« 今年も最初は角田山 | トップページ | 角田山 22-2 »

2010年1月 5日 (火)

年明け第二弾は弥彦山

三が日も過ぎ、毎日家でブラブラ 身体も鈍りSTRESSも貯まりそう。

天気予報は悪いものの雪も雨も降っては居ません。駄目なら戻れば良い。

雨では意欲がそがれるが少々の雪なら問題は無かろう!
今回年明け第二弾は、<弥彦山>に設定。

途中、角田山は重い暗い雲でスッポリ覆われ、フロントガラスにも雨粒が…

空模様はめまぐるしく変り、強風で雲が吹飛ばされ一部では青空も。

1月5日(火) 曇
追越禁止道路、前を走る車が異常にノロノロ(せっかちジィ~ジイライラ)。

弥彦神社前の駐車場は、満車状態

11時32分 表参道登山口

 P11801531 P11801551
(写真 左) 土産物屋さん前の駐車場参拝者の車で満車
(写真 右) 表参道登山口 鳥居を潜って出発。

おやひこさまの鳥居を潜って杉木立の階段登山道を歩きます。

 P1180156 P1180157
(写真 左) 表参道は杉の木林立
(写真 右) 御影石の合目表示石柱

今は開いていない茶屋から先は、ジグザグに切られた登山道を進み
高度を上げます。

合目標識は〝弥彦山千回登頂記念〟それぞれ達成された方々から寄進

12時3分 五合目
 P11801591 P1180160
(写真 左) 五合目
(写真 右) 五合目先の注意箇所にはトラロープが何本も張られています。

雪は或るもののラッセルの必要など有りません。
 P1180161 P11801631
(写真 左) [里見の松]はブッツリ無残に折れて
(写真 右) [御神水]で手を洗い口に含んで嗽をします。

年末の想定外のドカ雪の為か? 〈里見の松〉 は哀れにもボッキリと

九合目辺りまで近づけば天空で轟音が響きます。
九合目から山頂までは稜線 日本海側から台風並みの強風が横殴りに
吹きつけ進行を邪魔します。
前方からジィ~ジ所属の山の会の会員 新潟市秋葉区(旧新津市)在住の
美女二人IさんとFさんとバッタリ。
お互いに新年の挨拶を交わして分かれます。

12時42分 弥彦山山頂
 P1180165 P1180168
(写真 左) 弥彦神社御神廟
(写真 右) 弥彦山山頂石碑

今年最初の弥彦山です。
海から吹き付ける猛烈な風、雲は身体をくねらせ唸り声を上げる竜の如く
下を見れば、白虎が牙をむき吼える如く白波が切れ間無く波打ち際に
押し寄せています。

これぞ! 冬の日本海 の様相です。
(*とは言うものの温度が少し高いせいか?刺激的な寒さは感じません)
 P1180171 P1180174
(写真 左) 際限なく白波押し寄せる
(写真 右) 対峙するは新潟市の最高峰 多宝山 バックは角田山塊

山頂 奥の院で 今年1年無事息災を祈願するも、長居は出きません。
少し空腹を覚ながらも即刻下山。

下りは八合目から支尾根の急勾配の道を転がるように四合目まで戻ります。

13時40分 表参道登山口 到着

弥彦山山頂 (弥彦神社 奥の院)新年参拝登山無事終了です。

付)

 P1180175 P1180177
(写真 左) 弥彦神社その1
(写真 右) 弥彦神社その2

お正月三が日も過ぎれば参拝者もまばら?でも切れ間有りません。

 22年 二座目 弥彦山 お終い。

|

« 今年も最初は角田山 | トップページ | 角田山 22-2 »

新潟」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

みいさま
commentありがとうございます。
この日、佐渡両津では風速35m.を越えたようで観測史上最大だったrしいです。
カタクリ=イナバウアー 素敵な発想です。カタクリは新潟の山塊では
かなり多方面で見ることが出来ます。
今日は晴れ間を見て五頭山でもと考えていたのですが、終日雪ならまだしも
雨で家の中で沈殿。今の時期 北陸や越湖はお天気がねぇ~

>そして、我らが登場する日も来ますように~(笑)
ハイ 待ってまァ~す。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 7日 (木) 14:57

