« ジィ~~ジの山歩き10月の纏め | トップページ | ヤッパリ 角田山 »

2010年11月 9日 (火)

ジィ~ジ日記代わりの覚書 ③ 富山編

ぐうたら且つ、ものぐさジィ~ジ 朝目覚めれば前夜の夕食のメニューも
殆ど忘れている有様。もう既に認知症予備会員かも…?

せめて日記代わりの覚書です。

10月も中旬過ぎれば、そこ彼処で色鮮やかな紅葉も見られるのですが…

予期せぬ?予期した?事態発生。
ジィ~ジの親族で不幸事態発生。
21日、22日はジィ~ジの故郷富山で、通夜告別式に参加です。

勿論 土曜日にエントリーしていた山の会の会山行はキャンセルです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+   。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

1週間後、別件で富山市滞在
22日 (金) 朝8時過ぎの高速バスで昼前に富山駅。
偏屈 独善 嫌われ者のジィ~ジでも世の中は結構良くしたもので
高校入学以来およそ半世紀、言いたいことが言える気の置けない仲間が
5人いるのです。今回は2年ぶりの集合です。
(前回は ジィ~ジ幹事で新潟月岡温泉)

この日は前夜祭?
富山と東京で事務所を構え、ここ10数年毎週空路、金帰月来で東京と
富山行き来している友人K君が、加古川在の友人Mと、いつも雑用をしてくれる
市内在住のM君と、新潟から出向いた小生、3人を夕食に招待です。

富山市が誇るTLR 前から一度は乗車してみたいと思ってたPORTRAMで。
 Pa290002 Pa290003_2
(写真 左) 富山駅北口 PORTRAM  その1
(写真 右) 富山駅北口 PORTRAM  その2

TLR関連は⇒こちら

ジィ~ジが高校生の頃は、国鉄 富山港線
現在は路面化し数々の賞を受賞。

向かった先は、子供の頃、毎年海水浴に出かけた富山市岩瀬。

富山市は、殆どは先の大戦で空襲にあい焼失するもこの付近は辛うじて
戦災を免れたところで、いまだ昔の面影残っているところです。

Pa290006_2                  北前船 廻船問屋 <森家>

確か?森家は元 総理おとなり石川県の森 喜郎さんの本家筋だったような

こんな佇まいの旧家が何軒も並び一見の価値大です。
そして今宵の夕食は、この近くなのです。Pa290009                      料理 旅館 松月

富山湾は魚の宝庫 さまざまな魚が取れます。ホタルイカ ブリ そして
海の宝石 貴婦人 (シロエビ) この店はシロエビ料理が売りなのです。

ジィ~ジは平成7年から11年まで高岡市で勤務していた関係上、接待したり
接待されたり2度ほどこのお店に上がったことがあるのです。

頼まれたわけではないですが、松月のHPは⇒こちら

 Pa290010 Pa290012
(写真 左) 料理の一部 シロエビ刺身
(写真 右) 料理の一部 シロエビから揚げ

シロエビ シロエビ シロエビ尽くしです。

Pa290014                       シロエビ団子

200匹以上のシロエビの身を練って焼いたシロエビ団子。
Pa290015                        大名椀 

めでたい席には欠かせない鯛と餅入りの吸い物です。

明治44年創業の老舗。富山では人に知られた料理屋です。

女将さん常連であるK君に挨拶参上。しばし歓談です。

少々のアルコールと料理の数々で腹一杯のジィ~ジです。

お次は腹ごなしに、4人で最近出来た大型スーパー銭湯 満天の湯

風呂から上がり、爽やかな風を受けながら、加古川の友人M君とジィ~ジは
招待してくれたK君の大邸宅でお泊りです。

10月30日(土)

朝7時過ぎ、K君の奥方交え、4人で車で神通川の対岸から呉羽丘陵の
白鳥城址へ散策です。

かの豊臣秀吉が佐々成正と一戦を交えた時に陣を張った旧跡です。
Pa300016              白鳥城址から神通川、富山市を隔て立山連峰

土曜日と言うこともあり、ウオーキング楽しむ市民の姿も見られます。

散策から戻り、奥方からゆっくりと朝食を頂きます。

お昼前、奥方に挨拶し友人宅を辞し、もう一人の富山在のM君宅へ…

4人で宇奈月へ向かって車を走らせます。

Pa300020                   ガス湧く宇奈月ダム

七尾で病院の理事長しているS君と、高岡在のO君はホテルへ直行。
ホテルは 宇奈月Kホテル。

2年ぶりにホテルで集合、さっそく揃って温泉に浸ります。
命に係わる手術をしたとか、どこが痛いとか、やはり話題は健康のこと
そして半世紀前の昔話、自分たちの家族ことなど 
食べて飲んで喋って、時間が過ぎていきます。(写真 取り忘れ)

夜も更け一人 また一人 sleepy  sleepy  沈没です。

10月31日(日)

