« 新潟シティマラソン見物 | トップページ | 小・中・大・西 遠見山 »

2010年10月21日 (木)

芳ヶ平の秋

所属する中高年の山歩きの会である〔新潟楽山会〕では、2種類の山行
形態を採っているのです。

一つは通常の一般的な山行、そしてもう一つは、トレッキング山行と称し
団体であるため、原則として土・日を避け、平日に歩ける人であれば
誰でも参加できるようなコース。それも通常のCTより1.5倍から2倍位の
時間をかけてゆっくり ゆっく~りと歩くスタイルの山行があるのです。

近年 我々より先輩の高齢会員も、みなさんますますお達者で参加意欲も
旺盛で活況を呈しているのです。

ジィ~ジがリーダー(世話役)を引き受けて既に10数年経過してますが
初めてのトレッキング山行の計画実施です。

10月12日(火)
目的地 志賀高原 芳ヶ平
参加者 男性 8名 女性23名 計23名
コース  新潟駅南口(6:30)=中野IC=R292志賀・草津道路=
      渋峠(9:40-9:55)~だまし平(10:45)~芳ヶ平ヒュッテ
           ~芳ヶ平野営場(11:25-12:15)~草津白根レストハウス
           (13:30-13:40)=木戸池・入浴(14:15-15:00)
     =中野IC=新潟駅南口(18:15)

記事)
企画した担当者にとって一番気になることはお天気・空模様です。
幸い予報通り、雨の心配はまずなさそうでホッとするジィ~ジです。

借上げバスは志賀草津道路を渋峠に向かって高度を上げていきます。

車窓から笠ヶ岳 横手山そして雲上に浮かぶ北アの峰々の展望や、
色づいた山肌の景色に参加者の皆さんも感嘆の声を発しています。

スタート地点は渋峠
長野県・群馬県に跨る渋峠ホテルのtoiletを借用し、軽い準備運動をして
出発です。

普通の登山と異なり、2172mの地点から下山するのです。 
 Pa1200631 Pa120064
(写真 左) ここは渋峠
(写真 右) 芳ヶ平への案内標識

今回参加者の最高齢は82歳 80歳近い人何人も平均年齢71.1歳。
(ジィ~ジは平均よりずーっと下)

膝を痛めていることもあり、ジィ~ジゆっくりゆっくり歩きます。

ところどころが少し泥濘状態。そして岩礫もあります。
ジィ~ジ、ゆっくりと後ろを振り返りながら注意喚起、指示を出します。

Pa120066                 注意しながら下る参加者の皆さん

やがて少し傾斜のある木道が現れ下り終えると平坦な“だまし平”に出ます。

〈だまし平〉はタヌキやキツネあるいは貉に騙されるのでなく積雪シーズン
周辺は平なので、スキーヤーが芳ヶ平と間違えることがあるから注意を
促す場所です。

平坦な〈だまし平〉を過ぎると、草原の彼方に白根山も見られます。

Pa1200701                   光る葦の草原と白根山

Pa1200711                       草原と白根山

Pa1200731                     点在する池塘

CT1時間のところ、躓かないように気を付けながら1時間半かけて目的の
芳ヶ平、ヒュッテに到着です。参加者の皆さん疲れも見せません。

Pa1200741                 芳ヶ平ヒュッテに到着

お昼はヒュッテから少し離れた野営場の木製のテーブルと長椅子に
分散して座ります。

いつも通り持ち寄りの手料理がふるまわれます。

ここでハップニング発生。
ジィ~ジの馬鹿チョン気まぐれコンデジ作動不能に陥ったのです。
(以降 写真なし)

時折雲が切れ澄み切った青空が現れたり、またガスが周辺に発生し、
幻想的な雰囲気を醸し出したり、NISSANN スカイライン命名の地、
芳ヶ平の秋をしばし楽しむ我らです。

大凡1時間に亘る大休憩。帰りはスタートは逆に登りと変わります。

往路と異なり、小砂利の道なれど幅も広く、傾斜も緩く息も切れません。
道端にはクロマメの木が数多くの実をつけています。
(採集禁止です。ジャムにすれば美味しそう)

風景は一変し、岩ゴロゴロの山肌、ところどころから噴煙を上げ、硫黄色で
染められた岩も散見され、硫化水素臭もしてきます。 白根山の山麓です。

草津白根のレストハウスは平日とはいえ、さすが観光名所多くの車と
観光客で賑わいを見せています。

用足し済ませ、すでに待機のバスに乗車 立ち寄り温泉目指します。

日本の国道の中で最高点の渋峠から眼下のガス充満の芳ヶ平を眺め、
冷えた体を温めるべく木戸池の温泉に向かいます。
少し熱めのお湯が、心地よさを与えてくれ大きく手足を伸ばします。

予定より少し時間も早い。帰りは中野市で買い物ツアーを組み入れます。

ジィ~ジ初めてのトレッキング山行、無事終了。6時過ぎに新潟到着です。

お元気な参加者の皆さん。少しは満足してもらえたかな?

