« 馬鹿の一つ覚え | トップページ | 雪割草 IN 角田山 »

2010年3月13日 (土)

(馬鹿)2

毎度 毎度の角田山シリーズ。
角田山山塊には、2~4等の△点が8箇所設置されています。
所属する山の会では、毎年3月のこの時季に1日でこの8箇所の△点に
タッチする企画が凡そ20年間継続されているのです。

今年もその日がやってきました。

3月5日(金) 弱霧雨/曇(ガス)
参加者 男性14名 女性18名 計32名
リーダー S・T

朝8時角田岬登山口駐車場に集合 
挨拶と参加人員の確認・点呼リーダーからの挨拶 注意事項伝達で
全員揃って波打ち際(海抜0m.)から灯台を目指します。

ラスト任されるは不肖ながらジィ~ジです。

さて!出発の様子の写真でも撮ろうか!とザックからカメラを出します。

~ん ???何か様子が変だなぁ~
ジィ~ジいつものコンデジが故障中で、相方のコンデジ持ってきたつもり…

それが  何と !!!     

以前使っていたミノルタのαシリーズ おまけにフイルムも装填されてません。

ジィ~ジの脳細胞 このところ毎日数千万個単位で音を立てながら崩壊の
一途を辿っているようです。 

何とか少しでも阻止せねば 汗 汗 汗 sweat02 sweat02 ι(´Д`υ)アセアセ

これが〝馬鹿の一つ覚え〟に続くTITLEの所以なのです。

従って 下手な写真も無いのです。

然程気にもならないほどの弱い霧雨の中、晴れることを期待しながらスタート。
先ずは灯台先の小さなピークに最初の△点、次は〝馬の背〟手前の鞍部から
一旦急勾配の道を下り、隣の小浜コースの尾根に取り付き息切らし登ります。
いい加減疲労を覚えた頃に漸く2つ目 小浜△ ここからは緩い登りでやがて
再び灯台コースと合流します。そのまま山頂に向かうのですが、足元には積雪が
現れだします。やがて五ケ峠コースの合流点。ここからは緩い五ケ峠コースを
登山口近くの小ピークまで下り、五ケ浜△にタッチです。4箇所目は往路の登り返し。
50分強で、三望平から山頂へ。4箇所目は角田山頂△です。
些か空腹も覚え始まる頃、一寸小休止小腹を満たします。
山頂からは〝ホタルの里〟コースの福井△点まで急な登山道を40分ほど掛けて
下ります。その後は再び山頂への辛い登りが小一時間。

空腹でへとへとになりながらも何とか12時40分 山頂です。
山頂小屋と向陽観音グループに分かれ、手料理飛び交うランチタイム。
PM1:30 6箇所目観音堂脇の△点にタッチして、初参加者の紹介を兼ねて
リーダーから参加者全員の紹介です。又 新しい仲間の輪が拡がります。

7箇所目 8箇所目は山頂へ戻り、宮前コースを下るのです。
山頂から宮前コースの下りは、角田山とは思えないほどの痩せ尾根の
要 注意危険な道と変ります。おまけに雪解けで道はグチヤ グチヤ。。。

やがて下りきって1段落 ホッとした頃 周りには所々に可憐な姿の妖精
ユキワリソウの株が…白い色 青い色 少しピンクかかった色

そのほかにはミツバオーレンが所狭しとDemonstrationです。

小ピークの 宮ノ平 登山道歩けば誰でも分るところに設置されてます。

最後は宮前コースの登山口から藪を分けた海抜約30m.地点です。
(この△点はあまり知られていないかと…。登山道とは離れています)

結局 晴れることは無かったものの雨にもならず、今年最初の雪割草も
観られ、勿論予定の△点も全て確認できたのです。

宮前登山口から角田岬灯台の駐車場まで20数分掛かります。
日蓮上人所縁の 妙光寺 さらに七面大天女(七面大明神)岩屋を横目に
駐車場へ。。。。

角田山アッチのコース コッチのコースお昼休みを含めて1日 約七時間半
たかが角田 されど角田山の一日となったジィ~ジです。

行程 概略
角田岬登山口(8:05)-灯台先ピーク△(8:22)-小浜△(9:31)-
五ケ浜△(10:26)-山頂△(11:15)-福井△(11:48)-山頂
向陽観音堂(12:45-13:45)-宮の平△(14:25)-宮前△(15:10)
ー角田岬駐車場(15:40)

ジィ~ジと異なり脳の正常な方の記事は以下の通りです。

所属する山の会のHPから記事は⇒コチラ

参加会員 甘納豆氏のブログ記事は⇒コチラ
参加会員 FUKUさんのブログ記事は⇒コチラ

そして散々だったジィ~ジ 角田山  22-10となりました。

                    馬鹿丸出し編  おしまい

|

« 馬鹿の一つ覚え | トップページ | 雪割草 IN 角田山 »

」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

tuba姐さま
こんばんは
この日もニアミスでしたね。
今年最初のお雪さんに遭えました。
角田の△点巡り 我が会では定番にしようと思っています。
姐さんも一度お試しになってください。

今日はカミさんと村松白山でしたが、天気イマイチで展望利かず、
帰りは家に戻らないで角田の花見山行でした。

投稿: 輝 | 2010年3月14日 (日) 22:25

5日、あたしも灯台コース~桜尾根コースでした。
輝さまの山行とは、コースタイムが微妙に ズレていました。。。

小さい山のデッカイ山行!!
20回ですか?!
ずっ~と、続きますようにfoot

投稿: tuba姐 | 2010年3月14日 (日) 21:46

赤鬼さま
慰め?の言葉ありがとう。
角田山今日はきっと大混雑だろう。

今日は久し振りに白山でも歩くつもりなのです。

白髭山と吉田松陰の関係小生不勉強で分りません。
今度教えて頂戴。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年3月14日 (日) 07:04

自分を馬鹿、馬鹿と言ってると本当に馬鹿になるぞ。こんなの年相応で
当たり前。おいらも先日白髭山の話をしていて、ここを通った偉人の名前が出てこなくて弱った。翌日ようやく思い出した。吉田松陰だった。
今日は天気だ。角田の雪ちゃんに会いにいってくらあ。

投稿: 赤鬼 | 2010年3月14日 (日) 06:38

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
小生 概ね毎日がこんな状態なのです。

今日は相方が留守だったので朱鷺メッセ 酒の陣 なんと1時から4時まで
各蔵元の酒を試飲 お猪口で50杯近く… やはり今の時間まで酔いが
醒めません。

単なるフツーのジィ~ジですyo。(当たり前!)

投稿: バテバテジジちゃん@酩酊中 | 2010年3月13日 (土) 19:54

いやいやジィ~ジさま、私、非常に親近感をいだきましたよ。
もし出会っても臆することなく会話できるのではと安堵しているところでございます。

投稿: もうぞう | 2010年3月13日 (土) 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/47796723

この記事へのトラックバック一覧です: (馬鹿)2 :

« 馬鹿の一つ覚え | トップページ | 雪割草 IN 角田山 »