« 新年第2弾 〈弥彦山〉 | トップページ | 第4弾(角田山2) »

2011年1月10日 (月)

第3弾〈大蔵山?〉

成人式をの3連休 昨年まで凡そ10年、赤岳鉱泉をベースとし、赤岳はじめ
南八ヶ岳山行が恒例?だったジィ~ジですが、今年はいつも同行の岳友に
用事が有ったり、ジィ~ジの膝痛が完治していないとか、或いは寄る年波で
気力減退?などの言い訳と理由で中止です。

さりとて、自分の家で連日沈殿してるだけではストレス溜まります。
新潟地方の天気予報3日間ともあまり芳しくありません。
それでも雨ならともかく、少々の雪であれば問題ありません。
新潟は車で1時間も走れば手頃な山歩きが幾つもできる良い土地柄です。

そんな訳で 今回急遽選んだ山は 大蔵山(864m)

1月8日(土) 曇/小雪

家を出た時間も遅かったので、“コロニー いずみの里”先の駐車場は
既に満車状態かも…と予測していたのに着いてみれば僅か2台だけ。

10時00分 駐車場
  P1080024 P1080025
(写真 左) 杉林の林道
(写真 右) コース案内標識
林道を10分ほど進めば旧 駐車場 (昔はここまで車が入った。)
足元の靴跡見れば、この日の先行者は2名?

雪が積もった沢に架かる小さな橋を渡り、電光型に切られた道を一気に
登れば、再び林道(三五郎林道)に出ます。
階段の登山口 大蔵山尾根コースの始まりです。

鬱蒼とした杉林の中、ジグザグに高度を上げます。積雪量は大したこと無し。

大蔵山は縦走含め過去10数回は歩いて居るものの、二合目先までの
少し暗い杉林の中の道は一寸好きになれません。
その分?三合目先からのブナ林は見る価値大。見事です。

10時33分 一合目

P1080026                        一合目

二合目過ぎた辺りから積雪量はかなり増えてきます。
それでも先達の二人のトレースのお蔭でツボ足で歩けます。
ここまで二人ともアンダーシャツ一枚で歩いてきたものの時折、小雪も
舞い冷たい風も吹いてきたので雨具の上着を羽織ります。

三合目からは様々な枝ぶりの大きなブナの木が目を楽しませてくれます。

P1080028                   雪が深くなってきて
P10800291_4                      振り返る相方 

沢コース分岐付近で、下山してくる女性単独行さんと交錯。
五合目からは更に雪も深くなりカンジキも必要だろう。自分は五合目で
撤退してきた。との由。

11時30分 五合目
P1080031                       五合目標識

六合目付近でジィ~ジと同年配の男性単独行氏が下山してきます。
七合目までで引き返してきたそうです。
ツボ足でトレース無い雪道の道つけ。凄い脚力の持ち主です。

我ら二人勿論カンジキ持参なれど、膝痛治療中のジィ~ジは整形外科の
Doctorから“カンジキ歩行は負担がかかるので避けたほうが良い”と
指示され、また夕方一寸した用が有るので前進限度12時と設定しています。
行けるところまで行こう!

P1080033                少し下って七合目に向かって登り返し

雪は深くなる一方、膝に力の入らないジィ~ジ、時折 道外します。
P1080036                  太ももまで抜かったジィ~ジ

11時57分 七合目
単独行氏の足跡もこの近くで消えています。
ジィ~ジは 高村光太郎の気分です。

「僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。あぁ自然よ 父よ…」

P1080037                       トレース皆無

折角ここまで来たのです。
ツボ足のままジィ~ジ20mほど道拓きます。(ホンのちょっぴり、足跡残す)

強がりですが、この先カンジキ履いて二人でラッセルすれば多分、山頂到達
可能かと思われますが、夕方の用事とDoctorの助言を理由に時間オーバー
下山とします。

12時11分 下山開始。
粉雪混じりの冷たい風を受けながら往路を戻ります。
自分たちが作ったトレースなれど、足がもつれたり歩きづらい。

P1080040                       下山開始

P1080041                 六合目付近 view point

P1080042                   ブナの大木と相方

P1080043                        越後の雪山

途中、男性単独行氏とすれ違い。一言二言状況伝達します。

P1080044                       尾根コース

13時15分 一合目
13時25分 登山口
 P1080045 P1080046_2
(写真 左) 一合目
(写真 右) 尾根コース登山口
 P1080047 P1080048
(写真 左) 山の神   無事下山に感謝して参拝
(写真 右) 沢の橋渡る相方。

周りには雪がちらほら舞い雪の越後の風情感じます。
P1080049                       雪舞う里山

時間切れ 途中撤退の 大蔵山。
そう言えば、一昨年は猛吹雪で八合目で撤退したなぁ~

雪道歩行は安定歩行できないので、膝にはあまり優しく無いなぁ~

とは言うものの、静かな雪山歩きで爽快感 満足度 大のジィ~ジです。

   この項 おしまい。。。。

|

« 新年第2弾 〈弥彦山〉 | トップページ | 第4弾(角田山2) »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさん
経年劣化の膝の調子や仲間とのscheduleが合わなかったりして
恒例の八ヶ岳山行、今年は止む無く中止しました。

このところ新年に入ってからsnowが多く、新潟の山は雪の量が
多いようです。
残雪期はこの大蔵山から飯豊連峰を眺めながら周回できるのですが…

厳冬期は新潟の山 登山者少なく静かです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月18日 (火) 17:56

今年は八ヶ岳中止になりましたか。
でもそちらは遠出されなくてもこれだけの積雪量!
十分楽しめますね。
でもやっぱり八ヶ岳の魅力は違うのでしょうか(^^ゞ

投稿: sanae | 2011年1月18日 (火) 16:58

赤鬼さま
大蔵山ここ3,4日前から相当降ったみたいで、結構な量でした。
3連休なのに残雪期と違うためか、登山者があまり少ないので吃驚。

弥彦の新年会、殿様気分で楽しかったことでしょう。
我が家、新年会の声など全くかかりません。

今日は朝から角田。頑張りますねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月11日 (火) 07:00

一昨日は弥彦で新年会をテントでやってきたよ。会長に会った。
さすがに大蔵山雪多いねえ。今日は一人で五頭と思っていたが、上さんに用事を頼まれ、昼までに帰らなくてはならないので、また角田だ。

投稿: 赤鬼 | 2011年1月11日 (火) 06:40

tuba姐さん
大したことではありませんよ!
でも3連休の割にあまりにも登山者が少なく、ちょっと想定外でした。

ところで今日は、どちらだったのでしょう?

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月10日 (月) 22:09

凄い!
あぁ~、とても真似できないsweat02

投稿: tuba姐 | 2011年1月10日 (月) 20:50

もうぞうさま
早速のcomment恐縮です。
用事が無ければ、多分カンジキ履いて山頂目指したことでしょう。
時間的にも30分ほどラッセルすればなんとかなったと思います。

でも雪道は痛めている膝には負担がかかりますね。
明日は又、整形外科へ行かなくては…(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2011年1月10日 (月) 18:29

撤退残念でした。
それでもすごいバイタリティだな~

投稿: もうぞう | 2011年1月10日 (月) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50543222

この記事へのトラックバック一覧です: 第3弾〈大蔵山?〉:

« 新年第2弾 〈弥彦山〉 | トップページ | 第4弾(角田山2) »