« 頂きもので~す | トップページ | 五頭山一番乗り »

2010年11月30日 (火)

のんびり歩きの飯縄山

北信五岳の一座である飯縄山(飯綱山)1917.4m 

ジィ~ジが住む、越後新潟からも比較的近い。山頂からの眺望がGood
登山道にはほとんど危険個所もなく、所要時間もきわめて短い・・・etc
そんな訳で、軟弱ジィ~ジも今まで5,6回歩いているのですが、何れも
南登山道、西登山道ばかり。。。

今回はジィ~ジ初めてのコースです。

11月20日(土) 晴
久しぶりの戸隠高原 紅葉シーズン最後?新蕎麦嘆賞?神社参拝?
至る所の駐車場は既に観光客の車で大賑わい。
土産物屋 蕎麦屋さん商売繁盛祈ります。

ジィ~ジは仲間の車に先導されて、越水集落から戸隠スキー場の広大な
駐車場に向かいます。
流石にスキーシーズンでもないので見られた車は数台のみ。

早速 支度整え緩やかなスキー場のゲレンデを登り始めます。

10時30分 戸隠スキー場

Pb200185                    戸隠山と高妻山

勿論、戸隠山はまさに指呼の間。高妻山も姿良く屹立し威厳を感じます。
振り返り、振り返り草で覆われたゲレンデを登ります。
目を転ずれば・・・

Pb200187                     白く輝く焼山と火打山

越後の火打山、そして焼山は白い化粧がされてます。

更に

Pb200188                  白馬連峰 五竜岳方向

北アの山並みからは当然ながら冬の佇まいを感じます。

足元はスキー場の整備の最中か?重機で均された赤土には霜柱が…
ところどころには新雪も見られます。

11時45分 瑪瑙山 (1748m)

Pb200192                瑪瑙山山頂からの戸隠山から西岳

今日は急ぐ理由もありません。ゆっくりと四周を眺めまったりタイムとします。

瑪瑙山から一旦下り、鞍部で小春日和の柔らかな陽射しを受けながら
お昼とします。風も無くとても霜月末とは思えません。
出来ることなら昼寝でもしたくなるような長閑な日になりました。

瑪瑙山から下った分、それ以上飯縄山頂へは少し急な登り返しが20分ほど
要します。

13時5分 飯縄山山頂Pb200194                      飯縄山山頂標識

何ら眼前遮るものなく、360度の眺望得られます。北アは勿論、南アも…
(目視できるもののジィ~ジのコンデジでは少々無理!
 脳裏に焼き付ければ、それでよし) 単なる強がりですが。。。

Pb200198                         展望図盤

カメラは駄目でも、我が目ではそれぞれの山の確認ができます。

山座同定しながら飯綱神社へ向かいます。

Pb200199                  飯縄大権現祀る祠の広場

ここでも大展望を心行くまで満喫します。
やがてごろごろした露岩の少し急な登山道を辿ります。
(戸隠中社への西登山道、この道は数度歩いています)

未だ本調子には戻らない草臥れ果てた我が膝を庇いながら下ります。
周りには白樺 ダケカンバ 栂などの樹木が林立。

14時15分 萱ノ宮
 Pb200201 Pb200202
(写真 左) 萱ノ宮鳥居
(写真 右) 登山口標識

14時40分 西登山道登山口

登山道も勾配が緩くなり登山口に近づく頃には、道はカラマツの落葉で
覆われフカフカ絨毯となり、痛めている膝には頗る優しさ感じます。

神告温泉先の林道では今宵の宿から迎えの車が2台待機中。
分乗して出発点のスキー場駐車場まで戻ります。

今夜の宿は、近くの越水の某ヒュッテです。

ヒュッテの風呂で一汗流し、あとは当たり前のごとくささやかながら宴会ヶ岳。
長野在住のUさんご夫妻もわざわざ訪ねてきてもらい 感謝感謝 です。

食い意地 飲み意地張ってるジィ~ジ写真 無し。

今の時期にしては珍しい陽気の一日は、皆の気持ちもほのぼの…と。

宴会ヶ岳の標高は北ア程度?誰も滑落はしませんが延々と続きます。

身も心も満たされた 信州戸隠の一日となったのです。(合掌)

追伸)
11月21日(日) 晴
この日も穏やかな小春日和となります。
皆で須坂市のリンゴ農家の農園で林檎狩り(サンふじ)

Photo_2                    リンゴを捥ぐジィ~ジ

リンゴ園からは新雪纏った北アの山並みが望めます。
お昼は、信州 当然のごとく新蕎麦です。皆で談笑、小一時間待ちました。

                                  (完)

 

|

« 頂きもので~す | トップページ | 五頭山一番乗り »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

noritanさま
その節はお疲れ様でした。
飯縄山はアクセス的にも手頃な山なので、何度でも行きたいね!

