« 角田山アッチコッチ | トップページ | 新潟彼方此方 ⑨ »

2011年2月24日 (木)

アイスモンスター群 IN 蔵王

  運動音痴且つ財政難で、スキーも出来ないジィ~ジですが、今月初めから
人気山ブロガーの皆さんのレポで、西吾妻山や、蔵王の素晴らしい樹氷の
写真が沢山掲載され、どうしても我が目で見てみたい と珍しく強い衝動に
駆られたジィ~ジです。

親戚同様の岳友O夫妻、そして心根優しき赤鬼氏にお誘いの声掛けます。

もしかしたら、ここ暫くの暖気で見物には遅いかもしれない。と思いつつも
皆さん気持ち良く賛同してくれます。

赤鬼氏は、折角行くのだから、自分は序でに滑りたい。
結局、キャリアー付の赤鬼さんの車で行くことに・・・

2月21日 (月) 快晴
朝から快晴、6時半過ぎ、新潟中央ICから日東道経由で荒川・胎内IC、そして
R113、荒川沿いに山形県を目指します。
天気の良くなる日は、大概川沿いには霧が発生。
外気温はマイナス5度。車窓からキラキラと樹木の霧氷が目に眩しい。
上山バイパスから蔵王エコーラインへ、そして途中から蔵王温泉に向かいます。
9時30分、蔵王温泉スキー場駐車場到着。家を出て凡そ3時間。

平日にもかかわらず、想像以上の賑わい。スキーヤーに観光客。
蔵王ロープウエイは整理券の発行です。この日順番待ちで30分弱要します。

中間駅からは、ゴンドラに乗り換え山頂駅へ。

P10206621            ゴンドラの窓から  雪坊主の群れと月山 朝日連峰

10時35分 山頂駅
この日の目的は登山ではなく、アイスモンスターにお目通り願うことです。
内心、アイスモンスターもヨレヨレ?と危惧していたジィ~ジですが、幸い
杞憂に終わり、空には一直線に伸びる飛行機雲だけ、まさにピーカンsun

赤鬼氏は山頂駅からスキーで樹氷原コースで下山。下で待ち合わせ。
我らはまず蔵王地蔵岳のシンボルお地蔵様にご挨拶。
  P10206641 P10206661
(写真 左) スキー履き滑り降りる準備する赤鬼さん
(写真 右) 肩まで埋まる錫杖もったシンボルお地蔵様と橇付お賽銭箱

抜けるような青空 
鳥海 葉山 月山 朝日連峰 飯豊連峰、磐梯山、そして吾妻連峰…
四周の山々余すところなく望まれます。もう最高 最高。。

まずは直ぐ近くの地蔵岳まで。背中にワカン背負ってるものの不要です。
P10206671                     地蔵岳に向かって

周囲は数えきれないほどの様々な姿したアイスモンスターが…
無論かなりの氷点下なれど、風が殆ど無く寒さは覚えません。                        

P10206781                  地蔵岳山頂にて記念の一枚
P10206741_3                       モアイ怪人と大満足の変人ジィ~ジ 朝日連峰バックに

P10206791_2                 朝日、飯豊展望遮るものなし
P1020677_2                     蔵王盟主 熊野岳

地蔵岳から熊野岳までこんな天気の下であれば、造作ないと思われますが
今回はアイスモンスターの皆々さんに御目文字するのが目的です。
(ビール缶持参は、大阪から航路、優雅に2日間蔵王堪能のグループの方)

P10206831                    モンスターと変爺
P1020692              地蔵岳から尻セードに興ずるトレッカー

P10206901                背高氷結怪人と氷結狛犬

P10206971                モンスターとそのシルエット

10数㎝の新雪でキラキラ キラキラ モノトーンの世界です。

尻当て敷いて、持参のコーヒーや甘みを口に、4人でマッタリ マッタ~リ。
こんな時間が一番贅沢 至福のひと時です。

P10207011                    光を浴びるモンスター

のんびり ゆったり過ごすも、赤鬼さんとの約束の時間が迫ってきます。
山頂駅に戻らねばならぬ時間が迫ります。

P10207021                    山頂駅屋上展望台から

好天に恵まれ、まだ崩れていない数々のアイスモンスターに挨拶できて
充足感満たされたジィ~ジです。

約束時間の午後1時 山麓駅で赤鬼さんの出迎えを受けます。

遅めのお昼は上山温泉の手打ち蕎麦屋さんで、手打ちの太く黒い田舎蕎麦。

そして途中 道の駅 飯豊で休憩 トイレタイム。

小国で工事片側通行有るも、まだ明るい5時には帰宅。   

登山とは少し異なる樹氷トレッキング。たまにはこんな時間が有っても・・・
と思うジィ~ジです。

最後に心残りは、只一つ。
華麗なシュプール描いて滑走する盟友 赤鬼氏の姿、見れなかった事。

                     お終い               

|

« 角田山アッチコッチ | トップページ | 新潟彼方此方 ⑨ »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

