« 初春の八ケ岳(前編) | トップページ | 晴れ間見つけて角田山 22-3 »

2010年1月13日 (水)

初春の八ケ岳(後編)

空模様イマイチの前日のレポは→コチラ

一夜明けて
1月11日(月) 薄曇/晴
スカッと晴れてはいないものの、気にしていた風もそれ程強くは無い様子。

コースは全く決めていないが、何と無く地蔵尾根から文三郎尾根に

7時30分 赤岳鉱泉
 P1180218 P1180220
(写真 左) 朝食MENU   
(写真 右) 小屋まえから望む阿弥陀岳 モデルは他所の方

今年初めてクランポン装着。
靴もクランポンも何時もの通りなので、事前調整もしていなかったのが
悪かったのか?Fitせず同行の皆さんに迷惑を掛けたジィ~ジです。

どうやら無事装着終わりユックリとスタート。サクサクと爪が雪を食みます。
緩い登りを硫黄岳・横岳の稜線を眺めながらジグザグに高度を上げて
中山乗越。樹林の上には目的の赤岳も見えています。

7時57分ー8時2分 地蔵尾根取り付き
 P11802241 P11802251
(写真 左) 大同心から横岳
(写真 右) 行者小屋と阿弥陀岳

30分弱で地蔵尾根登山口。愈々赤岳目指し取り付きます。
クランポンのバンドを改めて点検締め直し、皆で安全登山を誓います。
 P11802271 P1180231
(写真 左) 阿弥陀岳の肩には御岳さんから乗鞍岳
(写真 右) 雲海の彼方の北アルプス
シラビソの樹林帯、森林限界を超えれば鎖と梯子の岩尾根の急登
ピッケルの支えで慎重に一歩一歩と上を目指します。
危険箇所の連続で写真撮る暇有りません。
    P1180232
           中岳から阿弥陀岳北稜

空は薄~く曇ってはいるものの、例年よりは寒さは厳しくない感じ。

9時30分 地蔵ノ頭
 
P1180237_2 P1180240 
(写真 左) 地蔵ノ頭
(写真 右) 地蔵山の肩には薄っすらと富士山

地蔵ノ頭から稜線は、吹飛ばされそうな強風
たまたま雨具のフードを付けていなかったジィ~ジ ツバ無しの帽子が
アッと言う間もなく、すっぽ抜け瞬く間に遭難。お馬鹿なジィ~ジです。
仕方が無いので予備に持っていた目出帽をスッポリとかぶります。

赤岳展望荘から頂上小屋への急登、時々耐風姿勢を強いられます。

 P11802411
     阿弥陀岳 中央アルプスから北アルプス

   P11802441
              赤岳山頂は目前

   P11802461
     振り返れば横岳から硫黄岳への稜線

10時27分ー10時32分 赤岳山頂
眺望は申し分無しなれど強風止まず、長居は出来ません。
 P11802471 P11802481
(写真 左) 赤岳山頂にてO夫人と相方   *男性は他所の方
(写真 右) 山頂から下山途中のO夫妻 バックは阿弥陀岳

ガレ状の雪の積もった岩場と鉄梯子と鎖の連続、文三郎尾根を下ります。

    P11802501
              硫黄岳と横岳

下るとともに寒さも和らぎ、さしもの強風も殆ど納まり上空は青空が広がり…

樹林帯の手前は、グレーチングネットの階段が続き、過去にはクランポンの
爪が引っ掛ったりしたことがあったが、今年は適度に雪が着いているので
確実に足を下ろせば意外と?下りやすく思えます。

    P1180253
            硫黄岳から蓼科山

11時36分 行者小屋

山頂から約1時間強で行者小屋に無事到着。
空はスッカリ快晴 sun sun に変っています。
行者小屋から少し登り返し中山乗越へ向かいます。
 P1180260
         中山乗越から大同心岩稜帯

12時15分ー13時10分 赤岳鉱泉
地蔵尾根から文三郎尾根周回も無事終わりです。クランポン脱いで
赤岳鉱泉の暖かい食堂を借りて持込のパンとカップヌードルそして
インスタントコーヒーでお昼とします。
急いで帰る用も無い我ら、ユックリユックリと寛ぎます。
誰言うでもなく「来年も又来ようネ!」
近頃めっきり寒さを覚え出かけるのが億劫になってきてはいるものの
一旦 意を決して?出かけてくると、ヤッパリ爽快感は何物にも変えがたい。

1時間近く休んで美濃戸口へ戻りはじめます。
     P1180263
           アイスキャンディと横岳稜線

北沢に掛かる橋の上から最後に執拗に大同心・小同心眺め、
来年も又 来れる事を願う我らです。

下るにつれ持病の腰痛(坐骨神経痛)が出てきて左側腰から臀部さらに
踝にかけ痛みを覚えるジィ~ジ100m.置き位に立ち止まり、腰を伸ばして
ストレッチの繰り返しです。

14時08分 美濃戸山荘通過

14時57分 美濃戸口 到着
     
P1180269
            
   美濃戸口

腰痛に悩まされながらも赤岳鉱泉から1時間50分弱で到着。
高齢者集団にしてはマズマズのペース?? 