あのリンゴ農園は同じ、サン富士でも少し他と甘味が違い、結構人気が
あり、我が家は10年以上毎年通っているのよ。

頸城菱ヶ岳で熊の足跡!今年はあちこちで見られるようだね。
あまり会いたくないけど…。

投稿: 輝 | 2010年12月 7日 (火) 11:24

お世話になりました。
生憎、私は飯綱山には登れませんでしたが、いつでも又、一人で来たい山です。
春・夏(少々?)秋・冬と四季に登れる山ですものね。
美味しいリンゴを毎日、ボチボチ食べています。
密がタップリで美味しい!!
4日、頚城菱ケ岳に行きましたが、山頂直下で生々しい熊の足跡発見。
私たち、女子5人だけだったので、相談して帰りました。
上越地内も道路の脇に「○○日熊発見」といったような看板が多く見られました。積雪は30cmくらいで気持ち良かったのですが・・・

投稿: noritan | 2010年12月 7日 (火) 11:01

みいさま
commentいつもありがとうございます。
リンゴ狩りのジィ~ジの写真アップできませんから~(笑)

みいさんの飯縄山の記事勿論覚えていますよ。
山スキーもね!

飯縄山は展望が良いし、戸隠や黒姫の蕎麦もありますしね。
ジィ~ジも好きですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年12月 2日 (木) 16:46

りんご農園の素敵なおじさま~♪と思ったら
ジィ~ジさんでした^-^

このコース、逆コースで夏の会のハイクで歩きました^^
瑪瑙から一旦下るコースは、雪がいっぱい積もると
山スキーで最高~♪パッフ~♪となります^^v

飯縄山・・・四季を通じて、歩きやすいし
好きな山です^^v

投稿: みい | 2010年12月 2日 (木) 12:03

sanaeさん
飯縄山は1度だけでしたか!確かにそちらからは遠いですかからねぇ~
ここもスキー場ですし、山スキーのメッカですが、今年の雪は少し
遅いようです。
2,3日寒気が入れば、あっという間に白くなりますから…
降らないでも困るし、降りすぎても困るし…ほどほどを願います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年12月 1日 (水) 11:00

周りが白くなると一段と楽しみな飯縄山山頂ですね。
このあたりもまもなく白くなるのでしょうね、いつごろでしょう。
一度行ったきりですが、遠いからなかなか行けませんが
こうして思い出に浸らせていただきました(^^ゞ

投稿: sanae | 2010年12月 1日 (水) 10:02

赤鬼さま
天気が良くて最高の日でした。
鬼さんの日頃の精進のお蔭かもネ!

今回は差し入れも多かったからねぇ~
頑張って飲みましょう。

年だねぇ~は禁句にしよう。

投稿: 輝 | 2010年12月 1日 (水) 06:44

最近はあまり飲めなくなった。年だねえ。来年はあんなに要らないんじゃない。天気が良くて助かった。絶景だったね。

投稿: 赤鬼 | 2010年12月 1日 (水) 06:19

tuba姐さん
北アはもう真っ白ですよ。
飯縄山は眺めが良いし、近いので…
宴会が岳たのしかったですよ。もう少しで遭難しそうでした。
姐さんとも宴会ヶ岳登頂したいものです。

投稿: 輝 | 2010年11月30日 (火) 23:00

北ア、真っ白ですねぇ~。
まったりと小春日和の山行でなによりですね。
写真なしの宴会ヶ岳の賑わいが見えるわぁ~ ^m^フフッ

投稿: tuba姐 | 2010年11月30日 (火) 22:24

もうぞうさま
こんばんは
飯縄山は6,7回目でした。
この日はもうぞうさんが歩かれた日より、暖かかったせいか?
少し靄って肉眼では見えますが、コンデジでは少し無理でした。
もうぞうさんのような写真撮りたいものですが…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年11月30日 (火) 20:06

先月登ったばかりなので、懐かしいです。
標高の高い山は、もう真っ白ですね。

投稿: もうぞう | 2010年11月30日 (火) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/50171033

この記事へのトラックバック一覧です: のんびり歩きの飯縄山:

« 頂きもので~す | トップページ | 五頭山一番乗り »