窪田 薫さま
お早うございます。
蔵王は山形県と宮城県に跨る大きな山なので、
共に入れるコースが有るのです。
只、アイスモンスターが出来る気象条件から樹氷は
山形が一般的で、新潟からもアクセスが良いのです。
ストックが有ればピッケルは特に必要が有りません。
念のため、6本爪程度の軽アイゼンが有ればOKです。
現役世代ですから休みがねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年9月30日 (水) 07:52

蔵王、て 宮城蔵王と山形蔵王が有るんですねぇ、、
関西人、東北の地理にさっぱりで申し訳ないです(^◇^;)

本当は、前日の天気予報を見て 早起きして行くのが一番良いんでしょうけど、、
1ヶ月半前には休み希望を出さないとダメなんですよねぇ。。

夜行バスを使い(大阪市内まで出たら、新潟駅行きのバスも有りました)朝から連れてってもらえたらな♩と画策中です(#^.^#)

冬装備は一通り、持ってます♩
(あー、ピッケルはまだ使いこなせてません〜(ー ー;)

投稿: 窪田 薫 | 2015年9月29日 (火) 23:45

窪田 薫さま
飛行機なら別ですが、八甲田まで山形蔵王からでも
数百キロも離れています。
酸ヶ湯温泉は素晴らしい温泉ですが、この時期には
数m(5,6m)の積雪で吹雪かれれば車は立ち往生
凍死するかもしれません。
来年 久しぶりに見たいと思います。
天気とタイミングが合えばご案内できますが・・・
温泉は蔵王♨ 上山温泉 天童温泉・・幾らでも
有ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年9月26日 (土) 15:07

返信、ありがとうございます。

蔵王の方がアクセス、良いんですか。
地理の事は 全く分からず、八甲田山なら酢ヶ湯温泉があるなぁ、なんて思ってましたが、、アクセス良い方が良いです(^^)

もし、来年 行かれるならご一緒したいですわ〜(#^.^#)

投稿: 窪田 薫 | 2015年9月26日 (土) 14:37

窪田 薫 さま
こんにちは~
アイスモンスター=蔵王or西吾妻が代表でしょう。
中でも蔵王が一番アクセス的にも便利だし、数多く見られます。
毎年、2月の中旬が見頃かと思います。
私も久しぶりに思い出し観たくなりましたよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年9月26日 (土) 06:30

びっくり!

撮り溜めてた山の番組を見てたら、八甲田山のアイスモンスターが紹介されてて、
何気に 他に どんな山でアイスモンスターが見れるのかな?と検索 かけたら 平井さんのブログが ヒットしました♩

北海道の山友さんに、「モンスターが見たい!」てお願いしたら
「北海道の雪は 粉雪過ぎて モンスターにならない」と言われ、、
それでも 道東の藻琴山(標高1000m)に連れてってもらったコトがあります。
ま、モンスターといやぁ、モンスターやったけど、、
やっぱ、東北の山は 違いますねぇ、、
う〜ん、キレイな写真、ありがとうございました。
ちと、作戦を練ってみます (#^.^#)

投稿: 窪田 薫 | 2015年9月26日 (土) 00:07

sanaeさん
ぼんいぢ氏やほかの方々のレポを見てどうしても行きたくなったのです。
我ら暇人、財力は乏しいものの時間はたっぷりあるので、空模様眺めて
出かけられるありがたい身分で、この日の展望も最高でした。
風も無く寒さ全く感じませんでした。

雪国富山の出身なれど、丁度物不足の時代に育ったジィ~ジ
当時よほどのお坊ちゃましかスキー買ってもらえず、皆50センチほどの
ただの竹スキーでした。その後、機会もなく、そして運動音痴で
今に至っていますが、スキーの旨い人憧れます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年3月 1日 (火) 18:08

一週前にいらしていたのですね。
地蔵の方のアイスモンスターは見事ですよね。
お天気も最高で何よりでした。
ジィ~ジさんはスキーをなさらないのですか?

