« 第3弾〈大蔵山?〉 | トップページ | 山歩きはお休み »

2011年1月14日 (金)

第4弾(角田山2)

現役を離れ、暇人ジィ~ジ。殊更、3連休など気にする必要ないものの
世間の様子がちょっぴり気になり、また予報より天気も良さそうです。
とは言っても、既にお昼も近い!今から出かけられるのは 角田山 程度。

1月10日(月) 曇/晴
年が明け2度目の角田山 先回は“稲島コース” 今回は“ホタルの里コース”

お昼を食べてから空模様を眺めて家を出てきたので極めて遅いスタートです。

13時48分 ホタルの里登山口
 P1100001 P1100002
(写真 右) ほたるの里登山口
(写真 右) 階段登山道歩き始める相方。

Warmingup無しでのスタート。
新潟市の生んだ作曲家 遠藤 実 寄進の平成観音堂までの百段強の
階段はキツイ。肺機能の弱いジィ~ジは直ぐに息も絶え絶え ハァ~ハァ~

階段登りきれば、漸く緩い道に代わります。何とか息を整えて前進すればP1100006               新潟(蒲原)平野と新潟ゴルフ倶楽部

新潟GCさすがに現在は営業できません。

目を転ずれば、多宝山 弥彦山への連なる山並みが

P1100007               振り返れば新潟市最高峰多宝山と弥彦

遥か下の方からバァ~ン バァ~ン 腹に響く射撃の音が聞こえます。

14時20分 福井三角点  P1100009                       福井三角点

福井の三角点からホンの少し下り、再び緩い傾斜のアップダウンが続きます。
雪の量は少しずつ増えてきてはいるもののトレースはバッチリ。当然 ツボ足。

14時29分 山の神 分岐

P1100010                      山の神分岐

右へ折れれば安産祈願の小さな小さな鳥居と社が有りますが、特に
用もないのでパスです。

道の脇には健気にも重い雪を頭に載せた 榊 の木が多く見られます。
P1100013                  雪を纏った榊と前行く相方

前方から話声が近づき顔を見えます。
前回の角田山頂の避難小屋で逢った会の大先輩M夫妻です。
「あら~Hさん。また逢ったわねぇ」奥様より声が掛ります。

多分 避難小屋で缶ビール数本空けたのでしょう。良い顔色です。

14時44分 竹野町コース(五りん石)分岐
この先、角田山にしては山頂まで結構急な傾斜の登りとなります。

P1100014                 この先には急登が待ってます。

約12分ほど急登を登りきれば道も緩くなり空も見えだしてきます。

P1100016_2              青空のぞく山頂とエドヒガンザクラの老大木

15時00分-15時05分 角田山山頂

P11000171                       山頂と相方

角田山山頂積雪6,70センチ?新雪がキラキラ輝いています。
避難小屋チラリと覗けば、時間が遅いせいか?3名のみ。
ジィ~ジと相方、持参の水を一口 渇いた喉を潤し、長居は無用 下山です。

転げ落ちないよう急登の登山道を慎重に下り…

15時15分 竹野町(五りん石コース)分岐P1100019                 雪が積もった休憩用ベンチ

15時27分 福井三角点P1100020                    福井 三角点ピーク

杉林が現れ出し始めるとやがて眼下に朱塗りの柱の堂が…
15時53分 平成観音堂
P1100021                      平成観音堂

堂内には
台湾檜?で彫られた素晴らしい十一面観世音菩薩立像が有るが冬季閉鎖。

正面で両手を併せ階段から登山口へ戻ります。

15時58分 ホタルの里 登山口

P1100022                   登山口と階段登山道

膝の調子も完全ではなく、結局 今年はまだ他県遠征できず。
それでも新雪の近郊の山で、それなりに楽しんだジィ~ジです。

  角田山 23-2    この項 おしまい。




|

« 第3弾〈大蔵山?〉 | トップページ | 山歩きはお休み »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
なんか今日は気分が乗らないのですよ。
時折、膝の後ろの筋が疼いて気持ちが悪いし、スカッとすること無いかな?
昨日は我が家の前の道路もバリバリで結構滑り塩梅。
厳冬期の山は厳しいので、残雪期の山や、春の妖精が
待ち遠しいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月15日 (土) 11:45

雪の角田山は、魅力がいっぱいですねshine
暫くは、真っ白な雪山を楽しみたいけど・・・
春の妖精も愛でたいし・・・

路上(歩道)の雪は、早く解けて欲しいですねぇ~
凍りついた路面は、危なくて!

投稿: tuba姐 | 2011年1月15日 (土) 08:27

赤鬼さま
昨日はお世話様でした。
今日は土曜日、何処か歩いてみたいところですが、相方がお仕事。
会の詳報作成でもしようかと…

ホタルの里、距離が長いのでTrainingには良いかもネ。
駐車場も問題ないし…
たまには如何!?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月15日 (土) 07:21

昨日はお疲れ様でした。この時期の角田は上り坂のない登山口から行かないと駄目だね。ほたるの里コースは最後が急登だね。そこをラッセルだと辛いものがあるけど。トレースがあれば大丈夫か。

投稿: 赤鬼 | 2011年1月15日 (土) 06:24

みいさま
有り難いcomment恐縮です。
新潟市内、現在市街地で積雪10数センチですが、山はそれなりに積もってます。
雪質は残念ながら信州や北海道には到底勝てません。
ただこの重い永い雪が色々な花を育ててくれます。
みいさんお出かけまでには、膝の具合それなりに直しておきます。
お気遣い多謝です。

投稿: 輝ジィ~ジ@宴会ヶ岳 | 2011年1月14日 (金) 22:56

もうぞうさま
毎度お世話さまです。
たかが角田 されど角田 小生にとっては、言い表すこと叶いませんが
我が人生にとって得難い山なのです。
故郷の立山・劔は別格ですが、新潟を終の棲家にする以上、ジィ~ジの
紛れもない百名山なのです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月14日 (金) 22:48

だいぶ雪も増えたんでしょうか~?
年初めに登られた頃より・・・^^

四季を通じて、ジィ~ジさんのブログで拝見してる
角田山・・・なんだかこっちまで、精通してる気が・・・(笑)


これからどれだけ積雪増えるのかも、楽しみです^-^

膝・・・無理しないように・・・^^v

投稿: みい | 2011年1月14日 (金) 19:53

いや~素晴らしいです。
しかしこれだけ引きつける角田山の魅力って?
私も分かったようでまだまだ分かりません。

投稿: もうぞう | 2011年1月14日 (金) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50582641

この記事へのトラックバック一覧です: 第4弾(角田山2):

« 第3弾〈大蔵山?〉 | トップページ | 山歩きはお休み »