例年であれば道路は今の時期、凍結してツルツルしているのに
今回は全く乾いています。
雪の量は少なくなかった気がするもののやはり温暖化が見られるのか?

何はともあれ、今年も何とか無事に新年早々赤岳山頂を踏むことができて
満足感一杯となったジィ~ジです。

姥捨SAでチョッピリ休憩 お焼き 姥捨限定 イモ名月を買求め口にします。
甘すぎずマイウー!

上信越道 越後路に入って路側には積み上げられた雪壁はあるものの
前日と違い道路は濡れても居らず、問題有りません。

5月のGWの予定を車内で話し合い、新井道の駅 オアシスでY先輩と
お別れです。

夕闇が迫り辺りは暗くなってきたものの午後7時我家に到着。

  初春の八ケ岳山行   お終い。。

|

« 初春の八ケ岳(前編) | トップページ | 晴れ間見つけて角田山 22-3 »

」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

mikkoさま
commentありがとうございます。
今の時期、越後は連日荒れ模様なので、必然的に例年同じところに
足が向くのです。
地蔵尾根の稜線は風の通り道で例年強い風に見舞われますが、そのお陰で
南・中央そして北アと素晴しい展望をGETできました。
赤岳鉱泉周辺だけでも遊べますので、是非
GW前半は立山山塊後半は槍ケ岳の予定なのです。
気の置けない仲間との山行は楽しいですyo。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月18日 (月) 08:18

こんにちは!
天候回復で青空ゲットですね。
風が強いゆえの澄み渡った眺望が素晴らしいです。
この眺望があるから毎年訪れちゃうのでしょうね。。。
1月と5月の連休をいつものメンバーといつもの山!
素敵です~ (^_-)-☆

投稿: mikko | 2010年1月18日 (月) 00:07

熊五郎さま
拙 駄ブログにお立ち寄りcommentありがとうございます。
何方からお聞きになられたか分かりませんが今後とも宜しく
山を始められた由、低山の雪山歩きも面白いですよ。
春迄冬眠と言わず、是非始められることをお薦めします。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月17日 (日) 19:16

こんにちは、今日絵画展に行き、友人から聞かされブロクを拝見しました。私も山に興味を持ち始め、近場の山などを散策しています。
ただし、冬場は寒いので熊と同じで冬眠します。3月の雪解けシーズンから出動しようと思っています。また新しいコラムを期待しています。

投稿: 熊五郎 | 2010年1月17日 (日) 17:26

sanaeさま
今晩は commentありがとうございます。
そうなんです。またまた赤岳鉱泉だったのです。何とかの一つ覚え?
お天気もマズマズでどうにか強風の中、無事登頂できてありがたく思ってます。
持病?の腰痛お気遣い頂戴し恐縮です。
多分狭窄症なので時々休んで伸ばしてやると、痛いながらも少しは
歩けるのです。騙し騙しでつきあうほか無いようです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月16日 (土) 21:04

やはり今年もでしたか(^^ゞ
この日は風が強かったですね。
でもお天気に恵まれ展望に恵まれ何よりでした。
腰痛はその後いかがですか?
寒さ厳しくなりましたから冷やさないよう
お大事になさってください。
今年の新潟は雪が多そうですね。

投稿: sanae | 2010年1月16日 (土) 20:41

kiyopom77さま
先日は年寄りジィ~さんの相手をしてくれてありがとうございました。
実は12日に何気なしに貴女のブログにヒットしたのです。
その時は、最終が年末の箱根のレポだったかと思います。
吃驚したのは既にジィ~ジの駄ブログが、Ticaさん山オンナ+αと一緒に
リンクされていたことです。彼女とは5年ほど前、燕山荘で始めて遭ったのですyo。
その時にcomment入れようと思ったのですが、まさか貴女のブログとはw(゚o゚)w
ジィ~ジもリンク貼らせて貰いますので宜しく
春になったら雪割草見に是非足を運んでください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月15日 (金) 10:01

じぃ~じさま
こんにちは。赤岳鉱泉でお会いしました「茨城在住のお嬢さん」(笑)の1人です。さっそくブログにお邪魔させて頂きました。
ダンディで陽気なじぃ~じとお話できて楽しい時間を過ごせましたよ。ありがとうございます。
初日の硫黄岳は視界ゼロと強風で雪山の洗礼を受けた感じでした。2日目の赤岳では前日とはうって変って晴天に恵まれ、360度の展望がとても嬉しかったですね~
ベテラン山ヤのじぃ~じのブログ拝見させて頂きますね~
まだまだ寒い日が続きます。お身体に気を付けて~