陽の光は見られないものの雨の降る心配はなさそう。

ホテルの朝食を終えて、黒部峡谷鉄道へ向かいます。
朝から大勢の観光客でごった返し、理解不能の言語も飛び交っています。

トロッコ電車、ジィ~ジ初めて乗ったのが昭和34年 既に半世紀も前のこと。
爾来、白馬からの帰りなど数回利用したことがあります。

以下 黒部峡谷 欅平までのスナップです。

 Pa310023 Pa310025

Pa310027   

団体客に窓付き車両は既に押さえられ、車両は窓無のオープン。
流石この時期、吹き付ける風に寒さ感じます。

陽がささず紅葉の状況はイマイチ!
この付近、標高500mに満たないので、まだ少し時期的に早いのかも          

 Pa310037 Pa3100401
終点 欅平。記念に集合写真1枚撮り、暫く周辺散策です。
全員、富山市出身故に、トロッコ電車何回か?乗車経験有りです。

Pa310041                   欅平駅付近の黒部川

あまり時間がないので、高岡在のO君と名剣温泉前まで歩きます。               

 Pa310043_2 Pa310044
雲の切れ間からチラっと白馬方面の山頂見られます。
名剣温泉から欅平の駅目指し戻ります。

時間が早く帰りは窓付き車両、係員さん気を利かせ我ら6人で1両独占。

宇奈月に戻り、黒部インター近くの蕎麦屋で揃って昼食。
乗用車3台なので、ここで流れ解散とします。
次回は、2年後加古川在のM君が幹事で関西の温泉と決まります。

富山に戻り、車乗換え富山在のM君、5時過ぎのバス発車時間まで
ジィ~ジに気配り、水墨美術館などあちこち案内してくれ、こだわりの店で
富山名物〈鱒寿司〉土産として買ってくれます。友はありがたき哉!

かくして富山での2泊3日の旅の終わりです。

北陸道新潟西インター手前、鳥原下車。待っていた相方の運転で帰宅です。

 

|

« ジィ~~ジの山歩き10月の纏め | トップページ | ヤッパリ 角田山 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旧友との語らい、旅は癒されたことでしょうね。
いいですね、仲良しのグループで幹事持ち回りで
たのしそうです。
健康の話・・・悲しいかな私たちも同じです(笑)
ご不幸もおありだったようで、
もう何があっても不思議はないような
年代にさしかかっているのかも知れませんけど
嫌ですね・・・
せめて元気に過ごしたいものです(^^ゞ

投稿: sanae | 2010年11月15日 (月) 18:35

みいさま
いつもご丁寧なcommentありがとうございます。
終の棲家は新潟ですが、生まれ育った故郷は忘れられませんね。

土曜日は剱岳展望登山でしょうか?
上天気になること祈念いたします。

富山での新年会良いですねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年11月11日 (木) 18:09

シロエビづくし・・・なんと贅沢な~!!

友と美味しい食事とお酒・・・素敵な時間を過ごされ
何よりですね^^v

ホント、富山は美味しいものばかりですね^-^
大好きです~♪

土曜日は、その富山で・・・^^
でも日帰り登山なんで、食には・・・(--:)
でも、富山の山仲間と、新年会企画でも企てて
こよ~っと0^^0

投稿: みい | 2010年11月11日 (木) 15:23

もうぞうさま
こんばんは
新潟にも新交通システム必要と考え、現在試行錯誤しながら
研究しているグループありますが、政令指定都市でエリアも広いので
課題が多く難しいでしょうね。
定時制 弱者保護 環境対策などから必要とは思われますがネ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年11月10日 (水) 20:20

tuba姐さん
いつもありがとう。
富山は我が故郷ではあるものの結構いい土地柄なのです。
山あり川あり海あり…そして意外に?人情も。

いつか姐さんと会う機会あれば富山弁 「教えてあげっちゃ!」

何はともあれ、故郷はありがたき哉 です。

投稿: 輝 | 2010年11月10日 (水) 20:16

富山はコンパクトシティと言う言葉が、ぴったり。
ライトレールを初めてとして、私鉄も元気だし。
新潟の新交通システム、もう遅いんじゃないのかな~

投稿: もうぞう | 2010年11月10日 (水) 20:06

“なに、しとんがぁ~?”
上越市春日山のアパートで住いしている時に、富山県出身の奥さんが口にしていました。
富山県って、「わらすべ長者」でしか知らなかった時のことです。
最近は、もうチョット分かった気がしています。

富山の休息も、お兄さまのご提案でしょうか?
素敵な、タイムスリップの情景が浮かんできました。

投稿: tuba姐 | 2010年11月10日 (水) 19:57

赤鬼さま
何かの折しか会わない友も50年の付き合い。
終生の友は特別ですね。

富山のTLR、今でも多くの見学者がやってくるようです。
公共交通機関として定時制、エコ、低床 グッドデザイン…新潟も見習うべきでは?
製造は新潟トランシスなんだけどねぇ~
情報発信は富山のほうが遥かに上手。新潟は、ねぇ~down

投稿: 輝 | 2010年11月10日 (水) 07:49

気の置けない友人と旨い魚、そして酒、言うことないね。当地も魚、酒はおいしいけど富山には負けそう。路面電車風情があるねえ。
こうゆうのにも先見性のある政治家と馬鹿な政治家の差が感じられる
ね。

投稿: 赤鬼 | 2010年11月10日 (水) 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/49983200

この記事へのトラックバック一覧です: ジィ~ジ日記代わりの覚書 ③ 富山編:

« ジィ~~ジの山歩き10月の纏め | トップページ | ヤッパリ 角田山 »