« ジィ~ジ日記代わりの覚書 | トップページ | ジィ~ジ徒然日記帳 »

2010年8月20日 (金)

日帰り会山行〈唐松岳〉

8月も月初から連日の猛暑。異常と言わざるを得ないほどの暑さ。

そんななか9日は、ジィ~ジが所属する山の会の会山行です。
目的の山は、北ア入門の山といわれる〈唐松岳〉です。
企画実施担当は斯く言う ジィ~ジなのです。

そして同日は、我が相方が企画担当の〈八方尾根〉と合同山行です。

7日(土) 夕方の天気予報を見れば、気圧の配置が少々おかしい。。。
状況あまり芳しく有りません。
目的地は〈山〉なので尚更楽観は出来ません。
中止にしようかと思ったりしたもののバス会社は休日。
参加予定者も〝新潟まつり〟で連絡も取り辛いかも…?
運を天に任せ実施することに…

■ 唐松岳(2695.8m.) 
所在地  長野県北安曇郡白馬村、富山県黒部市
山行日  8月9日(月) 
お天気  曇
参加者  男性15名 女性10名 計25名   *別途 八方尾根 14名
担当 L  唐松岳 ジィ~ジ 八方尾根 相方
行  程  新潟駅南口(6:00)~八方アルペンライン山麓駅(9:10)=
       ゴンドラリフト・アルペンリフト・グラードクワッドリフト=八方池山荘
      (9:50)~八方池(10:40)~丸山ケルン(11:45‐11:50)~
      唐松岳頂上小屋(12:25-12:55)~唐松岳山頂(13:10-13:20)~
      丸山ケルン(14:00-14:15)~八方池~八方池山荘(15:40)=
      八方アルペンライン=山麓駅=白馬温泉(16:40-17:20)=
      糸魚川IC=新潟駅南口(20:40)

      *所要時間 14時間40分 実質歩行時間 約4時間50分    
地  図  国土地理院地形図1/25000 欅平 (富山)
高低差  850m.

記事)
連日の猛暑晴天も予報どおりあまり芳しく無い。
依りによってリーダーたるジィ~ジの日頃の精進が悪いのか?
雨こそ降っていないものの目的地の白馬連峰はドップリと山麓近くまで
厚い雲で覆われてます。
相方の〝八方尾根コース〟と合同で大型バス利用 総勢39名。

ジィ~ジ計画の予定より凡そ10分遅れで 八方アルペンラインに到着。
3班の班編成で、早速ゴンドラリフトと2本のリフト乗り継ぎ八方池山荘〟へ。

P8090162                  八方ゴンドラリフト アダム

ガスで視界数m.なれど、周りにはツアー観光客で大混雑。
P80901661 八方池山荘の周りは目下 ヤナギランの最盛期のようです。

各班長さんに注意事項を指示し、ジィ~ジ先頭で歩き出します。
八方池方面から観光客が後を絶たず途切れなく下ってきます。
勿論 山のマナーとか団体行動統制全く取れてません。
(名前出して悪いけど)近頃どこの山でも目に付くワッペン。
クラブツーリズムが圧倒的です。
勿論 班編成など全く無し。横に拡がって歩く。山に全く相応しくない格好。
目にあまるものあります。主催者はその場限り他人への迷惑など全く無視!
ジィ~ジの予定は日帰り唐松岳です。帰りの最終リフトまでに戻らねば。
ジィ~ジ少々不快な気分で先を急ぎます。観光客の団体を縫いながら…
期待した景観は得られないものの、道の脇には、多くの花々が見られます。
P8090168                 ジィ~ジの好きなマツムシソウ
流石に八方池の先では観光客は激減。 我らも数分休憩を取ります。
天気が良ければ見える筈の、白馬三山や不帰キレットなど全く見えません。
観光客の皆さん 多分何の為に慣れない岩ゴロゴロの道を登ってきたのか
ひたすら疲労感だけ覚えたことでしょう。
P80901691            今回参加者一番若いS氏  * 全く疲れ見えません。