投稿: kiyopom77 | 2010年1月15日 (金) 01:02

みいさま
commentありがとうございます。
今年も何とか赤岳登ることが出来て、健康に感謝致しております。
スキーは全く出来ませんが雪国育ちなので、少々の雪は大丈夫です。

みいさん同様 ジィ~ジも信州LOVEです。ヽ(´▽`)/
今年も精一杯頑張ってみたいと思っていますので、宜しく。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月14日 (木) 13:39

新春の・・・と明るく軽く書いて
おられますが、厳冬期の赤岳~
無事、登頂おめでとうございます^-^

やはり、雪山にも慣れておられ~体力も・・・
今年は、スーパーじぃ~じ様!と
呼びたいくらいです^-^

今年も益々のご活躍~楽しみにしています0^^0

投稿: みい | 2010年1月14日 (木) 13:09

山空花さま
お久し振りです。お仕事お忙しそうで
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

またまた八ケ岳で遊んでまいりました。何とか今年も頑張ることが出来ました。
1年1年を大事にしていきたいものと思っています。
特にGWなんて関係の無い閑人ですが、GW前半は恒例の立山界隈、後半は
久し振りに槍ケ岳を考えているのです。

雪割草とカタクリまた見に来てください。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月14日 (木) 13:03

遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

前後編、一気に読ませていただきました。
お天気もまずまずで楽しい山行でしたね(^o^)/
赤岳をさくっと登られるなんて、さすがだな~と感心しながら読んでしまいました。
私もいつか!と思っていますが、なかなか進歩してません(汗

GWの計画もお決まりのようだし、その頃もまた溜息ついてレポを読んでいるんだろうなぁと今から楽しみです(*^_^*)

今年の輝ジィ~ジさんは角田山も順調だし、ますます活躍されそうですね。
楽しみにしています(^o^)/

投稿: 山空花 | 2010年1月14日 (木) 12:35

カモシカ永井さま
お早うございます。
丁度いい時に行くことができました。昨日や今日なら高速道も通行止で…
この時期は八ケ岳界隈、比較的天候安定していますし、何度行っても
やはり良いところは良いものです。
以前は硫黄岳から赤岳までも行ったのですが、このところ地蔵・文三郎に
半ば決まって来た様な(笑い)
天狗から渋温泉に抜けたことも有ります。
来年もまた挑戦できるよう健康に注意しながら頑張ります。

投稿: 輝 | 2010年1月14日 (木) 10:03

強風下でも好天に恵まれて何よりの赤岳でしたね。
私は昨年赤岳鉱泉で2泊し、硫黄岳~横岳~赤岳~文三郎尾根をグルリップしました。
初めての本格的冬山(春山に近い状態でした)で良い経験でした。
来年もまた赤岳山頂で爽快感を味わってください。
今日の新潟は大荒れでしょうか。

投稿: カモシカ永井 | 2010年1月14日 (木) 09:26

赤鬼さま
お早うございます。
今回は天気も好転してくれ何とか赤岳クリアーできました。
たとえ来年天気が悪かろうとも、赤岳鉱泉で飲みながら馬鹿話も
良いのでは?一緒に行きましょう。
今日も吹雪だね!

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月14日 (木) 06:30

天気よくてよかったのう。景色が目に浮かぶわ。来年はおいらも行きたいけど、72歳だからなあ。

投稿: 赤鬼 | 2010年1月14日 (木) 05:56

tuba姐さま
今晩は
あんまり変な文章なので少し直していたところです。

特に計画書も作らない悪い見本のような我らです。
ただ無理無茶だけはしないようにしているつもりです。
今回も幸い気をつけていけば事故が起きるような天候ではなかったので…
八ケ岳は今の時期が一番安定しているようです。
それでも髭が凍りました。
姐さん定例は何処になるのか楽しみです。


投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月13日 (水) 22:05

ジィーッ!と、見入って何度も読み返しました。(ページに穴が開いてたら、ご免なさい)
イイですねぇ~。羨ましいなぁ~。
天候にも恵まれて、良かったですね。
私も”定番の山”考えよう。。。

投稿: tuba姐 | 2010年1月13日 (水) 21:28

もうぞうさま
いつもありがとうございます。
近頃の天気はなかなか読めませんねぇ~
結果的にはもう少しユックリしていたら風も小止みになっていたかも、
それでも写真は駄目でも目ではしっかり四周の山々を眺めることが出来て
何とか年を重ねても登れる幸せを感じました。
ピッケルとアイゼンお持ちで、天気さえ良ければ大丈夫だと思います。
是非challengeされますよう。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2010年1月13日 (水) 19:14

まずまずのお天気でよろしゅうございましたね。
夏とは違ったまた素晴らしい風景が広がりますね。
冬の八、私にとっては夢の夢です。いや想定外と言った方が正確かな?

投稿: もうぞう | 2010年1月13日 (水) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112714/47284429

この記事へのトラックバック一覧です: 初春の八ケ岳(後編):

« 初春の八ケ岳(前編) | トップページ | 晴れ間見つけて角田山 22-3 »