« 五頭山(飯豊連峰望遠) | トップページ | 今日はお勉強です。 »

2010年12月11日 (土)

新潟市最高峰【多宝山】

師走の第一日曜日、この時期の新潟市にしては珍しく穏やかな日に…

朝からちょっと片付けなければならぬ用事があり、遠出もできません。
そんな時は、定番 角田山か?五頭山!。でもつい先日行ってきたばかり。
あまりなんでも芸が無い!?

そんなこんなで決めたのは、新潟市の最高峰【多宝山】(633.8m)

12月5日(晴)
家から近い角田山を通り過ぎ、弥彦街道を西に進むジィ~ジと相方です。

10時52分 岩室温泉 丸小山公園
  Pc050001_2 Pc050002
(写真 左) 中部北陸自然歩道トレッキングルート説明板
(写真 右) 丸小山公園から目指す多宝山

丸小山公園横切って、緩いザレ道をゆっくりと20分ほど進めば
11時14分 天神山城登山口
  Pc050004 Pc050005
(写真 左) 天神山城登山口
(写真 右) 天神山城登山道

今年は 福山{竜馬}、そして昨年は妻夫木[天・地・人]
直江兼続(与六)の弟 大国実頼(与七)、過っての居城。

城下町では無い県都 新潟市 貴重な歴史的遺産です。
本丸に至る途中には石塁・土塁そして空壕などそこ彼処に散見。

11時28分ー11時33分 天神山城本丸(実場)
  Pc050006 Pc050007
(写真 左) 天神山城概略説明板
(写真 右) 本丸(実場)説明板
  Pc050008 Pc050009
(写真 左) 本丸(実城)跡
(写真 右) 蒲原平野越しに護摩堂山。
古の知恵、地の利をフルに利用しています。
護摩堂山には過って護摩堂山城もあった由。

本丸のすぐ下は敵の侵入を防ぐ貯め、わざと削り、壕を作ったりで急に・・・

急な登山道(登城路)を下り、途中で支城 松岳城跡への道を分けると、一旦
弥彦スカイラインに出ます。

11時39分 スカイライン出会い
  Pc050010 Pc050011
(写真 左) スカイライン出会い
(写真 右) 灌木樹林帯の尾根道

ここから多宝山への尾根歩き、登り返しが続きます。

暫く息を綺羅氏登っていると、前方から5,6人の集団 が走ってきます。
トレイルランに興ずる強者集団です。

12時35分ー12時56分 多宝山(十寶山)
  Pc050012 Pc050013
(写真 左) ブナ林の登山道 山頂目前
(写真 右) 山頂標識

  Pc050014 Pc050015
(写真 左) 一等三角点
(写真 右) 天測点
レーダー建屋脇で風を避けてお昼の中年カップルが一組のみ。
我らも背の高いススキ原の傍で風邪を避け、簡単なお昼とすることに…

前方の大平公園から矢張り中高年カップルが登ってきます。

Pc050016                   アンテナ立つ弥彦山

弥彦山634m 今話題の東京スカイツリーと同じ高さです。
(便乗して県外から多くの観光客来てくれればありがたい)

少し風が冷たくなってきたので往路を下山することに・・・

13時51分 天神山城
  Pc050020 Pc050021_2
(写真 左) 天神山城
(写真 右) びっしりこびりつく

14時21分 丸小山公園

散歩ほどでもなく丁度手頃な山歩き。ところどころ急登もあったりして…。
師走の風、やはり身体が冷えています。岩室は温泉ところ 身体を温めよう

Pc050023                   遊雁の湯  よりなれ

日帰り入浴施設 岩室温泉 遊雁の湯 よりなれ 。
子供と65歳以上 300円 タオル 湯上りタオル付 大人 500円
入浴代を払います。800円也。

ジィ~ジの入浴券の表示 子供 お年寄り! (そうか!お年寄りなんだ!)

