気温もかなり高くなってきました。
春間近だね。越後の山へ花見においで。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月 4日 (金) 17:32

三角屋根の避難小屋可愛らしいですね。
今年は(も?なのかな)日本海側はかなりの積雪量みたいですね。こちら太平洋側は毎日乾燥注意報です。
今日は立春。今週半ばあたりから気温も上昇しているみたいですね。徐々に春に向かっていくのですね~

投稿: kiyopom77 | 2011年2月 4日 (金) 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50772552

この記事へのトラックバック一覧です: 一月の〆 菩提寺山:

« 或る日のお昼 | トップページ | 中身の薄い1月の纏め »