視界は数m.なれど夏と秋の花が渾然と競演。いつもながら花の多い山です。
  P80901701 P80901711
(写真 左) シャジン①
(写真 右) シャジン②

扇雪渓から少しガレた急登を頑張れば、丸山ケルンも目前です。
八方池山荘から凡そ2時間 ここまで来れば先が読めます。
11:45-11:50 丸山ケルン
  P80901731 P80901741
(写真 左) 丸山ケルンで一休み
(写真 右) 視界少し広がるものの…

ガレ場の登山道をトラバース気味に少しずつ高度を上げればやがて
唐松岳頂上小屋です。

12:25-12:55 唐松岳頂上山荘
唐松岳頂上小屋HPに拠ればここまでのCT約4時間と書かれていますが
2時間40分で到着です。意識して少し早めに歩いたのです。
山荘の前の広場で昼食を取ります。  山荘のHPは⇒コチラ

P80901751                                         唐松岳頂上山荘

相変わらずガスで視界不良 毛勝三山 剱岳 立山 薬師…見えませ~ん。
昼食終えて、目的の山頂を目指します。
白い砂礫の中には、植栽されたと思われるコマクサが見られます。

13:10-13:20 唐松岳山頂
視界不良なれど、全員誰一人遅れることなく、各班長統率の下 登頂です。

P80901771                    山頂にて記念撮影

展望得られ無いものの、雨に遭わなかったことはラッキー。
一応の目的達成し、下山の開始です。
雨の心配あるものの、リフトの最終時間には事故が起きない限り楽勝です。
花を見ながらユックリ下山することに…

頂上山荘周辺で見られる多彩な花々です。

 P80901811 P80901841 P8090185

 P8090186 P8090187 P8090188

足元に注意しながらトウヤクリンドウ カライトソウ チングルマなどなど
咲き誇る花を愛でながら下ります。

P80901891                足元に気をつけながら下山する仲間達

 P8090190 P8090191 P8090192
トモエシオガマ  ウサギギク  チングルま花穂など。

14:00-14:15 丸山ケルン
下りは早いッ!
P80901981_2                      丸山ケルン到着

 P8090196 P8090197 P8090199

 P8090203 P80902061 P8090209

14:26 扇雪渓
 P8090201 P80902161 P80902181

 P80902191 P80902201 P8090221
ニッコウキスゲやハクサンタイゲキなども…

14:57 八方池
八方池を下りかけた頃、相方から携帯連絡有り。
八方尾根ユックリお花見コース隊は八方池山荘に着いたとのこと。
我がチーム既に八方池通過しているので然程待たせることも無いでしょう。

P80902231                    ガスで霞む八方池

白馬三山望む術有りません。
 P8090225 P8090228 P8090229

15:40 八方池山荘
八方尾根コース隊が拍手で迎えてくれます。
両コース一緒にリフトを乗り継ぎ下ります。
一本目のリフト乗っている最中にとうとう雨滴が当りだします。
それも暫らくの間、ジィ~ジ雨具も着けません。
二本目のリフト乗り終えゴンドラリフトに乗り換える頃には綺麗な半円の虹が。
P8090231_2                        虹懸かる
ゴンドラ山麓駅には迎えのバスが既に待機中。
ドライバー氏から蒸しタオル受け取り汗を拭き、靴を履き替えます。
立ち寄りは一番近い第一郷の湯
P8090232_2                    八方温泉第一郷の湯

温泉に浸り、汗を流せば身体もサッパリし気持ちが良い。
後は冷たいものが有ればよい。
バスに乗り込むや否や、缶ビールの栓が彼方此方で抜かれます。

白馬三山 不帰のキレット 鹿島槍 五竜岳 剱岳 立山 薬師岳など
見てもらうことが出来ず、心苦しいものあるも、越後新潟から北ア入門の山
【唐松岳】は充分日帰り可能圏であることだけは、参加者の皆さんにも
分かって貰えたことと思うジィ~ジです。