ゆっくり歩きとダブルストックのおかげで膝痛は最小限で収まり 安堵。

    芳ヶ平の秋  おしまい

当日 参加 Y・Kさんのレポは⇒こちら

追加)
その①  2009年11月4日 志賀高原

P1170548                  はるかに浅間山

P1170551            渋峠国道最高点から芳ヶ平を俯瞰

P11705641                   新雪の芳ヶ平湿原散策

湿原の池塘表面は薄氷が張っていたのです。

P1170571                    新雪見られる白根山

その② 志賀高原の秋  2009年10月4日 P1170232 .                   黄葉する山肌

P1170238                     芳ヶ平と白根山

P1170240                       シラタマノキ

今年の志賀高原 黄葉は昨年より1週間くらい遅い?

                                (完)

   

 

|

« 新潟シティマラソン見物 | トップページ | 小・中・大・西 遠見山 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

sanaeさん
芳ヶ平は、関東からも当然日帰り可能圏です。
ポカッと時間が空いた時などに草津温泉などセットで良いかもしれません。
但し、本当にハイキングですから…

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年11月16日 (火) 23:07

芳ヶ平はまだ行ったことありませんが
よさそうなところですね。
いつかキャンプしながら行ってみたいなと
思っていました。

投稿: sanae | 2010年11月15日 (月) 18:10

mikkoさま
暖かいコメントありがとうございます。
まだ経年劣化で痛めた膝に違和感 痛みは残っていますが、
この程度のところであれば何とかなるようです。

芳ヶ平は名の通り葦が多くみられる高層湿原です。
山歩き、或いは登山の対象にはならないような簡単なところですが、
志賀・草津ラインには大小の池もあるし、ハイキングには適当なところ
沢山ありますから、いつかあるてみてください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月25日 (月) 14:41

たまにはのんびりトレッキングもいいものですよね。
輝ジィ~ジさんがリーダーで先輩方も安心して楽しまれた事でしょう。
芳ヶ平の草紅葉綺麗ですね。。。
こういうところは景色を見ながらのんびりゆっくりがいいんです。
お膝に優しい山歩きは心にも優しい癒しのレポになってますね。
おだいじになさって下さい。

投稿: mikko | 2010年10月25日 (月) 13:31

まゆ太さま
commentありがとう 忙しいのに 熱烈歓迎です。
芳ヶ平は良いところですが、温泉や観光や、或いは何処かの山と
セットで歩いてみてください。

今まで年も考えないで、無茶な歩き方 下手な歩き方(特に下り)が原因です。
何とか騙しだまし、もうしばらく使いたいのでケアーに努めます。
気にしてもらいありがとうございます。
今日は整形外科へ行く予定。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月25日 (月) 08:12

あれれ?金曜日のお昼に携帯からコメントしたはずなのに(汗)
携帯から文字打つのあんまり上手じゃないので、また失敗しちゃったみたいです(^^;
改めまして。
芳ヶ平の草紅葉、すてきですね。
前から歩いてみたいと思っていたので、ますます歩きたくなりました。
初冬の写真もすてきですね。
リーダーお疲れ様でした。ジィ~ジさんがリーダーのパーティーは、みなさん安心ですね。
おひざの調子はどうですか?順調に回復されているような感じはうけますが、ゆっくりじっくり治してくださいね。お大事にしてください。

投稿: まゆ太 | 2010年10月25日 (月) 07:19

カモシカ永井さま
commentありがとうございます。
自分もゆっくりゆっくり先輩会員と同じ年齢くらいまで歩けたらと
願います。

芳ヶ平は山スキーに良いところかな?と思われます。お試しになってください。もうすぐまた楽しみが増えるシーズンがやってきますね。

買い物はリンゴと野沢菜が多かったようです。
我が家は例年サンふじ買い出しに行ってます。

投稿: 輝 | 2010年10月25日 (月) 07:06

山いろいろ さま
兄弟がとうとうひとり欠けました。男4人次兄が亡くなり富山でした。

風倉山は何故か?縁がなく未踏だったので歩きたかったのですが…
ただ相変わらず膝に違和感が残り困っています。
今年の紅葉は全体的に遅いようで、タイミング合わせが難しいネ。

