« ヤッパリ 角田山 | トップページ | ジィ~ジ日記代わりの覚書(江戸編) »

2010年11月18日 (木)

秋季集中登山(赤城山)

毎年4月と11月の第1日曜日、所属する〈山歩きの会〉では、集中登山と称する
2大EVENTが開催されているのです。

過去10年、ジィ~ジはその責任者を務めているのです。

春は地元の【弥彦山】 (7コース)
そして今年の秋は、【赤城山】(5コース)

ジィ~ジの仕事は、大凡以下の通りです。

  • 借上バス手配
  • リーダー委嘱
  • 会報に詳細掲載
  • 参加者名簿作成
  • 当日の各コース別実施計画書作成(リーダーとドライバー用)

11月7日(日) 晴
前日6日、夜7時 最終参加者名簿作成コピー (予備含め180部)
準備は整った。あとは好天気になってくれることを願うだけ。

有り難い!予報通り雨の心配はまず無いようです。

6時30分 出発予定なれど、駅南口観光バス発着場は6時ころから大混雑。

大型観光バス3台 小型バス1台
ジィ~ジから各担当リーダーとドライバー氏に若干の指示を出し終え、出発です。

参加者合計 167名

ほぼ計画予定通り、各コースとも10時前には各登山口に到着です。

Pb070061             担当リーダーから指示受ける長七郎山コース参加者

ジィ~ジは一人 本部責任者なので、バスの待機場所 赤城ビジターセンターの
駐車場で、各コースの出発見届けて、暫く周辺をふらふら散策、しばし時間つぶし。

Pb070064_2            覚満淵を歩く、長七郎山コースと地蔵岳コース参加者。

地蔵岳コースは長七郎山コースと途中まで一緒、あとでスタートしたのにすぐに
追い着きます。
幸い?観光客、ハイカーが誰もいなく迷惑かからないのでホッとするジィ~ジです。

ジィ~ジは後を追って、鳥居峠で担当リーダーに間隔を開けるよう指示を出します。
長七郎山コースは休憩しばし待機。地蔵岳コースは前進と指示出すジィ~ジです。

Pb070066_2                     前進する地蔵岳コース参加者

ジィ~ジ一仕事終えて、再びビジターセンターへ下ります。

Pb070067                立冬の覚満淵と遥か先の大沼の様子

ジィ~ジは暫くバスのドライバー氏と雑談交わしたり時間を費やします。
ビジターセンター脇の草原に腰を下ろし、一人でお昼を取ります。

やがて各コース担当リーダーから状況報告で次から次と携帯に連絡入ります。
どのコースも格段の問題はない模様でひとまず安心。

予定より少し早目に一部のコースの迎えにバスを走らせます。
やがて地蔵岳コース、黒檜山~駒ヶ岳コースと到着です。
 Pb070069 Pb070071
(写真 左) 黒檜山~駒ヶ岳コース 地蔵岳コース参加者
(写真 右) 各コース参加者

バスは鍬柄山コース、長七郎山コース 小地蔵山コース参加者を乗せて到着、
ビジターセンターの前のスキー場で全員集合です。

2時10分
ジィ~ジの謝辞と会長から今年の〆の挨拶で無事少し予定より早く終了です。

見上げる空には雲一つ無く、ドがつく快晴。この時期はやはり関東です。

岐路のバス車窓からは、新雪で白い筋が出来ている八海山、中の岳そして
陽を浴びながら紅葉もキラキラと輝いて見られます。

無事仕事を終えてホッとするジィ~ジです。

因みに参加者
黒檜山~駒ヶ岳コース 43名 
*他の登山者の迷惑にならぬよう逆コースと2グループに分別

地蔵岳コース 43名 長七郎山コース42名 鍬柄山コース17名
覚満淵・小地蔵岳コース21名 本部(ジィ~ジ)1名 
合計 167名 最年長者84歳 

関連レポは⇒こちら
                 終わり。

|

« ヤッパリ 角田山 | トップページ | ジィ~ジ日記代わりの覚書(江戸編) »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
こんばんは この週末お天気が良さそうですが、さてどちらへ?

今年の秋季集中登山3年ぶりに榛名から赤城の戻しました。
誰でも参加できる幾つものコースがある山は限られますからねぇ~
この時期は陽だまり求めどうしても関東ですね。
快晴になり、参加者も喜んでくれました。

投稿: 輝 | 2010年11月19日 (金) 21:20

晴天の山行!
参加者の“ヤッホー♪”が聞こえてきそうだわヽ(´▽`)/

リーダーのお役目、お疲れさまでした。

投稿: tuba姐 | 2010年11月19日 (金) 21:09

もうぞうさま
こんばんは いつもありがとうございます。
所属する山の会 現在会員数約500名なので3割強の参加です。
何せ大人数、お天気もさることながら、他の一般登山者、観光客から
そしりを受けないようにするのが一番気になるところです。
早く、後任の引き受けて見つけたいのですが…。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年11月19日 (金) 20:37

すごい人数ですね。
そのために気遣いされていること、随所に感じられます。
お疲れさまでした。
なお当方、さっぱりご無沙汰です。

投稿: もうぞう | 2010年11月19日 (金) 20:14

noritanさま
その節はお疲れ様でした。
また最終的には金銭の始末などご苦労なことです。
今年は何と言っても最高のお天気に恵まれラッキーこの上なしでした。

折角なので皆ゆっくり休めば良いのに、急ぎすぎだよね!
暖かいビールは飲めたもんじゃないからねぇ~

良くもまぁ毎週毎週信州通いができるもんだね。
でも晴ばかりで良かったじゃない。

投稿: 輝 | 2010年11月19日 (金) 16:24

本当にいつもご苦労さまです。
で、そのご苦労を何よりも癒してくれるのが、当日のお天気ですね。
今年は素晴らしい秋晴れでした!色づいた木々は殆どが葉を落としてはいましたが、晩秋のそこはとない風情はよ~~く出ていました。
が、少々不満(?)が。
我が、コースは大勢の人数で、登りはまぁまぁゆっくりペースだったのですが、時間の余裕は充分にあると思われるのに、昼食タイムは40分。
下りは急な一気に降りるコースで、集結場所では一番乗りで、他のコース到着まで、お喋りタイム=まぁ、それも又良いのですが・・・
早めに買った缶ビールが温くなりそうでした。
10月、11月前半は毎週末に山行に行ってましたが、運良く、週末には晴天に恵まれた月でした。
では、明日はよろしくです。

投稿: noritan | 2010年11月19日 (金) 16:14

赤鬼さま
その節はご協力ありがとうございました。
富士山も見えた集中登山は多分初めてだったかも。

地蔵岳の下山コースひょっとすると一本間違えているかも。
矢鱈早く到着したし…

今年も殆ど終わったね。

投稿: 輝 | 2010年11月19日 (金) 06:57

本当にご苦労様でした。天気が良くて気持ちよく歩けた。富士山も見えて皆喜んでいたよ。地蔵岳の下山コースは酷い道だね。転んだ人も
居たみたい。なにはともあれ無事に済んでよかった。

投稿: 赤鬼 | 2010年11月19日 (金) 06:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50066735

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季集中登山(赤城山):

« ヤッパリ 角田山 | トップページ | ジィ~ジ日記代わりの覚書(江戸編) »