山はヤッパリお天気が最大ポイントですね。   お終い。

付) お天気が良ければ見えたはずの
P10007921              八方池と白馬 左奥 不帰のキレット 2009 8 21撮影

003              八方尾根からの五竜岳 鹿島槍ケ岳 2005 3.21撮影

|

« ジィ~ジ日記代わりの覚書 | トップページ | ジィ~ジ徒然日記帳 »

」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

山いろいろさま
コチラこそ先日は、ご協力いただきありがとうございました。
折角エントリーして貰ったのに、リーダーたる小生の精進不足か?
お天気イマイチで皆さんに申しわけ無かったと思ってます。
ただ個人で天気の様子を見て出かけても日帰り出来ることは
分かって貰えたかと…

自宅を朝4時に出れば、我々の故郷の、あのお山は日帰りできます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年8月22日 (日) 21:09

 いやぁ~、お世話になりました。
ホント!北アルプスが日帰りだなんて、恵まれていますよね。それもこれもゴンドラリフトのおかげですね。
北アで他に日帰りってありますかね?
 自分は何度も見ているからいいけど、初めての人には雄大な風景を見て欲しかったですね・・・まぁ、身近な山だからチャンスは幾らでもあると思うけど。

投稿: 山いろ | 2010年8月22日 (日) 17:39

もうぞうさま
今宵も暑くなりそうですね。
小生の日頃の行状よろしく無いのか?このところ担当山行は
スッキリした日が当たりません。
この日、雨と帰りのアルペンラインの時間が気になり、少し急ぎました。
それでも誰一人遅れた参加者はありませんでした。

仰るとおり、これからの山は少し静かになるでしょう。

自家用車で現地まで行くと、新潟市内からは3時間は楽に切れるかと思います。
5時頃に家を出ればたっぷり楽しんでこれます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年8月21日 (土) 20:34

ほんと皆さん健脚ですね~
これからはだんだん混まなくなりますが、花も少なくなってきますね。
バスで3時間10分とは、結構早いものですね。

投稿: もうぞう | 2010年8月21日 (土) 19:44

noritanさま
今日は仕事!ご苦労様ですね。暑くてやりきれないね。
唐松岳は交通の便が良く、八方池からの眺めを売りにいつも
多くの観光客で賑わっています。

明日は南牧村とか!?涼しそうで羨ましい。
明日は朝から公園の草取り清掃 夜は団地の子供達とカレーと花火
自治会長は結構忙しいのだよ。

我が会山行今年は雨ばかりに見舞われています。精進不足?


投稿: 輝 | 2010年8月21日 (土) 14:51

さすが、「唐松山」組は健脚揃いですね。
私は、五竜へ行く時には立ち寄らなかったので、数年前に一人でのんびりと唐松まで行ってきました。
日帰りで気楽に行けて、北アルプスの端っこから絶景が眺められる良い山ですよね。
平日でもそんなに混雑(夏休みの所為か?)しているのですね。
クラブ・・・・・の派手なバス、高速道やSAでよく見かけますね。
私は土日限定なので、混雑は覚悟です・・・
今日は仕事(ーー;)
でも、明日は晴天&気温も26度の予報の南牧村へ行ってきま~~す。
私の会山行は今年、全部晴れです!!

投稿: noritan | 2010年8月21日 (土) 14:38

赤鬼さま
その節はお世話様でした。
折角参加頂きましたのに期待の眺望得られずお気の毒でした。

登山者だけの山では無いですが観光業者にはうんざりさせられます。
会山行簡単に中止も出来ず、精神的に疲れますね。
山はお天気が一番ですね。

投稿: 輝 | 2010年8月21日 (土) 07:28

早かったのう。観光客にはうんざりだったなあ。あそこはいつもだけどさ。

投稿: 赤鬼 | 2010年8月21日 (土) 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/49202364

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り会山行〈唐松岳〉:

« ジィ~ジ日記代わりの覚書 | トップページ | ジィ~ジ徒然日記帳 »