初めてのトレッキング何とか、無事に終えることができました。
カメラはもともと腕も悪いけど、あたりも悪い(笑い)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月25日 (月) 06:53

芳が平引率お疲れ様です。
参加者が皆さん良い思い出を残された事と思います。
ゆっくりゆっくりが良いですよね。
ここはまだ足を踏み入れていないので、いつかの楽しみですね。
中野の買い物ツアーは信州リンゴが多かった事でしょう。

投稿: カモシカ永井 | 2010年10月24日 (日) 15:58

なにかご不幸があった由、大変でしたね。
風倉山、天気も良くて足も揃って、飯豊のパノラマを楽しみました。紅葉は期待したほどではなかったね、今年の紅葉は遅いようです。
カメラの故障、残念! 冬なんかだと、寒さでシャッターが下りなかったりはありますけどね。しっかり見てもらった方がいいですね。
後半は雪景色!さては草津は雪か?と、びっくりしました。(笑い)

投稿: 山いろいろ | 2010年10月24日 (日) 15:18

赤鬼さま
昨日は、どこか山?
明日から背戸峨廊ご苦労さま。
我が家は身内に不幸があり2日間、富山行です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月22日 (金) 06:31

ご苦労様でした。膝も無事でなにより。写真ありがとう。明日、明後日は背戸峨廊さ。

投稿: 赤鬼 | 2010年10月22日 (金) 06:15


【梅原克彦&三井田孝欧】新潟中華街構想の行方[桜H22/10/5]
http://www.youtube.com/watch?v=S5qvrBteKr8

国際交流と地域活性化の美名の下、新潟市で進んでいるという中華街構想が孕む危険性にちて、かねてから警鐘をならしておられるお二人に、新潟市がどのような対応をすべきなのか、ご経験を踏まえながらお話し頂きます。

◆チャンネル桜公式HP
http://www.ch-sakura.jp/

投稿: 匿名希望 | 2010年10月22日 (金) 03:08

tuba姐さん
こんばんは
自分より年長の参加者が多いので、それなり気を遣います。
それでもお天気と紅葉のおかげで、それなりに喜んでもらえたかな…と。
今回は相方のサポートも無かったし心細さも。。

コンデジへそ曲げ、去年の写真ペタペタ貼ってごまかし?(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月21日 (木) 22:05

もうぞうさま
こんばんは
今回のトレッキング山行、参加者それぞれの山の経験、体力、体調
ほとんどわからないので、もし途中で予期せぬ事態があったら!と、
結構不安があったのですよ。

カメラ充電したばかりだったのに、急にシャッターは落とせず、
レンズも出たまま、液晶は真っ暗に…腹が立ちました。
(落としたわけでもないし)
量販店に文句をつけようと思っていたのですが、帰宅して電源ボタンを押してみたら
レンズも引っ込み、従前通り元に戻りました。
でも正直、今年買ったばかりなので不愉快です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月21日 (木) 21:58

連休の最終日からお天気が回復でしたね。
青空も覗きたくなるトレッキン隊。
いつもながら、団体行動がビシッ!!と決まっていて、
ホント・気持ちイイ---(*^-^)♪

追加映像confident

投稿: tuba姐 | 2010年10月21日 (木) 19:53

今回は楽勝でしたね。
ところで、カメラは直りましたか?

投稿: もうぞう | 2010年10月21日 (木) 19:27

kiyopom77 さま
連続commentありがとう。
参加者の皆さんを見ていると希望が湧き、Motivationも上がります。
残された人生、少しでも長く楽しまなくてはネ!
大事なことは、心身とも健全であること。
おきよちゃんは、これから長い間一杯楽しみ、いい思い出沢山
作れることでしょう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年10月21日 (木) 19:08

みなさんお元気でいらっしゃるんですね!!とても頼もしく感じられます!
やっぱり山パワーですかね!!山歩きを通して素晴らしい景色を見たり、美味しい空気を吸ったリ、仲間との楽しいおしゃべりをすることで元気100倍になりますもんね!私も見習わなきゃー。

投稿: kiyopom77 | 2010年10月21日 (木) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/49801953

この記事へのトラックバック一覧です: 芳ヶ平の秋:

« 新潟シティマラソン見物 | トップページ | 小・中・大・西 遠見山 »