« 忙中閑有り | トップページ | 山歩き たまには… »

2010年7月 2日 (金)

久々の二王子岳

前日(12日) 夜8時過ぎ会山行〝権現岳・鉾ヶ岳〟に参加し戻った相方、
参加者から二王子岳の<シラネアオイ>が盛りとの情報Get。

夕方から1人で角田山へ行ってきたばかりなれど、二王子岳と聞いて
気持ちが揺り動かせられたジィ~ジ。
例年であれば残雪期や新雪など年に2,3度は行っていたのに何故か?
昨年は1度も歩いていなかったような…

P61304181                  シラネアオイ(二王子岳)

■ 二王子岳 (1420m)

 【所在地】  新潟県新発田市 新潟県胎内市
 【日  時】  平成22年6月13
日(日)   
 【天  候】  晴
 【同  行】  単独

 【行  程】  二王子神社登山口
(8:30)~三合目一王子神社(9:13)~
        五合目独標(9:47-9:52)
~七合目(10:36)~九合目.(10:57)
        ~二王子岳山頂(11:09-11:46)~五合目独標(12:46-12:50)
        ~三合目(13:16)~二王子神社登山口(13:48)
 【高低差】  約1100m .

 【地  図】   国土地理院地形図1/25000 [上赤谷(新潟)]

        *行動時間 約5時間18分  休憩 58分含む

記事)
角田山意外で単独は極めて珍しいジィ~ジです。
簡単装備 途中でお昼のパンを買ったり、登山口駐車場に着いたのは既に
8時をとっくに過ぎている体たらく。down
日曜日、駐車場は殆ど満杯 辛うじてスペース見つけ、遅めのスタート。
P6130408 P61304091
(写真 左) 駐車場は満車状態   登山口は前方奥方向
(写真 右) 二王子神社        二礼二拍一礼

巨木杉の急登の樹林帯一合目標識まででもそれなりにきつい!

P61304111 P61304121
(写真 左) 二合目水場   水汲む登山者
(写真 右) 三合目      一王子神社

神子岩から水場へ、水場で喉潤し急登を頑張り三合目です。
登山口から40分強。暫し立ち休憩を取ります。
休憩終えた数人の先達パーティが出立です。

ジィ~ジも休憩そこそこに後を追うように先へ向かいます。

登山道の脇にはサンカヨウの群生が見られますが、花は殆ど終わりかけ
暫らくして先達パーティ追い越します。

P6130413 P6130414
(写真 左) サンカヨウ  ピント合ってません~
(写真 右) 五合目独標   例年3月末頃の積雪量は約3m.強です。

五合目独標 定高山994.4m.多勢のハイカー休憩中。ジィ~ジも水分補給

再び歩き始めるジィ~ジ、前行く団体パーティに道を譲って貰います。
六合目付近から、相方情報の 
シラネアオイ  。。。彼方此方に…
P6130419_2 P6130420_2
(写真 左) シラネアオイ
(写真 右) シラネアオイ   白っぽい感じ!の花も

六合目付近から所々に残雪が現れます。
P61304231_4                        残雪出現

やがて 油こぼし

P61304241                        油こぼし
残雪期はキツイ急登なれど無雪期は、しっかりした足場とロープ有り。
油こぼし をクリアー七合目 此の先お花畑付近は未だ多量の残雪有り。
P61304261                残雪のお陰で爽やかな風が心地良い

P61304221_2                     シラネアオイ                 

残雪が消えるのを待ち構え カタクリが周囲に群生。

八合目付近から徐々に疲労が溜まってきたヘタレジィ~ジ 足が上がりません。
我慢しながら数十歩歩いては立ち止まりの繰り返し…
脚力・スタミナ有りませ~~~ん。  

11時9分 二王子岳山頂
フラフラしながらスタートから休憩入れて、約2時間40分 何とか山頂到着。
ここまで40数人追い越してきたものの腹は減るしヘロヘロ状態。
山頂は既に多勢のハイカーで大賑わい。

P61304281 P6130433
(写真 左) 山頂避難小屋
(写真 右) 大賑わいの二王子岳山頂

山頂には見覚えのあるお顔が数人。
その中には前日 相方と一緒にハードな山行を終えたばかりの女性会員Sさんが
同じく会員のHさんIさんと寛ぎ中。 何と言うスタミナ(驚き)

飯豊の山々も随分白い部分が減ってきたようです。
山頂で グビッ とビールなどやりたいジィ~ジなれど、単独の為、我慢の子。
水とコーヒー 途中購入のパンとお粗末なお昼のジィ~ジです。
Sさんから美味しい笹団子の差し入れいただきます。

飯豊連峰を眺めたり、隣のおばさんと会話を交わしたり40分ほど寛ぐジィ~ジ。
帰りはゆっくりと花々を眺めながら下りる事に…

11時46分 未だお昼にはならない時間ですが、下山の開始。
途中で追い越した団体さん達が漸く到着です。

P61304361                   残雪の上で寛ぐ登山者

GW周辺の残雪期 ここから飯豊を目指す登山者も見かけることが…
雪解けの頃は、一斉に花の開花が始まります。

残雪の消えた周りは花たちの競演です。
P61304351 P6130438
(写真 左) コシジオウレン
(写真 右) オオカメノキの花

P61304391 P6130440
(写真 左) タムシバ
(写真 右) キジムシロ   

P6130425 P61304411
(写真 左) カタクリ
(写真 右) コイワカガミ
P61304421_2                  七・五合目付近の湿地にて

そして登山道の脇でこんなのも発見
P6130444                      ウスバサイシン?