投稿: sanae | 2011年3月 1日 (火) 17:47

kiyopom77お嬢さま
晴れ間狙って見物に行ってきたよ。
越後は当然山形蔵王が近いのよ。
日本海の季節風が影響するのでモンスターも山形側の方が少し多いかも?
ただ、問題は簡単にモンスター見物できるので半端で無く混雑が予想されること。

今回はマッタ~リ、のんびり山登りと違う時間を過ごしてきましたが、
こんな時間も良いものです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月26日 (土) 06:03

みいさま
commentありがとうございます。
ピーカンの下、大巨人腹いっぱい見ることができました。
更に岩手、秋田、山形、福島の山々も・・・
今年は確かに当たり年らしい。

来年は是非滑ってみてください。
ただ我らと違って土・日でしょうから混雑が懸念されます。
見物客が多いのですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月26日 (土) 05:56

Wao!! ジィ〜ジもモンスターに会いに行ったのですね!!やっぱり山形側のモンスターは迫力が違いますね。ゴンドラの窓から一面のモンスターの行進が見られるなんて贅沢ですね。山形側は設備が違いますね。う〜ん。しかも最高のお天気じゃないですか♪羨ましいです〜青空と純白のモンスター。こういう時はマッタ〜リが1番ですね。

投稿: kiyopom77 | 2011年2月26日 (土) 02:25

うわ~♪これは、素晴らしい!!
好天に恵まれ、青と白・・・そして、モンスター最高~^^
今年は、モンスター当り年とか^^
 ・・・ってどんなんやっ(笑)

来年はうちも、このモンスターを眺めて滑るぞ~!と
ペンギンにおねだりした次第・・・^-^

投稿: みい | 2011年2月25日 (金) 23:01

Anbabyさま
comment ありがとうございます。熱烈歓迎です。

スノーモンスター、アイスモンスター、樹氷 数知れず。

登山を始めるには、まず近くの易しい山、そしてお天気の良い日に。
後は、自分に合ったしっかりとした靴をoutdoor洋品店でアドバイスを受けて。

投稿: 輝 | 2011年2月25日 (金) 11:53

わぁ〜!とっても綺麗な写真ですね!!
なんだか不思議な世界に入り込んでしまったみたいです(^^)
私も登山始めようと思っているので、ブログ参考にさせていただきます!

投稿: Anbaby | 2011年2月25日 (金) 11:23

tuba姐さん
ジィ~ジ以前、西吾妻で見たことありますが、これほどの数のモンスターは
矢張り蔵王でしょうか?天気が途轍もなく良かったので
岩手 秋田の山までも見えたし
もう暫く見ることができると思いますよ。是非!

揃いの長靴、相方のが1番新しいけど、現在この色しか製造されていないようなのですyo。

投稿: 輝 | 2011年2月25日 (金) 08:48

わぁ~!!
圧巻。。。
一面、モンスターだらけなンですネ?!

記念撮影を良く見れば・・・。
御揃いの履物で親密度が分かりました。

モンスターに逢いたいyo~❤

投稿: tuba姐 | 2011年2月25日 (金) 08:41

えいじさま
こんにちは こちらこそご無沙汰失礼しています。

えうじさんは、優雅に八甲田だったようですが、我ら貧乏人は
日帰り蔵王でした。
負け惜しみでは有りませんが、お天気を見ながら行動できる
有り難い身分ですから(笑い)
沢山のモンスターに挨拶出来て楽しかったですよ。

来年は是非、蔵王でスキーも兼てお遊び下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月25日 (金) 08:28

ご無沙汰しています。
快晴とモンスターは素晴らしいですね。
私も来年は蔵王に行ってみたいと思いました。

投稿: えいじ | 2011年2月25日 (金) 07:49

赤鬼さま
その節はホントにお世話さまでした。
天気が良く最高に満足しました。
あの低空で飛行していた戦闘機は一体?

モンスター目茶目茶沢山見れたなぁ~
残念だったのは、鬼さんの滑空が見れ無かったこと。

何処のスキー場も近頃シニア料金有るようなのにネ!結構強気!?

投稿: 輝 | 2011年2月25日 (金) 06:54

お世話様でした。最高の天気、頭上には戦闘機まで。気持ちよく滑り
おりたよ。それにしても蔵王のリフト代は高いなあ。

投稿: 赤鬼 | 2011年2月25日 (金) 06:46

もうぞうさま
今晩は
このところの暖気続きで遅いかな?とも思いましたが、、今年は
積雪量も多く、気象的にも条件が良く大きく出来上がったようで
何とか間に合いました。
周囲の山々もぐるっと眺められ、素晴らしいひと時が持てました。
もうぞうさんもお忙しいですが、いつの年かに是非もう一度
お天気の良い日にお出かけください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年2月24日 (木) 19:55

いや~素晴らしいです。
私も遙か昔スキーをしていたころ行ったことがありました。
でも3月中旬だったので、まったく残っていませんでした。
その上、低気圧の接近で大荒れ。午後からはリフトやロープウエイが止まって最悪でした。

投稿: もうぞう | 2011年2月24日 (木) 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50956841

この記事へのトラックバック一覧です: アイスモンスター群 IN 蔵王:

« 角田山アッチコッチ | トップページ | 新潟彼方此方 ⑨ »