わ~♪弥彦山ですね~^^
以前、行った時はカタクリいっぱいでした^^
(我らの夫婦間では、カタクリをイナバウアー♪と呼んでます)
  イナバウアー♪と叫びながら登ったお山・・・
冬はこんなに雪が・・・そして、日本海からの風が
すごいんですね!
この雪の下で、しっかりと眠って、雪解けが始まると
顔を出して来るんですね~^-^

なかなか晴れマークが並ばない日本海側・・・
山へ向かうのも大変と思いますが、今年も色んな
お山のレポ~♪楽しみにしています^^v

そしれ、我らが登場する日も来ますように~(笑)

投稿: みい | 2010年1月 7日 (木) 13:25

カモシカ永井さま
毎度お世話になります。
そんなに持ち上げないで下さい。

確かに時々後悔することがあるのです。
孫達にはお爺ちゃまなんて呼ばれたくないので、わざとジィ~ジ ジィ~ジと
呼ばせたのですが、コレは内輪の問題ですからね!

ブログ解説の時ハンドルネーム ブログTitleもう少し考えれば良かったと以前から思っていたのです。

発想が貧困なのです。


投稿: 輝ジィ~ジ@改名検討中 | 2010年1月 6日 (水) 14:28

角田山に続いて弥彦山。正月早々エンジン全開ですね。
今年も八面六臂のご活躍を期待しています。

輝さんに一つ提案です。今年は是非ジィージは返上していただきたいです。
あの引き締まった体躯と精悍なひげ面の輝さんにジィージのイメージはありません。まだまだセブンサミッターも目指せる気力体力お持ちのアルピニストに見えますよ。

こういうこと言うから嫌われます(お気を悪くされたらご勘弁の程)

投稿: カモシカ永井 | 2010年1月 6日 (水) 11:53

赤鬼さま
どうしてそんなに忙しいの?
身体壊しちゃうよ。
八ッは天気によって出たとこ勝負のつもりです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 6日 (水) 09:09

noritanさま
3時48分のCOMMENT一体いつ寝るんだ!身体を壊すよ!
仕事はすればするほど増えるもの、或る程度は手を抜くのも必要だ。

有休をとっても<おやひこさま>行ってくれば。。。。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 6日 (水) 09:07

tuba姐さま
姐さんに追いつこうと必死です。(笑)
ジィ~ジも奥の院から見る多宝山好きです。

吹き荒ぶ山頂、飛ばされ新年そうそう怪我などしては恥ずかしい。
即刻退却でした。青龍白虎には太刀打ちできませんから

この時間のおやひこさま、山中で擦れ違ったり追い越したりした人など
10人程度で少なかったです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 6日 (水) 08:45

弥彦か、いいなあ。八か、いいなあ。

投稿: 赤鬼 | 2010年1月 6日 (水) 06:01

早くも2座ですね。

私は一年の最初の山は「おやひこさま」としたいと思っているのです。
今年の会の初詣登山は風邪で不参加(ーー;)
昨年は光佑が帰ってから6月にまずは「おやひこ詣出」をしました。
その時、展望レストランで食べた「ネギチャーシュー」が美味しかったので、今年もそれを目当てに、晴れた1月中に行って来ようと思います。
仕事始め、忙しかった~~20分残業でした(ーー;)

投稿: noritan | 2010年1月 6日 (水) 03:48

弥彦山から見る”多宝山”の映像はイイですねぇ~。
もっと、真っ白にならないかなぁ。。。
それにしても、休憩無しで直ぐ下山でしたか?
山頂の”竜と白虎”は、無敵?!

投稿: tuba姐 | 2010年1月 6日 (水) 00:08

もうぞうさま
>ハイペースですね~
いえいえ ただ暇なだけなのですよ!
現役の皆様では時間的制約有りますから~

お正月は、おやひこさまに諸事お願い事しなければ。

ホントに力があれば、二王子か粟ヶ岳目指すのですが、なかなか思うに
まかせません。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月 5日 (火) 19:51

お~~輝さまも、ハイペースですね~
それに比べて私は、まったく予定無しです。

投稿: もうぞう | 2010年1月 5日 (火) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/47212717

この記事へのトラックバック一覧です: 年明け第二弾は弥彦山:

« 今年も最初は角田山 | トップページ | 角田山 22-2 »