P61304461 P6130448
(写真 左) ショウジョウバカマ
(写真 右) チゴユリ

P61304531 P6130454
(写真 左) マイズルソウ蕾
(写真 右) ミツバツツジ 
九合目から六合目付近まで目のやりばに困るほど上に下に花たちの
オンパレードです。

12時46分 五合目
ここでは少し休憩を取ります。
勿論 五合目から下にも花は多く見られます。

P6130459 P61304631
(写真 左) イワウチワ
(写真 右) ツクバネソウ   P6130461                       スダヤクシュ

高度が下がればスミレさんたちの天下です。P61304641

三合目からの急な下り、周りは新緑のぶなの林で清々しさを覚えます。

P61304651_2                    ブナ林の登山道

たっぷりと花花花を見ながら、凡そ2時間 二王子神社登山口の戻ります。
13時48分 登山口 到着
P6130466 P6130469 
(写真 左) 登山口標識
(写真 右) 扉が開かれた二王子神社 お賽銭箱と本殿

久し振りの 二王子岳 相方の得た情報通り、シラネアオイ始め初夏の
花々満喫の山歩き。満足 満足。。。

二王子神社に心ばかりのお賽銭を捧げ、手を合わせ頭をたれます。

靴を履き替え、車に乗り込んでふと時計を見れば、未だ午後2時を少し
廻っただけ。

1時間ほど走れば我が家です。近くによき山多い新潟市 有りがたや。

シラネアオイの二王子岳     お終い。。

|

« 忙中閑有り | トップページ | 山歩き たまには… »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さん
相方が得てきた情報通り、二王子岳は六合目付近からシラネアオイが
数多く丁度見頃でした。
他にも多種類の花々を見ることが出来、改めてその素晴しさを見直しました。
3時間足らずで充分満足させてくれる山、ありがたいですね。

因みにこの日は珍しく単独行でした。

投稿: 輝 | 2010年7月 4日 (日) 09:09

シラネアオイ、奇麗!!
二王子岳の花の数、半端じゃないですねッ!?

映像をGRT!しながら、3時間掛らずに山頂に立つ!
お二人の 脚footも半端じゃないワァ~!? w(゚o゚)wスゴスギ☆

投稿: tuba姐 | 2010年7月 4日 (日) 08:20

赤鬼さま
頑張れば2時間半で行けるかも!でもかなりきついと思うよ。
なにせ距離が粟よりも長いです。今回ギリギリ2時間40分。

調べてみたら二王子岳去年は何故か1度も行ってなかった。
この時期意外と花が多くて驚いたよ。
飯豊も随分黒く見えました。夏だもんね。

投稿: 輝 | 2010年7月 3日 (土) 06:42

二王子は今年まだ行ってないのよ。今行ったら二時間半で登れるかな。
花いっぺこと有ってよかったね。

投稿: 赤鬼 | 2010年7月 3日 (土) 06:20

もうぞうさま
>ほんとほんとすごいな~とても真似できません。
暇な身分のお陰かな?
歩けるうちが花、残された人生、たった今が一番若い。
空元気出して頑張ります。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年7月 2日 (金) 20:23

sanaeさん
お二人さんグループが雪洞泊されてから、もうかなり経ちましたね。
二王子岳は近年県外からの登山者も結構多くなってきています。
これもお二人のお陰も有るかも知れません。
飯豊の展望台 これからも是非宣伝してください。
二王子岳花も沢山見られます。

お姫様観賞は定番のところだったのですyo。
次はお姫様記事の予定です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年7月 2日 (金) 20:20

ほんとほんとすごいな~とても真似できません。
ペースもちょっぱやだしな~

投稿: もうぞう | 2010年7月 2日 (金) 20:06

ジィ~ジさん怒涛の山歩きが続いてますね。
オヒメサマはどちらで?
そちらのアップも楽しみにしています(^^♪
ところで二王子はまだ雪がたっぷり残っていますね。
サッと登れる場所にあっていいですね。
シラネアオイ、私も久しぶりに会ってきました(^o^)♪

投稿: sanae | 2010年7月 2日 (金) 18:30

山いろいろさま
>あまり詰めないで、ゆっくり逝きましょうよ
逝きましょう。もう死ぬんかい(笑)
>正確には”オオカメノキの花”ではないでしょうか?(笑い)
早速 お説の通り訂正したよん。
ウスバサイシンたまたま居合わせた人が見つけたの(内緒だよ)
実は足が思うように上がらず、自信喪失しました。
TRAININGして無いからねぇ~

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年7月 2日 (金) 15:48

花に惹かれて二王子詣りか、タフなもんですね。
なんか今年は憑かれたように登っていません?あまり詰めないで、ゆっくり逝きましょうよ。
オオカメノキは木ですよね?正確には”オオカメノキの花”ではないでしょうか?(笑い)
ウスバサイシンは久しく見ていませんね。

投稿: 山いろいろ | 2010年7月 2日 (金) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/48772976

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の二王子岳:

« 忙中閑有り | トップページ | 山歩き たまには… »