それでも300円 ゆっくり汗を流し、露天風呂で手足を伸ばし、気持ち良い~

帰りは、岩室温泉 角屋で金鍔購入、家へ帰ってからのお茶受けです。

新潟市最高峰 【多宝山(十寶山】 ここもまた手頃な良き山です。

|

« 五頭山(飯豊連峰望遠) | トップページ | 今日はお勉強です。 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
多宝山、石瀬からも間瀬からも登りましたよ。
石瀬からは近頃あまり登らないみたいですね。間瀬なんか歩く人、
きっと誰も近年歩いていないかも…

また天気 愚図つき気味ですねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年12月13日 (月) 19:57

>新潟市最高峰 【多宝山(十寶山】 ここもまた手頃な良き山です。

あたしも大ぁ~ぃ好きな山です。
チビッコの山でも樹氷(?)が出来るンですよね???
毎年2月にこのコースを歩くことにしています(*^-^)ウン!

じ・実は、石瀬コースを歩いたことがありませんsweat02
一度トライしたいと思っています。

またまた・山歩き意欲をそそられましたぁ~(*^m^)モウモウ☆

投稿: tuba姐 | 2010年12月13日 (月) 19:20

みいさま
いつもお気遣い痛み入ります。
有料施設でトレーニング積むこともない我ら、近くの山を歩き回るだけです。
多宝山、多分昭和初期まで銅鉱山(今は廃鉱)だった名残でしょうか?
平成の大合併で新潟市になったのです。(以前は岩室村)

日本海側はこの時期、晴れ間が貴重なのですよ。
年越し準備は全くしてませんが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年12月13日 (月) 17:33

ほ~んと、いい名前・・・宝が多い山なんて!
新潟市の最高峰ですか~^-^

実は、都道府県の最高峰に、興味があります^^

何があっても山へ・・と言う姿勢に頭が下がります^^v

投稿: みい | 2010年12月13日 (月) 16:40

mikkoさま
commentありがとうございます。
新潟市最高峰の多宝山は角田山からつながり、昭和の初期まで銅鉱山
でした。
それでこんな名前がついたのかも知れません。
岩室温泉は現在、新潟市では代表的な温泉です。
機会を作ってぜひお越しくださいませ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年12月13日 (月) 14:22

宝の多い山。。。多宝山!
お正月を控えて縁起の良い山ですね。
新年初登りにはたくさんの地元の方が訪れそうですが
この時期は静かな山歩きが楽しめたみたいですね。
岩室温泉は時々テレビでも紹介されるほど良い温泉みたいですね。
機会があったら寄ってみたいです。。。

投稿: mikko | 2010年12月13日 (月) 13:11

もうぞうさま
こんばんは
相変わらず近くでうろついてばかりのジィ~ジです。
小生はいつもカミさんの後ろ専門です。(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年12月12日 (日) 21:15

写真(後ろ姿)から見ても、スマートで山ガール風だと思っていたんですが・・・
やっぱり、おくさまはお若いのですね~
当然と言えば当然ですが・・・( ̄Д ̄;;失礼しました。

投稿: もうぞう | 2010年12月12日 (日) 19:59

赤鬼さま
またまた美女軍団と福島!いいねぇ~ 我が家はどこからも忘年会の
話ひとつ入ってこないので、二人で近所をふらふらしているだけです。
年取ると新年迎える準備も億劫になってきました。
(特別のことはもともとしないのだけど)
そろ~っと降るのかなぁ?

投稿: 輝 | 2010年12月12日 (日) 07:22

おいらが八石から下りて得雲荘で入浴してた頃だな。天気良かったよね。暫く天気悪いね。雪マークまで着いてら。

投稿: 赤鬼 | 2010年12月12日 (日) 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50272979

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟市最高峰【多宝山】:

« 五頭山(飯豊連峰望遠) | トップページ | 今日はお勉強です。 »